FASHIONDEC.20.2018

赤コートがトレンド。レディースのおしゃれな着こなし19選

ビビッドな色が人気を集めている近年。中でも大人女子を中心に赤いコートが注目されています。コーディネートしやすいダークカラーのコートもいいですが、ぜひ2着目は赤いコートを選んでみませんか?着るだけで気分も上がり、コーディネートも華やかになりますよ。
ビビッドな色が人気を集めている近年。中でも大人女子を中心に赤いコートが注目されています。コーディネートしやすいダークカラーのコートもいいですが、ぜひ2着目は赤いコートを選んでみませんか?着るだけで気分も上がり、コーディネートも華やかになりますよ。

大人女子向けの赤コートの選び方は?

 
一口に赤と言っても、ビビッドで鮮やかな赤から、深みがあり大人っぽい赤までさまざまな色合いがあります。自分の持っている服や、肌の色に合わせて、自分に合った赤を選ぶとよいでしょう。

赤いコートはどのように着こなせばいいのか戸惑ってしまう方も多いかもしれませんが、コーディネートの主役になってくれるアイテムなので、シンプルなコーディネートに合わせるのがおすすめです。

レディース向け赤コートコーデ【1】アローコートはモノトーンアイテムと合わせて

 
モノトーンでまとめたカジュアルコーデに、赤のアローコートを合わせて。シンプルなコーディネートですが、赤のコートを合わせるとぐっと女性らしさが引き立ちます。

アローコートとは、袖部分に切り替えが無く、女性らしいシルエットに着こなせるコートのこと。裏地がなく薄手なので、季節の変わり目にぴったりのアウターです。

レディース向け赤コートコーデ【2】チェスターコートは小物を使ってコーディネートにアクセントを

 
深みのある赤コートは、メンズライクな着こなしにもぴったり。チェスターコートタイプは、カッチリしたコーディネートにも、カジュアルなコーディネートにも合わせやすい人気のデザインです。

ゆったりとしたシルエットの赤コートは野暮ったく見えてしまうこともあるので、マフラーや靴をアクセントにすると、視線が分散されてスタイルアップして見えます。

レディース向け赤コートコーデ【3】トレンチコートは大人のキレイめカジュアルに

 
落ち着いた色合いのアイテムが多いトレンチコートですが、赤いトレンチコートはこんなにレディライクに着こなすことができます。いつものコーディネートに羽織るだけで、ぐっと秋冬らしいイメージになりますね。

前を留めてしまうと、カッチリした印象になりすぎるので、あえて前を開けて、コーディネートを見せることで大人のキレイめカジュアルになりますよ。

レディース向け赤コートコーデ【4】ロング丈コートで体型をカバー

 
体型が気になるという方におすすめなのがロング丈コート。身体のシルエットをカバーしてくれるだけでなく、鮮やかな色がコーディネートの主役となって、より女性らしく見せてくれます。

ロング丈コートはコートの裾からちらりと見える足元がおしゃれ。カジュアルにスニーカーを合わせたり、パンプスやブーツでフェミニンに合わせたりと、さまざまな楽しみ方ができます。

レディース向け赤コートコーデ【5】ワンピースとのコーディネートでハレの日スタイルに

 
赤コートはちょっとしたおでかけやハレの日スタイルにもぴったり。パッと目を引く鮮やかな色合いで、華やかな席でも見劣りしません。

バッグや靴など小物で差し色をプラスすると、よりこなれ感が出て、大人の上品さがプラスされますよ。

レディース向け赤コートコーデ【6】オーバーサイズの赤コートでワンマイルコーディネート

 
メンズライクな着こなしが楽しめるオーバーサイズの赤コート。ドロップショルダーのものを選べば、肩幅が馴染みやすく自分の身体にフィットするものが見つかります。

オーバーサイズのコートは、中にざっくりとしたニットやゆったりとしたシルエットのトップスを選んでもOK。ゆるいカジュアルスタイルが好きという方におすすめのコートです。

レディース向け赤コートコーデ【7】コーディネートを格上げするブローチをプラス

 
ロング丈コートやオーバーサイズのコートを着ると気になるのが、着ぶくれや野暮ったさ。そんなときにおすすめなのがブローチです。
コーディネートのアクセントになるだけでなく、顔周りをパッと華やかにしてくれる効果も◎。

赤のコートには、ゴールドなどキラキラした光沢のあるブローチがおすすめです。

レディース向け赤コートコーデ【8】アースカラーを合わせてナチュラルスタイルに

 
赤いコートには、アースカラーもぴったり。意外にもナチュラルスタイルにも似合うカラーなんですよ。

カーキやベージュなどの肌馴染みのよいコーディネートに赤のコートをプラスすれば、たちまちトレンド感のあるコーディネートのできあがり。オレンジに近い赤だと、さらに合わせやすいですよ。

