FASHIONJUL.21.2018

コートを上手に収納する方法は?省スペースな服のたたみ方や収納アイデアも!

長さのあるものやかさばるダウンなどのコートの収納にはいつも悩まされる……とお困りの方におすすめのコート収納方法をご紹介!来シーズンもお気に入りのコートを着るために知っておきたい。コートのたたみ方や便利な収納グッズもチェックしていきます。
長さのあるものやかさばるダウンなどのコートの収納にはいつも悩まされる……とお困りの方におすすめのコート収納方法をご紹介!来シーズンもお気に入りのコートを着るために知っておきたい。コートのたたみ方や便利な収納グッズもチェックしていきます。

コート収納で気をつけるポイント

コート収納
クローゼットの中で広い場所をとってしまうコートをすっきり収納するために気をつけたいポイントがこちら。

・「たたんで収納」と「ハンガー収納」を見極める
・通気性を確保
・虫食い対策
・シワにならないように

今回は、これらのポイントをおさえたシーズンオフの収納に加えて、コートが活躍する冬場の収納方法についてもご紹介していきます。

コートの収納術①たたみ方

コートの収納
厚みのあるコートを吊るす場所がない!そんな時にはたたんで収納をするのがおすすめです。
たたんで収納するのは、できればシワになりにくいダウンだけにしたいところですが、クローゼットの容量次第ではウールのコートもたたむことはできます。

■コートのたたみ方
1.袖の付け根のところから内側に向かって折る
2.収納するケースのサイズに合わせてコートをたたむ

■コートをたたむ際のポイント
・ベルトやファーなどは外しておく
・少しでもシワを作らないために、折りたたむ回数は最小限に
・収納ケースなどにしまう時は、シワになりにくいものやシワを直しやすいものを下に入れる。

コートを着るシーズンになったら早めに出して、しばらくハンガーで吊るしてシワを伸ばしておきましょう。

コートの収納術②ハンガー収納

コートの収納
チェスターコートなどのウールやカシミヤ、また、折りじわができやすいレザーなどのコートはハンガーで吊るして収納するのがベストです。

■ハンガー収納のポイント
・しまう前にクリーニングに出す
・クリーニングでかけられたビニールは外して収納する
・クローゼットの中はぎゅうぎゅうに詰め込みすぎない

冬の間大活躍したコートは、パッと見た感じ汚れていなくてもホコリや汗、皮脂などの汚れがついています。クリーニングでキレイにしてからクローゼットで保管しましょう。

クリーニングでつけてもらったビニールは、クリーニングのお店から自宅に持って帰るまでホコリや汚れからコートを守るためのものなので、持って帰ったらすぐに外すのが正解です。

クローゼットの中でも一つ一つ袋をかけてホコリなどからコートを守りたい!という場合には不織布でできたコートカバーをつければOKです。

コートの収納術③圧縮袋

コートの収納
布団や衣類をコンパクトに収納できる収納袋はコートの収納にも活躍してくれます。

■圧縮袋でコート収納をする時のポイント
・シワになりにくいダウンやニットコートの収納に使う
・高級なコートやデリケートなものは避ける
・一つの袋に入れるのは多くても2着

厚みが半分くらいになって収納に便利な圧縮袋ですが、空気を抜いて圧縮する時にどうしてもシワになりやすいのでシワができやすいものは避けてください。また、生地に力も加わるのでデリケートな素材には向きません。

平らに置いて収納するタイプのほか、圧縮袋にハンガーがついていてそのまま吊るすことができるものもあります。家族全員分のダウンコートが場所を取る!というような場合にぴったりな収納方法です。
吊るせる圧縮袋 コート用(2枚) / ¥1,028

コートの収納術④玄関

 

まりさん(@mari_y_k)がシェアした投稿 -

冬場、コートが活躍する季節もやはり収納には頭を悩ませます。かさばるということだけでなく、雨雪で濡れたコートをそのままクローゼットに入れるわけにもいかず、ちょっと置いておくスペースも無いとなるとどこに置けばいいのか……?

そこでおすすめなのが玄関にコートを置く場所を作ること。もともと玄関にコートなどを収納する場所があればいいですが、そうでは無い場合にはちょっとしたラックなどを用意するといいですね。
また、壁にコートを掛けることができるフックを取り付けるというのも便利です。

おすすめコート収納グッズ:収納ケース

コート収納
コートをたたんで収納する際には、なるべく大きくたたんで余裕を持って収納することが大切です。

スタッキングができる大きめ収納ケースなら、たくさんのコートを収納しても型崩れやシワになりにくく、キレイに保存しておくことが出来ます。
ポリプロピレンキャリーボックス・折りたたみ式・大 / ¥1,490

おすすめコート収納グッズ:ドレスカバー

 

i . c a n aさん(@c.a.n.a.29)がシェアした投稿 -

クリーニングから戻ってきた時にかかっているビニールは通気性がなくて湿気がこもるので外しますが、長い期間吊って収納することになるからホコリなどの汚れや虫食いが気になります。

そんな時におすすめしたいのがセリアなどの100均で手に入る不織布のドレスカバーです。コートが痛むのを防いでくれるだけでなく、ごちゃごちゃしがちなクローゼットをすっきりとさせることが出来ます。

おすすめコート収納グッズ:ハンガーラック

コート収納
押入れに衣類を収納していると、ロングコートの裾が折れ曲がってしまうということがあります。また、ロングコートの長さに合わない場所に収納すると、ごちゃごちゃしてし舞います。

その場合には、ハンガーラックを使ってロング丈のコートは別に収納するようにするのがおすすめです。
キャスター付き天然木ハンガーラック 幅90cm / ¥22,572
着ると素敵なコートも、いざ収納するとなるとかさばってしまって困ることが多いです。お気に入りのコートは正しく収納することで、長く愛用することが出来ます。狭い場所でもうまく収納をして、コートをキレイにキープしましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。