TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

セットアップのコーデ術!着回しが効くパンツタイプもご紹介

お洒落をするのは楽しいですよね。しかし毎日のコーデを考えるのは大変です。着回し力抜群のセットアップがあれば、きっとそんなお悩みを解消してくれますよ!

セットアップは1枚でもお洒落に仕上がりますし、プラスワンアイテムでも、上下別々でも活用できます。特にネイビーやグレーなど定番カラーのセットアップなら、コーデの幅がかなり広がりますよ!

今回は、セットアップのシーン別コーデや季節感のあるコーデなどをご紹介します。きっと明日からコーデの救世主となってくれるでしょう。

春夏のセットアップコーデはビスチェタイプのトップスが便利!

ビスチェ×くるぶし丈のパンツのセットアップは、春夏のコーデに役立ちます。

夏はそのまま着て、ほど良い肌見せの女性らしいコーデに仕上げることができます。春は肌寒いので、インナーをプラスしてレイヤードコーデにしましょう。シンプルな白カットソーや細めのボーダーカットソーがおすすめです。

また、パンツはTシャツ+ロングカーディガン、Gジャンなどとのカジュアルコーデでも活躍しますね。

オフィスシーンにはパンツタイプのセットアップ+カーディガンで

オフィスシーンに活躍するのが、地味めのカラーのパンツセットアップです。
ノースリーブトップス×タイトなシルエットのパンツなら、上下別々でも手持ちアイテムを使ってバリエーション豊富なコーデに使えますよ。

ジャケットを羽織るのも良いですが、周りと差をつけたいならカーディガンを羽織ってこなれた雰囲気を出すのがおすすめです。

レーストップスのセットアップは紺を選んで落ち着いた印象に

定番のネイビーセットアップを選ぶ時のポイントは、自分に合ったボトムにすることです。シルエットや丈など、1本は持っていたい自分にぴったりのパンツを見つけてください。

トップスはシンプルなタイプではなく、レースやフリルなどで女性らしさを出すことで周りと差がつきます。ガーリーになり過ぎないように、アクセサリーや小物は出来る限りシンプルに仕上げましょう。

秋はニットのセットアップで大人っぽいコーデに仕上げる

セットアップにも季節感がプラスされたコーデなら大人っぽくまとまります。秋冬の定番であるニットセットアップは、ゆるニット×ほど良いミディアム丈のタイトスカートがおすすめです。

ボディーラインがきれいに見えるスカートは、大人の女性ならではの色気を感じます。ワントーンコーデでスッキリまとめれば、いやらしさを感じないきれいめコーデが完成しますね。

フォーマルにも使えるネイビーのセットアップコーデ

定番のネイビーセットアップは、フォーマルシーンにも活用できます。とろみがある生地やウエストのリボンが、さらにきちんと感をアップさせてくれます。

大ぶりのビジューネックレスやストール、クラッチバッグなど、フォーマルに使える小道具とのバランスも大切です。清潔感のある紺×白のコーデなら好感度も高くなるでしょう。

着回しが効くグレーのセットアップコーデ

ネイビーと同じくグレーのセットアップも、1枚持っていると便利です。シルエットがきれいなニットのセットアップなら、秋冬コーデのお助けアイテムになるでしょう。

ニットのフレアパンツは、ヒラヒラと揺れる裾が女性らしい雰囲気をかもし出します。ヒールではなくスニーカーでカジュアルダウンして、ミックスコーデにするのがおすすめですよ!

冬はニットのセットアップで防寒対策もバッチリ!

ニットのセットアップは、アウターを羽織れば寒い冬でも楽しめます。ニットのゆるいシルエットは、インナーに厚手の下着を着てもさほど影響はないので安心です。

女性らしいコーデにスニーカーや斜め掛けバッグで遊び心をプラスしましょう。
太って見えるという理由でニットを敬遠する方もいますが、長めのコートを羽織れば縦長のシルエットが完成しますよ。

デニムのセットアップは個性を活かしたコーデに!

他の人とはかぶりたくないという方におすすめなのが、デニムのセットアップです。デニムオンデニムコーデは上級者コーデですが、セットアップなら簡単に仕上がります!

カジュアルでメンズライクな生地であるデニムですが、定番以外のアイテムであれば逆に女性っぽいイメージが強くなります。
ミニスカートやショーパンタイプのデニムセットアップでも、新鮮なコーデになるでしょう。

柄物セットアップはノーアクセサリーでナチュラルコーデが最適!

インパクトが強い花柄やドットなどのセットアップは、思う存分主役気分を味わえるよう極力シンプルにまとめます。

アクセサリーをつけるなら小ぶりのネックレスくらいにして、靴やバッグもあまり主張がないアイテムにした方が全体的にバランス良くまとまります。

トップスは前だけウエストインして、メリハリのあるボディを強調してくださいね。


セットアップのコーデに終わりはありません。プラスするアイテムによって着こなせるシーンが増えますし、上下別々で自分なりのコーデを考えるのも楽しい時間です。
スーツとはまた違った雰囲気になるセットアップなら、カジュアルコーデもお手のものなので、ぜひ様々なコーデに挑戦してください!

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