BEAUTY
APR.04.2020

みんなの美容代の平均は?年代別の平均価格や節約方法も!

みんなの美容代の平均は?年代別の平均価格や節約方法も! みんなの美容代の平均は?年代別の平均価格や節約方法も!

綺麗でいるためだけでなく、マナーとしても美容は大切。女性にとって美容代(美容費)の出費は必須で、毎月平均して6,000円~10,000円程度美容にお金をかけているようです。ここでは、美容代の内訳や年代別、内容別の美容代をご紹介します。

【目次】

美容代の内訳は?

 

女性にとって美容は欠かせないもの。「もっと可愛くなりたい」「いつまでも綺麗でいたい」「周りの人に好印象を持たれたい」という理由から美容に力を入れたいと思っている人は多いでしょう。

しかし、美容にはお金がかかります。では、女性はどんなことに美容代を費やしているのでしょうか。まずは、美容代(美容費)の内訳を確認してみます。

■美容代の内訳
・美容院代
・化粧品やスキンケアアイテムの購入費
・ネイルサロン代
・エステ代
・ジムやヨガレッスンの費用
など

美容院代や化粧品・スキンケアアイテムの購入費は共通して多くの人が使っている美容代。一方、ネイルサロンやエステ、ジムの利用料やヨガのレッスンの費用はお金をかけている人とお金をかけていない人の間で差が大きいです。

美容代の平均は?

 

女性全体の美容代の平均は調査によって差があるものの、おおよそ月6,000円~10,000円。しかし、肌状態や美容に対する意識、自由に使えるお金は年代や状況によって違うため、美容代も年代や状況で変わります。女性の美容代の平均を詳しく確認してみましょう。

美容代の平均【1】10代~大学生

10代~大学生の女子の美容代の平均は月5,000円程度です。

■10代~大学生の美容代の例
・母や姉と共用のスキンケアアイテム:0円
・プチプラコスメ:5,000円(数ヶ月分)
・美容院代:3,000円(2ヶ月に1回)

学生はアルバイトのお給料やお小遣いから美容代を出している人がほとんど。お金をかける余裕がなく、プチプラコスメを購入したり、格安の美容室を利用したりしているので、美容代を節約できています。

また、10代~大学生は肌トラブルが目立っていないのも美容代の平均が抑えられている理由。高級なスキンケアアイテムを使わなくても美肌を維持できてプチプラコスメでも可愛くなれるので、「デパコスしか使わない」という人は少数派でしょう。

「メイクやスキンケアのお金を節約して洋服代にお金をかけている」という人も多いです。

美容代の平均【2】20代

 

20代女性の美容代の平均は月8,000円程度です。

■20代の美容代の例
・スキンケアアイテム:8,000円(2ヶ月に1回)
・美容院代:5,000円(2ヶ月に1回)
・コスメ:1つに1,000円~5,000円
・エステ:1回50,000円

20代は「お金をかけてもっと綺麗になりたい」と思う人が多い年代。友達とお出かけしたり、恋愛を楽しんだりすることも多いため、他の年代と比べて美容代の平均が高めです。

未婚でバリバリと働いている人は特に美容代の平均が高く、デパコスを買ったり、高級エステや高級サロンに通ったりする人も少なくありません。

一方、20代の既婚女性は美容に意識があっても自由に使えるお金が少なく、美容代を節約している人も多いです。

美容代の平均【3】30代

30代女性の美容代の平均は月6,500円程度です。

■30代の美容代の例
・スキンケアアイテム:8,000円(2ヶ月に1回)
・美容院代:5,000円(2ヶ月に1回)
・エステ:1回500円~3,000円程度

30代女性の美容代は個人差が大きいです。既婚女性はプチプラコスメを使ったり、格安の美容室を利用したりして美容代を節約していますが、未婚女性は美容に対する意識が高く美容代の平均も高め。

自分への投資を惜しまず、エステやヨガ、ジムなどに通う人が多いです。また、30代になると、肌の変化を実感し始める人も少なくありません。

エイジングケアのために高級な美容液を使ったり、アイクリームなどのスペシャルケアアイテムを使ったりしている人は美容代が高い傾向にあります。

美容代の平均【4】40代

 

40代の美容代の平均は6,000円程度です。

■40代の美容代の例
・スキンケアアイテム:6,000円(2ヶ月に1回)
・美容院:4,000円(2ヶ月に1回)
・自宅でのケア:1,000円

40代になると、30代の頃よりもエイジングケアに対する意識が高まります。しかし、20代や30代の頃よりもブランド志向が薄れ、自分に合ったアイテムを探す人が多いようです。特に、毎日使うスキンケアアイテムは長年使い続けている安心できるものを選ぶ人が少なくありません。

