BEAUTY
JUN.23.2020

夏の化粧崩れを防ぎたい!崩れる原因や対策とおすすめコスメ11選

夏の化粧崩れを防ぎたい!崩れる原因や対策とおすすめコスメ11選 夏の化粧崩れを防ぎたい!崩れる原因や対策とおすすめコスメ11選

化粧崩れは多くの女性を悩ますトラブル。皮脂や汗の多い夏は、特にメイクが崩れやすいです。ここでは、夏の化粧崩れを防ぐスキンケアやメイクのテクニックと1日中きれいな化粧をキープするおすすめコスメをご紹介します。

【目次】

夏の化粧崩れの原因は?

 

化粧崩れは、夏に多くの女性を悩ませているトラブルの一つ。朝、綺麗にメイクを仕上げてもすぐにメイクがドロドロに崩れてしまうことは少なくありません。夏の化粧崩れの原因を知って対策に役立てましょう。

夏のメイク崩れの原因【1】皮脂

夏に気温が上昇して肌の表面の温度が上がると、皮脂の分泌量が増えます。そのため、夏は秋冬の約2倍皮脂が出ると考えられています。

そして皮脂は化粧崩れの原因です。油分でできた化粧品は皮脂で分解されるので、夏は他の季節と比べて化粧崩れに悩む女性が増加します。

夏のメイク崩れの原因【2】汗

暑い夏は汗の量も増加します。汗はパウダータイプの化粧品を流すため、化粧崩れを引き起こすのです。特に、体を動かした後や長時間屋外で過ごした時は、メイクがドロドロに崩れてすっぴんのようになってしまうでしょう。

日本の夏は高温多湿ですが、湿気が多い日も化粧崩れが起こりやすいです。湿度が高い日は汗が蒸発せず、毛穴の表面に溜まります。皮脂が残れば、肌がベタついてテカったり、メイクがヨレたりします。

夏の化粧崩れの原因【3】乾燥

夏の化粧崩れは汗や皮脂の影響で起こるイメージが強いですが、原因はそれだけではありません。実は、肌の乾燥も化粧崩れと大きく関係しています。

肌が乾燥して表面がカサカサすると、下地やファンデーションが肌と密着せず、化粧崩れを起こしやすい状態になります。また、乾燥で水分が不足すると、肌が潤いを守るために皮脂を過剰に分泌することも少なくありません。

「夏だから大丈夫」「ベタつくのが嫌」などと考えて十分に保湿していない人は乾燥による化粧崩れに注意が必要です。

夏の化粧崩れを防ぐ皮脂対策の方法

 

夏の化粧崩れを予防するためには、皮脂の過剰分泌を抑えることがポイント。皮脂の量を減らせれば、化粧品の成分が分解されず、いつまでもきれいなメイクをキープできます。

夏の化粧崩れを防ぐ皮脂対策の方法【1】水分と油分のバランスを整える

肌の水分は、紫外線やほこりなどの外的刺激から肌を守る役割があります。そして、油分は、肌の表面で水分の蒸発を防ぐ役割を担っています。

夏の化粧崩れを予防するためには、水分と油分のバランスを整えることが大切。ベタつきが気になる場合は、油分の多い乳液やクリームを使わず、さらっとした軽めのテクスチャーのアイテムを使うと良いでしょう。

ただし、顔のベタつきを抑えるために保湿を控えると、水分が不足して皮脂が過剰に出ることがあります。乾燥による化粧崩れを防ぐには、夏でも保湿を欠かせません。

夏の化粧崩れを防ぐ皮脂対策の方法【2】メイク前に油分を使いすぎない

温度や湿度が上がる夏は、どれだけ丁寧にスキンケアをしていても皮脂が増えすぎることは少なくありません。皮脂の量を完全にコントロールするのは難しいため、顔にある皮脂以外の油分を減らして化粧品の分解を防ぐことも大切です。

顔の油分を減らしたい時は、メイク前に油分を使いすぎないのがコツ。化粧水の後、美容液、オイル、乳液、クリーム、目元クリームなどを重ねていると、油分で化粧が崩れやすくなります。

夏は、メイク前のスキンケアを必要最低限にして顔の油分を減らしましょう。

夏の化粧崩れを防ぐ汗対策の方法

 

