BEAUTY
OCT.26.2020

カバー力のあるフェイスパウダーが魅力!正しい使い方とおすすめ商品

カバー力のあるフェイスパウダーが魅力!正しい使い方とおすすめ商品 カバー力のあるフェイスパウダーが魅力!正しい使い方とおすすめ商品

カバー力のあるフェイスパウダーはメイクの仕上げに役立ちます。キレイな肌に見せてくれるフェイスパウダーはどんな使い方が正解なのでしょう。プチプラ・デパコス、年代別におすすめのフェイスパウダーをご紹介します。

フェイスパウダーの役割

フェイスパウダーをつける女性

フェイスパウダーは、基本的にメイクの仕上げに使うアイテム。ライトなつけ心地が特徴で、テカリやメイク崩れを防ぐ効果あり。役割は大きく分けて2つあります。

■美肌を叶える

プロのメイクアップアーティストの間では、フェイスパウダーは常識。そのカバー力の高さで、肌にツヤや透明感を与えてくれるアイテムです。

しかも、オイルが含まれていないので軽めの仕上がりに。厚塗り感がないのもフェイスパウダーの魅力。

具体的な美肌効果は以下の通りです。

・パウダー状の細かい粒子で毛穴をカバー
・薄付きなのにマットな陶器肌を演出
・皮脂や汗を吸収してさらさらの状態を長時間キープ
・ファンデーションの色味を引き立てる

これらの効果をすべて兼ね揃えたフェイスパウダーを使うことで、ツヤ肌メイクが完成します。

■メイクが崩れにくくなる

フェイスパウダーを使った場合とそうでない場合では、メイクのキープ力に差が出ます。

ファンデーションのみでは、皮脂や汗によってメイクが落ちたりヨレたりするもの。

しかし、フェイスパウダーは汗や皮脂を吸着する特徴があるので、朝メイクをしたままの状態が長持ちします。

フェイスパウダーの種類

■ルースパウダー

さらさらの粉状のフェイスパウダー。ふんわりと優しい雰囲気に仕上がるのが特徴です。

肌にのせても、心地良い質感はそのまま持続。透明感があり、思わず触れたくなるような肌が完成します。

■プレストパウダー

粉を押し固めた状態のフェイスパウダー。カバー力に優れていて、ツルンとしたツヤ肌になるのが特徴です。

マットな仕上がりがお好みの方におすすめ。粉が散らかる心配がないので、持ち歩きにも便利です。

フェイスパウダーのメリット・デメリット

 

■メリット

一番のメリットは、メイクの仕上がりに差が出ること。

細かい粒子が肌に吸着することで、毛穴が目立たなくなったり、光を拡散してくれる効果があります。

また、メイクの持ちが良くなるのも大きなメリット。メイク崩れの原因となる余分な汗や皮脂を、パウダーが吸着してくれます。

■デメリット

フェイスパウダーは、つけ過ぎるとデメリットが発生。

基本的に白浮きはしませんが、つけ過ぎると白さが目立つように。シワが目立つこともあるので、つけ過ぎないようにするのがポイントです。

また、肌の色よりも白いフェイスパウダーを使うと、首との境目が気になってしまうことも。肌カラーに合うものを選ぶようにしましょう。

カバー力のあるフェイスパウダーの選び方

フェイスパウダー

カバー力もありメイク崩れも防いでくれるフェイスパウダー。ただし、選び方によっては効果を実感できない場合もあるので慎重に選びましょう。

理想の仕上がり重視で選ぶ

人それぞれ理想の仕上がりには違いがあるはず。

透明感を重視するならパール配合タイプを。厚塗り感のないメイクがお好みなら軽めのルースパウダーを。

求める効果に特化したものを購入しましょう。

保湿成分が配合されているものを選ぶ

肌にとって乾燥は大敵ですが、1日中乾燥から肌を守ってくれるフェイスパウダーがあれば安心です。

配合成分の中に、ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿成分が記載されているかどうかをチェックしてみてください。

使いやすさで選ぶ

毎日のメイクで使うフェイスパウダーは、やはり使いやすさも需要なポイント。

例えば、付属のパフが使いにくかったり、ケースが開けにくかったり。一度手にとって確かめてみるのがおすすめです。

フェイスパウダーの使い方

 

フェイスパウダーは、ひとつ持っていれば様々な使い方ができるので、メイクのお助けアイテムとしてもおすすめです。

メイクの仕上げに使う

まずは基本の使い方。仕上げにフェイスパウダーをつけることで、ファンデーションが安定して肌がきれいに見えます。

種類によっても効果の違いあり。

イエロー系のフェイスパウダーは、ニキビや赤みをカバー。ピンク系は、くすみを解消して血色の良い健康的な肌に。

粒子の細かいものは、毛穴カバーや光を拡散して透明感を演出。ラメやパール配合なら、立体感や肌のツヤを際立たせる効果が期待できます。

ベースメイクに使う

汗や皮脂が気になる方は、フェイスパウダーをベースメイクに活用する方法もあります。

フェイスパウダーがしっかり汗や皮脂を吸着してくれるので、いつまでも肌はさらさらのまま。

カバー力があり、肌の凸凹も滑らかな仕上がりに。上につけるファンデーションのノリや発色も良くなります。

特に、暑い季節やしっかりメイクをしたい時は、ベースメイクに活用してみましょう。

紫外線対策として使う

フェイスパウダーの中には、UV効果に優れている商品もあります。

もちろん密着度の高い日焼け止めアイテムより効果は劣りますが、両方使いすることで確実に効果はアップ!