プチプラアイテムも上手に取り入れているため、美容に気を遣っていても美容代の平均が抑えられているのが40代の特徴でしょう。さらに、サプリやセルフネイルなど自宅でのケアに力を入れている人も多いです。

美容代の平均【5】50代

50代の美容代の平均は6,500円程度です。

■50代の美容代の例
・スキンケアアイテム:6,000円(2ヶ月に1回)
・美容院:5,000円(2ヶ月に1回)
・自宅でのケア:1,000円

50代も40代と同じく、エイジングケアに対する意識は高いですが、値段よりも質を重視してコスメを選んでいる人が多いです。また、この年代になると、ファンデーションやポイントメイクアイテムよりも日焼け止めなどにお金をかける人も増えてきます。

平均の美容代は他の年代とあまり変わりませんが、人によってはかなり美容代をかけることも50代頃の女性の特徴です。

50代になると、白髪や体型の変化、シミやシワなどが目立つため、頻繁に美容院やジム、ヨガ、美容クリニックなどに通ってケアをしている人も少なくありません。自宅でも本格的なケアをするために美顔器などを購入する人も目立ちます。

美容代の平均【6】未婚女性

お金を自由に使える未婚女性は既婚女性と比べて美容代の平均が高めです。特に、20代や30代は未婚と既婚で美容代の差が大きく、未婚の場合は月に15,000円~40,000円程度美容代にかける人もいます。

未婚女性の美容代が高いのは自由に使えるお金が多いため、子育てや家庭のためにお金を使わなくても良いので、デパコスを買ったり、高級サロンやエステでケアをしていたりする人も珍しくありません。

また、未婚女性は恋愛や婚活を成功させるために美容にお金を費やすことも多いです。

美容代の平均【7】働く既婚女性

 

社会人としてバリバリ働く既婚女性は未婚女性と同じように美容に対する意識が高め。結婚していても働いていれば、自分で自由に使えるお金が多いので、美容代の平均も高めで月12,000円程度美容にお金をかけている人が目立ちます。

働く既婚女性は美容院代や化粧品の購入費などの基本の美容代に加えてネイルサロンや脱毛サロンなどにも美容代をかけている人が多いことも特徴。仕事と家事で美容に時間を費やせない働く既婚女性は効率的に綺麗になれる美容法にお金を費やしていると考えられます。

美容代の平均【8】専業主婦

専業主婦は未婚女性や働く既婚女性と比べて美容代の平均が低め。月に5,000円以下しか美容にお金を使っていない人も少なくないようです。

専業主婦の美容代の平均が低いのは、子育てや家庭のためにお金を貯める必要があるから。今はお金に余裕があっても家族の将来を考えると、美容代にお金はかけられないと言う人も目立ちます。また、あまり贅沢すると、夫に申し訳ないと感じる人もいるようです。

さらに、子供がいる女性は美容にかけられる時間が少ないことも美容代の平均が低いことと関係しているでしょう。美容院やエステに通う頻度が減ったり、時短でケアが済むオールインワンコスメを使ったりすると、自然に美容代は安くなります。

また、出産や育児を経験すると、美容への関心が薄れ、他のことに興味を持つ人も少なくありません。その一方、専業主婦でも家事や育児を頑張っている自分へのご褒美としてたまに高級コスメを買ったり、エステで癒されたりする人もいます。

<内訳別>美容代の平均は?

<内訳別>美容代の平均【1】美容院代

 

必ず必要な美容代の一つが美容院代。美容院代の平均は1年で40,000円程度、1ヶ月で3,300円程度です。

ただし、美容院にかけるお金は個人によって差があります。1年で10,000円~30,000円程度かける人が多いですが、10,000円未満の人も200,000円程度かける人もいるようです。

美容院代を抑えている人の特徴は自宅でのヘアケアを頑張っていたり、カットだけで施術を済ませていたりすること。一方、頻繁に美容院でトリートメントをしてもらったり、カラーやパーマ、縮毛矯正を定期的にしていたりする人は美容院代が高めです。

また、ショートカットやボブは髪型の崩れが目立ちやすいため、頻繁に美容院に通い、お金をかけてケアしていますが、ロングヘアの人は美容院に行く頻度が低めです。3ヶ月~半年に1回程度しか美容院に行かず、美容代を節約できている人も少なくありません。

