FASHIONSEP.09.2019

ベージュキュロットを大人見せ!季節や年代別のおすすめコーデ

どんなコーデにも馴染みが良いベージュのキュロット。子供見えが心配なので、女性らしく仕上がるポイントを押さえて大人っぽいコーデに仕上げましょう。
どんなコーデにも馴染みが良いベージュのキュロット。子供見えが心配なので、女性らしく仕上がるポイントを押さえて大人っぽいコーデに仕上げましょう。

ベージュのキュロットを大人っぽく着こなすポイント

 
キュロットとは、股下がありショートパンツと同じ構造のボトム。ショートパンツとは違い裾が広がっているのが特徴で、パッと見はスカートのように見えるので、女性らしい印象に仕上がります。

ただし、着こなし方によってはシルエットが子供っぽく見える心配も。合わせるアイテムによって雰囲気が決まるので、大人見えするコーデを意識する必要あり。

シンプルなデザインのベージュキュロットであれば、落ち着いた雰囲気を作りやすいです。

春夏は、ショート丈や、風通しの良いワイドシルエットのベージュキュロットが活躍。トップスはできる限りコンパクトにして、ウエストインすることで女性らしさを演出します。

秋冬は、着膨れしないようにトップスとのバランスを整えるのがコツ。暖かみのある素材で季節感を出すことで旬コーデを叶えます。

ベージュのキュロットのおすすめコーデ【1】春の定番アイテムと合わせてシンプルなコーデに

ボーダー×ベージュキュロット
ボーダートップスやデニムジャケットなど、季節感たっぷりの定番トップスとガウチョっぽいベージュキュロットでシンプル仕上げに。

足元がスニーカーだと子供っぽさが出てしまうので要注意。靴下×ヒールで上品な雰囲気をかもし出せば、全体的なシルエットも大人っぽくなるでしょう。

ベージュのキュロットのおすすめコーデ【2】春夏は薄いベージュの膝丈キュロットで軽やかコーデに

 
膝丈のベージュキュロットは、若見えも老け見えも防ぐことができる便利なボトム。薄めのカラーをチョイスして、同じく薄めのカーキジャケットを羽織ってニュアンスカラーで統一。

メンズライクなジャケットをサラッと羽織っても、デコルテを肌見せすることでグンと女っぷりが上がります。

ベージュのキュロットのおすすめコーデ【3】ショート丈キュロットは他アイテムで大人っぽく

リネンジャケット×ベージュキュロット
ベージュキュロットの中でもガーリーな印象が強いショート丈。ウエストのリボンベルトもキュートさが際立ちますが、夏らしいリネンジャケットをプラスすればランクアップ!

インナーはワンショルダーでトレンドを意識して。ベージュのワントーンコーデは注目のスタイルなので、ベージュキュロットをうまく活用しましょう。

ベージュのキュロットのおすすめコーデ【4】秋はロングブーツでバランスを整えて

ネービーニット×ベージュキュロット
秋はベージュの中でも暗めの落ち着いたカラーのキュロットがおすすめ。ネイビーニットなら定番カラー同士で違和感なく馴染み、小物で他カラーを取り入れやすくなります。

足元はロングブーツでキュロットとのバランスを重視。チラッと素肌を見せることで大人可愛さを演出します。

ベージュのキュロットのおすすめコーデ【5】プリーツキュロットはオフィスシーンで活躍

ストライプシャツ×ベージュキュロット
秋コーデにシフトする時に便利なのが、濃いめのベージュキュロット。きれいめシルエットを作る太めのプリーツが入ったキュロットは、オフィススタイルにもぴったりです。

襟付きのストライプシャツをウエストインしてピシッとハンサムなコーデに。小物はさらに濃いカラーで揃えて、引き締め効果を狙いましょう。

ベージュのキュロットのおすすめコーデ【6】冬はコーデュロイのキュロットでナチュラルなコーデに

アランニット×ベージュキュロット
暖か素材のコーデュロイのベージュキュロットは、冬のオフシーンにぴったりのカジュアルボトム。同じくラフ感たっぷりのアランニットに合わせて、好感度高めのナチュラルコーデに。

ボリュームがあるロング丈のキュロットなら、インナーにレギンスなどを履けるので防寒対策もバッチリ。見た目と機能性を両立してくれるボトムです。

ベージュのキュロットのおすすめコーデ【7】20代はショート丈のベージュキュロットで若々しく

 
思いきり素足が出るショート丈のキュロットは、20代にしか着こなせないボトム。チノカラーのベージュにすれば、悪目立ちする心配もありません。

トップスも落ち着いたカラーのタンクトップで、ヘルシーな肌見せを実現。エアコンや紫外線対策に、カーディガンを持っていると便利です。

ベージュのキュロットのおすすめコーデ【8】セットアップのボトムをキュロットにしてクールな雰囲気に

 
ガーリーからは卒業したい30代は、ベージュキュロットもセットアップで取り入れて大人っぽく。リネンの素材感もこなれた雰囲気をかもし出すスパイスに。

ハイウエストのベージュキュロットなら、脚長効果もバッチリ。インナーは真っ白ではなくアイボリーにしてトーンを揃えるのも、大人のテクニックです。

ベージュのキュロットのおすすめコーデ【9】40代はミディアム丈のキュロットで品のある見た目に

40代のベージュキュロットコーデ
ほど良いフレア感のベージュキュロットは、どんなスタイルでも清楚で上品な雰囲気にしてくれる40代にぴったりのボトム。

周りと差をつけるなら、光沢のあるシルク素材をチョイス。女子会やお仕事シーンにはシンプルな白いブラウスで。フリルやレースを使ったエレガントなトップスなら、フォーマルシーンにも活用できます。
種類が豊富なベージュキュロットは、様々なシーンで活躍。子供っぽいスタイルにならないように、トップスや小物など合わせるアイテムとのバランスに気をつけて大人っぽく着こなしてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック