BEAUTY
OCT.07.2020

30代のエイジングケアのポイントは?化粧品の正しい選び方や使い方

30代のエイジングケアのポイントは?化粧品の正しい選び方や使い方 30代のエイジングケアのポイントは?化粧品の正しい選び方や使い方

30代になると、エイジングケアに興味を持つ人も多いのではないでしょうか?30代からのエイジングケアには、どんなアイテムが最適なのか気になりますよね。今回は30代のエイジングケアの正しい選び方や使い方についてご紹介します。

【目次】

30代になると出てくる肌悩みとは

 

まずは30代になると出てくる肌悩みについてご紹介します。

乾燥しやすい

30代になると、肌の乾燥が気になる人が増えてきます。今まで肌の乾燥にそこまで悩んだことがなかった人でも、年齢を重ねるとともに肌の潤い成分が減少するせいで乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると化粧ノリが悪くなり、日中の肌の乾燥対策が必要になってきます。常に乾燥が気になるようになると、紫外線などの外部刺激にも弱くなってしまうため、しっかりケアしないと敏感肌へと変化してしまうこともあります。

ニキビが治りにくい

30代になるとニキビが治りにくくなります。10代から20代前半の頃は、ニキビができてもすぐに肌の生まれ変わりが行われるため、跡として残ることが少ない場合がほとんどです。

しかし、20代後半以降になると肌の生まれ変わりのスピードが遅くなってしまうため、ニキビなどの肌荒れの治りが遅くなってしまいます。そのせいで肌に色素沈着が起こり、ニキビ跡として残りやすくなってしまいます。

ほうれい線が目立ってくる

30代になると、ほうれい線が目立つようになってきます。年齢を重ねるにつれて、肌の弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンが減少してきます。すると、肌を支えきれなくなり、だんだんと重力に逆らえずたるみが起こってしまいます。

少しずつたるみが出てくることで、頬の肉が下に下がってきます。そのせいで、ほうれい線がくっきりと浮き出るようになり、目立ちやすくなってしまいます。

シミが増える

30代になると、薄かったシミが突然濃くなってくることもあります。20代のうちからシミに悩む人はいますが、そこまで濃くないためファンデーションで隠せる程度のことがほとんどです。

しかし、年齢を重ねるにつれて、蓄積されていたメラニン色素によりだんだんとシミが濃くなってきます。30代頃からだんだんと濃くなり、シミが増えたり目立ったりしてしまいます。

シミが増えた肌は、どうしても老けた印象になりやすく、肌も全体的にくすんだ印象になってしまいます。

30代に大切なエイジングケアのポイント

 

30代に大切なエイジングケアのポイントについてご紹介します。

しっかり保湿する

エイジングケアの基本は、保湿です。年齢に応じたケアをするためには、肌を潤わせることがもっとも大切になります。保湿が足りないと、肌がしぼんだ印象に見えてしまい、老けて見られる原因になります。

また、保湿が十分にできていない肌は、紫外線などの外部ダメージにも弱くなるため、シミやシワができやすくなります。健やかな肌を保つためにも、30代のエイジングケアでは、必ず自分の肌に合った保湿アイテムを取り入れるようにしましょう。

ハリ弾力ケアをしっかりする

エイジングケアには、ハリ弾力ケアも大切です。30代になると、ハリや弾力のなさが気になり、たるみやシワが目立つようになってしまいます。そのままの状態で放置してしまうと、年齢を重ねるごとに悪化していってしまうので、30代のうちからハリ弾力ケアをしっかり行うようにしましょう。

また、最近ではシワ改善アイテムも登場しています。早めにシワ対策を行っていくことで、ハリや弾力不足によるシワを軽減することに繋がりますよ。今自分が持っているハリや弾力を保つためにも、シワ改善成分入りの化粧品を使うのもおすすめです。

シミ対策も行う

30代のエイジングケアには、シミ対策も大切です。年齢を重ねていくごとに肌の生まれ変わりのスピードが遅くなるため、メラニン色素が肌に溜まりやすくなり、シミができやすくなります。

