FASHIONAUG.13.2018

いくつになっても楽しみたい!人気のピンクを使ったコーディネート

女性らしいピンクを使ったコーディネートは、いつまでたっても楽しみたいもの。しかし、若い時のようにピンクを前面に押し出したコーディネートは難しいですよね。オシャレな人たちのピンクコーディネートを見て、大人の女性らしい着こなしを楽しみましょう。ぜひお気に入りのコーディネートを見つけて、真似してみてくださいね。
女性らしいピンクを使ったコーディネートは、いつまでたっても楽しみたいもの。しかし、若い時のようにピンクを前面に押し出したコーディネートは難しいですよね。オシャレな人たちのピンクコーディネートを見て、大人の女性らしい着こなしを楽しみましょう。ぜひお気に入りのコーディネートを見つけて、真似してみてくださいね。

大人のピンクコーデのポイントとは?

 
若いときのようにピンク色を着こなしていると、どうしても浮いて見えてしまうこともあります。フェミニンなコーディネートばかりでなく、カジュアルコーディネートのなかにピンク色を取り入れてみましょう。
また、濃いピンク・薄いピンク・くすみピンクなどさまざまなピンク色があるので、さまざまなアイテムを試して、自分に似合ったピンク色を取り入れることも大切です。

初心者は薄いピンクを取り入れたコーディネートがおすすめ

 

kotori ¨̮さん(@kotori_mii)がシェアした投稿 -

初心者でも取り入れやすいのは薄い色合いのピンク。普段は白のTシャツを合わせるところを、ピンクに変えるだけでレディライクなコーディネートに。
ピンク×デニムの定番カジュアルコーディネートです。リラックス感のあるコーディネートですが、Tシャツもデニムもくすみのある色なので、だらしなく見えません。チャコールグレーのキャップがアクセントになっていますね。

濃いピンクのアイテムでコーディネートの主役に

 

ゆりかさん(@__yurica__)がシェアした投稿 -

ビビッドな色合いのピンクは、コーディネートの主役にぴったり。コーディネートに1つ取り入れるだけで、ぐっと女性らしい着こなしになりますよ。
なかでもボトムは、合わせやすいアイテムです。ビビッドな色合いも顔から遠い場所にあることで、違和感なく着こなすことができ、視線を逸らす効果もありスタイルアップにもおすすめです。

ピンク×ピンクのコーディネートは異素材を組み合わせて

 

naoriaさん(@naoria.shop)がシェアした投稿 -

ピンク×ピンクのコーディネートをするときは、異素材を組み合わせることで違和感なくコーディネートできます。カジュアルな綿やニット素材に、レースのスカートを合わせるなど、違う素材を合わせることでのっぺりした印象になることがありません。
ピンクの面積が大きくなるときは、薄いピンクと濃いピンクを組み合わせるなど、色の組み合わせにも気を付けることでぐっとオシャレに見えますよ。

春におすすめのローズピンクコーディネート

 

Ayanaさん(@_ami_0503)がシェアした投稿 -

ビビッドなローズピンクは、取り入れるだけでコーディネートがぐっと華やかになるカラー。春らしい着こなしにもピッタリです。オフショルダーのトップスでトレンド感のある着こなしに。
春と言えばふんわりとしたパステルカラーを思い浮かべる人も多いと思いますが、大人の女性はぜひ人と差をつけるローズピンクを取り入れてみてください。

夏におすすめの青みピンクコーディネート

 

MIKIさん(@_miki0124_)がシェアした投稿 -

夏に取り入れたいビビッドな色合いの青みピンク。肌馴染みを気にする方も多い色ですが、ボトムで取り入れれば誰でもチャレンジしやすいですよ。
白のトップスやスニーカーを合わせてシンプルにまとめれば、ピンクのボトムを引き立たせることができます。華やかなピンクのボトムは履くだけで気分も上がりそうですね。

秋におすすめのサーモンピンクコーディネート

 

軍曹さん(@takanogunsou0805)がシェアした投稿 -

温かみが欲しくなる秋には、優しい色合いのサーモンピンクがおすすめ。アースカラーとの相性もよく、ジャケットやコートを羽織ってもコーディネートに明るさをプラスしてくれます。
シンプルなデニムとのコーディネートも、女性らしく決まるピンクのVネックニットはぜひ1枚持っておきたいアイテムです。

冬はコートでピンクを取り入れよう

 
どうしてもダークカラーが多くなりがちな冬は、ぜひアウターでピンクを取り入れてみましょう。1枚羽織れば、コーディネートの主役になってくれます。
やわらかい色合いのピンクのコートは、秋冬から春先まで活躍してくれます。フェミニンにもカジュアルなコーディネートにも合うので、大人の女性にもおすすめです。

異なるピンクを組み合わせて全身ピンクコーデにチャレンジ

 

マイマイさん(@maimai5485)がシェアした投稿 -

全身ピンクでまとめるときは、テンションが違うピンクを組み合わせましょう。小物はシンプルにまとめることで、大胆な色づかいながらも、違和感なく着こなすことができます。また、カジュアルなアイテムでまとめることで、「イタイ」コーデになりません。

ピンクのワンピースで大人カジュアルに

 

Taiyouさん(@taiyou_125)がシェアした投稿 -

大人になるとどうしても抵抗のあるピンクのワンピースも、カジュアルにまとめることでこなれ感のある着こなしに。スニーカーやボディバッグなどスポーティなアイテムでまとめることで、かわいくなりすぎない大人のカジュアルコーディネートになります。
お気に入りのコーディネートは見つかりましたか?大人になると敬遠してしまいがちなピンクのアイテムを使ったコーディネートですが、使い方次第でさまざまなコーディネートに取り入れられますよ。ぜひ自分らしいコーディネートで、ピンク色を使って楽しんでみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。