<内訳別>美容代の平均【2】化粧品代

美容代の中でも多くの割合を占めているのが化粧品代。スキンケアに使う基礎化粧品代やメイク用のコスメ代の平均はどれくらいなのでしょうか。

■基礎化粧品代
基礎化粧品代の平均は1ヶ月で5,000円~10,000円程度。ただし、基礎化粧品に費やす金額も個人差が大きく、3,000円以内で済ませている人も50,000円以上かけている人も珍しくありません。

■コスメ代
ファンデーションやアイシャドウ、リップなどのメイクに使うコスメ代の平均は1ヶ月で3,000円~5,000円程度。コスメ代も基礎化粧品代と同じように個人差が大きく、ワンシーズンに5,000円程度しかかけない人も1ヶ月で数万円かける人もいます。

スキンケアを頑張ってコスメ代を節約したり、ベースメイク用コスメはデパコスでもポイントメイク用コスメはプチプラにしたりして美容代を節約する人も多いです。

<内容別>美容代の平均【3】ネイルサロン代

 

ネイルサロン代は高くなりがちな美容代。家計簿を確認すると、意外とネイルサロン代が家計を圧迫していることは少なくありません。

ネイルサロンの1回あたりの施術代金は6,000円程度。この平均額にはマニキュア(ポリッシュ)の施術やハンドケアのみのネイルサロンの利用代も含まれています。

実際は2,000円程度で済む人も10,000円程度払っている人もいますが、毎月1回ネイルサロンに通っていると、平均して70,000円以上かかるので大きな出費になるでしょう。

特に、ジェルネイルをする人やこだわりの詰まったアートをオーダーしている人はネイルサロン代の平均が高い傾向にあります。ただし、ネイルサロン代は全く使っていない人も多く、セルフネイルをしたり、自分でネイルケアをしたりしている人は0円です。

<内容別>美容代の平均【4】エステ代

エステやマッサージなどにお金をかける女性も多いです。エステ代の平均は月8,000円程度。エステの平均額も他の美容代と同様に個人差が大きく、さまざまなエステで500円程度の体験コースを渡り歩いている人がいる一方、月100,000円程度かけている人もいます。

また、エステは特別な時だけに利用する人も少なくありません。特に、結婚式を控えた女性はエステに通って集中的なケアをする人が多いです。

ブライダルエステの平均金額はシェービングで5,000円から30,000円、フェイシャルエステのコースで80,000円、痩身エステのコースで100,000円程度と言われています。

<内容別>美容代の平均【5】ジム代・ヨガ代

最近は、美容のためにジムやヨガスタジオに通っている女性も多いです。ジムやヨガスタジオに通うために必要な美容代の平均はどれくらいなのでしょうか。

■ジム代
大手ジムのいつでも通えるフリープランの場合、ジム代の平均相場は10,000円程度。休日のみのプランや夜間のみのプランを利用すれば、月6,000円程度まで出費を抑えられます。

また、美容代を節約しながらジムを利用したい人はトレーニング機材に特化したジムや公共のジムを利用していることも少なくありません。トレーニング機材に特化したジムの平均相場は月6,000円程度、公共ジムの利用料は1回あたり平均400円程度です。

一方、パーソナルジムは利用料が高く、週2回・2ヶ月のコースの料金は入会金と合わせて200,000円~400,000円程度かかります。

■ヨガ代
ヨガレッスンの費用はグループレッスンの都度払いで平均3,000円~3,500円程度、1ヶ月のフリープランで8,000円~20,000円程度。ヨガスタジオによって料金の差が大きいので、美容代を節約しながらヨガを楽しみたい人はしっかりと料金を確認しましょう。

社会人になってから増える美容代の平均は?

 

社会人にとって身だしなみを整えることはマナー。学生と比べて社会人は忙しく、お金に余裕があるので、お金をかけて効率的に綺麗になりたいと思う人が多いようです。社会人になってから増える美容代の平均を確認してみましょう。

社会人になってから増える美容代の平均【1】脱毛

学生は電動シェーバーやカミソリ、除毛クリームなどを使ってムダ毛処理をする人が多いですが、社会人はサロンやエステで全身脱毛する人が目立ちます。

■脱毛サロンでの全身脱毛にかかる美容代
脱毛サロンでの光脱毛はクリニックでのレーザー脱毛と比べて効果が現れにくく、12回~18回の施術が必要。脱毛サロンでの全身脱毛に必要な料金は6回で約100,000円、12回で約180,000円なので、合計金額は平均180,000円~280,000円程度でしょう。

