FEB.21.2019

二重幅を広げる方法は?憧れのぱっちり二重を作るポイント

二重幅を広げる方法は?憧れのぱっちり二重を作るポイント 二重幅を広げる方法は?憧れのぱっちり二重を作るポイント

二重でもハーフのような顔立ちに憧れる女性は「もっと二重幅を広げたい」と思っているのではないでしょうか。ハーフ顔を目指しているだけでなく、二重幅が狭いとアイメイクも映えにくいですよね。
そこで今回は、二重幅を広げる5つの方法をご紹介します。

あなたはどっち?二重幅のタイプを知ろう

女性の目元

二重幅を広げる方法を見ていく前に、まずは二重のタイプを見てみましょう。二重には大きく分けて「末広型タイプ」と「平行型タイプ」があります。

■末広型タイプ
目頭から目尻にいくほど二重幅が広がっていくタイプで、日本人に多いです。
つぶらな瞳が特徴で、ナチュラルな雰囲気が魅力的。

■平行型タイプ
目頭から目尻まで二重幅が一定なタイプで、欧米人のような印象的な目元になります。
メイク映えしやすく、ハーフ顔に見られやすいのが特徴です。

このように二重でも印象がガラリと変わってくるので、ぱっちりした目元に憧れる女性にとっては、平行型タイプの女性が羨ましく思うようです。
二重幅を広げるためには、どんな方法があるのか参考にしてみてくださいね。

二重幅を広げる方法【1】メイクで広く見せる

メイクをする女性

二重幅を広げる方法として多くの女性が取り入れているのが、メイクで広く見せることです。
直接的に広げる方法ではないのですが、ナチュラルな広い二重幅を目指すことができます。

■細いアイライン、もしくはダブルライン
アイラインを太く描くと二重幅も狭く見えてしまうので、まつ毛の隙間を埋めた延長線で細いラインを心がけましょう。
また、最近では目の錯覚を利用したダブルラインも人気です。
慣れるまで薄さや影のつけ方などが難しく感じるかもしれませんが、専用のものも出ているのでチェックしてみてください。

■淡い色のアイシャドウを選ぶ
濃いアイシャドウは引き締め効果があるので、二重幅も引き締めて細く見せてしまいます。
ブラウンでも淡いものや、肌馴染みのいいベージュ系を単色で使い、ナチュラルに決めることがおすすめです。

二重幅を広げる方法【2】アイテープなどのアイテムを使う

目元を触る女性

二重を作るときや、二重幅を広げるときに活躍してくれるのが、アイプチやメザイク、アイテープなどです。

アイプチは、専用ののりと細い棒を使って二重を作ることができるアイテムで、メザイクやアイテープはまぶたにテープを押し当てて二重を作ることができます。

どちらも二重幅を広げることができるので活用している女性も多いかと思いますが、目を閉じたときに目立ってしまったり、アイメイクがやりにくかったり、取れやすかったりすることがあります。

自分の肌や目元と相性がいいアイテムを見つけられるといいですね。

二重幅を広げる方法【3】ホットタオルやホットアイマスクで目元をほぐす

アイマスクをする女性

目元が疲れていると目の周りの筋肉が硬くなってしまい、重みに耐えられずに目が閉じてくる状態になってしまうことがあるそうです。

「目元が疲れている」というような印象にも見られてしまうので、目元にも疲れをため込まないことがポイント!

そこでおすすめなのが、ホットタオルやホットアイマスクで目元を温め、硬くなった筋肉をほぐして血流を良くすることです。

疲れが取れるだけで目元が軽くなり、自然とぱっちり開けられるようになるので、二重幅も広く見せることができます。
また、柔軟性が取り戻されたことで、メザイクなどのアイテムも使いやすくなりますよ。

二重幅を広げる方法【4】マッサージをする

ハートを作る女性

まぶたの脂肪によって二重幅が狭くなってしまうこともあるので、マッサージをして目元をすっきりさせることもおすすめです。

マッサージをするときのポイントは、指の関節を使って眉毛のところにある骨を上へ押し上げるようになぞっていくことです。そうすることでまぶたの皮膚が持ち上がり、二重幅を広くしやすくすることができます。

ですが、目元はデリケートな部分なので、力の入れ過ぎには注意が必要です。
滑りを良くするためにクリームやオイルを使ったり、適度な力加減でマッサージしたりすることを心がけましょう。

マッサージの前にホットアイマスクなどで目元を温めておくと、より高いマッサージ効果を期待できると言われています。

二重幅を広げる方法【5】二重整形をする

病院で会話する女性

二重整形をすることで、二重幅を広げることができると言われています。
しかし、幅が広すぎると食い込みやすくなったり、元に戻りやすくなったりするデメリットがあることも覚えておきましょう。

顔全体のバランスを見ながら、自分に似合う二重幅を見つけることが大切なので、二重整形を考えている女性はしっかり医師と相談しながら決めるようにしてくださいね。

二重幅を広げるときの注意点

顔を隠す女性

二重幅を広げる上で注意したいことが2つあります。

■二重幅を広げ過ぎない
「二重幅が広いからいい」というわけではありません。
広くし過ぎずと、眠たい印象に見られてしまったり、不自然な目元になったりしてしまいます。また、まぶたのたるみに繋がってしまうことも。人によってベストな幅は異なるので、少しずつ広げていくことがポイントです。

