BEAUTY
JUL.22.2020

二重幅を広げる方法は?憧れのぱっちり二重を作るポイント

二重幅を広げる方法は?憧れのぱっちり二重を作るポイント 二重幅を広げる方法は?憧れのぱっちり二重を作るポイント

ぱっちり二重は誰もが憧れるもの。二重でもハーフのような顔立ちに憧れる女性は「もっと二重幅を広げたい」と思っているのではないでしょうか。そこで今回は、二重幅を広げる5つの方法をご紹介します。

【目次】

あなたはどっち?二重幅のタイプを知ろう

女性の目元

二重幅を広げる方法を見ていく前に、まずは二重のタイプを見てみましょう。二重には大きく分けて「末広型タイプ」と「平行型タイプ」があります。

■末広型タイプ
目頭から目尻にいくほど二重幅が広がっていくタイプで、日本人に多いです。
つぶらな瞳が特徴で、ナチュラルな雰囲気が魅力的。

■平行型タイプ
目頭から目尻まで二重幅が一定なタイプで、欧米人のような印象的な目元になります。
メイク映えしやすく、ハーフ顔に見られやすいのが特徴です。

このように二重でも印象がガラリと変わってくるので、ぱっちりした目元に憧れる女性にとっては、平行型タイプの女性が羨ましく思うようです。
二重幅を広げるためには、どんな方法があるのか参考にしてみてくださいね。

二重幅を広げる方法は?

二重幅を広げる方法【1】メイクで広く見せる

メイクをする女性

二重幅を広げる方法として多くの女性が取り入れているのが、メイクで広く見せることです。
直接的に広げる方法ではないのですが、ナチュラルな広い二重幅を目指すことができます。

■細いアイライン、もしくはダブルライン
アイラインを太く描くと二重幅も狭く見えてしまうので、まつ毛の隙間を埋めた延長線で細いラインを心がけましょう。
また、最近では目の錯覚を利用したダブルラインも人気です。
慣れるまで薄さや影のつけ方などが難しく感じるかもしれませんが、専用のものも出ているのでチェックしてみてください。

■淡い色のアイシャドウを選ぶ
濃いアイシャドウは引き締め効果があるので、二重幅も引き締めて細く見せてしまいます。
ブラウンでも淡いものや、肌馴染みのいいベージュ系を単色で使い、ナチュラルに決めることがおすすめです。

二重幅を広げる方法【2】アイテープなどのアイテムを使う

目元を触る女性

二重を作るときや、二重幅を広げるときに活躍してくれるのが、アイプチやメザイク、アイテープなどです。

アイプチは、専用ののりと細い棒を使って二重を作ることができるアイテムで、メザイクやアイテープはまぶたにテープを押し当てて二重を作ることができます。

どちらも二重幅を広げることができるので活用している女性も多いかと思いますが、目を閉じたときに目立ってしまったり、アイメイクがやりにくかったり、取れやすかったりすることがあります。

自分の肌や目元と相性がいいアイテムを見つけられるといいですね。

二重幅を広げる方法【3】ホットタオルやホットアイマスクで目元をほぐす

アイマスクをする女性

目元が疲れていると目の周りの筋肉が硬くなってしまい、重みに耐えられずに目が閉じてくる状態になってしまうことがあるそうです。

「目元が疲れている」というような印象にも見られてしまうので、目元にも疲れをため込まないことがポイント!

そこでおすすめなのが、ホットタオルやホットアイマスクで目元を温め、硬くなった筋肉をほぐして血流を良くすることです。

疲れが取れるだけで目元が軽くなり、自然とぱっちり開けられるようになるので、二重幅も広く見せることができます。
また、柔軟性が取り戻されたことで、メザイクなどのアイテムも使いやすくなりますよ。

二重幅を広げる方法【4】マッサージをする

ハートを作る女性

まぶたの脂肪によって二重幅が狭くなってしまうこともあるので、マッサージをして目元をすっきりさせることもおすすめです。

マッサージをするときのポイントは、指の関節を使って眉毛のところにある骨を上へ押し上げるようになぞっていくことです。そうすることでまぶたの皮膚が持ち上がり、二重幅を広くしやすくすることができます。

ですが、目元はデリケートな部分なので、力の入れ過ぎには注意が必要です。
滑りを良くするためにクリームやオイルを使ったり、適度な力加減でマッサージしたりすることを心がけましょう。

マッサージの前にホットアイマスクなどで目元を温めておくと、より高いマッサージ効果を期待できると言われています。

二重幅を広げる方法【5】二重整形をする

病院で会話する女性

二重整形をすることで、二重幅を広げることができると言われています。
しかし、幅が広すぎると食い込みやすくなったり、元に戻りやすくなったりするデメリットがあることも覚えておきましょう。

顔全体のバランスを見ながら、自分に似合う二重幅を見つけることが大切なので、二重整形を考えている女性はしっかり医師と相談しながら決めるようにしてくださいね。

二重幅を広げるときの注意点は二つ!

顔を隠す女性

二重幅を広げる上で注意したいことが2つあります。

■二重幅を広げ過ぎない
「二重幅が広いからいい」というわけではありません。
広くし過ぎずと、眠たい印象に見られてしまったり、不自然な目元になったりしてしまいます。また、まぶたのたるみに繋がってしまうことも。人によってベストな幅は異なるので、少しずつ広げていくことがポイントです。

■力を入れ過ぎない
まぶたはとってもデリケートな部分です。
アイプチなどをするときやマッサージをするとき、クレンジングをするときなどは力を入れ過ぎないように気を付けましょう。

二重幅を広げるおすすめアイテム7選

二重幅を広げるおすすめアイテム【1】ASTRAEA V. (アストレア ヴィルゴ) アイビューティーフィクサー WP

ASTRAEA V. (アストレア ヴィルゴ) アイビューティーフィクサー WP

汗や水に強い、ウォータープルーフ処方。グルータイプのアイテムです。きれいな二重まぶたを長時間キープできるのに、テカリが少なく自然な仕上がりに。刺激臭も無いので、使い心地がいいのも魅力です。ローズマリー葉エキスやカミツレ花エキスといった保湿成分も配合されています。

オイルクレンンジングでも落ちないほど強力なので、メイクオフするときはアルコールが含まれたクレンジング剤でふき取るようにしましょう。

二重幅を広げるおすすめアイテム【2】DAISO(ダイソー) のび~る アイテープ 絆創膏タイプ

DAISO(ダイソー) のび~る アイテープ 絆創膏タイプ

100均アイテムなのにきれいな二重をしっかり作ってくれる、テープタイプの商品。肌色な上に細いので、目立ちにくいのもポイント。そのまま貼る他、伸ばしてより強力に二重を作ることもできます。失敗をしても惜しくないので、二重用アイテムの初心者にもおすすめです。

二重幅を広げるおすすめアイテム【3】D-UP(ディーアップ) 折式 アイリッドスキンフィルム

折式 アイリッドスキンフィルム

まぶた同士をくっ付けない、非接着タイプ。まぶたに塗って乾かすだけで、人工皮膜ができることでまぶたが折り込まれ、二重を作ることができます。

まぶた同士をくっ付ける商品に比べ、目を閉じてもナチュラルな仕上がりになる上、つっぱり感が無いので使い心地も快適。また、まぶたを引っ張らないので使い続けてもまぶたがたるんでくることもありません。

二重幅を広げるおすすめアイテム【4】K-パレット リアルダブルアイリッド

K-パレット リアルダブルアイリッド

こちらも非接着タイプで折り込み式のアイテム。マットパウダーが配合されているため、テカリが抑えられていて肌に自然になじみます。また、強力ポリマーにより、まぶたに負担がかかりにくいのにきれいな二重を作ることができます。メイク時だけでなく、二重のクセ付けにも使えますよ。

二重幅を広げるおすすめアイテム【5】プレビュート アイリッドマットコート

プレビュート アイリッドマットコート

アイプチやアイテープを使ったときに気になるのが、テカリ。このテカリによって、天然の二重ではなくアイプチ等で作った二重だということが他の人からも分かってしまいます。