気温の上がる夏は汗でメイクが流れることが多いですが、工夫次第では汗による化粧崩れも予防できます。汗による化粧崩れの予防方法について詳しく見ていきましょう。

夏の化粧崩れを防ぐ汗対策の方法【1】生活習慣を改善する

汗は体温調節のために必要なものです。気温が上がる夏に汗をかかなければ、体温がこもって体調を崩します。そのため、汗は必要なものですが、顔だけに大量の汗をかくと化粧崩れが起こります。

化粧崩れを予防したい人は、全身から均等に汗を出すために生活習慣を改善してみましょう。暑い日も毎日湯船に浸かり、定期的に運動すると、全身からしっかりと汗が出るようになるため、顔に汗が集中しません。

また、人と比べてかなり汗が多い場合は、ストレスや疲労などが原因で自律神経が乱れていることがあります。なるべく休息を取り、自律神経を整えると、汗の量が抑えられて夏の化粧崩れを予防できるでしょう。

夏の化粧崩れを防ぐ汗対策の方法【2】パウダーの使用量を減らす

夏は暑い季節なので、汗の量を減らすのは簡単ではありません。汗ばむ時期に化粧崩れを防ぐためには、パウダーの使用量を減らすこともポイントです。

パウダーファンデーションやフェイスパウダー、石鹸で落とせるコスメなどにはたくさんの粉が含まれているため、汗をかいたときに流れてしまいやすいです。

特に、汗が出やすい頬にパウダーチークを使うと、化粧崩れが目立ちます。夏はなるべくクリームチークなどの肌に密着するコスメを使うのがおすすめです。

夏の化粧崩れを防ぐ乾燥対策の方法

 

夏の化粧崩れは乾燥によるカサつきや皮脂の過剰分泌でも引き起こされます。肌の乾燥が気になる人は、しっかりと保湿して化粧崩れを予防しましょう。

夏の化粧崩れを防ぐ乾燥対策の方法【1】保湿をサボらない

他のシーズンはしっかりと乾燥対策をしていても、夏は保湿をサボってしまう人が多いです。しかし、「潤いを与えるとベタつく」「テカるから保湿しなくても大丈夫」などと考えて十分に保湿しなければ、乾燥が進んで化粧崩れが起こります。

また、夏に美白化粧品を使う人も乾燥に注意が必要です。美白化粧品は保湿力が弱いものが多いため、しっかりとスキンケアをしているつもりでも肌が乾燥することが少なくありません。

夏も化粧水や乳液、クリームなどを使ってしっかりと保湿し、乾燥による化粧崩れを防いでください。

夏の化粧崩れを防ぐ乾燥対策の方法【2】日中も保湿する

一日中エアコンがかかっている部屋でいることも多い夏は、日中に肌が乾燥することも少なくありません。日中の乾燥は化粧崩れに繋がりやすいため、ミストやスティック状美容液などで潤いを与えましょう。

メイクの上から使えるアイテムでこまめに保湿していれば、水分と油分のバランスが整って化粧崩れを起こしにくくなります。

夏は化粧崩れ対策に加えて紫外線対策も必要!

 

紫外線は美肌の大敵。日焼けに繋がるだけでなく、シミやシワの元になります。また、紫外線の影響で肌が乾燥すれば、化粧崩れが起きやすくなるでしょう。夏は、化粧崩れ対策に加えて紫外線対策もして美肌を守ってください。

夏の紫外線対策はファンデーションだけでは不十分!

最近売られているファンデーションは、紫外線対策できるものが多いです。特に、夏向けのファンデーションはSPF50程度の高い紫外線カット効果を期待できるものも少なくありません。そのため、ファンデーション以外に紫外線対策用のアイテムを使わない人も多いです。

しかし、ファンデーションだけで夏の紫外線対策をするのはおすすめしません。メイクを自然に仕上げるために、ファンデーションを薄く広げると、十分な紫外線カット効果を期待できないことがあります。

また、夏は皮脂や汗で化粧崩れしてファンデーションが流れてしまうことも多いです。しっかりと紫外線対策をしたい人は、日焼け止めやUVカット効果の高い化粧下地を合わせて使いましょう。

夏は日焼け止めをこまめに塗りなおそう

汗をかきやすい夏は、化粧崩れを起こした時に日焼け止めが流れることが珍しくありません。汗で流れ落ちると紫外線カット効果が十分に発揮されないため、日焼け止めはこまめに塗りなおすのがポイントです。

