JAN.22.2019

お洒落にこなれるマフラーの巻き方。定番からおすすめまで巻き方11選

お洒落にこなれるマフラーの巻き方。定番からおすすめまで巻き方11選 お洒落にこなれるマフラーの巻き方。定番からおすすめまで巻き方11選

秋冬になると、首元を暖めてくれたりコーデのアクセントになるマフラーが手放せなくなります。そんなマフラーですが、いつも同じ巻き方になってしまいませんか?ほかの人が素敵に巻いていると、どうやって巻いているのか気になりますよね。そこで今回はマフラーのおしゃれな巻き方をご紹介します。通勤にぴったりなこなれ感のある巻き方や、デートにぴったりな大人可愛い巻き方まで。ぜひお気に入りのマフラーの巻き方を見つけてください。

マフラーの巻き方で印象は変わる!

 

同じマフラーを巻いていても、巻き方次第で印象は変わります。通勤向けのきちんと感のある巻き方や、休日向けのカジュアルな巻き方など、そのシーンに応じた巻き方で人に好印象を与えたいですよね。

今回は定番の巻き方からおしゃれでこなれ感のある巻き方まで、6つの巻き方をご紹介します。その巻き方がどんなシーンに向いているかもご紹介するので、巻き方を使い分けてマフラーを効果的に着こなしてください。

マフラーの巻き方【1】シンプルカジュアルコーデにハマる定番の「一周巻き」

マフラーの一周巻きコーデ

マフラーの超定番の巻き方といえば一周巻き。エディター巻きとも呼ばれています。マフラーを首のまわりでぐるっと一周させただけの巻き方。簡単な巻き方ですが、シンプルなカジュアルスタイルに最もハマる巻き方です。

適度なボリューム感が出るので防寒もしっかりできて、マフラーを主張し過ぎないのでさりげない印象になります。マフラー自体に厚みがある場合もこの巻き方がおすすめです。

マフラーの巻き方【2】時間がない時は「半周巻き」をさりげなく

マフラーのシンプルクロスコーデ

凝った巻き方をする時間がない!といった時は、サイドでクロスするだけの半周巻きで。意外と様になるのと、大人可愛い柄などはマフラーをしっかり見せることができます。

シンプルなコーデにタータンチェック柄のマフラーを見せたい時におすすめの巻き方。ボリューム感があって凝った巻き方ができないマフラーにも最適です。

マフラーの巻き方【3】大判マフラーやマニッシュスタイルには「垂らし巻き」

マフラーの垂らし巻きコーデ

メンズライクなスラックスパンツにシンプルなニットといった、マニッシュなスタイルにマッチするのが垂らし巻き。こういったスタイルには凝った巻き方だとアンマッチな印象になります。

マフラーを肩から垂らしただけの巻き方は、こなれ感のあるハンサムな印象に。シックな色みのカラーコーデが似合うので、マフラーもダークな色みのチェック柄などメンズライクなものがおすすめです。

マフラーが大判タイプで巻けない場合も垂らし巻きが最適です。

マフラーの巻き方【4】短いマフラーは定番の「ワンループ巻き」!通勤やスーツにも

マフラーのワンループ巻きコーデ

マフラーの両端を半分に折って首にかけ、フリンジになっている方を輪っかに入れるだけのワンループ巻き。男性もスーツの上からこの巻き方でマフラーを巻いているのをよく見かけます。マフラーが短い時にも、長さを必要としないワンループ巻きが使えます。

シンプルなので女子も通勤スタイルやスーツの上から巻くのが最適。シンプルカジュアルなスタイルにも、メンズライクな演出をしたいときにもおすすめです。

マフラーの巻き方【5】ボリューム感を出したいなら「フロントノット」や「バック巻き」

マフラーのフロントノット巻きコーデ

首元にボリュームを出して大人可愛い演出がしたい時などは、フロントノットやバック巻きがおすすめです。巻き方は簡単で、一周巻きをしたマフラーの両端をフロントで結ぶだけ。巻くときにマフラーをねじったり、巻き加減や結び目を調節したりして、ボリューム感や形を好みに変えると、印象がその都度変えられます。

バック巻きは、フロントノットの結び目を後ろにまわして移動させるだけ。結び目が見えない分シンプルな印象になるものの、ボリュームはしっかりあるので大人可愛い雰囲気はキープできます。

マフラーの巻き方【6】おしゃれなこなれ感なら「ミラノ巻き」

マフラーのミラノ巻きコーデ

巻き方が凝った感じに見えるので、おしゃれ上級者な雰囲気でこなれ感が出るミラノ巻き。ピッティ巻きとも呼ばれています。結び目が膨らまずに適度なボリューム感が出るので、ジャケットスタイルなどきちんと感のあるスタイルにも意外とハマります。

結び目の作り方を次にご紹介します。実はとても簡単なので、ぜひこの機会に覚えてください。

マフラーの巻き方【番外編】難しそうで実は簡単!「ミラノ巻き」の巻き方

 

