BEAUTYMAY.13.2019

眉毛の種類は何がある?特徴や自分に似合う眉毛の描き方について

自分に似合う眉毛の形や種類を知っていますか?眉毛は顔の印象を大きく左右する大切なパーツになります。だからこそ、自分に合った種類の眉毛を描くことが大切です。今回は眉毛の種類や理想の眉毛の描き方についてご紹介します。
自分に似合う眉毛の形や種類を知っていますか?眉毛は顔の印象を大きく左右する大切なパーツになります。だからこそ、自分に合った種類の眉毛を描くことが大切です。今回は眉毛の種類や理想の眉毛の描き方についてご紹介します。

眉毛の形の種類について

目元のアップの写真
眉毛の形には色々な種類があります。それぞれの形によって印象が大きく左右されます。眉毛の形の種類の特徴についてご紹介します。

■直線型
直線型の眉毛とは、眉頭から眉山に向かって直線的に上昇している眉毛です。眉山はしっかりと出ていて、眉尻に向かって下降しています。直線型の眉毛の種類は、強さのあるハンサムな雰囲気に仕上がります。眉尻の部分を長くするとさらに大人っぽい印象をプラスすることができます。

■アーチ型
アーチ型の眉毛は、眉頭から眉尻に向かってなだらかなアーチの形になっている眉毛です。眉山はそこまで強調せずに全体的に丸みのある形が特徴的です。アーチ型の種類は、柔らかく女性らしい印象に仕上がります。

自分に似合う眉毛の種類を知る方法

顔半分が映った画像
眉毛の種類についてご紹介してきました。色々な種類があるということはわかっていても、自分に似合う眉毛がどんな形なのかよくわからないという人もいますよね。自分に似合う眉毛を知るための方法についてご紹介します。

■目の形に合わせる
自分にぴったりの眉毛の種類を知るためには、目の形に合わせて眉毛を描く方法がおすすめです。自分の目の形と同じような形を意識した眉毛は、統一感のあるメイクに仕上がります。目のカーブが緩やかであれば緩やかに、丸みを帯びているのであればアーチ型に、というように自分の目の形を目安にすると、自分に似合う眉毛の種類がわかりやすくなります。

■自眉に合わせる
自分にぴったりの眉毛の種類を探すためには、自分の眉毛の形を考慮する必要があります。自分がなりたい眉毛の形に近づけたいからといって、自眉の形を無視した眉毛にするのは不自然です。

自分の眉毛が生えている部分や骨格、眉の筋肉の動きなど、自分が持っているものを活かした眉毛に仕上げることで、違和感のないナチュラルな眉毛に仕上がりますよ。

理想の眉毛の整え方

アイブロウに使うツール
自分の理想的な眉毛に整えるには、どんなやり方で整えればいいのでしょうか?正しい眉毛の整え方についてご紹介します。

■眉毛の毛流れを整える
眉毛を整える時は、必ず自分の眉毛の毛流れを整えてから行うようにしましょう。眉毛の毛流れはきれいな形に仕上げるためにとても重要な役割をしています。眉毛はクセが付きやすい部分でもあるので、眉毛を整える前にしっかり毛流れを整えた状態で始めるようにしましょう。

■眉毛の目印を描く
眉毛を整える時は、ある程度形を描いた上でカットしていく必要があります。まずは眉毛の形の目安となる目印を描いていきましょう。眉毛の黄金比といわれている形は、眉頭が小鼻のまっすぐ延長線上、眉山が黒目の外側から目尻の間、眉尻が口と目尻の延長線上といわれています。

これをもとにアイブロウペンシルを使って、形のガイドラインとなる目印を描きましょう。そして自分の好きな形の眉毛を描いていきましょう。

■不要な部分をカットする
眉毛が描けたら、不要な部分の毛をカットしていきましょう。眉毛を整える時は、シェーバーやハサミがおすすめです。毛抜きは使いすぎると生えてこなくなる可能性が出てくるので、本当に不要な部分の毛以外には使わないようにしましょう。

■長さを整える
眉毛の長さを整えていきます。眉毛に眉用コームを当てて、はみ出た部分をハサミでカットしていきましょう。眉用コームがないという場合は、指で眉毛を上に押しあてて、上にはみ出た部分のみをカットする方法もおすすめです。

種類別の眉毛の描き方

眉毛を整えてもらっている人
自分の理想の眉毛の形が決まったら、実際に眉毛に描いていきましょう。それぞれの種類別の眉毛の描き方についてご紹介します。

■直線型
直線型の眉毛を描くときは、アイブロウペンシルを先に使います。アイブロウペンシルを使って、眉毛の下の部分から描いていきましょう。眉山の部分に向かって直線的に上昇させていきます。眉下の部分がしっかり描けていると、眉毛がきれいな印象に仕上がります。

眉山まで描けたら、目の形を意識しながら眉尻を描いていきます。目尻の延長線を意識して描いていきましょう。形が出来上がったら、アイブロウパウダーで眉全体をぼかしていきましょう。眉頭部分から眉尻に向かってグラデーションを意識すると立体的に仕上がります。

■アーチ型
アーチ型の眉毛を描くときは、アイブロウパウダーを先に使っていきます。アイブロウパウダーを使って、眉毛の上部分から描いていきます。柔らかい雰囲気に仕上げるために、輪郭はある程度ぼかした仕上がりにしていきましょう。

眉山を目立たせないように、眉頭から眉尻にかけて繋がりを持たせながら形を描いていきましょう。ある程度の形が描けたら、毛が足りない部分にアイブロウペンシルを使って描き足していきます。
眉毛の種類についてご紹介しました。眉毛は種類によって雰囲気や印象が大きく変わってきます。今まで自分に似合う眉毛がわからなかったという人は、ぜひ自分に似合う眉毛の種類を見つけてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック