SEP.28.2019

草刈りの服装を徹底解説!装備から女性の着こなしまで基本をチェック

草刈りの服装を徹底解説!装備から女性の着こなしまで基本をチェック 草刈りの服装を徹底解説!装備から女性の着こなしまで基本をチェック

草刈りを安心安全に、そして快適に進めたい女性のあなた必見です!今回は、草刈りの注意点から装備、おすすめの服装まで丸ごとご紹介します。草刈りの経験がない初心者も、ぜひ最後までチェックして正しい知識を身につけてください。

草刈りをする際の注意点って?気を付けるべきこととは

 

草刈りを安心安全に行うためには、正しい服装選びが必要。ただ単に動きやすさだけを重視した服装では、様々な危険が身に迫るかもしれません。そこでここでは、草刈りをする際の注意点についてご紹介しますので、まずは必ずチェックしましょう。

雑草などの植物は基本的に暑い季節に大きく成長するため、草刈りは気温が高い春から夏にかけて行うケースが多いです。そこで一つ目の注意点が、「虫対策を行う」ということ。草むらには沢山の虫が生息しているので、虫除けスプレーを使ったり肌の露出を減らしたりと、工夫をする必要があります。

さらに二つ目の注意点が、「熱中症に気を付ける」というポイントです。暑い夏場はもちろん、肌寒い季節でも強い日差しの下では熱中症にかかる可能性があります。こまめに水分を摂ったりタオルで首元を覆ったりと、きちんと熱中症対策を行ってください。

草刈りに必要な道具や持ち物って?装備として用意すべきものをチェック

 

まずは、草刈りをするにあたって用意すべきものをご紹介します。そこで草刈りに絶対的に必要な道具は、「草刈り鎌」もしくは「草刈り機」。手でむしるのは非効率的ですので、必ずこのような道具を使用しましょう。もしも草刈りを行う場所の面積が広いのなら、草刈り機の方が効率的に、そして綺麗に草を刈ることができるのでおすすめです。さらに装備として用意しておかならけばならないのは、次の通り。

・軍手(滑り止めがついたもの)
・帽子(麦わら帽子のようにつばが大きいもの)
・長靴(滑り止めがついているとなお良し)
・ゴーグル(草刈り機を使う場合、あると便利)
・タオル

最低限必要な道具と装備は、以上となります。効率的に、そして安心安全に作業を進めることができるよう、しっかりと用意した上で草刈りに取り組んでください!

草刈り機を使う場合は要注意!危険なく作業を進めよう

 

そもそも草刈り機は、鋭い刃がついた金属の円盤が高速回転することで、除草できる機械。草刈り機は短時間で綺麗に除草できるため、非常に便利ではありますが、使い方を間違えたり安全確認を怠ったりすると、非常に危険ですので十分に注意しなければなりません。

まず草刈り機が石などの障害物に当たると、こちらに飛んできたり刃が欠けてしまったりと非常に危険。使用する際には周囲に障害物がないことを確認した上で、ゴーグルなどを着用して身を守りましょう。

さらに土手などの斜面で草刈りを行なっていると、転倒してしまう可能性も。もしも草刈り機の刃が動いている状態で転倒したら、取り返しのつかないことになってしまうかも……。したがって、転倒防止のために地面が濡れている時の草刈りを控えたり、スパイクを装着したりと、慎重に作業を行ってください!

草刈りで注意すべき服装のポイント!基本を確認して安全に取り組んで

 

そこで気になるのが、草刈りの際の服装のポイント。まずこれまでもご紹介したように、草刈りは暑い時期に行うケースが多く、直射日光の下での作業では熱中症を引き起こす可能性があり、非常に危険です。したがって直射日光により体力の消耗を避けるためにも、半袖半ズボンは避け、肌の露出をできる限り控えましょう。

また、着用するお洋服は、吸汗速乾機能が備わったもので、かつ風通しが良いものを選ぶことをおすすめします。暑い中長袖長ズボンで草刈りを行うと、汗をびっしょりとかいてしまい、不快感を抱くことでしょう。何より、体温調節ができなければ熱中症のリスクが高まるため、機能性の高いものをチョイスしてください!