メイクの上から使える日焼け止めをポーチに入れておくと、化粧直しのときに紫外線対策もできます。

夏の化粧崩れを防止するスキンケア

 

化粧崩れを防止するためには、スキンケアで肌の状態を整えておくことが重要です。化粧崩れしない肌になるためのスキンケアのポイントをチェックしていきましょう。

夏の化粧崩れを防止するスキンケア【1】クレンジング・洗顔

クレンジングや洗顔は、メイク汚れや余分な皮脂、汗を取るために大切なケアです。クレンジングや洗顔が不十分だと、皮脂や汗が残ってメイクののりが悪くなったり、化粧崩れを起こしたりするため、丁寧に汚れを落としましょう。

■朝も洗顔料を使う
朝はぬるま湯だけで洗顔を済ませる人もいますが、夏は朝も洗顔料を使うのがおすすめ。朝に洗顔料を使うと、寝ている間に分泌された汗や皮脂がしっかりと落ちて化粧崩れが起こりにくくなります。

■ゴシゴシと擦るのはNG
クレンジングや洗顔の際に、顔をゴシゴシと擦るのはやめましょう。ゴシゴシと擦ると、肌が必要としている潤いが奪われ、肌を守るために皮脂が過剰に分泌されることがあります。

夏の化粧崩れを防止するスキンケア【2】化粧水

 

肌の水分が不足すると、化粧崩れが起きやすくなります。夏の化粧崩れを防ぎたい人は、化粧水で丁寧に潤いを与えましょう。肌がひんやりとするまでたっぷりと化粧水を塗るのがポイントです。

■コットンパックもおすすめ
肌にたっぷりと潤いを与えたい時は、化粧水でコットンパックをするのがおすすめです。コットンパックで肌の奥まで潤いを与えると、ひんやりと気持ちよく、化粧崩れも予防できます。

夏の化粧崩れを防止するスキンケア【3】乳液・クリーム

皮脂や汗で顔がベタつきやすい夏は乳液やクリームを省く人が多いですが、化粧水だけでスキンケアを終わらせるのはNG。乳液やクリームを塗らないと、化粧水で与えた水分が蒸発して肌の内部が乾燥し、皮脂の過剰分泌に繋がることがあります。

化粧崩れを防ぎたい人は、夏も乳液やクリームを使って肌に水分を閉じ込めましょう。ベタつきが気になる場合は、油分の少ないジェル状の乳液や軽いテクスチャーのクリームを使うと快適です。

夏の化粧崩れを防止するベースメイク

 

夏はベースメイクが崩れてドロドロになりがち。ベースメイクが崩れると、肌が綺麗に見えず、清潔感がなくなってしまいます。崩れないベースメイクのやり方を確認してきれいなメイクをキープしましょう。

夏の化粧崩れを防止するベースメイク【1】化粧下地

化粧下地はファンデーションと肌の密着感を高めるアイテム。化粧崩れの防止にも役立ちます。

■化粧下地の選び方
皮脂による化粧崩れが気になる人は、皮脂を抑制したり、余分な皮脂を吸着したりする化粧下地を使いましょう。乾燥が気になる場合は、保湿成分が含まれているものをおすすめします。

また、Tゾーンなど顔の一部のみ化粧崩れが目立つ人には、部分用の化粧下地も良いでしょう。

■化粧下地の塗り方
顔の内側から外側まで薄く広げます。塗り終わった後にハンドプレスで肌に馴染ませると、夏も化粧崩れが起こりにくくなります。

夏の化粧崩れを防止するベースメイク【2】ファンデーション

 

下地を塗り終わったら、ファンデーションを重ねましょう。

■ファンデーションの塗り方
適量のファンデーションをスポンジや指に取り、顔の内側から外側に向かって広げます。目元や口元などの化粧崩れが起こりやすい部分は、スポンジでトントンと押さえて馴染ませてください。

水ありタイプのファンデーションを使う場合は、水を付けて絞ったスポンジで優しく叩くように広げると、化粧崩れが起こりにくいです。

■気になる肌トラブルはコンシーラーで隠す
夏はファンデーションを厚く塗ると皮脂や汗で崩れたときに目立ちます。ニキビ跡やシミ、クマなどがある場合は、カバー力の高いコンシーラーで隠し、ファンデーションは薄く塗りましょう。

