BEAUTYAUG.14.2018

ずれるチューブトップを何とかしたい!ズレを防ぐ方法や選び方とは

チューブトップやベアトップは、肩が出るようなコーデをしたいときに役立ってくれる万能なアイテムです。 しかし、肩紐がない分どうしても「ずれてくる」というお悩みを抱える女性も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、ずれるチューブトップやベアトップを何とかしたいと思っている女性のために、ズレを防ぐ方法や選び方をご紹介します。
チューブトップやベアトップは、肩が出るようなコーデをしたいときに役立ってくれる万能なアイテムです。 しかし、肩紐がない分どうしても「ずれてくる」というお悩みを抱える女性も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、ずれるチューブトップやベアトップを何とかしたいと思っている女性のために、ズレを防ぐ方法や選び方をご紹介します。

あると便利なチューブトップやベアトップだけどズレが気になる!

チューブトップを着た女性
肩を出し、デコルテラインをキレイに見せてくれるチューブトップやベアトップは、あると便利なアイテムですよね。

今流行のオフショルの下に着たり、女性らしさを引き出すためにベアトップのドレスを選んだりする女性も多いかと思いますが、いざ着てみたときに「ずれる!」という経験をしたことがある女性もいるのではないでしょうか。

バスト部分がパカパカしたり、歩くたびにずれてきたりで結局クローゼットにしまうことも……。

チューブトップやベアトップを着こなすために、ズレを防ぐ方法や選び方をぜひ参考にしてみてください。

ずれるチューブトップやベアトップを防ぐ方法【1】ワンサイズ下を選ぶ

洋服を選ぶ女性
ずれるチューブトップやベアトップを防ぐ方法として、一番挙げられるのがワンサイズ下を選ぶことです。

きつすぎるのは身体を締め付けて負担をかけてしまうので、「少しきついかな」と思うくらいのチューブトップやベアトップを手にとってみてください。

可能であれば、試着することがおすすめです。
そのときに軽く歩いたり跳ねたりして確認するとズレを防ぐことができます。

ずれるチューブトップやベアトップを防ぐ方法【2】ゴムが太くて伸びにくいものを選ぶ

ゴムバンドを使う女性
チューブトップやベアトップを選ぶときはゴム部分が太くて伸びにくいものだと、身体にしっかりとフィットして安定感を与えてくれます。
実際に着たときの安心感も変わってきますし、バストも寄せやすくなります。

ただし、ゴム部分が太くて伸びにくいものに加えてワンサイズ下のものを選ぼうとすると、着たときに苦しくなってしまうこともあるので、やはり試着することがポイントになりそうです。

裁縫が得意なのであれば、あとから太めのゴムを入れるという方法もあります。

ずれるチューブトップやベアトップを防ぐ方法【3】肩ストラップが外せる場合はホックで細められるものを選ぶ

チューブトップブラを着た女性
肩のストラップが取り外せるタイプのチューブトップブラなどは、安定感がないのでずれる原因になってしまいます。

このタイプのチューブトップやベアトップを選ぶときのポイントとしては、背中のホックで調節できるものがおすすめです。

背中のホックできつさを調節できれば、フィット感も増します。
2段よりも3段、3段よりも4段のほうが安定しやすいです。

ずれるチューブトップやベアトップを防ぐ方法【4】胸の下にベルトをする

ドレスを着た女性
チューブトップやベアトップがずれる主な原因は、洋服の重みをバストで支えることになるからだと言われています。

そこで胸のすぐ下にベルトを取り入れてあげると、胸とともにチューブトップやベアトップを支えることができるので、ずれにくくすることが期待できるのです。

ベルトであれば、ファッションの一部に見えますし、同時にスタイルアップ効果も期待できるので、一石二鳥な方法ではないでしょうか。
できれば太めのゴムベルトで、しっかり支えながらも身体に負担のかからないものを選ぶことがおすすめです。

ずれるチューブトップやベアトップを防ぐ方法【5】安全ピンやソックス用のノリなどで固定する

チューブトップを着た女性
「チューブトップやベアトップがどうしてもずれる!」という場合は、最終手段として安全ピンやソックス用のノリなどで固定する方法もあります。

下着とチューブトップを安全ピンで留めたり、両面テープで貼ったりする女性も多いようですよ。
また、下着を着ない場合はソックス用のノリを使い、肌とチューブトップが触れる部分に塗って貼り付けることもあるそうです。

ただし、この方法は穴が開いたり衣類の素材が傷んだり、肌が赤くなってしまう可能性もあるので、緊急時などの方法として覚えておくことがいいですよ。

おすすめのチューブトップやベアトップ①tutuanna 総レースチューブトップ(ワイヤー入り)

tutuanna 総レースチューブトップ(ワイヤー入り)
tutuanna(チュチュアンナ)の総レースチューブトップ(ワイヤー入り)は、ワイヤー入りなのでキレイな胸の形をキープしてくれるチューブトップです。

さらに、背中部分は4段ホックになっているので、しっかり固定してくれる優れもの!
レースタイプだけでなく、無地タイプもあるので、合わせる服によって好みのものが選べるのも嬉しいポイントです。
tutuanna 総レースチューブトップ(ワイヤー入り) / ¥2,149

おすすめのチューブトップやベアトップ②angers レースずれないチューブトップ

angers レースずれないチューブトップ
angers(アンジェ)のレースずれないチューブトップは、カップ付きのチューブトップで、カップと身生地が別縫製になっているのでバストにしっかりフットして、動きからくるズレを解消してくれます。

エレガントなレースのデザインになっているので、胸元がざっくりしたブラウスやシャツからチラリと見せる着こなし方もおすすめです。
angers レースずれないチューブトップ / ¥3,132

おすすめのチューブトップやベアトップ③PEACH JOHN ワークブラチューブ

PEACH JOHN ワークブラチューブ
PEACH JOHN(ピーチジョン)のワークブラチューブは、ノンワイヤーのモールドカップ付きなので、バストを程よく支えながらストレスフリーな着心地を叶えてくれます。

トップラインとアンダーバストに平ゴムを一周させた作りになっているので、安定したフィット感も得られそうです。
PEACH JOHN ワークブラチューブ / ¥3,002
ずれるチューブトップを防ぐためには、選び方や着るときの工夫が大切です。
チューブトップやベアトップを着こなせれば、おしゃれの幅も広がるので自分にフィットするアイテムを見つけてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。