出先で日焼け止めを塗り直すのが面倒な時でも、フェイスパウダーをササッと上からつけるだけで良いので簡単。

こまめにつけることで、より効果的な紫外線対策になります。

メイク直しに使う

メイク直しには、ファンデーションを使う方も多いです。

しかし、崩れてしまったメイクの上からファンデーションを重ねれば、厚塗り感が出るのできれいに仕上げるのは難しいもの。

さらに、油分を重ねることでより崩れやすくなってしまいます。

メイク直しの時は、汗や皮脂をティッシュオフしてから、フェイスパウダーを軽くつけるだけでメイクしたてのような肌に。

油分が含まれていないので重くなる心配もなく、厚塗り感もないので再びツヤ肌を取り戻してくれます。

その後もパウダーが汗や皮脂を吸着してくれるので、キープ力も高まるでしょう。

ポイントメイクの調整に使う

フェイスパウダーは、ポイントメイクの調整にも便利!

アイシャドウやチークをつけ過ぎて濃くなってしまった場合は、フェイスパウダーを軽くポンポンすることで落ち着きます。

また、チークをつける前に混ぜ合わせることで、あらかじめお好みのカラーに調整するのも○。

ピンポイントでフェイスパウダーをつけて、発色を良くするのもおすすめです。

肌への負担を減らすために使う

敏感肌の方や、肌トラブルがある場合は、メイクが負担になるもの。

そんな時に役立つのが、密着度の低いさらさらのフェイスパウダー。肌への負担を最小限に抑えつつ、お悩みをカバーしてくれます。

また、商品によってはクレンジングが必要ない場合もあるので、メイク落としによる負担も軽減。

フェイスパウダーのみでは不安な方は、色つきタイプがおすすめです。

フェイスパウダーを使う時の注意点

 

フェイスパウダーには様々な種類があるので、使い方によっては失敗することがあります。

パール感が強めだったり、白過ぎる商品は、白浮きする場合も。また、キラキラ感が強すぎたり、粉っぽさが目立ち不自然な仕上がりになってしまうことも。

購入して使ってみたら、実は……。というケースも多いです。

せっかく買うなら、デイリーメイクに役立つフェイスパウダーを選ばなければもったいない!口コミを参考にしたり、可能であれば、自分の肌で試してから購入することをおすすめします。

フェイスパウダーのおすすめアイテム【プチプラ】MAIKOHAN(舞妓はん) 舞妓はん おしろい N 02 肌色(シアーベージュ)

 

舞妓さんみたいな抜けるように白い肌を目指す方におすすめのフェイスパウダー。プチプラの割には、頼もしいカバー力と長時間メイクが崩れないのがメリット。

さらさらのテクスチャーなのに、絹のようなしっとりとした仕上がり。秘密は体温でとろける美容成分にあります。

パパっとひと塗りするだけで肌の質感が変わるので、朝メイクの強い味方となるでしょう。

MAIKOHAN(舞妓はん) 舞妓はん おしろい N 02 肌色(シアーベージュ) / ¥1,705

フェイスパウダーのおすすめアイテム【デパコス】Clé de Peau Beauté(クレ・ド・ポー ボーテ) プードルトランスパラント

Clé de Peau Beauté(クレ・ド・ポー ボーテ) プードルトランスパラント

上質なパウダーが、肌を包み込んでくれるような安心感があるフェイスパウダー。

ファンデーションの上に重ねても、厚塗り感ゼロ。にもかかわらずカバー力は抜群で、くすみがちな肌がパッと明るくなります。

肌触りの良いパウダーと、白ワインとローズをイメージした香りがラグジュアリーな気分にさせてくれるでしょう。

Clé de Peau Beauté(クレ・ド・ポー ボーテ) プードルトランスパラント / ¥13,200

フェイスパウダーのおすすめアイテム【30代】MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ) プレストポアカバー

MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ) プレストポアカバー

3種類の異なるパウダーが、絶妙なバランスで配合されたフェイスパウダー。セミマットな仕上がりが特徴で、ふんわり肌を演出してくれます。

ひと塗りでテカりやベタつきをカバー。肌が均一に仕上がり、スベスベ肌を長時間キープ。30代らしいナチュラルメイクにはもってこいです。

プレストパウダーなので、持ち歩きにも便利。ケースもキュートで、使うのが楽しくなるアイテムです。

MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ) プレストポアカバー / ¥1,870

フェイスパウダーのおすすめアイテム【40代】DECORTE(コスメデコルテ) フェイスパウダー

 

軽くて滑らかなつけ心地ですが、肌なじみは抜群!毛穴やシミなど、40代の肌悩みをしっかりカバーして、ツヤ肌を実現してくれます。

オーガニックシルクパウダーのおかげで、肌のキメを揃えて、まるで素肌がきれいになったような仕上がりに。

保湿成分も配合されているので、乾燥対策にも○。カラーは6色展開で、自分の肌に合うものを選ぶことができます。

フェイスパウダーのおすすめアイテム【50代】ONLY MINERALS(オンリーミネラル) マーブルフェイスパウダー シマー

ONLY MINERALS(オンリーミネラル) マーブルフェイスパウダー シマー

4色のカラーが混ざったプレストパウダー。肌に優しいミネラルフェイスパウダーは、最大限に負担を軽減できるのがメリット。

また、石鹸で落とすことができる割にはフィット感があるのが人気の理由。ダメージを避けたい50代の肌にぴったりです。

紫外線カット効果も最高値なので、ファンデーションの上からつけてもしっかりUVカットできます。

ONLY MINERALS(オンリーミネラル) マーブルフェイスパウダー シマー / ¥4,950

フェイスパウダーのカバー力を味方につければ、メイクの仕上がりに差が出ること間違いなし!正しい使い方やおすすめアイテムを参考にして、毎日ツヤ肌をキープしましょう。