草刈りの服装【1】肌の露出はNG!除草では長袖長ズボンが基本

 

ここからは、具体的に草刈りにおすすめの服装をご紹介していきます。そこで先ほどもご紹介したように、草刈りの服装で大切なのは『肌を露出しない』というポイント。熱中症だけではなく、思わぬ怪我の防止、さらには草木に肌が負けるのを防ぐためにも、必ず長袖長ズボンを着用してください。

もちろん草刈りのために洋服を購入する必要はなく、お持ちのものでコーディネートすればOK!例えば半袖Tシャツには、体にフィットするスポーツ用のアンダーシャツを着用。スポーツインナーは吸汗速乾に優れているため、暑い日の草刈りに重宝できること間違いありません。さらに長ズボンは、汚れが目立ちにくいカラーをチョイスすると良いでしょう。

草刈りの服装【2】おしゃれな作業着で本格的に取り組もう

サロペットの写真

自宅のちょっとした庭の草刈り程度なら、普段着でも全く問題ありません。しかし広大な敷地で本格的に草刈りを行う場合には、「作業着」を着用すると良いでしょう。作業着は動きやすいように作られているだけではなく、機能性に優れているため、快適に草刈りに取り組むことができるのです。

例えばこちらは、サロペットタイプのおしゃれな作業着。ちょっとした小物を収納できるポケットをたっぷりと備えていたり、調節できる肩紐にはゴムがついていて、座ったり立ったりの作業が楽に行えたりと、機能性の良さ抜群の一着です。さらに生地はしっかりしているのに薄手で涼しく、夏場の草刈りにも重宝できるでしょう。

農作業服専門店のらぎや サロペット/農作業・畑仕事/脚の動きがラク / ¥3,348

草刈りの服装【3】エプロンもあると便利!安全のために着用を

 

草刈りをしていると、刈り取った草や跳ねた泥が衣服を汚してしまう可能性があります。したがって、できれば「エプロン」を装着して作業を行いましょう。さらには、草刈り機を使っていて跳ねた小石などから身を守ることもできるので、機械を使用する方は用意しておきたいところです。

エプロンは、軽くて丈夫なものを選ぶのがベター。一般的に家庭で使用するものではなく、草刈りや農作業専用のものをチョイスしましょう。例えば、腰のベルトで丈の長さが調節できるものや、メッシュ素材で軽くて通気性抜群のエプロンもありますので、草刈りを効率的に行うためにも機能性に優れたものを選んでください。

草刈りの服装【4】フェイスガードで顔全体をしっかりと守って

 

さらに草刈り機を使用する際に用意しておきたいのが、「フェイスガード」(またはゴーグル)です。刈り取った草や跳ね返ってきた小石などの障害物から、顔を守ることができるフェイスガード。さらに、飛散した砂埃からも守ることができるので、安心安全かつ快適に草刈りを行うためにも用意しておきたいところです。

フェイスガードには、特殊メッシュがついていることによって通気性が良いため、蒸れることなく作業を進めることができるのでご安心を。さらに中には、イヤーマフ付きのフェイスガードも販売されているため、機械の騒音が苦手な方はそちらを選ぶと良いでしょう。

草刈りの服装【5】軍手と長靴も!安全に除草するために必要不可欠

 

草刈りの装備に必要不可欠と言っても過言ではないのが、ズバリ「軍手」と「長靴」です。まず軍手に関しては、作業効率や安全性の向上のために絶対に必要。釜や機械の使用時に手から滑ってしまうと非常に危険ですので、必ず滑り止めがついたものを選びましょう。もしも可能であれば、フィット感が高く蒸れにくい、農作業用の手袋を用意することをおすすめします。

しっかりと足元を守れる長靴は、本格的な草刈りでは必ず用意しておきたいところ。あらゆる運動に向いているスニーカーでも、草刈りシーンでは力不足なところがありますので、作業用の長靴をご用意ください。もしも斜面で作業を行う場合には、スパイク付きの長靴で転倒を防ぎましょう。

草刈りの服装【6】コスパ重視ならワークマンをチェックして

レディースギンガムジャケットの写真

「農作業着ってどこで買えばいいの?」とお悩みの女性も多いはず。そこでおすすめするのが、全国で800店舗を突破した作業服・関連用品の専門店「WORKMAN(ワークマン)」です!リーズナブルなのに高性能なアイテムが手に入る圧倒的なコスパの良さから、多大な人気を誇る専門店です。

例えばこちらは、サラサラとしたドライな風合いが清涼感たっぷりで、べたつきにくく快適に作業を行えるジャケット。吸汗速乾に加えて消臭効果も備えており、女性に嬉しい作業着だと言えるでしょう。さらにギンガムチェックで可愛らしい雰囲気ですので、しっかりとした作業着に抵抗がある方も、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

WORKMAN(ワークマン) SW119 ビッグボーン レディースギンガムジャケット / ¥6,372

いかがでしたか?今回は、草刈りにおすすめの服装を一挙ご紹介しました。草刈りの服装のポイントは、ズバリ「肌の露出を抑える」こと。暑い季節は特に、半袖半ズボンの軽装で作業を行いたくなるかもしれませんが、それでは危険ですので十分に注意しましょう。ちょっとした作業であっても、草刈りには虫刺されや熱中症、怪我などの様々な危険がはびこっているため、ぜひ以上を踏まえた上で正しい服装で取り組んでください!