そのテカリを消してくれるのが、このアイリッドマットコートです。テカリがある部分に塗ると、ナチュラルな二重に見せることができます。アイプチなど接着式のタイプだけでなく、非接着式のタイプにも使えますよ。

二重幅を広げるおすすめアイテム【6】StreeTrend(ストリートレンド) ナイトアイボーテII

ナイトアイボーテⅡ

「メイクのときにいちいち二重を作るのが面倒」、「すっぴんになったときとの差が気になる」といった悩みがある人におすすめなのが、寝ている間に二重のクセ付けができるアイテム。

ナイトアイボーテⅡは高い接着力で、夜寝ている間もしっかりとクセ付けをすることができます。また、ボタンエキスやアルニカ葉エキスを配合し、翌朝目がむくむのも防いでくれます。その他、保湿成分(アルテア根エキス)やアレルギーを抑える成分(サクラ葉エキス)も含まれており、まぶたがかぶれにくいのもポイントです。

二重幅を広げるおすすめアイテム【7】KATE(ケイト) アイライナー ダブルラインエキスパート

KATE(ケイト) アイライナー ダブルラインエキスパート

二重幅を広く見せたい場合、アイラインは細く入れるのがおすすめ。目を大きく見せようと太いアイラインを入れてしまうと、かえって二重幅は狭く見えてしまいます。

アイライナー ダブルラインエキスパートは極細の筆なので、思い通りの細さでラインを引くことができます。まつげの隙間など細かいところのアイラインも描きやすいものポイント。

二重と奥二重の違いは?

奥二重

奥二重とは、二重のラインはあるものの、そのラインの幅が狭かったり浅かったりすることで、まぶたが二重のラインに覆いかぶさっている状態のことです。覆いかぶさる皮膚が多いと一重のように見えてしまいます。

二重には末広二重と平行二重があることをご紹介しましたが、奥二重も二重の一種です。末広二重であっても、目元がむくみがちだったり目元に脂肪がつきやすかったりすると「自分は奥二重だ」と思っている人もいます。

二重幅を広げるメイクで使えるコスメ6選

二重幅を広げるメイクで使えるコスメ【1】excel(エクセル) アイシャドウベース

excel(エクセル) アイシャドウベース

二重幅を広く見せるには、まず目元が明るいことが大切。まぶたのくすみを取るため、アイシャドウベースを使いましょう。アイシャドウの発色が鮮やかになり、アイメイクの持ちも良くなりますよ。

excel(エクセル)のアイシャドウベースは、2種類の美容液成分を配合。アイシャドウの発色や色持ちをアップしてくれるだけでなく、乾燥しがちなまぶたに潤いを与えてくれます。

二重幅を広げるメイクで使えるコスメ【2】LUNASOL(ルナソル) アイリッドベース(N)

LUNASOL(ルナソル) アイリッドベース(N)

クリームタイプでしっかりまぶたにフィットするアイシャドウベース。肌の色に合わせて2色から選べます。くすみをクリアにしてくれるので、くすみのせいでアイシャドウが思い通りに発色しない場合におすすめです。

二重幅を広げるメイクで使えるコスメ【3】CANMAKE(キャンメイク) パーフェクトマルチアイズ

CANMAKE(キャンメイク) パーフェクトマルチアイズ

アイプチやアイテープなどを使って二重を作る場合、のりを塗ったところやテープが光って天然の二重ではないことがバレてしまうことも。できるだけ光らないように、アイシャドウはマットな質感のものを選びましょう。また、ベージュやブラウンなど肌なじみが良いカラーを使うのもポイントです。

CANMAKE(キャンメイク) パーフェクトマルチアイズは、使いやすい5色がセットになったマットなアイシャドウ。5色ともパールもラメも入っていないので、ナチュラルでオフィスメイクにも最適です。

