FASHIONJUN.28.2018

パリファッションから着こなし術を学べ!おしゃれコーデ9選

女性なら誰しもが憧れるであろう、「パリジェンヌ」のファッション。流行に左右されず自分らしいファッションを身にまとう彼女たちは、世界中から注目されるファッショニスタだと言っても過言ではありません。そこで今回は、パリジェンヌのおしゃれなコーディネートを9パターン厳選してご紹介します!
女性なら誰しもが憧れるであろう、「パリジェンヌ」のファッション。流行に左右されず自分らしいファッションを身にまとう彼女たちは、世界中から注目されるファッショニスタだと言っても過言ではありません。そこで今回は、パリジェンヌのおしゃれなコーディネートを9パターン厳選してご紹介します!

パリジェンヌのファッションの特徴って?まずは基本をチェック!

 

Leclaireurさん(@leclaireur)がシェアした投稿 -

ファッションにおいて、世界中の女性の憧れの的と言えば「パリジェンヌ」。シンプルなファッションで着飾っていなくとも、洗練された上品な雰囲気を持つ彼女たちは、いつの時代でもおしゃれのお手本にされています。

パリジェンヌのファッションは、流行に左右されず自分らしさを忘れないことが根本。さらにベーシックなアイテムでも、シックかつスタイリッシュに着こなすことができるところが「おしゃれ」だと注目される所以でしょう。そこで今回は、パリジェンヌのおしゃれなコーディネートを9パターン厳選してご紹介します!

デニムと白Tでもこなれた印象に!パリジェンヌのファッションとは

 

Thomas Saminadaさん(@tosamm)がシェアした投稿 -

パリジェンヌは、カジュアルなスタイリングでも洗練された印象に仕上げるのがお得意。こちらは、白Tにデニムパンツを組み合わせたシンプルなコーディネートです。白T×デニムは日本でも定番の組み合わせですが、パリジェンヌは一味違う着こなしに仕上げています。

白Tは、ロゴが入ったシンプルすぎないものをチョイス。デニムパンツはサイドに華やかなお花の刺繍があしらわれていて、通常のデニムスタイルと比べるとより女性らしく、かつおしゃれな印象をプラスしているところがポイントです。

パリでは大胆な赤コーデが映える!海外らしいファッションをご紹介

 

@waaannnnngがシェアした投稿 -

こちらは、「自分らしさ」を前面に出したパリジェンヌのコーディネートです。真っ赤のセットアップにライダースジャケットを組み合わせ、女性らしさに辛口のスパイスを加えているところがポイント。セットアップはあえて1枚で着こなし、大胆に肌見せをしているところは、さすが、自分らしいファッションを楽しむパリジェンヌだと言えるでしょう。

レディライクなコーディネートですが、足元にはあえてスニーカーを持ってくることでスポーツMIXのファッションに。これによって「抜け感」を演出することができ、パリジェンヌらしい着飾らないスタイリングに仕上げています。

春にはニット×デニムで颯爽と歩く!パリジェンヌのおしゃれコーデ

 
こちらは、パリジェンヌの春のコーディネート。デニムパンツにニットとカジュアルな組み合わせとなっていますが、シックな雰囲気を纏っていることを感じ取れるでしょう。このようにカジュアルなファッションでも上品に仕上がっている秘訣は、「小物使い」にあると言えます。

足元はマニッシュな印象のシューズに、鞄は華奢なシルバーのハンドルのハンドバッグ。さらにサングラスをプラスして、「デキる女」を演出。この全てのアイテムは「ブラック」で揃えて統一感を出し、洗練されたスタイリングに仕上がっています。

初夏にはこのコーデ!パリジェンヌのチェックアイテムの着こなしとは

 

NIKITA GARRIDOさん(@garridonikita)がシェアした投稿 -

初夏のパリジェンヌのおしゃれコーディネートをご紹介。こちらは、ギンガムチェックのセットアップを主役とし、大人ガーリーに仕上げたスタイリングです。ウエストには淡いピンクのウエストバッグをプラスし、可愛らしい印象をプラスしているところも、こちらの女性のこだわりだと言えるでしょう。