■クリニックでの全身脱毛にかかる美容代
美容クリニックでのレーザー脱毛は脱毛サロンでの光脱毛と比べて効果が現れやすいのが特徴。平均して6~8回程度の施術でムダ毛が目立たなくなります。クリニックでの全身脱毛の平均相場は6回で200,000円程度、8回で300,000円程度です。

社会人になってから増える美容代の平均【2】痩身エステ

 

ダイエットを頑張るのはもちろん、美容代をかけられる社会人の女性は痩身エステでプロの力を借りて美ボディを目指す人も多いです。

痩身エステの平均相場は20,000円程度。単純計算であれば、10回で200,000円、20回で400,000円程度かかりますが、エステは通う回数が多いほど安くなる傾向にあるので、出費はこれよりも抑えられるでしょう。

美容代を抑えたい人は多くのエステのお試しコースや体験コースを利用することもあります。お試しコースや体験コースの平均相場は3,000円程度で格安の場合は500円程度で施術を受けられることも少なくありません。

社会人になってから増える美容代の平均【3】歯のホワイトニング

社会人の女性にとって職場の人や取引先の人に好印象を持ってもらうことは大切。歯が黄ばんでいると、清楚感がなくなり、好印象を与えられないので、社会人になると、歯のホワイトニングに美容代をかける女性も増えます。

歯のホワイトニングは歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と歯科医で作ってもらったマウスピースを自宅で装着して行う「ホームホワイトニング」の2種類。それぞれ平均相場が異なります。

■オフィスホワイトニングの平均相場
一般歯科でのオフィスホワイトニングの平均相場は30,000円~50,000円。ホワイトニング専門歯科でオフィスホワイトニングを受ける場合は5,000円~30,000円です。

■ホームホワイトニングの平均相場
ホームホワイトニングの平均相場は一般歯科で20,000円~40,000円。ホワイトニング専門歯科でのホームホワイトニングは15,000円~35,000円程度です。

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングと比べて安いですが、効果が出にくいのがデメリット。美容代にお金をかけて綺麗になりたいと考えている社会人女性では満足できないこともあります。

美容代を節約しながら綺麗を保つ方法とは?

 

毎月の美容代で家計を圧迫されて悩んでいる女性は多いはず。「美容代を節約したら一気に老けこみそう」「綺麗でいるためにはお金が必要」などと美容代の節約を諦めている人も少なくありません。

しかし、美容代を節約しながら、綺麗になる方法もあります。美容代を節約しつつ綺麗な自分を保つ方法をご紹介します。

美容代を節約しながら綺麗を保つ方法【1】予算を決める

美容代を節約したいなら、まずやりたいのが予算を決めること。1ヶ月単位や1年単位で予算を決めてその範囲で美容代をやりくりすると、必要以上にお金を使いすぎてしまう心配がないでしょう。

予算を決める際は、平均の美容代を参考にするのが良いでしょう。平均と比べて使いすぎている項目があるなら、それをカットすれば、無理なく美容代を抑えられます。

美容代を節約しながら綺麗を保つ方法【2】サロン利用時はクーポンを使う

 

美容代で多くの割合を占めているのは美容院代やネイルサロン代。サロンを利用する場合は、予約サイトなどをチェックし、お得なクーポンを利用すると、平均相場よりも安い値段で施術を受けられます。

こだわりがない場合は、新規クーポンを使ってサロンを渡り歩くのが美容代を節約するコツ。新規クーポンはかなり安めに設定されていることが多いので、上手く探せばカット、カラー、トリートメントの美容院代を4,000円以内に済ませられることもあります。

美容院代を節約しながら綺麗を保つ方法【3】セルフカットやセルフカラーをする

クーポンを利用しても美容院に行くと、お金がかかります。美容代をできる限り節約したい場合は、セルフカットやセルフカラーにチャレンジしてみましょう。

例えば、前髪のカットをセルフカットで済ませると、1,000円~3,000円程度節約できるでしょう。平均500円~800円程度で購入できる市販のカラー剤を利用してセルフカラーをすると、カラー代をかなり節約できます。

自分で染めることに不安がある場合は、持ち込んだカラー剤を使って施術してもらえるヘアカラー専門店を利用するのもおすすめ。カラー剤を持ち込めば、平均2,000円程度でプロの美容師さんにムラなく綺麗に染めてもらえます。

美容院代を節約しながら綺麗を保つ方法【4】セルフネイルをする

 