だからこそ、特に紫外線の量が増える春から夏にかけては、美白ケアができる化粧品を取り入れるのがおすすめです。今はそこまでシミが気になっていないという人でも、美白ケアはシミ予防にもっとも効果的な方法です。

紫外線をしっかり浴びる機会が多い人は、季節問わず美白ケアを取り入れるのがおすすめです。

優しくケアする

30代のエイジングケアは、使用アイテムだけでなく使用方法にも気を遣う必要があります。できるだけ優しく丁寧にケアすることが1番大切です。力を入れてゴシゴシこすったり、強い力でパッティングしたりすると、肌がダメージを受けてしまう可能性があります。

せっかくいい成分のスキンケアを使っていても、使用方法が雑だと十分な効果が発揮されないこともあります。30代になったら、特に使い方にも注意してスキンケアをするようにしましょう。

30代のエイジングケアアイテムの選び方~落とすケア~

 

まずは30代のエイジングケアの中でも、落とすケアアイテムの選び方についてご紹介します。

洗浄成分をチェック

30代のエイジングケアにおいて、洗浄成分のチェックは欠かせません。クレンジングや洗顔は、スキンケアの中でももっとも刺激を受ける行為です。そのため、できるだけ肌を労わりながらケアできるものを使う必要があります。

特に毎日使用する洗顔料は、肌質に合わせた洗浄成分のものを使うのがおすすめです。もっとも肌に優しく洗えるのが、アミノ酸系洗浄成分です。石鹸系の洗顔料は肌に優しいと思っている人も多いですが、実は洗浄力は高いです。

他にも高級アルコール系の洗浄成分などがあります。洗顔料はその前にクレンジングを使って汚れを落としていることがほとんどなので、アミノ酸系洗浄成分のように穏やかな洗浄成分のものでも十分です。

また、W洗顔不要のクレンジングであれば、必ずしも洗顔料が必要とは限らないので、自分の肌質やクレンジング後の質感に合わせて選ぶようにしましょう。

クレンジングはベースメイクに合わせる

クレンジングは種類によって洗浄力に違いがあります。オイルクレンジングがもっとも洗浄力が高く、ミルククレンジングがもっとも穏やかな洗浄成分です。穏やかな洗浄成分のものの方が肌に優しいですが、ベースメイクの濃さによっては落ちないものもあります。

反対にクレンジングだけでウォータープルーフタイプのアイメイクを落とそうと思うと、オイルクレンジングのように洗浄力の高いものを使わなくてはいけなくなります。

クレンジングを選ぶ時は、ベースメイクの落としやすさで選ぶことが大切です。石鹸で落ちるようなベースメイクを使っている場合は、ミルククレンジングでも十分に落ちる場合がほとんどです。

反対に持続性の高いベースメイクの場合は、しっかり落とせるようなオイルクレンジングを選ぶのがおすすめです。

使用後肌が突っ張らないものを選ぶ

クレンジングや洗顔料は、使用後に突っ張らないものを選ぶようにしましょう。クレンジングや洗顔をした後に肌が突っ張るのが当たり前だと思っている人もいますが、当たり前ではありません。

クレンジングや洗顔後に肌が突っ張るのは、必要以上に皮脂を取り除いてしまっている証拠です。そのせいですぐに乾燥してしまいます。エイジングケアは肌に優しいケアをすることが大切なので、肌が突っ張るようなクレンジングや洗顔を使うのはやめにしましょう。

厚みの出るものを選ぶ

クレンジングや洗顔を選ぶ時は、厚みが出るものを選ぶことも大切です。クレンジングや洗顔は、ゴシゴシと擦って使うことが1番肌にダメージを与えます。肌に優しいケアをするためにも、できるだけ厚みが出るようなクレンジングや洗顔を選ぶようにしましょう。

クレンジングの場合、クリームクレンジングは厚みを出しやすいため、摩擦を軽減することができます。洗顔料の場合は、泡立ちが良く消えにくい泡が作られるような洗顔料を使うようにしましょう。

