BEAUTY
DEC.29.2020

ほうれい線対策は20代から!ほうれい線ができる原因やケア方法

ほうれい線対策は20代から!ほうれい線ができる原因やケア方法 ほうれい線対策は20代から!ほうれい線ができる原因やケア方法

老け見えするほうれい線は、10代や20代からでき始めることもあります。今回は、ほうれい線ができる原因や、予防策や改善方法、ほうれい線対策におすすめのスキンケア化粧品やメイクでできるほうれい線のカバー方法をご紹介します。

【目次】

20代からでき始めることも!ほうれい線とは

20代のほうれい線

ほうれい線とは?

ほうれい線とは、鼻の両側から口の両脇にかけて伸びているラインのことです。

ほうれい線は、誰にでもできるものです。しかし、骨格や肌質によっては、ほうれい線が薄い人や、ほうれい線が見えない人もいますよね。

ほうれい線は、一般的には、年齢を重ねていく内に深くなっていく線ですが、近年は、10代や20代でも、ほうれい線ができてしまう方は決して少なくありません。

20代のほうれい線の悩み

頬の下にあるほうれい線は、目元のしわと比べると長いので、目立ってしまうものです。

ほうれい線があると、肌がたるんで見えたり、老けて見えてしまうとお悩みの方は多いと思います。

しっかりスキンケアしているのに、ほうれい線が改善されなかったり、ほうれい線が年々深くなってくると、どうしていいのか困ってしまいますよね。

今回は、ほうれい線ができる原因や、20代の内からしておきたい、ほうれい線の予防対策や改善方法をご紹介します。ほうれい線をカバーするメイク方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

20代から注意が必要!ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができている20代の女性

ほうれい線は、「シワ」の一種と思われやすいですが、実は、顔の他の部分にできる一般的な「シワ」とは、できる原因が異なります。

加齢によるほうれい線は30代から気になり始める方が多い

目元や額などにできるシワは、紫外線や加齢の影響で、肌の内部にあるコラーゲンやエラスチンなどの繊維が減少したり、劣化することによってできるものです。

しかし、ほうれい線は、紫外線や加齢だけでなく、さまざまな要因によって、頬や口もとの皮膚がたるんで、頬の脂肪が下がってくることが原因でできる線です。

加齢によってできるほうれい線は、30代頃から気になり始める方が多い傾向があります。しかし、人によっては、20代からほうれい線が気になり始める方もいます。

乾燥

例えば、20代でほうれい線ができ始める原因として考えられているのは、皮膚の乾燥です。お肌が乾燥することによって、シワができますが、人によっては乾燥によるシワがほうれい線となってしまうことがあります。

噛み癖によってほうれい線ができている20代の女性

その他にも、表情の癖や日常生活の仕方によって、ほうれい線ができてしまうこともあります。例えば、頬杖をつくことが多い方や横向きで寝ることが多い方、スマホを見る時間が長い方、無表情な時間が多い方などは、ほうれい線ができやすい人の特徴です。特に、無表情な時間が多いと、表情筋も衰えやすいため、年齢を重ねるにしたがってほうれい線が深くなっていきますので注意したいですね。

さらに、物を噛んだりする時の顔の動きによって、ほうれい線ができることもあります。

むくみや肥満

そして、冷え性によるむくみや、肥満によって顔の脂肪が増えることで、ほうれい線ができるケースもあります。

急激なダイエット

さらに、急激にダイエットをしたことによって皮膚がたるむと、ほうれい線ができることもあります。

また、ダイエットによって栄養が不足すると、顔の筋力が低下したり、お肌のハリが失われてしまい、ほうれい線ができることがあります。

ほうれい線は時間が経つと、どんどんくっきりと深い線になっていく傾向があります。ほうれい線を一瞬で消す方法としては、ヒアルロン酸を注入したり、レーザー治療をするなどの整形もありますが、自分でできる予防対策や改善方法もたくさんありますよ。ほうれい線が気になり始めたら、できるだけ早くほうれい線予防のケアを始めることが大切です。

20代から備えておきたい!ほうれい線の予防対策【1】紫外線対策&スキンケア

20代のほうれい線予防のためのスキンケア化粧品

お肌の乾燥によってほうれい線ができている場合は、スキンケアをすることによって、ほうれい線を予防したり、目立たなくすることができます。

スキンケアは、ほうれい線予防だけでなく、顔全体の老化予防にも効果的ですので、ぜひ20代の内からしっかり行いたいですね。

具体的には、洗顔の後には、必ず化粧水や美容液を使い、お肌にうるおいを与えてあげましょう。
さらに、乳液やクリームなどの油分のあるスキンケアコスメをお肌に塗り、お肌に蓋をしてあげることで、乾燥するのを予防できます。

ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンやレチノールが含まれているスキンケア化粧品がおすすめです。

また、日焼け止めを塗ったり、飲む日焼け止めを活用するのもおすすめです。お肌が紫外線から受けるダメージを減らすことで、お肌の乾燥やハリがなくなってしまうのを予防できますよ。

20代のほうれい線におすすめのスキンケアコスメ【1】FANCL(ファンケル)の「エンリッチ 化粧液&乳液」

FANCL ファンケル エンリッチ 化粧液 II しっとり 30mL

FANCL(ファンケル)の「エンリッチ 化粧液」と「エンリッチ 乳液」は、20代のほうれい線にお悩みの方におすすめのスキンケアコスメです。

コラーゲンに注目したエイジングケアができるアイテムで、お肌のハリが気になる方にぴったりのアイテムですよ。

防腐剤や香料、合成色素や石油系界面活性剤、紫外線吸収剤を使用していない点も魅力です。

FANCL ファンケル エンリッチ 化粧液 II しっとり 30mL / ¥1,870

20代のほうれい線におすすめのスキンケアコスメ【2】CEZANNE(セザンヌ)の「スキンコンディショナー高保湿」

【M限定】 CEZANNE セザンヌ スキンコンディショナー高保湿 (ポンプ付き)

プチプラの化粧水をお探しの方におすすめしたいのが、CEZANNE(セザンヌ)の「スキンコンディショナー高保湿」です。

20代のほうれい線をカバーしてくれるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分が配合されています。

リーズナブルなのにコスパ抜群だと口コミ人気も高いアイテムです。

【M限定】 CEZANNE セザンヌ スキンコンディショナー高保湿 (ポンプ付き) / ¥715

20代のほうれい線におすすめのスキンケアコスメ【3】POLA(ポーラ)の「リンクルショット メディカル セラム」

POLA ポーラ リンクルショット メディカル セラム

POLA(ポーラ)の「リンクルショット メディカル セラム」は、日本で初めてシワの改善が認められた美容液です。

有効成分の「ニールワン」は、目元や口元の気になるシワにアプローチしてくれます。

エイジングケアとして、20代から使用している方も多い人気アイテムです。

POLA ポーラ リンクルショット メディカル セラム / ¥14,850

20代のほうれい線におすすめのスキンケアコスメ【4】ELIXIR(エリクシール)の「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S」

ELIXIR エリクシール エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S 15g

ELIXIR(エリクシール)の「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S」も、20代以降のほうれい線にお悩みの方から評価を得ている人気アイテムです。

シワの改善に役立ち、ヒアルロン酸を生み出すサポートをしてくれるレチノールや、コラーゲンが配合されているのが魅力です。

ELIXIR エリクシール エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S 15g / ¥6,380

20代のほうれい線におすすめのスキンケアコスメ【5】MEDIHEAL(メディヒール)の「メディヒールコラーゲンインパクトアンプルマスクJEX」

MEDIHEAL メディヒール メディヒールコラーゲンインパクトアンプルマスクJEX

韓国の美容シートマスクブランド、MEDIHEAL(メディヒール)の「メディヒールコラーゲンインパクトアンプルマスクJEX」も、20代のほうれい線にお悩みのアイテムです。

加水分解コラーゲンや加水分解エラスチンが配合されたマスクで、しっとりとしたハリツヤ肌に整えてくれると人気のシートマスクです。

MEDIHEAL メディヒール メディヒールコラーゲンインパクトアンプルマスクJEX / ¥1,069

20代から備えておきたい!ほうれい線の予防対策【2】マッサージやエクササイズ

ほうれい線の予防対策をしている20代の女性

マッサージやエクササイズも、20代でほうれい線にお悩みの方におすすめの対策です。ほうれい線を予防するのはもちろん、ほうれい線の改善にも効果的ですよ。

マッサージ

例えば、マッサージは、滞っているリンパや血液の流れを改善させ、むくみやたるみの解消に役立ちます。ただし、フェイスマッサージは、強い力で行うと、かえってほうれい線が深くなる危険がありますので注意したいですね。また、マッサージをする時は、お肌にダメージや摩擦を与えないよう、保湿をした後に、クリームやオイルなどを付けて、滑りを良くすることも大切です。

フェイスマッサージのやり方は、

①まずは、手の3本の指の腹を使って、口角から耳の下に向かって、優しく引き上げましょう。
②耳の前のくぼみを軽く押しましょう。
③手の3本の指の腹を使って、額の中心からこめかみに向かって、小さく円を描くようにマッサージしましょう。
④手の3本の指の腹を使って、下まぶたの目尻から目頭に向かって、小さく円を描くようにマッサージしましょう。
⑤手の3本の指の腹を使って、上まぶたの目頭から目尻に向かって、小さく円を描くようにマッサージしましょう。

などのように行いましょう。

さらに、首筋を耳下から鎖骨に向かってリンパ液を流すようにマッサージしましょう。頭皮マッサージを1分間程度行うのも、顔のたるみ予防に役立ちます。

エクササイズ

そして、ほうれい線を改善するためには、衰えている表情筋を鍛えるエクササイズをするのもおすすめです。

表情筋を鍛える美顔器やエクササイズ機器を活用するのもおすすめですが、自宅にあるものでもエクササイズはできます。

例えば、500mLのペットボトルに少量の水を入れ、唇でペットボトルを咥えて持ちあげます。そして、そのまま10秒間キープするだけでも、ほうれい線の改善に効果的です。1日3回程度行うだけでOKですよ。

また、口の中に空気をたっぷり入れて、口の中の空気を左右に交互に移動させるエクササイズを30秒間行うのもおすすめです。

さらに、口を閉じたまま、舌の先を歯と唇の間に入れ、口の中で大きな円をゆっくり描くように、舌を動かす「舌回しエクササイズ」も、ほうれい線の予防や改善に役立ちます。舌回しエクササイズは、右回りに1周、左回りに1周するのを1セットとして、1日3セット行いましょう。

20代から備えておきたい!ほうれい線の予防対策【3】生活習慣を見直す

 

20代でほうれい線にお悩みの方は、生活習慣を見直すことも大切です。

癖や表情を直す

例えば、ほうれい線の原因になりやすい癖や表情を直すことは重要ですね。

・左右の歯を均等に使ってよく噛む
・普段から口を閉じて口角を上げるように意識する
・笑う時は、目や口を動かすだけでなく、頬の肉や口角を持ちあげるように意識する
・頬杖を付く癖をやめる
・横向きで寝る癖をやめる

などは、ほうれい線の予防や改善に効果的です。

ライフスタイルも見直し

また、毎日の習慣を見直すことも、ほうれい線の予防や改善に役立ちます。

特に、スマホを見る時間を減らすことで、重力によって頬のたるみができにくくなります。

また、冷え性の改善をすることで、むくみによるほうれい線が解消されます。例えば、

・厚着をして、体が冷えないようにする
・毎日入浴をする
・運動不足を解消する

などですね。

食生活もほうれい線改善に役立つ

そして、食生活の見直しも、ほうれい線の改善に役立ちます。例えば、冷たい飲食物を避けて冷えを予防したり、塩分や糖分の多いものを避けてむくみを予防するのがおすすめです。

お肌を作る栄養素となるタンパク質を多く摂取することもいいですね。タンパク質は、肉や魚介類、卵や大豆食品に多く含まれています。食事でタンパク質が摂取できない方は、プロテインを活用するという方法もありますよ。

また、美肌作りに役立つビタミンやミネラルを摂取するのもおすすめです。ビタミンやミネラルは、野菜や果物に多く含まれています。

20代のほうれい線でお悩みの方におすすめ!ほうれい線をカバーするメイク方法

メイクでほうれい線をカバーしている20代の女性

20代のほうれい線でお悩みの方におすすめしたいのが、メイクでほうれい線をカバーする方法です。

ファンデーションは薄く

「ほうれい線を隠したい」と思うと、ついついファンデーションを厚塗りしてしまいやすいですが、ファンデーションがほうれい線に入り込んでしまうと、さらにほうれい線が目立ってしまいます。したがって、ファンデーションは、薄く塗ることが大切です。

コンシーラーを活用

また、ファンデーションを塗る前には、筆ペンタイプのコンシーラーでほうれい線を埋めることで、ほうれい線が目立ちにくくなりますよ。

ハイライトやツヤのあるフェイスパウダーも使える

さらに、光沢感をアップするハイライトをほうれい線の上に塗ることで、ほうれい線によってできている影が消え、ほうれい線がカバーされます。

また、メイクの仕上げに使用するフェイスパウダーも、パール入りの光沢のあるものですと、お肌にツヤ感がでますので、ほうれい線をナチュラルにぼかしてくれますよ。

メイク前の保湿はしっかり

そして、化粧をしていると、時間が経過してお肌が乾燥してしまうものです。したがって、メイクをする前に、スキンケアで保湿をして、お肌にしっかり潤いをチャージしてあげることも大切ですね。

加齢とともにできるほうれい線は、20代の内から予防しておくことが大切です。ほうれい線ができてしまった場合も、癖や生活習慣、食生活などを見直すことで、ほうれい線を改善することもできますよ。