ネイルサロンの利用に必要な美容代は1回で平均6,000円程度。爪はどんどんと伸びてくるので、常に綺麗な状態を保ちたいなら、かなりの美容代が必要です。美容代を節約したい人はセルフネイルにチャレンジしてみましょう。

最近は100均でもマニキュアやネイルパーツ、ネイルシールなどが豊富に売られているため、セルフネイルをすると、美容代を節約しながら綺麗な爪を保てます。

マニキュアを使ったセルフネイルに慣れてきたら、ジェルネイルにも挑戦すると、さらにデザインの幅を広げられるでしょう。

美容代を節約しながら綺麗を保つ方法【5】スキンケアはシンプルにする

美容代を節約するなら、スキンケアをシンプルにするのも効果的。導入美容液、化粧水、美容液、乳液、クリーム、アイクリーム、パックなど多くのアイテムを使っている人は思い切って化粧水と乳液のシンプルケアに切り替えてみましょう。

化粧水と乳液のシンプルケアに切り替えれば、スキンケアにかかる美容代を平均よりも抑えられます。自分に合った成分を選べば、シンプルケアでも肌トラブルが目立たないでしょう。

普段はシンプルケアで済ませて大切なイベントの時だけパックなどのスペシャルケア用アイテムを取り入れるのもおすすめです。

美容代を節約しながら綺麗を保つ方法【6】プチプラコスメを使う

平均よりもスキンケアや化粧品代にお金をかけている人は高級コスメを使っている傾向にあります。美容代の出費を抑えたいなら、ドラッグストアなどで買えるプチプラコスメを上手に取り入れると良いでしょう。

最近は、プチプラでも高級コスメと同じような品質を期待できるコスメが多いです。特に、アイシャドウやアイライン、リップなどのポイントメイク用コスメはデパコスと似たプチプラアイテムも少なくありません。

CANMAKE(キャンメイク)やCEZANNE(セザンヌ)などのプチプラコスメを上手に使えば、美容代を節約しながら可愛くなれるでしょう。

美容代を節約しながら綺麗を保つ方法【7】高級コスメはできるだけ安く購入する

 

高級コスメをたくさん買う人は平均と比べて美容代の出費がかさみがち。美容代を節約したくても、プチプラコスメでは満足できない人も珍しくありません。

そんな人は高級コスメをできるだけ安く買うことを心がけてみましょう。インターネットの通販サイトで並行輸入品を買ったり、アウトレットの店舗を利用したりすると、定価と比べてかなり安く高級コスメをゲットできます。

また、海外に行く機会がある人は免税店を利用するのも美容代の節約に効果的。セールなどのタイミングで免税店を利用すれば、日本の半額程度で高級コスメを買えることもあります。

美容代を節約しながら綺麗を保つ方法【8】自宅で運動をする

綺麗になるためにはダイエットやボディメイクが必須。しかし、ジムやヨガスタジオ、痩身エステなどに通うと、美容代が平均よりもかかります。

美容代を節約しながら、理想のスタイルを手に入れたい人は自宅で運動する習慣をつけましょう。自宅で筋トレやヨガをすると、ほとんどお金をかけずに理想の体型をゲットできます。

自宅で使えるマシンを購入すれば、ジムやヨガスタジオ、痩身エステの平均相場よりも費用を抑えながら、本格的なボディメイクもできるでしょう。

美容代を節約しながら綺麗を保つ方法【9】ジムやエステの体験コースを利用する

「自宅で運動する自信がない」という人はジムやエステの体験コースを利用してみましょう。一般的に、体験コースは平均相場と比べて料金がかなり安めに設定されているので、さまざまなジムやエステの体験コースを利用すれば、安い値段で理想の体型を目指せます。

ただし、体験コースを利用すると、強引に勧誘されることもあります。

美容代を節約しながら綺麗を保つ方法【10】内側から綺麗になる

 

スキンケアやメイク、ネイルなどを頑張っても内側からのケアが行き届いていなければ台無し。反対に、内側からしっかりとケアをしていれば、スキンケアやメイク、ネイルなどにあまり美容代をかけなくても美しくなれます。

平均と比べて美容代がかかっている人や美容代をできるだけ節約したい人は内側からのケアに力を入れてみましょう。バランスの取れた食事や質の高い睡眠、ストレスの少ない生活などを意識すると、肌トラブルを予防できて痩せやすくなります。

美容代の平均は月6,000円~10,000円程度。しかし、美容代は個人によって差が大きく、月3,000円程度の人もいれば、月100,000円以上かけている人もいます。美容代を節約したい人はプチプラコスメを使ったり、セルフケアを頑張ったりしてみましょう。