夏の化粧崩れを防止するベースメイク【3】フェイスパウダー

フェイスパウダーは皮脂や化粧品に含まれる余分な油分を吸着する働きがあります。パウダータイプ以外のファンデーションを使う場合は、ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーを使って夏の化粧崩れを予防しましょう。

■フェイスパウダーの選び方
フェイスパウダーは主にプレストパウダーとルースパウダーの二種類に分けられます。汗や皮脂による化粧崩れが気になる場合はプレストパウダー、乾燥による化粧崩れが気になる場合はルースパウダーがおすすめです。

■フェイスパウダーの使い方
大きめのブラシやパフで顔の内側から外側に向かってふんわりとのせます。テカリが気になる部分は軽く押さえるようにのせると、サラサラになります。

夏の化粧崩れを防止するポイントメイク

 

夏はベースメイクだけでなく、ポイントメイクも崩れやすいです。パンダ目になったり、眉毛が消えたりして悩んでいる人も多いでしょう。崩れないメイクのやり方を解説します。

夏の化粧崩れを防止するポイントメイク【1】アイメイク

顔の中でもよく動く目元は夏に化粧崩れが起こりやすいです。パンダ目にならないアイメイクのやり方を見ていきます。

■アイシャドウ
スポンジやコットンでまぶたの余分な油分をオフしてから指やチップ、ブラシでアイシャドウをのせます。濃い色のアイシャドウは化粧崩れが目立ちやすいため、夜まできれいなメイクをキープしたい人は薄い色のアイシャドウを使うのがおすすめです。

夏メイクでは、シアーなブラウンや肌に馴染むオレンジのアイシャドウを使うと素敵でしょう。

■アイライナー
アイライナーが落ちると、パンダ目になります。夏は汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプのアイライナーで化粧崩れを予防しましょう。アイシャドウと同じように薄い色を使うと、化粧崩れが目立ちにくいです。

■マスカラ
マスカラも汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプやフィルムタイプを選びましょう。薄めのブラウンなら、万が一汗で落ちることがあっても化粧崩れが目立ちません。

夏の化粧崩れを防止するポイントメイク【2】アイブロウ

 

汗ばむ夏は、気づくとアイブロウが消えてしまっていることが少なくありません。眉毛は顔の印象を大きく左右するパーツなので、しっかりと化粧崩れを防ぎましょう。

夏のアイブロウメイクのポイントは余分な油分を取ること。スポンジや綿棒で眉毛を撫でて油分を取ったら、眉尻部分にルースパウダーをのせてサラサラにしましょう。

その後に、崩れにくいコスメを使ってメイクをすると、夜まで理想の眉毛をキープできます。化粧崩れしやすい夏は、仕上げにアイブロウコートを塗っておくのもおすすめです。

夏の化粧崩れを防止するポイントメイク【3】チーク

チークは肌との密着力が高いリキッドタイプやオイルタイプがおすすめです。指でトントンとのせると、肌にフィットして化粧崩れを起こしにくくなるでしょう。

チークが毛穴落ちしたり、ヨレたりする場合は、部分用下地で頬をフラットにしておくのがコツ。メイクの仕上がりが良くなって夏でもきれいなメイクが続きます。

夏の化粧崩れを防ぐ裏技4選

夏の化粧崩れを防ぐ裏技【1】余分な皮脂・汗はティッシュオフ

 

顔の表面に皮脂や汗が残った状態のままメイクすると、肌に密着しないため、化粧崩れを起こしやすいです。夏は、メイク前にティッシュなどで顔の皮脂や汗をオフして、肌をサラサラにしておきましょう。

余分な皮脂や汗を抑えると、ファンデーションやアイシャドウののりが良くなるため、メイクの仕上がりも格上げされます。

夏の化粧崩れを防ぐ裏技【2】ひんやりアイテムを使う

暑い夏はどうしても皮脂や汗で化粧が崩れることが多いです。また、毛穴が開くため、毛穴落ちも気になります。

暑い時期は、ひんやりコスメを使って肌をクールダウンし、毛穴を引き締めましょう。最近は、たくさんのブランドから化粧崩れの予防に繋がるひんやりコスメが登場しています。

夏の化粧崩れを防ぐ裏技【3】メイクの上からスプレーを使う

化粧崩れが気になる夏は、メイクの仕上げにスプレーを使いましょう。スプレーを使うと、肌がひんやりとして化粧崩れしにくくなります。保湿効果に優れたスプレーなら、エアコンによる乾燥も予防できます。

