FASHIONDEC.26.2018

スノーシュー初心者におすすめの服装は?選び方や持ち物もご紹介

冬の澄んだ空気の雪山の中を歩く気持ち良さを体感できるアクティビティといえば、スノーシュー。スノーシューって何?という方も多いと思います。そこで今回は、初心者の方向けのスノーシューの解説やおすすめの服装、持ち物などをご紹介します。
冬の澄んだ空気の雪山の中を歩く気持ち良さを体感できるアクティビティといえば、スノーシュー。スノーシューって何?という方も多いと思います。そこで今回は、初心者の方向けのスノーシューの解説やおすすめの服装、持ち物などをご紹介します。

スノーシューとは?

スノーシュー
冬の雪山を歩くのは、冬山の澄んだ空気や雪を踏む感触が一度経験するとハマってしまうほど気持ちいいですよね。そんな気持ち良さを体験できるのが、ウィンターアクティビティの一つであるスノーシュー。

スノーシューとは、ブーツに装着して使う雪の上を歩くための道具。スノーシューをブーツに装着すると、積雪がある場所でも足が雪に埋まらずに歩くことができます。そのスノーシューを履いて雪山をトレッキングするアクティビティ自体もスノーシューと呼ばれています。

スノーシューは、スノーシューツアーなどに申し込めば、スノーシューとスノーシューポール(手に持つストック)をレンタルできるので、購入する必要はありません。そこで今回は、スノーシューをする際の服装やシューズの選び方、おすすめの持ち物をご紹介していきます。

スノーシューにおすすめの服装【1】ウェアは耐水性の高いものを!レインウェアのスーツでもOK

レインウェアのスーツ
スノーシューで着るウェアは、雪に濡れても水分がウェア内に侵入しない、耐水性の高いものがマストです。山ガールの方は冬の登山の際に使うシェルジャケットで耐水性の高いものがあれば最適です。

他にも、レインウェアのスーツがあれば風を通さず水にも強いので使えます。ただし、レインウェアは保温性がないものが多いので、ミドルレイヤーにしっかり保温性のあるものを選びましょう。

スノーシューにおすすめの服装【2】ウェアはスノボやスキーウェアも◎

 
スノーシューに使うウェアでおすすめなのが、スノボやスキーに使うウェア。防風性があって雪にも強いので最適です。スノボやスキーをされる方は、グローブやゴーグルといった周辺小物もそのままスノーシューに使えます。

スノーシューにおすすめの服装【3】フリースジャケットでしっかり防寒を

フリースジャケット
スノーシューのウェアは、アウターに防風性や耐水性の高いジャケットを着て、その下には保温性の高いものを重ねるのがおすすめです。

アウトドアブランドのフリースジャケットは保温性が高く吸湿速乾に優れているので、スノーシューのミドルレイヤーにぴったり。他にも、インナーダウンのようなアイテムがミドルレイヤーに使えます。

スノーシューにおすすめの服装【4】ベースレイヤーには吸湿速乾の高機能インナーを

 
フリースなどのミドルレイヤーの下に着るベースレイヤーには、保温性の高いインナーより、吸湿速乾に優れたアウトドアブランドなどの高機能インナーがおすすめです。

寒くても雪の上を歩いていると意外と汗をかきます。その汗で濡れたインナーがすぐに乾くものでない場合風邪を引いてしまう可能性も。吸湿速乾性のあるインナーを選ぶのは大事なポイントです。

スノーシューにおすすめの服装【5】ビーニーは耳が隠れるものがおすすめ

 
ウィンタースポーツに使う小物でマストアイテムの一つがビーニー。特に雪山では雪がちらつくことが多いので、雪から頭部を守ってくれるビーニーは必ずかぶりましょう。耳も隠れるタイプのものがおすすめです。

スノーシューにおすすめの服装【6】バックパックにはカバーをかけて水分の侵入を防いで

 
スノーシューの際には雪が降っていることも多いので、当然背負ったバックパックにも雪が積もります。雪が溶けるとその水分がバックパックの中に侵入する危険性も。バックパックには専用のカバーをかけておくと、中の荷物が濡れないのでおすすめです。

スノーシューにおすすめの服装【7】シューズのおすすめは透湿性・防寒性に優れたスノーブーツがベスト

 
スノーシューに使うシューズは、スノーブーツやトレッキング用のシューズが最適です、ただ、雪山に対応していないトレッキング用の登山靴だと防寒性がないので足が冷えてしまいます。

スノーブーツなら、雪に強く暖かいのでスノーシューにぴったり。スノーブーツは、スノーシューのベルトを締めた時に中の足に影響のない丈夫で固い素材のものを選びましょう。

スノーシューにおすすめの服装【8】シューズがトレッキング用の場合はレインスパッツをプラスして

レインスパッツ
スノーシューに使うシューズがトレッキング用の登山靴の場合は、シューズの中に雪が入ってこないようにレインスパッツを合わせて履くのがおすすめです。シューズの中が濡れてしまうと体感が一気に下がってしまうので、スノーシューの服装選びでも大切なポイントの一つです。
mont-bell(モンベル) レインスパッツ / ¥3,672

スノーシューにおすすめの持ち物

 
ここまではスノーシューにおすすめの服装をご紹介してきましたが、スノーシューに持参した方がいい小物があるのでご紹介します。

手袋は普段使っているものでもOKですが、雪に濡れた時にも大丈夫なスノボやスキーに使うグローブがあると最適です。ネックウォーマーは首元から風や冷気が侵入するのを防いでくれるのでマストなアイテム。

レインパンツをはいた時など、下半身の防寒が物足りない時におすすめなのが、スノボやスキーで使うスパッツ。保温性の高い高機能なスポーツブランドのスパッツも◎。

ゴーグルもマストアイテムですが、スノボやスキーで使うものでOKです。もしない場合は、スノーシューのツアーを企画している運営元で、スノーシューやスノーシューポールと一緒に、周辺小物もレンタルしている場合もあるので、ぜひ確認してみることをおすすめします。

■その他のスノーシューにおすすめのグッズ

・ホットドリンク&軽食類(歩き疲れた時にあると元気が出ます)
・日焼け止め(大人女子にはマスト)
・小さめの敷物(座って休む時にお尻が冷たくならないのでおすすめ)
スノーシューは冬でも山でのアウトドアが楽しめるアクティビティ。初心者の方はスノーシューツアーなどに参加して、ガイドさんに雪山での注意点を教えてもらいながら、少しずつスノーシューに慣れていくのがおすすめです。しっかり服装を準備して、雪山の楽しさをぜひ味わってみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.10.2019

クールなゆるカジが定番。
マギーのおすすめ私服コーデ