FASHIONAUG.22.2018

襟の種類まとめ|おしゃれに役立つレディースファッション基礎知識

シャツやジャケットにコート、さらにニットやTシャツなどの襟の種類についてまとめてご紹介!いろいろな襟の種類を知ることで、TPOに合わせた襟のデザインや自分にに合う襟を見つけることができます。顔に近い襟はファッションの重要なポイント!服選びに役立つ襟のデザインについてチェックしていきましょう。
シャツやジャケットにコート、さらにニットやTシャツなどの襟の種類についてまとめてご紹介!いろいろな襟の種類を知ることで、TPOに合わせた襟のデザインや自分にに合う襟を見つけることができます。顔に近い襟はファッションの重要なポイント!服選びに役立つ襟のデザインについてチェックしていきましょう。

襟の種類って実はいろいろある!

ベージュのシャツを着ている女性
シャツやジャケット、コートなど襟のある服はたくさんあります。襟は顔に一番近い、コーディネートの雰囲気を決める重要な部分。「イマイチ服がしっくり似合わないな……」と思ったら、実は襟の形が似合っていないのかもしれません。

今回は、たくさんある襟の種類をまとめてご紹介していきます。いつもと襟元のデザインを変えるだけでガラリと雰囲気が変わるので、未体験の襟を取り入れてみませんか?

襟の種類①レギュラーカラー

レギュラーカラーの白シャツ
レディースのシャツはもちろん、メンズのワイシャツでもよく見かけるベーシックな襟のことをレギュラーカラー、もしくはスタンダードカラーと言います。

コットンやリネンのシャツやカジュアルなネルシャツなど幅広いアイテムで用いられる襟です。

襟の種類②ステンカラー

ステンカラーコートを使ったコーデ
襟に高さ(襟腰)があって、立ち上がった襟を折りたたんだようなデザインのことをステンカラーと言います。

コートやジャケットなどのアウターだけでなく、シャツでも使われるベーシックな襟のデザインのひとつです。
Wフェイスステンカラーコート / ¥45,360

襟の種類③マオカラー

マオカラーのブラウスコーデ
マオカラーは、襟が立ち上がっているスタンドカラーの中のひとつです。

中国の人民服やチャイナドレスの襟のデザインのことで、マオカラーの「マオ」は毛沢東が由来となっていると言います。

襟の種類④ボウタイ

ボウタイブラウスを着た女性
襟が長く伸びていて、それを首元で蝶結びにするデザインをボウタイと言います。

女性らしい雰囲気で、とろみのある柔らかな素材のブラウスに用いられるデザインです。

襟の種類⑤ラッフルカラー

ラッフルカラーのブラウス
襟元にフリルの生地がついたものをラッフルカラーと言い、襟に沿ってフリルが付いているものや縦にフリルが施されているものなど様々なデザインがあります。

立体的で華やかな雰囲気になるので、春夏に一枚で着るブラウスとして、またジャケットのインナーに着るブラウスとしてもおすすめのデザインです。
ラッフルカラーブラウス / ¥8,100

襟の種類⑥開襟

開襟シャツとベージュパンツコーデ
胸元が開いているデザインが特徴の開襟は、首回りが涼しい夏のシャツによく使われるデザインです。

そのため、「アロハシャツ」や「かりゆし」など南の地域の伝統的な服の襟元は開襟になっています。

襟の種類⑦ヘンリーネック

ヘンリーネックシャツ
丸首でボタンがついたデザインをヘンリーネックと言い、元々はイギリスのボートレースのユニフォームとして着用されていたというスポーティーなアイテムです。

現在は、さらにデザインや素材が変化してVネックのものやキレイめな素材を使ったヘンリーネックも登場しています。

襟の種類⑧ショールカラー

ショールカラーのカーディガンコーデ
タキシードの襟のように、帯状の形のものをショールカラーと呼びます。

日本の名前では「ヘチマ襟」とも言って、ジャケットやコート、カーディガンなど秋冬の羽織りものによく使われる襟です。

襟の種類⑨ノッチド・ラペル・カラー

Pコートコーデ
下襟の先端が下がっていて、襟にV字型に切り込みが入っているもののことを言います。

ジャケットやPコート、トレンチコートなど様々なアウターに使われています。

襟の種類⑩ピークド・ラペル・カラー

コーヒーを飲む女性
下襟の先端が上の方を向いているタイプのことで、前合わせがダブルのジャケットでよく見られるデザインです。

フォーマルなシーンで着用される華やかなデザインと思われていましたが、現在はデイリーな着こなしにも活用されています。。

ニットの襟の種類もたくさんある!

ニットを着た女性
襟がついているのはシャツやジャケット、コートだけではありません。セーターやカーディガンなどのニットやTシャツの襟にもいろいろなタイプがあります。

ニットの襟の種類①クルーネック

ピンクのクルーネックニット
ニットセーターの定番の襟の一つがこちらのクルーネックです。

昔、海で働く男性(クルー)が着ていたというこのデザインは風が入らないように首元が詰まっているのが特徴です。

ニットやTシャツなどベーシックなアイテムによく見かけるいわゆる「丸首」のことです。

ニットの襟の種類②Vネック

Vネックセーターを使ったコーデ
すっきりと大人っぽい印象のVネックは、名前の通りVに開いています。

きちんとした着こなしからカジュアルまで幅広く合わせることができる優秀デザインです。

ニットの襟の種類③ボトルネック

ボトルネックセーターとデニムのコーデ
身頃と繋がっていて、まるで瓶の首の部分のようなデザインがボトルネックです。

甘さを抑えたデザインで、一枚でもインナーとしても活躍します。

ニットの襟の種類④ボートネック

ボートネックのニットコーデ
まるでボートのそこのようにまっすぐなデザインの襟元をボートネックと言います。

ジャケットなどのインナーにしたり、中にシャツを着たり、と着回し力のある襟です。

マリンな着こなしに人気のボーダーのバスクシャツも襟元はボートネックになっています。

セーターの襟の種類⑤ハイネック

ハイネックとスカートのコーデ
首に沿って立ち上がった襟をハイネックと呼びます。

首元がもたつかないので、キレイめな着こなしぴったり。スーツのインナーにニット素材やTシャツの素材のハイネックを合わせるとすっきりと決まります。

ニットの襟の種類⑥タートルネック

タートルネックニットを使ったコーデ
立ち上がった首元を折り返したのがタートルネックです。
伸ばした時には亀(タートル)の首(ネック)のように長いのが特徴です。

温かみがあり、顔の周りにボリュームが出るので小顔効果も期待できます。

ニットの襟の種類⑦オフタートル

オフタートルのニットを使ったコーデ
首にピタッとフィットするタートルネックに比べて、筒幅が広くてゆるい感じなのがオフタートルです。

ゆるっとした雰囲気で女っぽさが感じられます。
襟の種類で着こなし全体の印象はガラッと変わります。似合う襟のタイプを見つけて、おしゃれの幅を広げてみませんか?
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。