■力を入れ過ぎない
まぶたはとってもデリケートな部分です。
アイプチなどをするときやマッサージをするとき、クレンジングをするときなどは力を入れ過ぎないように気を付けましょう。

二重幅を広げるおすすめアイテム【1】ASTRAEA V. (アストレア ヴィルゴ) アイビューティーフィクサー WP

ASTRAEA V. (アストレア ヴィルゴ) アイビューティーフィクサー WP

汗や水に強い、ウォータープルーフ処方。グルータイプのアイテムです。きれいな二重まぶたを長時間キープできるのに、テカリが少なく自然な仕上がりに。刺激臭も無いので、使い心地がいいのも魅力です。ローズマリー葉エキスやカミツレ花エキスといった保湿成分も配合されています。

オイルクレンンジングでも落ちないほど強力なので、メイクオフするときはアルコールが含まれたクレンジング剤でふき取るようにしましょう。

ASTRAEA V. (アストレア ヴィルゴ) アイビューティーフィクサー WP / ¥1,296

二重幅を広げるおすすめアイテム【2】DAISO(ダイソー) のび~る アイテープ 絆創膏タイプ

DAISO(ダイソー) のび~る アイテープ 絆創膏タイプ

100均アイテムなのにきれいな二重をしっかり作ってくれる、テープタイプの商品。肌色な上に細いので、目立ちにくいのもポイント。そのまま貼る他、伸ばしてより強力に二重を作ることもできます。失敗をしても惜しくないので、二重用アイテムの初心者にもおすすめです。

DAISO(ダイソー) のび~る アイテープ 絆創膏タイプ / ¥250

二重幅を広げるおすすめアイテム【3】D-UP(ディーアップ) 折式 アイリッドスキンフィルム

折式 アイリッドスキンフィルム

まぶた同士をくっ付けない、非接着タイプ。まぶたに塗って乾かすだけで、人工皮膜ができることでまぶたが折り込まれ、二重を作ることができます。

まぶた同士をくっ付ける商品に比べ、目を閉じてもナチュラルな仕上がりになる上、つっぱり感が無いので使い心地も快適。また、まぶたを引っ張らないので使い続けてもまぶたがたるんでくることもありません。

D-UP(ディーアップ) 折式 アイリッドスキンフィルム / ¥1,620

二重幅を広げるおすすめアイテム【4】K-パレット リアルダブルアイリッド

K-パレット リアルダブルアイリッド

こちらも非接着タイプで折り込み式のアイテム。マットパウダーが配合されているため、テカリが抑えられていて肌に自然になじみます。また、強力ポリマーにより、まぶたに負担がかかりにくいのにきれいな二重を作ることができます。メイク時だけでなく、二重のクセ付けにも使えますよ。

二重幅を広げるおすすめアイテム【5】プレビュート アイリッドマットコート

プレビュート アイリッドマットコート

アイプチやアイテープを使ったときに気になるのが、テカリ。このテカリによって、天然の二重ではなくアイプチ等で作った二重だということが他の人からも分かってしまいます。

そのテカリを消してくれるのが、このアイリッドマットコートです。テカリがある部分に塗ると、ナチュラルな二重に見せることができます。アイプチなど接着式のタイプだけでなく、非接着式のタイプにも使えますよ。

プレビュート アイリッドマットコート / ¥972

二重幅を広げるおすすめアイテム【6】StreeTrend(ストリートレンド) ナイトアイボーテII

ナイトアイボーテⅡ

「メイクのときにいちいち二重を作るのが面倒」、「すっぴんになったときとの差が気になる」といった悩みがある人におすすめなのが、寝ている間に二重のクセ付けができるアイテム。

ナイトアイボーテⅡは高い接着力で、夜寝ている間もしっかりとクセ付けをすることができます。また、ボタンエキスやアルニカ葉エキスを配合し、翌朝目がむくむのも防いでくれます。その他、保湿成分(アルテア根エキス)やアレルギーを抑える成分(サクラ葉エキス)も含まれており、まぶたがかぶれにくいのもポイントです。

StreeTrend(ストリートレンド) ナイトアイボーテII / ¥3,218

二重幅を広げるおすすめアイテム【7】KATE(ケイト) アイライナー ダブルラインエキスパート

KATE(ケイト) アイライナー ダブルラインエキスパート

二重幅を広く見せたい場合、アイラインは細く入れるのがおすすめ。目を大きく見せようと太いアイラインを入れてしまうと、かえって二重幅は狭く見えてしまいます。

アイライナー ダブルラインエキスパートは極細の筆なので、思い通りの細さでラインを引くことができます。まつげの隙間など細かいところのアイラインも描きやすいものポイント。

いかがでしたか?二重幅を広げる方法の中には自力でできることが多いので、コツコツ続けて二重幅が定着してくれたら嬉しいですよね。注意点も意識しながら、憧れの目元を目指して頑張っていきましょう。