また、ポーチにスプレーを入れておけば、化粧崩れしてしまった時のメイク直しにも役立つでしょう。

夏の化粧崩れを防ぐ裏技【4】フェイスパウダーでファンデーションを挟む

基本的にフェイスパウダーはメイクの仕上げに使うアイテムですが、化粧崩れが気になる夏は、フェイスパウダーでファンデーションを挟みましょう。

化粧下地、フェイスパウダー、ファンデーション、フェイスパウダーの順番でメイクをすると、余分な皮脂やコスメの油分が吸着されて化粧崩れが起こりにくくなります。

夏の化粧崩れに繋がるNGメイク3選

夏の化粧崩れに繋がるNGメイク【1】メイク前にスキンケアをしない

 

夏の化粧崩れは、水分と油分のバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌されることで起こります。メイク前にスキンケアをしなければ、水分と油分のバランスが整わず、化粧崩れが目立ちやすいでしょう。

夜まできれいなメイクをキープしたい人は、メイクの前に化粧水や乳液で肌の状態を整えてください。

夏の化粧崩れに繋がるNGメイク【2】スキンケア直後にメイクをする

メイク前のスキンケアは欠かせませんが、スキンケアの直後に化粧下地やファンデーションを塗るのはやめましょう。化粧水や乳液に含まれる水分や油分が肌に残った状態でメイクをすると、化粧下地やファンデーションが肌に密着しません。

化粧水や乳液の成分が肌に浸透した後、ティッシュで余分な水分や油分を取ってからメイクを始めれば、夏の化粧崩れを予防できます。

夏の化粧崩れに繋がるNGメイク【3】ファンデーションを厚塗りする

ファンデーションを厚塗りすると、ヨレたり、毛穴落ちしたりした時に目立ちます。夏は対策をしていても化粧崩れが起こることがあるので、ファンデーションはなるべく薄く広げることを心がけましょう。

夏の化粧崩れのメイク直し方法

 

夏は、しっかりと対策をしていても化粧崩れすることが少なくありません。朝のきれいなメイクを取り戻すメイク直しの方法を確認しておきましょう。

夏の化粧崩れの直し方【1】ベースメイク

夏は汗や皮脂、乾燥でベースメイクが崩れることが多いです。正しい方法でメイク直しをしてきれいな状態を取り戻しましょう。

■基本のメイク直し方法
ティッシュで浮いたファンデーションや余分な皮脂をオフしてからパウダータイプのファンデーションを重ねます。最後に、ルースパウダーをのせてメイクを肌に馴染ませましょう。

■化粧崩れがひどい時の直し方
化粧崩れがひどい場合は、乳液をコットンに付け、優しく撫でてメイクを落としましょう。メイクが落ちたら少量の乳液で保湿し、ファンデーションを重ねてください。

夏の化粧崩れの直し方【2】ポイントメイク

夏に崩れやすいポイントメイクの直し方も部分別にチェックしておきましょう。

■アイメイク
化粧崩れしてパンダ目になったら、綿棒に乳液を付けて優しく拭き取ります。その上からアイシャドウを重ねると、朝のメイクに戻るでしょう。

■アイブロウ
アイブロウが消えてしまったら、フェイスパウダーで軽く押さえてからいつものアイブロウコスメで眉毛を描いてください。

■チーク
チークが落ちたときは、肌に密着しやすいクリームチークを指でトントンとのせましょう。上からフェイスパウダーをのせれば、色持ちが良くなります。

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ11選

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【1】PAUL&JOE(ポール&ジョー) プロテクティング ファンデーション プライマー

PAUL&JOE(ポール&ジョー) プロテクティング ファンデーション プライマー

SPF50+、PA++++で紫外線が気になる夏にぴったりの化粧下地。肌にフィットするスキンフィットオイルが配合されていて、長時間化粧崩れを予防できます。潤い成分も配合されているため、乾燥が気になる人にもおすすめです。

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【2】Primavista(プリマヴィスタ) 皮脂くずれ防止 化粧下地

Primavista(プリマヴィスタ) 皮脂くずれ防止 化粧下地

皮脂を抱え込むオイルブロック処方が採用された化粧下地。テカリを予防してサラサラの肌をキープしてくれるため、気温や湿度の高い夏でも化粧崩れが目立ちません。保湿成分が配合されているのも嬉しいポイントです。

