AUG.23.2019

クレンジングの代用には何が向いている?使い方のコツや注意点とは

クレンジングの代用には何が向いている?使い方のコツや注意点とは クレンジングの代用には何が向いている?使い方のコツや注意点とは

突如クレンジングが必要になってしまったけど手元にない!という時ってありませんか?買いに走るのもいいですが、もしかしたら自宅にあるもので代用できる可能性がありますよ。クレンジングの代用品になるものをご紹介します。

クレンジングの代用品【1】乳液

ハート型のクリーム

1つ目のクレンジング代用品は、乳液です。乳液は化粧直しにおすすめされるほど化粧落としにも向いています。少しお直ししたい部分がある時や、ナチュラルメイクでのクレンジング代用品に向いています。

乳液は保湿成分が配合されているので、肌の潤いを保ちながらメイクを落とすことができます。乳液に配合されている油分の力によって、少しのメイク落としには最適です。ただ、濃いメイクやウォータープルーフを落とすのにはあまり向いていません。

乳液を使ったクレンジングの方法は、まず化粧を落としたい部分に乳液をなじませていきます。少し時間を置いたら、コットンやティッシュを使って乳液を拭き取ります。べたつきが気になる場合は、顔を水や洗顔料で洗い流すようにしましょう。

クレンジングの代用品【2】保湿オイル

瓶に入ったオリーブオイル

クレンジングの代用品として、最も落ちやすいのは保湿オイルです。保湿として使っている美容オイルは、使い方次第でクレンジングにもなります。アルガンオイルやホホバオイルだけでなく、ベビーオイルやオリーブオイル、馬油もクレンジングの代用として使うことができます。

油脂系クレンジングは、もともとこういったオイル成分で作られているものが多いので、メイクを落としやすいアイテムです。しかし、クレンジングオイルのように乳化しやすく作られていないので、べたつきやすくなります。

肌にオイルを乗せたら、しっかりとメイクとなじませることが大切です。そして、洗い流すのは難しいので、水を含ませたコットンやティッシュを使って拭き取っていきましょう。特にまつげについたオイルは拭くのが大変です。目元に気を遣いながら、優しく何度も拭き取っていくようにしましょう。

どうしてもぬるつきやべたつきが気になる場合は、洗顔料を使って洗い流すことをおすすめします。

クレンジングの代用品【3】クリーム

手のひらにクリームを乗せている人

クレンジングの代用には、クリームも使うことが可能です。クリームは、乳液とオイルの間を取ったような使い心地です。乳液よりも油分が多いのでメイクが落としやすくなります。オイルほど重たさがないので、扱いやすくなっています。

ウォータープルーフのアイテムを落とすことは難しいですが、ある程度はクリームで落とすことができるでしょう。クリームもニベアクリームのようなこってりなものは、メイク落ちはいいですが使いにくいものが多いです。

ある程度肌に伸ばしやすいクリームを使うようにしましょう。クリームは肌全体にしっかり伸ばしていくことによって、メイクがなじみやすくなります。マッサージするように5分程度時間をかけてなじませていきましょう。

メイクがなじんだら、コットンやティッシュを使って拭き取っていきましょう。落とし残しがないように、さらにコットンにクリームをつけて拭き取って確認するのがおすすめです。コットンに色がつかなくなったら、ある程度メイクが落ちている証拠になります。

代用品でクレンジングをする時の注意点

肌にクリームを塗っている人

代用品を使ってクレンジングをする時にはいくつか注意したいことがあります。代用品として向いていないものや、注意点についてご紹介します。

■洗顔やせっけんだけでは不十分
クレンジングの代用品として、洗顔料やせっけんを使うのはNGです。これらには油分が入っていないため、化粧を浮かせて落とすことができません。いくら洗浄力が高いものを使ったとしても、油分を浮かせる力がないと落とすことができないので、注意しましょう。

■ウォータープルーフは落ちない
クレンジングの代用品を使ったとしても、ウォータープルーフは落ちないと思った方が良いでしょう。ウォータープルーフは専用のクレンジングを使うことを想定して作られています。そのため、洗浄力があるクレンジング以外では、落とすことが難しいです。

ウォータープルーフのアイテムを落としたい場合は、通常通りクレンジングをするようにしましょう。

■擦りすぎに注意
クレンジングの代用品を使うと、どうしても落ちにくいことやうまく扱えないことが出てきます。なかなかメイクが落ちない部分は、思いっきり擦ってしまうことがあります。べたつきの強いオイルを落とす時も、力を入れて擦ってしまうことがあります。

肌をごしごし擦ることは、肌を傷つけることに繋がります。どうしても代用品で落としたいという場合もあるかもしれませんが、できるだけクレンジングを使うようにしましょう。

クレンジングの代用品についてご紹介しました。クレンジングの代用品になるものは、意外と多いのです。身近にあるもので済ませることができることもありますよ。どうしてもクレンジングが手に入らないという時は、試してみてください。