30代のエイジングケアアイテムの選び方~与えるケア~

 

30代のエイジングケアの中で、与えるケアアイテムの選び方についてご紹介します。

高保湿なものを選ぶ

30代のエイジングケア用スキンケアは、高保湿なものを選ぶようにしましょう。特に化粧水は肌の潤いに欠かせないアイテムなので、保湿成分がしっかり入ったものを使う必要があります。

おすすめの成分は、セラミドです。セラミドはもともと肌に存在している成分で、肌の潤いを保つのに欠かせないものです。セラミドが減少することで肌の潤いが減少していくので、スキンケアで補ってあげることが大切です。

また、他にもヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸などが入っているような高保湿なアイテムを取り入れるようにしましょう。

肌悩みに合った美容液を選ぶ

30代のエイジングケアでは、美容液が重要な役割をします。肌の悩みに合わせた美容液を選ぶことで、肌の健康を保つことに繋がります。美容液にもさまざまな種類があるため、自分に合ったものを選びましょう。

肌の乾燥が気になる場合は保湿系美容液、シミが気になる人は美白美容液、ハリや弾力が気になる場合はハリケア美容液、シワが気になる場合はシワ改善美容液などです。

美容液は基本的に合わせ使いしない方がいいものが多いため、いくつかの美容液を用意して肌に合わせて使うか、朝晩で分けるのがおすすめです。

季節や肌の調子に合わせてアイテムを変える

30代のエイジングケアでは、肌の状態をしっかり見極めながらアイテムを選ぶことが大切になります。季節によって肌が乾燥しやすい時期やゆらぎやすい時期など、その都度肌の状態は変化します。

それに合わせて、化粧水や美容液を変えたり、乳液やクリームをプラスしたり、自分に必要なものを見極めながら使っていくことが大切になります。毎日自分の肌の状態をチェックしてからスキンケアを選ぶためにも、何種類かのスキンケアアイテムを揃えておくと良いでしょう。

続けやすい価格帯のものを選ぶ

30代のエイジングケアアイテムは、続けやすい価格帯のものを選ぶようにしましょう。30代になったら、できるだけ高い化粧品を使わなくてはいけないと思っている人もいるかと思いますが、それは違います。

それよりも、自分の肌に合っているものを長期的に続けて使用することが大切です。自分が続けるのが困難に感じるスキンケアアイテムを使うのではなく、自分が無理なく続けられるものを選ぶようにしましょう。

30代のエイジングケアのやり方~落とすケア~

 

ここからは、30代のエイジングケアの中でも落とすケアの正しいやり方についてご紹介します。

ポイントリムーバーで先に落とす

クレンジングを始める前に、ポイントリムーバーを使ってアイメイクなどは落とすようにしましょう。アイメイクの濃さに合わせてクレンジングを選んでしまうと、洗浄力が高く肌が乾燥してしまう可能性が高いです。

肌の乾燥を防ぎ、肌に優しいクレンジングをするためにも、ポイントリムーバーを使って、目元や口元のメイクを先に落としてしまいましょう。ポイントリムーバーは、コットンに含ませて、目元や口元に優しく貼り付けます。

30秒ほど時間をおいた後、力を入れずに優しく拭き取ってください。細かい部分が落ちていない場合は、綿棒にリムーバーをなじませて落とすようにしましょう。

クレンジングは規定の倍量使う

ここから顔全体のクレンジングに入っていきます。クレンジングに使用する量は、規定の量の倍使うのがおすすめです。なぜかというと、その方が厚みを出すことができるからです。

30代のエイジングケアでは、できるだけ摩擦を減らすことが大切です。そこで、クレンジングを倍の量使うことで、厚みが出て肌への負担を減らすことができますよ。倍量のクレンジングを手に取り、顔全体に優しくなじませていきましょう。

力を入れずに落とす

顔全体に優しくクレンジングをなじませたら、力を入れずに落としていきます。指の腹を使って、くるくるとなじませるようにメイクを落としていきましょう。小鼻や生え際など、細かい部分にもしっかりなじませることが大切ですよ。

しっかりなじんだら、手のひらに少量のぬるま湯をつけます。そして、クレンジングをなじませて乳化していきます。この乳化がしっかりできていないと、メイクを落とすことができません。クレンジングが白っぽくなるまでしっかりなじませて、その後ぬるま湯で洗い流していきましょう。

洗顔はしっかり泡立てる

W洗顔が必要なクレンジングを使った場合は、洗顔にうつっていきましょう。ただし、クレンジング後の肌がさっぱりとしていて、ヌメリなどが残っていない場合は洗顔をしなくても大丈夫です。

洗顔をする場合は、泡立てネットを使ってしっかり泡立てることが大切です。水をつけすぎると緩い泡になってしまうので、できるだけ少ない量で泡立てることが大切です。逆さにしても落ちないくらいの泡を作るのがポイントです。

擦らずに流す

洗顔をしっかり泡立てたら、顔全体を包み込むように乗せていきましょう。顔の上で泡を転がしながら洗っていくイメージです。しっかり泡立てた泡をクッションにしながら、顔全体になじませていきましょう。

ある程度顔全体になじませたら、ぬるま湯で流していきましょう。フェイスラインや髪の生え際など、特に流し忘れがないようにします。これで落とすケアが完了です。

30代のエイジングケアのやり方~与えるケア~

 

続いて30代のエイジングケアの中でも、与えるケアの正しいやり方についてご紹介します。

化粧水は優しくつける

化粧水をつける時は、コットンを使っても手のひらを使ってもどちらでもOKです。自分がつけやすい方法で付けるようにしましょう。コットンを使う場合は、コットンがひたひたになるくらいしっかり化粧水を含ませてから、肌に乗せてください。

手のひらを使って乗せる場合は、500円玉大くらいの大きさを手のひらになじませて、少しだけ体温で温めてから乗せていくのがおすすめです。

コットンを使う場合も手のひらを使う場合も、優しくプッシュするように乗せていきます。パッティングすると肌に刺激になる可能性が高いので、優しくかつ丁寧に化粧水を肌になじませていってください。

美容液は肌の悩みに合わせて

美容液は肌の悩みに合わせて選びます。肌質や季節に合わせて、自分に必要なものを取り入れるようにしましょう。美容液は手のひらに適量を取り、顔の広い面から優しくなじませていきます。

美容液によって、使用する順番が決められているものも多いです。化粧水の前に使用するものや、スキンケアの最後に使用するものもあるので、使用方法をしっかりチェックしてから使うようにしましょう。

最後は油分で保護する

スキンケアの最後は、必ず油分のあるものを使いましょう。乳液やジェル乳液、クリームやオイルなどさまざまなスキンケアアイテムがありますが、自分の肌質や季節に合わせて選ぶのがおすすめです。

さっぱりした使用感が好きな人や、皮脂が多い人にはジェル乳液がおすすめです。乾燥肌の場合はクリームやオイルなどがおすすめです。また、メイク前に使用するものは、できるだけメイクを邪魔しないようなものを選ぶようにしましょう。

30代のエイジングケアの注意点

 

30代のエイジングケアには注意すべき点もいくつかあります。詳しく見ていきましょう。

スキンケアを変える時は1点ずつ変える

30代になったからエイジングケアを始めたい!と思っても、スキンケアを一気に変えるのはやめるようにしましょう。突然スキンケアをすべて変えてしまうと、肌が慣れずに肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

スキンケアを変える時は、1点ずつ変えるのがおすすめです。1点変えて1週間ほど様子を見て、何もなければ1つずつアイテムを増やしていきましょう。特に季節の変わり目は肌荒れを起こしやすいので、肌の状態を見ながら変えるのがおすすめです。

肌が弱い人は低刺激なエイジングケアアイテムを選ぶ

30代のエイジングケアアイテムはさまざまなものがありますが、すべてが肌に優しくできているとは限りません。そのため、肌が弱い人が使う場合は、できるだけ低刺激なアイテムを使うようにしましょう。