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【3】ettusais(エテュセ) フェイスエディション(プライマー) フォーオイリースキン

ettusais(エテュセ) フェイスエディション(プライマー) フォーオイリースキン

テカリや化粧崩れを予防できる部分用の化粧下地。テカリが気になる日中、メイクの上からでも使えます。Tゾーンや小鼻に直塗りしやすいブラシタイプなので、手が汚れず、外出先でのメイク直しにもぴったりです。

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【4】ESTEE LAUDER(エスティ ローダー) ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

 

SNSなどで化粧崩れしないと話題のコスメ。汗や皮脂に強いため、夏でも朝のメイクを夜までキープできます。また、カバー力が高いところも人気の理由です。毛穴などをしっかりと隠してくれるので、至近距離で見られても安心でしょう。

ESTEE LAUDER(エスティ ローダー) ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ / ¥6,600

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【5】ESPRIQUE(エスプリーク) ひんやりタッチ BBスプレー UV 50 K

ESPRIQUE(エスプリーク) ひんやりタッチ BBスプレー UV 50 K

夏におすすめのBBスプレー。ひんやりとした使用感で毛穴をきゅっと引き締められます。汗や皮脂に強いので、高温多湿の環境でも化粧崩れが起こりにくく、サラサラな肌を維持できます。

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【6】MAQuillAGE(マキアージュ) ドラマティックパウダリー UV

MAQuillAGE(マキアージュ) ドラマティックパウダリー UV

テカりやくすみ、毛穴落ちなどを防いで化粧崩れを予防するパウダーファンデーション。夏でも快適な軽めの使用感ですが、気になる肌トラブルをしっかりとカバーできます。「素肌がきれいに見える」という声が多いです。

MAQuillAGE(マキアージュ) ドラマティックパウダリー UV(レフィル) / ¥3,300

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【7】NARS(ナーズ) ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N

NARS(ナーズ) ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N

ファンデーションの仕上がりを格上げして化粧崩れも予防するデパコスのプレストパウダー。シルクのようなパウダーが光を拡散させて小じわや毛穴をナチュラルにカバーします。保湿成分が配合されているので、夏に多いエアコンによる乾燥も気にならないでしょう。

NARS(ナーズ) ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N / ¥5,500

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【8】COSME DECORTE(コスメデコルテ) フェイスパウダー

COSME DECORTE(コスメデコルテ) フェイスパウダー

毛穴を隠し、きめの細かい美肌を演出するフェイスパウダー。肌が疲れない軽いタッチで、夏でも快適に使えます。ファンデーションの化粧もちを良くする効果を期待できるため、化粧崩れに悩む人に最適です。

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【9】innisfree(イニスフリー) ノーセバム ミネラルパウダー

innisfree(イニスフリー) ノーセバム ミネラルパウダー

口コミサイトやSNSなどで「夏でも化粧崩れしない」と話題になっている韓国コスメ。皮脂吸着パウダーとミネラル皮脂コントロールパウダーの働きでメイク仕立てのきれいな肌をキープします。

innisfree(イニスフリー) ノーセバム ミネラルパウダー / ¥825

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【10】CLARINS(クラランス) フィックス メイクアップ

CLARINS(クラランス) フィックス メイクアップ

メイクの仕上げに使うだけで夏の化粧崩れ対策ができるスプレー。細かいミストがメイクをぴったりとフィットさせてメイクもちを高めます。植物由来の保湿成分が配合されているのも人気の理由です。

CLARINS(クラランス) フィックス メイクアップ / ¥4,400

夏の化粧崩れを防ぐおすすめコスメ【11】KOSE(コーセー) メイク キープ ミスト

KOSE(コーセー) メイク キープ ミスト

メイクの仕上げに吹きかけて使う化粧崩れ防止用コスメ。顔の動きにフィットするメイクコート成分でファンデーションのヨレを防ぎます。皮脂や汗に強い処方で、テカりやパンダ目の予防にも役立ちます。

KOSE(コーセー) メイク キープ ミスト / ¥880

気温や湿度が高い夏は、化粧崩れに悩む人が多いです。朝のきれいなメイクをキープしたい人は、スキンケアやメイクの方法を工夫してみましょう。崩れにくいコスメを使うのもおすすめです。