レディース向け赤コートコーデ【9】前を閉めてワンピース風にコーディネート

 
赤のコートは、前を留めるとまた違った印象に。ガウン風コートはウエストをリボンベルトで結んで、ワンピース風の着こなしにするとエレガントに決まります。

ビビッドなコートを主役にしたいときは、コーディネートはシンプルにするのがおすすめ。黒を合わせればぐっと大人の女性らしいコーディネートになります。

レディース向け赤コートコーデ【10】ニットガウンコートでほっこりコーデ

ニットガウン
ノルディック柄がキュートなニットガウンコート。ニットの持つ柔らかい雰囲気で、さらっと羽織るだけで温もりあるコーデに仕上がります。

ゆったりとしたシルエットなので、インナーはタイトにまとめると野暮ったくなりません。ヘアスタイルをアップにするのもすっきり見せるポイントです。

レディース向け赤コートコーデ【11】中綿ジャケットをきれいめに

中綿ジャケット
コーデのアクセントになる赤の中綿ジャケット。カジュアルなアイテムですが、ロング丈のプリーツスカートやかっちりした小さめショルダーを合わせればきれいめなコーデも可能です。一辺倒になりがちな冬のコーデを新鮮にしてくれますよ。

レディース向け赤コートコーデ【12】トレンドのボアコートを印象的に

ボアコート
トレンドのボアコートも赤を選べば、人と被らずに印象的に。ボリューミーで存在感があるので、インナーはシンプルにまとめるのがおすすめ。一枚でコーデがパッと華やかになるコートです。

レディース向け赤コートコーデ【13】レオパード柄のトップスで華やかに

レオパード柄のトップス
赤と相性がいいのが、今季流行中のレオパード柄。チェスターコートのインナーにトップスで取り入れれば、華やかな赤コートの魅力がより引き立ちます。インパクトが強い組み合わせなので、他のアイテムは黒でまとめて色みを抑えるとバランスがよくなりますよ。

レディース向け赤コートコーデ【14】ノーカラーコートでエレガントに

ノーカラーコート
上品でフェミニンに着られるノーカラーコート。クリスマスや年末年始のパーティーなどにはぴったりですね。エレガントな雰囲気を活かして、バッグや靴もきれいめにまとめてとことんレディライクに。

レディース向け赤コートコーデ【15】ダウンも赤ならかわいらしい印象に

ダウン
カジュアルなイメージの強いダウンジャケットですが、赤を選べばかわいらしさを感じさせるコーデも可能。チャンキーヒールとストラップがキュートなガーリーなパンプスとも好相性です。きれいめなストレートデニムをロールアップしてほどよくカジュアルに。

レディース向け赤コートコーデ【16】落ち着いた雰囲気がほしいならワインレッドがおすすめ

ワインレッド
「赤のコートは華やかでおしゃれだけれど、派手な印象もあるので着こなせるか心配」という人におすすめなのがワインレッド。赤コートの華やかさもありつつ、落ち着いた雰囲気で着られます。ベージュやホワイトなどベーシックカラーとの相性もよいので、着回しもしやすいですよ。

大人っぽい雰囲気もあるので、チェック柄のワイドパンツを合わせても大人カジュアルに着こなせます。

レディース向け赤コートコーデ【17】他のアイテムを黒でまとめてコートを主役に

コートを主役にしたコーデ
暗くなりがちな冬のコーデに明るさをプラスしてくれる赤コート。一枚で十分な華やかさがあるので、他のアイテムは全て黒で統一してしまうコーデもありです。コートを主役に、街中でも人目を引くコーデに仕上がりますよ。

レディース向け赤コートコーデ【18】赤ダウンをニット帽で大人かわいく

赤ダウン
女性らしく着られる赤のダウン。たっぷりついたボリューミーなファーがラグジュアリーな印象です。

大きめのボンボンがポイントになったニット帽を合わせれば、大人かわいいカジュアルスタイルが完成します。足元は白のスニーカーを合わせて爽やかに。

レディース向け赤コートコーデ【19】ビッグシルエットで今っぽく

ビッグシルエット
ゆるっとした雰囲気が今っぽい、ビッグシルエットのPコート。ボーダーカットソーにデニム、という何気ない組み合わせでも、トレンド感のあるコーデに変わります。小さめのショルダーバッグを肩がけするのも、旬コーデのポイントです。
赤いコートを使ったいろいろなコーディネートをご紹介しました。デザインやコーディネートによって、赤いコートはまた違った表情を見せてくれます。ぜひ鮮やかな赤いコートのコーディネートにチャレンジしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRFEB.08.2019

系統問わず愛される!
Free’s Martの新作で作る、スポーツミックスな春

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。