ガーリーな印象になりがちなアイテムを組み合わせていても、上品かつ大人っぽい印象を持っているのはなぜか。それは、「アイテム選び」にあります。ガーリーなギンガムチェックでも、ワイドパンツ×女性らしい襟付きシャツのセットアップで、大人っぽく。さらにピンクのバッグも、ウエストにオンすることでイマドキのおしゃれな印象となっています。

大胆な露出もパリならOK!夏には色っぽファッションが気分

 

Flykube Italiaさん(@flykube_italia)がシェアした投稿 -

パリジェンヌの夏は、大胆な肌見せで色っぽさをアピール!こちらは、タンクトップにミニ丈のタイトスカートを組み合わせた、レディライクなコーディネートです。夏にはあえて、ブラックコーデでシックな印象に仕上げるのが、パリの女性。黒のアイテムは、上品で、静ひつで、女性本来の強さを引き立てるのです。

露出部分が多くとも、いやらしい印象にならないのは、ブラックのアイテムのおかげ。さらにデニールの薄いタイツをプラスすることで、色っぽい印象を控えることができているのもポイントです。

秋ならこちら!パリジェンヌはライダースジャケットをキレイめに着こなす

 

zさん(@z_djr)がシェアした投稿 -

こちらは、パリジェンヌの秋のコーディネート。オフホワイトの襟付きのトップス、タック入りのパンツで上品かつ女性らしい印象に仕上げながらも、強めのライダースジャケットでハンサムな印象をプラスできています。

鞄はサーモンピンクのラウンド型ショルダーバッグをチョイスし、あえてジェケットのメンズライクな印象を抑えているところがポイント。フェニミンな雰囲気が漂う、パリジェンヌらしいおしゃれなコーディネートとなっています。

パリの冬ファッションなら!赤を差し色にして華やかな印象に

 
冬のパリジェンヌのおしゃれコーディネートをご紹介!こちらは、モノトーンでファッションをまとめつつ、存在感のある赤のマリンキャップでアクセントをプラスしたコーデです。ブラックのTシャツに革のパンツで強めの印象のところに、上品さ漂うツイードジャケットを羽織り、コーデ全体をバランスよくまとめています。

さらにこちらのスタイリングは、「赤」を差し色にしているところがポイント。冬はダークカラーでコーデをまとめてしまいがちですが、差し色を加えるだけでパッと華やかな印象に仕上がっています。冬のマンネリ化したファッションには、差し色をプラスすると一気に雰囲気が変わるのです。

モノトーンでシックに決める!パリジェンヌはワンピをさらりと着こなす

 

Shoplookさん(@shoplookio)がシェアした投稿 -

パリジェンヌは、モノトーンなアイテムをシックに着こなします。こちらは、オフホワイトのマキシ丈ワンピを主役としたコーディネートです。ワンピを1枚でさらりと着こなしているだけでも、パリジェンヌらしい上品でおしゃれな雰囲気に。ここでもやはり、「脇役」のアイテムが大きな役割を果たしていると言えます。

足元のドクターマーチンのブーツ、つば広のハット、小さめのショルダーバッグ、サングラスが、コーデ全体を「高見え」させる手助けに。さらに華奢な腕時計やネックレスは、女性らしさを引き立てる役割を果たしています。

パリジェンヌはファッションアイテムの色・柄使いがお上手

 

@in.thecityがシェアした投稿 -

こちらは、パリジェンヌの色使い、柄使いの上手さがよくわかるおしゃれなコーディネートです。トップスはボーダー柄、スカートは細かいチェック柄と、異なる柄を組み合わせていますが、ちぐはぐにはなっていません。ボーダーの幅が広いのに対し、チェックが細かいため、異なる柄を組み合わせてもバランスよく見えるのです。

さらに色味に関しては、トップスのベースはオフホワイトではなく、落ち着いた印象のやや茶色がかったホワイト。ブラウンのスカートと相性が良く、統一感が出ているところがポイントです。
いかがでしたか?今回は、パリジェンヌのおしゃれなコーディネートを一挙ご紹介しました。着飾っていないシンプルなファッションでも、こなれた印象に仕上げるのがパリの女性。その上手な着こなし術に、魅了されたのではないでしょうか。皆さんもぜひ、パリジェンヌのおしゃれの秘訣を学び、自身のコーディネートに活かしてください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。