使う量が多いベースカラーは多めに、使う量が少ない締め色は少なめになっているので「アイシャドウパレットを買うといつも締め色だけ余ってしまう」という人にはぴったり。

二重幅を広げるメイクで使えるコスメ【4】ADDICTION(アディクション) ザ・アイシャドウ

ADDICTION(アディクション) ザ・アイシャドウ

99色ものカラーバリエーションがある単色アイシャドウ。マットな質感のものだけで29色あるので、自分に似合うカラーがきっと見つかりますよ。

マット (M)・パール (P)・シルキー (S)・メタリック (ME)の4つの質感があるので、アイプチやアイテープを使っている二重幅の部分にはマットな締め色を、まぶたの中央にはパール感のあるミディアムカラーを、とまぶたの場所に合わせて自在に選べます。

二重幅を広げるメイクで使えるコスメ【5】KATE(ケイト) クラッシュダイヤモンドアイズ OR-1

KATE(ケイト) クラッシュダイヤモンドアイズ OR-1

アイプチやアイテープを使わずにメイクだけで二重幅を広く見せたいなら、アイシャドウは膨張色のオレンジやベージュを。二重幅には締め色を使うのが定番ですが、ふんわりと優しく見える膨張色を使うと二重幅が強調されます。また、パールやラメで光を反射させると、より二重が広く見えますよ。

KATE(ケイト)のクラッシュダイヤモンドアイズ OR-1は、オーロラのようなパール感のあるベージュと、ダイヤモンドのようなきらめきのあるオレンジの2色のセット。ラメ感がきれいなオレンジを二重幅に塗ることで、二重幅を広くみせることができますよ。

二重幅を広げるメイクで使えるコスメ【6】LAURA MERCIER(ローラ メルシエ) キャビアスティック アイカラー 41 SIENNA

LAURA MERCIER(ローラ メルシエ) キャビアスティック アイカラー 41 SIENNA

なめらかにラインを描ける、スティックタイプのアイカラー。よれやすい二重幅にもフィットしてくれます。付けたてのカラーが長時間続くのも魅力です。伸びがよいので、二重幅に入れたあとにまぶたの上に向かって指でぼかすと、1色で簡単にグラデーションが作れます。

41 SIENNAはブラウンがかったオレンジで、ポップにならず大人っぽく使えますよ。

アイプチで二重幅を広げる方法は?

二重幅を広げるアイプチのやり方【1】接着式のアイプチの場合

 

まぶたをくっつける接着式のアイプチを使って二重幅を広げる方法は、次の通りです。

■1.二重幅を決める
プッシャーでまぶたを押し上げながら、二重幅を決めます。目を開いたり、閉じたりして綺麗に見える二重幅を探しましょう。

■2.アイプチを塗る
決めた二重幅に沿ってアイプチを塗ります。付けすぎると不自然になるため、薄く塗るのがポイントです。

■3.プッシャーで二重のラインを作る
アイプチが半透明になったら、プッシャーで二重幅を押してラインを作ります。理想の二重幅になるようにまぶたをくっつけましょう。

■4.乾くまで待つ
完全に乾かしたらOKです。

二重幅を広げるアイプチのやり方【2】非接着式のアイプチの場合

 

非接着式のアイプチは膜を作り、その上にまぶたを被せて二重のラインを作るアイテム。折り込み式のアイプチとも呼ばれています。非接着式のアイプチで二重幅を広げる方法をチェックしていきましょう。

■1.二重幅を決める
プッシャーでまぶたを押し、理想の二重幅を見つけます。

■2.アイプチを塗る
理想の二重幅のすぐ下にアイプチを塗ります。ムラなく均一に塗るのがポイントです。

■3.完全に乾かす
透明になるまでアイプチを乾かします。焦ると綺麗に仕上がらないので、注意してください。

■4.完全に乾いたら二重を作る
アイプチが完全に乾いたら、プッシャーでゆっくりと二重のラインを作ります。二重のラインがくっきりとしない場合は、アイプチを重ね塗りして乾かしてからもう一度二重を作りましょう。

アイプチで二重幅を広げたとバレない方法は?