凝った感じに見えるので難しそうですが、意外と簡単なミラノ巻きの巻き方。ご存じなかった方はぜひこの機会に覚えてください。

■ミラノ巻きの巻き方
①まず一周巻きをします。マフラーの両端の片方を長めに調整します。
②短い方の端を首のまわりの輪の内側から引っぱって、小さめの輪を作ります。
③長めにとっておいたもう一方の端を、②で作った輪に通します。
④端の長さを調整してバランス良くなるように整えたら終わりです。

一度覚えると気軽にできるミラノ巻き。マフラーの巻き方のバリエーションに加えて、着こなしの幅を広げましょう。

マフラーの巻き方【7】トラッドな雰囲気に決まる「アスコットタイ風」

アスコットタイ風

マフラーをコートの中に入れてコートの前を閉じると、クラシカルなアスコットタイのように見える巻き方。首から胸元までマフラーが当たるので、温かいのも魅力。

【アスコットタイ風の巻き方】
①マフラーの幅を1/2~1/3に整える
②片方が少し長くなるように首にかける
③長い方が上になるように、一結びする
④垂れているマフラーが平らになるように整える

マフラーの巻き方【8】ガーリーでキュートな「リボン巻き」

 

大きなリボンのように巻く「リボン巻き」。シンプルコーデにプラスして、キュートなアクセントにするのがおすすめです。ボリューミーなリボンのおかげで顔が小さく見える効果もありますよ。

【リボン巻きの巻き方】
①左右の長さが1:2になるように首にかける
②長い方を三つ折りにして、フリンジが付いた先が内側になるように横に向ける
③短い方を②の下から上に通す
④リボンの形を整える

マフラーの巻き方【9】シンプルなのにこなれて見える「ポット巻き」

 

きれいめカジュアルによく合う「ポット巻き」。簡単に巻けるのに、ちょっと複雑に見えるのでこなれ感があります。

【ポット巻きの巻き方】
①マフラーを首周りに一周するように巻く。このとき、左右の長さは同じになるようにする
②輪になっている部分を手前に引き出して、もう一つそこで輪を作るようにねじる
③作った輪の中に左右のマフラーを差し込む

マフラーの巻き方【10】上品で洗練された印象の「ニューヨーク巻き」

 

上品な雰囲気が魅力の「ニューヨーク巻き」。シックで大人の男性にも人気の巻き方です。いつものカジュアルコーデを格上げしてくれますよ。

【ニューヨーク巻きの巻き方】
①片方が長くなるように首からかける
②長い方を首の前から後ろに回して輪を作る
③左右に垂れたマフラーを一結びし、隙間ができないように形を整える

マフラーの巻き方【11】ボリューム感がカジュアルかわいい「クロス巻き」

 

首元にほどよいボリューム感を出してくれる「クロス巻き」。くしゅくしゅとした見た目が大人かわいい印象です。

【クロス巻きの巻き方】
①マフラーを首の周りで一周させて輪を作る
②左右に垂れたマフラーを輪の中に上からそれぞれ差し込む
③形を整える

マフラーに似合う髪型アレンジ【1】高めのお団子でアクティブに

 

ダウンスタイルでマフラーを巻くと、髪が邪魔になったり、マフラーを外したときにボサボサになってしまったりしますよね。マフラーのせいでヘアスタイルを崩したくないなら、ヘアアレンジをするのがおすすめ。

例えば、高めの位置でお団子ヘアにすれば、マフラーを巻くときにも気にならず、外すときに崩れる心配もありません。冬でも明るい印象を与えてくれるヘアスタイルです。

マフラーに似合う髪型アレンジ【2】大人っぽいローポニー

 

男性受けもいいポニーテール。首元がすっきりするのでマフラーを巻くときにもぴったり。

高い位置で作るとフレッシュな印象になりますが、低めの位置で作ると落ち着いた大人の印象に。結び目に髪を巻き付けてゴムが見えないようにするのがポイント。後れ毛を少し残すと、今っぽくなりますよ。

マフラーに似合う髪型アレンジ【3】くるりんぱで簡単かわいく

 

簡単にできるのに凝って見えることで人気のくるりんぱ。崩れにくいので、マフラーを巻いたり外したりする日のアレンジにおすすめです。ポニーテールを作ってからくるりんぱする他、ハーフアップでくるりんぱをすると清楚な印象になってデートにもぴったりですよ。

マフラーに似合う髪型アレンジ【4】ギブソンタックで簡単華やかに

 

くるりんぱの応用で作れるギブソンタック。上品で結婚式や二次会にも対応できるヘアアレンジです。フェミニンなスタイルを楽しみたいときにおすすめ。

マフラーに似合う髪型アレンジ【5】ルーズなシニヨンでこなれた印象に

 

高めの位置で作る元気なお団子に対し、大人っぽく仕上がる低めの位置で作るシニヨン。あえてざくざくと手ぐしでラフにまとめることで、今っぽい抜け感が作れますよ。

いかがでしたか?今回はマフラーでコーデがお洒落にこなれる巻き方をご紹介しました。お馴染みの定番の巻き方から、少し凝ったおしゃれな巻き方まで。定番の巻き方もシーンやスタイルに合わせることで、効果的に印象を変えることができます。今回ご紹介した巻き方をはじめ色々な巻き方に挑戦して、どんなシーンにもハマるマフラーの巻き方のバリエーションを増やしてください。