FASHIONJAN.14.2019

神戸の服装はこれで決まり!月別・天気別におしゃれコーデをご紹介

神戸へのお出かけや旅行を前に、服装にお悩みの方も多いはず。神戸の気候をふまえた上で、その季節にぴったりの着こなしを知りたいところです。そこで今回は、神戸でおすすめのコーディネートを月別、天気別に一挙ご紹介します!
神戸へのお出かけや旅行を前に、服装にお悩みの方も多いはず。神戸の気候をふまえた上で、その季節にぴったりの着こなしを知りたいところです。そこで今回は、神戸でおすすめのコーディネートを月別、天気別に一挙ご紹介します!

神戸旅行はこれで安心!月の気温別や天気別におすすめコーデを徹底解説

 
神戸へのお出かけや旅行を前に、コーディネートにお悩みではありませんか?遠い地域から足を運ぶ方なら特に、地元との気候も大きく異なるでしょうし、服装に頭を抱えるはずです。実際のところ神戸の気候は穏やかなのかそれとも激しいのか、冬や夏は過ごしやすいのかそうではないのか、気になるところです。

そこで今回は、神戸でおすすめのコーディネートを9パターン厳選してご紹介します!月別や天気別から、神戸のお出かけや旅行に適したおしゃれな服装をピックアップしましたので、ぜひ最後までご覧ください。

神戸の服装【1】1〜2月はコートが必須!厳しい寒さではないが防寒対策を

ダウンジャケットを使った神戸の服装
1〜2月は、1年で最も寒い季節。厚手のコートやダウンジャケットを着用し、しっかりと防寒対策を行いましょう。とは言え、真冬とは言えど平均気温は6度前後ですので、厳しい寒さではありません。何枚も着込まなければならないほどの寒い日を迎えることは、ごく稀なのでご安心ください。

この季節におすすめなのは、ワンピーススタイルにダウンジャケットを羽織ったコーディネート。神戸なら、このように厚手のコートを羽織る場合にはスカートスタイルを楽しんでも良いでしょう。もちろん、厚手のタイツの着用はお忘れなく。

神戸の服装【2】3〜4月は一気に暖かくなる!まだジャケットやセーターは必須

デニムジャケットを使った神戸の服装
3月になると、平均気温は10度前後に。まだまだ寒い日が続きますので、コートを用意しておきましょう。4月にもなると、平均気温は15度前後で一気に春の陽気が訪れます。とは言え朝晩は冷え込むので、まだまだジャケットやセーターが必要です。

例えば、ベーシックな白Tシャツ×チノパンのシンプルなスタイルに、デニムジャケットを羽織った大人カジュアルなコーディネート。さらに足元はスニーカーでとことんカジュアルにまとめ、こなれ感のあるスタイルに仕上げると良いでしょう。

神戸の服装【3】5〜6月は暑いと感じる日も!朝晩の冷え込みには薄手の羽織りものを

カーディガンを使った神戸の服装
5月には平均気温19度程度、そして6月には平均気温が20度を越え、暑いと感じる日も出てきます。6月にもなると、半袖に薄手のシャツを羽織った軽装でもお出かけが可能です。また、梅雨の季節となりますので、雨具のご用意も忘れずに。

この季節のおすすめは、ニットカーディガンを羽織ったコーディネート。無地の白Tにオレンジのミディ丈フレアスカートを合わせたレディライクなスタイルに、さらっとカーディガンを羽織ってカジュアルでも品良くまとめましょう。

神戸の服装【4】7〜8月は半袖で涼しい格好を心掛けて

ボーダートップスを使った神戸の服装
7月〜8月は、半袖で十分です。平均気温は30度前後となりますので、風通しのよい涼しげな服装を心掛けましょう。お出かけの際には、帽子や日焼け止めなどを使って日焼け対策も忘れずに。

おすすめは、ボーダートップスを主役とした夏らしいコーディネートです。カジュアルな雰囲気のボーダートップスも、ドロップショルダーで落ち感があるものなら、上品な雰囲気に。さらにライトベージュのパンツを合わせると、夏にぴったりの明るい印象のコーデにまとまるのでおすすめです。

神戸の服装【5】9〜10月は半袖に羽織りものがちょうど良い

チェックシャツを使った神戸の服装
本格的な夏が過ぎ、9〜10月には次第に気温が下がってきます。9月はまだまだ暑さが残るため半袖でも過ごせる日がありますが、10月には羽織りものを持っておくと安心。平均気温は20度を切り、朝晩はそれ以上に冷え込みます。

そこでおすすめは、チェックシャツを主役としたコーディネートです。半袖トップスにやや厚みのあるチェックシャツを羽織り、細ベルトでウエストマークをすると、一気におしゃれな着こなしに。ボトムスはトレンド感たっぷりのリブワイドパンツで、とことんイマドキのスタイルにまとめてみてはいかがでしょうか。

神戸の服装【6】11月〜12月は気温が下がる!コートの準備を

チェスターコートを使った神戸の服装
11月〜12月には、神戸ではグッと気温が下がります。平均気温は、11月には15度以下、12月には10度を切りますので、しっかりと防寒対策を行いましょう。11月はジャケットやセーター、12月には厚手のコートが必要です。

そこで寒い日には、チェスターコートを羽織ったコーディネートがおすすめ!知的な印象にまとまるチェスターコートは、あえてワンピースに合わせて女性らしく見せるのもアリです。足元はタイツとソックスの重ね履きをすると、冷え対策もおしゃれも叶います。

神戸の服装【7】大阪や京都と比べると過ごしやすい気候!神経質にならないでOK

ライダースジャケットを使った神戸の服装
実は神戸は、大阪や京都などの他の関西の地域と比べると、年間を通して過ごしやすい気候です。基本的には温暖で冬も厳しい寒さではなく、過ごしやすいと言われています。とは言え神戸市は広いので市内でも気候の差はありますが、それほど服装に神経質にならなくても良いでしょう。

本格的な冬でなければ、インナーを着込まず、トップスに薄手のジャケットのスタイルで十分。白Tシャツにデニムパンツのシンプルな着こなしに、ライダースジャケットを羽織ってハンサムにまとめてみてはいかが?

神戸の服装【8】内陸は雨が多い!夏は天気が変わりやすいので要注意

レインブーツを使った神戸の服装
先ほどもご紹介したように、神戸市は広く、特に六甲山の北と南では気温差・気候差があります。特に内陸の北区の夏は天気が変わりやすく、やや雨が降りやすい傾向が見られるので、お出かけの際には注意が必要です。

天気予報を見て旅行中雨が続きそうなのであれば、レインブーツを履くのもアリ。最近ではおしゃれなデザインのブーツが増えているため、コーデのワンポイント感覚で履くのも良いでしょう。カジュアルなレインブーツには、チノスカートやボーダートップスでとことんカジュアルに!

神戸の服装【9】季節の変り目は晴れでも肌寒い!羽織りものを用意しよう

ロングカーディガンを使った神戸の服装
季節の変わり目である春や秋には、天気が良くても肌寒いことがあります。インナーを着込む必要はありませんが、さっと脱ぎ着できる羽織りものを持っておくと安心です。

例えば、さらっと羽織るだけでスタイリッシュかつおしゃれに決まる「ロングカーディガン」。白Tに黒スキニーのベーシックなスタイルに合わせ、とことん大人っぽくまとめてみてはいかがでしょうか。おしゃれな街神戸では、足元はヒールパンプスをチョイスして、女性らしさを忘れずに!
いかがでしたか?今回は、神戸でおすすめのコーディネートを9パターン厳選してご紹介しました。基本的に神戸は気候が穏やかで、夏は比較的涼しく冬は暖かいという特徴が見られます。そのため服装にあまり神経質になる必要はありませんので、四季に合った一般的な服装を選ぶと失敗しないでしょう。ぜひ参考にして、神戸へのお出かけを快適に楽しんでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック