LIFESTYLEOCT.19.2018

衣替えの賢い収納方法をご紹介!収納アイテムや収納のコツとは

年に2回の衣替えは、おしゃれを楽しく快適にするために必要な事ですが、意外に時間がかかり、難しいですよね。そこで今回は、衣替えの賢い収納方法をご紹介します。
年に2回の衣替えは、おしゃれを楽しく快適にするために必要な事ですが、意外に時間がかかり、難しいですよね。そこで今回は、衣替えの賢い収納方法をご紹介します。

衣替えの賢い収納方法【1】ハンガーにかけるアイテムの選び方

女性の服
クローゼットでハンガーをかけることができるポールがついている場合、かけられる量が限られています。

衣替えでは、畳んで収納できない洋服だけをハンガーにかけるようにしましょう。

ハンガーにかけて収納したいアイテムは


・シワになりやすいもの
・レザーアイテム
・毛皮アイテム
・スーツやジャケット
・ワンピースやドレス、フォーマルウェア

などですね。ハンガーにかけられる場所が少ない場合は、カバー付きのハンガーラックを購入したり、ニトリの「吊り下げハンガー」のような、ハンガーをかけられるスペースを2段に増やすことができるアイテムを活用しましょう。

衣替えの賢い収納方法【2】衣替えの前に準備しよう

洗濯をしている女性
衣替えの前には、いくつか準備しておきたいことがあります。


■お手入れをしっかり

まず、衣替えの前には、各アイテムのお手入れをしっかりしてから収納するようにしましょう。

洗濯する場合は、日光に当て、しっかり乾かしてから収納します。湿ったままの洋服をしまってしまうと、カビの原因になります。洗濯できないレザーアイテムは、汚れを落とし、綺麗な状態にしましょう。

おうちで洗濯できないものはクリーニング店にお願いしましょう。


■レイアウトを考えよう

また、衣替えの収納前には、何をどこにしまうのか、だいたいのレイアウトを考えてから入れていくようにしましょう。

収納ケースやボックスにつけるラベルや名札などを準備しておくと、次の衣替えシーズンにスムーズに入れ替えができますね。


■アイテムを守るグッズも活用しよう

また、衣替えした後は、次の衣替えシーズンまで使うことがないと、湿気やカビ、虫食いなどのトラブルに遭うこともあります。防湿対策や防虫対策できるグッズも準備しておきましょう。

衣替えの賢い収納方法【3】収納ケースには「縦入れ」しよう

衣替えの収納
衣替えの収納では、収納ケースやボックスに洋服を畳んで入れるのが一般的ですね。畳んで収納する場合、下から上に重ねるのではなく、左から右に向かって縦に収納していくのがおすすめです。縦に入れることで、上から見た時に、どこに何があるか一目で見つけることができます。

奥行きのある収納ケースやボックスは、奥から手前に列を作ると、空きスペースを有効活用できますね。

■仕切りを入れてさらに収納しやすく

しかし、縦入れにする場合は、隙間があると、服の形が崩れやすいのがデメリットです。

縦に収納する場合は、100均で購入できるブックスタンドや、板、小物入れなどで仕切りを作るのが、崩れにくくなる収納方法です。

衣替えの賢い収納方法【4】収納ケースやボックス選びは大事

クローゼット
クローゼットに衣装ケースやボックスを入れる場合は、クローゼットの高さや奥行を測りましょう。

特に、ハンガーにかけた洋服の下のスペースに衣装ケースやボックスを入れる場合は、ロング丈とショート丈に分け、その下に収納する収納ケースやボックスの高さを変えることで、より収納スペースを有効活用することができます。

また、クローゼットの奥行を無駄なく使えるようなサイズの衣装ケースやボックスを選びたいですね。

そして、衣装ケースの引き出しのサイズも、畳んだ時の洋服のサイズに合っている点も、より収納しやすくなるコツです。


■奥行きがあるクローゼットの場合

例えば、奥行きがあるクローゼットの場合は、奥と手前で衣装ケースやボックスを2列に置くのもおすすめです。

奥の衣装ケースやボックスには、季節外れのアイテムを入れ、手前の衣装ケースやボックスには今シーズン着るアイテムを収納すると、衣替えする際は、前後の衣装ケースやボックスを入れ替えるだけです。
面倒な衣替えをしないので、便利な収納テクニックです。


■奥行きがないクローゼットの場合

クローゼットに奥行きがない場合は、空きスペースができないように、クローゼットの奥行にマッチする収納ケースやボックスを使うようにするのが特に大切です。

その他にも、シーズンアイテムは引き出しが便利な収納ケースを使い、シーズンが外れているアイテムは空きスペースのサイズに合うボックスにまとめて収納するのもおすすめです。

衣替えの賢い収納方法【5】空きスペースを活用できるアイテム

衣替えの収納
■不織布

100均でも色々なサイズやデザインが展開されている「不織布」グッズは、ちょっとした隙間に入れ込みやすいので、空きスペースを活用できる収納グッズです。湿気や虫食いも予防してくれるアイテムもありますよ。


■ミニボックスやカゴ、ダンボール

また、空きスペースには、ハットやストール、手袋やバッグなどは、ミニボックスやダンボール、カゴなどに入れてラベリングしておくと、取り出しやすく、型崩れもしにくいのでおすすめです。


■圧縮袋

また、旅行する際のパッキングに活躍してくれる圧縮袋も、衣替えの収納グッズとしておすすめです。ニットのような、かさばるアイテムやシワになりにくいアイテムは、ぜひ圧縮袋に収納して、スペースを節約しましょう。
衣替えの収納は、次のシーズンにスムーズにファッションアイテムを取り出せるよう、わかりやすく整理することが大切です。衣替えをする際は、ぜひご紹介した衣替えのコツを活用してみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。