アイプチで二重幅を広げたとバレない方法【1】皮脂や汚れを取っておく

 

アイプチで二重幅を広げる時は、あらかじめまぶたに付いた皮脂や汚れを取っておきましょう。皮脂や汚れが残った状態でアイプチを使うと、粘着力が低下して綺麗に仕上がらず、すぐに二重幅が元に戻ってアイプチだとバレます。

皮脂や汚れを落とす時は、ティッシュやコットンで軽くふくだけでOK。オイリー肌の人は、ふき取り化粧水やリキッドクレンジングを使うのもおすすめです。

アイプチで二重幅を広げたとバレない方法【2】アイシャドウで馴染ませる

 

アイプチで二重幅を広げたとバレたくない人は、アイシャドウを上手に使いましょう。肌に馴染む色のブラウンやベージュのアイシャドウをのせると、アイプチのテカリや白さが抑えられて、ナチュラルに見えます。

長時間、綺麗な二重幅をキープしたいなら、密着力の高いジェルタイプのアイシャドウを使うのがポイント。指でトントンと優しくのせると、メイクの時にアイプチが取れてしまう心配もありません。

二重幅を広げるアイプチの正しい落とし方とは?

二重幅を広げるアイプチの正しい落とし方【1】簡単に落とす方法

 

アイプチは、気軽に二重幅を広げることができるアイテムですが、まぶたに負担がかかります。しっかりと落とさなければ、目元のシワや色素沈着などに繋がるので、正しい落とし方を知っておきましょう。

アイプチを簡単に落としたい人は、ぬるま湯を浸したコットンをまぶたに当て、ふやかしてから優しく拭き取るだけでOK。目元をゴシゴシと擦ると、肌にダメージが与えられるので注意してください。

二重幅を広げるアイプチの正しい落とし方【2】強力なアイプチを落とす方法

 

二重幅を広げるためにウォータープルーフタイプなどの強力なアイプチを使っている人は、ポイントメイクリムーバーでオフしましょう。リムーバーを染み込ませたコットンをまぶたに当てて、優しく拭き取ってください。

アイプチが広げた二重幅に残ってしまった場合は、綿棒などで絡め取るのがおすすめです。

アイプチで二重幅を広げる時の注意点は?

アイプチで二重幅を広げる時の注意点【1】目の幅より広くしない

 

二重幅を広げると、目が大きく見えますが、その分アイプチは取れやすくなります。また、二重幅を目の幅よりも太くすると、アイプチを使っても皮膚同士がくっつかず、自然な二重幅になりません。

半開きのような不自然な目になってしまうこともあるため、二重幅を広げすぎるのは避けましょう。

アイプチで二重幅を広げる時の注意点【2】均等に薄く塗る

 

二重幅を広げるためにアイプチを使う時は、なるべく均等に塗りましょう。ムラができると二重幅が不自然になります。

また、アイプチの塗りすぎにも注意が必要です。厚く塗ると乾くまでに時間がかかるだけでなく、プッシャーを当てた時にヨレて綺麗な二重になりません。

まぶたが厚く、二重幅を作りにくい場合は、薄く塗ってから乾かすのを2~3回繰り返すと良いでしょう。

二重幅を広げるアイプチの選び方は?

二重幅を広げるアイプチの選び方【1】タイプ

 

アイプチは接着式と非接着式の2つのタイプに分けられます。それぞれの特徴をチェックして自分に合ったものを見つけましょう。

■接着式
アイプチで瞼同士をくっつけて二重幅を広げます。まぶたが厚い人や奥二重の人、一重の人でも使いやすいです。

■非接着式
アイプチで膜を作り、その上にまぶたを織り込んで二重のラインを作ります。自然に二重幅を広げることができるのが魅力です。

二重幅を広げるアイプチの選び方【2】仕上がり

 

二重幅を広げるアイプチを選ぶ際は、口コミなどで仕上がりもチェックしましょう。白っぽくなるものやテカるものは不自然に見えるので、避けることをおすすめします。

また、自然に二重幅を広げたいなら、メイクのしやすさの確認も必要です。アイシャドウを塗ると粘着力が下がったり、二重のラインに溜まったりするアイプチは、メイク後自然に見えないので、気を付けてください。

いかがでしたか?二重幅を広げる方法の中には自力でできることが多いので、コツコツ続けて二重幅が定着してくれたら嬉しいですよね。注意点も意識しながら、憧れの目元を目指して頑張っていきましょう。