最近では敏感肌向けのエイジングケアシリーズもたくさん登場しています。肌が弱い人は、できるだけ刺激が少ないものを使うようにしましょう。

値段だけでスキンケアを選ばない

エイジングケアアイテムは、何となく値段が高ければ高いほどいいと思っている人も多いですが、1番大切なことは自分の肌に合うアイテムを選ぶことです。値段が高いエイジングケアアイテムは、確かに良い成分が入っているかもしれませんが、必ずしも自分に合うというわけではありません。

反対のことを言うと、高い化粧品を使っているからといって、美肌になるという保証はないので、しっかり見極めることが大切です。最初から1万円以上するようなアイテムを無理に使う必要はありません。まずは使いやすい価格帯のものを選び、そこから徐々に金額を上げていくのがおすすめですよ。

自分の健康的な肌状態を知っておく

30代のエイジングケアをする上で、自分の健康的な状態の肌を知っておくことは必須です。自分の正常な肌を知らないまま使い続けてしまうと、どの状態が本当に良い状態なのかがわからなくなります。

ただエイジングケアするだけで終わりではなく、自分の今の肌の状態がベストなのか、調子が悪いのかを毎日チェックしてあげると良いでしょう。良い状態を覚えておくことで、自分の肌に何が必要なのかがわかるようになります。肌触りや見た目など、毎日同じ環境で確認してあげるようにしましょう。

30代からのエイジングケアにおすすめアイテムをご紹介

 

ここからは30代におすすめなエイジングケアアイテムについてご紹介します。

30代のエイジングケアにおすすめ【1】ELIXIR(エリクシール)シュペリエル モイストインクレンズ

ELIXIRシュペリエルモイストインクレンズ

ELIXIRシュペリエルのモイストインクレンズはお風呂上がりの乾燥を防ぐ洗顔料です。肌のバリア機能を守りながら汚れを落とします。これ1本でメイクも洗顔も同時に叶うエイジングケア洗顔料です。

ELIXIRシュペリエル モイストインクレンズ / ¥1,980

30代のエイジングケアにおすすめ【2】THREE(スリー) バランシングフォームR

THREEバランシングフォームR

THREEのバランシングフォームRは、きめ細やかな泡で毛穴の隅々まで汚れをオフします。ポンプタイプの洗顔料で、肌の汚れを優しく落とします。アミノ酸系の洗浄成分により、キメの整った透明感溢れる肌を作ります。

THREE バランシングフォームR / ¥4,180

30代のエイジングケアにおすすめ【3】FANCL(ファンケル) エンリッチ化粧液Ⅰさっぱり

FANCLエンリッチ化粧液Ⅰさっぱり

FANCLのエンリッチ化粧液Ⅰさっぱりはコラーゲンの質に着目したエイジングケア化粧水です。とろみのある化粧液に美容成分を凝縮しています。年齢サインにアプローチしながら、ふっくらとした弾むハリ肌へと導きます。

FANCL エンリッチ化粧液Ⅰさっぱり / ¥1,870

30代のエイジングケアにおすすめ【4】ちふれ 美白美容液VC

ちふれ美白美容液VC

ちふれの美白美容液VCは、ビタミンC誘導体の働きでメラニンの生成を抑える美白美容液です。さらっと伸びて、みずみずしい肌へと整えます。ヒアルロン酸やトレハロースなどの保湿成分配合で、潤いを与えます。

ちふれ 美白美容液VC / ¥880

30代のエイジングケアにおすすめ【5】ALBION(アルビオン) モイストアドバンスミルクⅢ

ALBIONモイストアドバンスミルクⅢ

ALBIONのモイストアドバンスミルクⅢは濃厚な潤いを与える乳液です。角質層に溶け込むように浸透して、肌の潤いバランスを整えます。化粧水の前に使用することで、化粧水の浸透を良くします。

30代のエイジングケアについてご紹介しました。30代になるとさまざまな肌悩みが出てくるため、早めのエイジングケアが必要になります。手遅れになる前に自分の肌に合ったエイジングケアアイテムを取り入れてみましょう。