LIFESTYLEAPR.26.2019

同棲は親に言うべき?挨拶の仕方や挨拶なしの場合の注意点とは

同棲を始めることはカップルの二人にとって大きな変化ですが、親に言うか迷うこともありますよね。そこで今回は、同棲を始める時の親への伝え方や流れ、親に挨拶しない場合の注意点をご紹介します。
同棲を始めることはカップルの二人にとって大きな変化ですが、親に言うか迷うこともありますよね。そこで今回は、同棲を始める時の親への伝え方や流れ、親に挨拶しない場合の注意点をご紹介します。

同棲することを親に言うメリット

親子
彼氏と同棲を始める際に、親に同棲することを伝えるべきか迷いますよね。現在社会人で一人暮らしをしている場合は、彼氏と同棲しても親にはバレにくいですし、「社会人として自立しているので同棲することを親に言う必要はない」と考える方も多いものです。

一方で、実家暮らしの方が同棲を始める場合は、環境が大きく変わりますので、実家を出る際に「一人暮らしを始める」と言うのか「彼氏と同棲する」と正直に話すのか迷う方も多いと思います。

同棲は、カップルの二人にとって大きな一歩です。同棲することを親に言うのは、あれこれ詮索され、心配されたり、文句を言われそうで面倒だと思うものです。

しかし、同棲することを親に言っておくメリットもあります。

親に同棲の挨拶をすることで、結婚話が進みやすくなります。親に言わないで同棲をしていることで、家族からの結婚のプレッシャーがなく、結婚話が進みにくくなるケースは珍しくありません。

また、きちんと挨拶をすることで、誠実な性格で真剣に付き合っていることを伝えることができるので、好印象を持たれやすいものです。

そして、万が一、同棲後に結婚することになり、親同士が顔合わせの挨拶をした際に、同棲していたことがバレると、お互いの親に「ずっと同棲しているのを隠されていた」と良くない印象を与える可能性はあります。後からバレてしまうよりは、最初に報告しておいた方が安心だという理由から親に挨拶するカップルもいます。

同棲することを親に言うデメリット

親に同棲を反対されている女性
同棲することを親に言うメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。


■反対や責められる可能性がある

例えば、同棲するということで、親に妊娠や婚期が遅れることを心配され、同棲することを反対される可能性はあります。実際、親に同棲の報告に行った場合に「妊娠したらどうするのか」「なぜ今結婚しないのか」と将来についてどのように考えているかを聞かれるカップルは少なくありません。将来についてまだ結婚を考えていない場合は、親から責められたり、非常識だと思われることもあります。

また、親の考える理想の彼氏や彼女の条件と合わない場合や、彼氏が無職の場合も、同棲することを反対される可能性はあります。


■結婚を焦らせられる

そして、多くの親は、長期間同棲を続けていると、娘の将来が心配になることも多いですね。いつまでも結婚しないでいると、親に結婚を焦らせられる可能性はあります。


■別れた後が気まずい

親の反対を押し切って同棲した場合、万が一別れると「だから反対したでしょ」と親から責められたり、冷たい目で見られることもあるのもデメリットですね。

好印象になる!同棲前の親への挨拶の注意点

手土産
同棲する前に親に挨拶に行く場合には、できるだけ良い印象を与えたいですよね。


■マナーは守る

親に同棲することを伝えるだけでなく、彼氏が親に挨拶に来てくれたり、自分が彼氏の親に挨拶に行くだけで、好印象を与えることはできます。

しかし、服装や時間厳守、手土産を持参するなど、マナーを守った振る舞いができないと「常識がない」と思われ、逆にマイナスになる可能性はあります。


■服装は

彼氏の実家に挨拶に行く場合には、清楚なきれいめコーデで向かいましょう。ワンピースやオフィスカジュアル、スーツなどがおすすめです。

派手なデザインの服や露出の多い服装、キャラクターデザインの服装は避けましょう。デニムやジャージ、Tシャツなどのカジュアルな服装も避けた方がいいですね。ストッキングや靴下は必ず着用します。

彼氏に実家に来てもらう場合には、清潔感のあるカジュアルすぎない服装で来てもらうようにしましょう。


■結婚を前提に

親に同棲を報告する場合には「結婚を前提に同棲を始める」と話すことで、反対されにくくなります。真剣に付き合っていることを伝えましょう。

もし、結婚を考えていない場合は、なぜ結婚しないのか聞かれた場合にどう答えるか、二人で話し合っておきましょう。「二年同棲してから結婚する」というように、同棲期間を決めておくのも一つの方法ですね。

同棲前の親への挨拶の流れ

親に同棲する前の挨拶をするカップル
同棲する際の挨拶は、まずは女性の方の実家に報告に行き、後から男性の実家に挨拶に行くのが一般的です。

お互いの実家といっても、急に挨拶に行くのはNGです。二週間前には挨拶の約束をしておきましょう。

訪問する際には、2,000円~3,000円程度の手土産を持参し、訪問のマナーを意識しましょう。日持ちのする焼き菓子がおすすめです。家族の好きな飲み物や食べ物、地元の名産品なども良いですね。部屋に通されたら、紙袋から手土産を出し「お口に合えばいいのですが」「お好きだと聞きましたので」と言いながら手土産を渡しましょう。



彼氏の親に対しては、時間を取ってくれたことに対する感謝の気持ちと、同棲する許可をいただけるようお願いしましょう。彼氏のご両親や家族に対しては、丁寧な言葉遣いで礼儀正しく振る舞いましょう。

「〇〇さんとお付き合いさせてもらっています〇〇です。真剣に将来のことを考えた結果、結婚前提として、一緒に暮らしたいと考えております。誠意を持って〇〇さんと一緒に生活していきたいと思っています。ご許可をいただけますでしょうか」などのようなセリフがおすすめです。

同棲については、「一緒に暮らす」「結婚を前提に一緒に生活をする」などのような言い方をするのがおすすめです。はっきりと丁寧な言葉遣いで思いを伝えましょう。

物件探しは挨拶が済んでから行った方がいいですね。


■反対されたら

もし、挨拶に行った際に、同棲することを親に反対された場合に、勝手に同棲を始めて押し切るのか、納得してくれるまで説得を続けて同棲しないかどうかも考えておいた方が良いですね。

親には内緒で同棲を始める場合の注意点

喧嘩している親子
いつのまにか半同棲状態になっていた場合や、親に挨拶なしで同棲を始める場合、いくつか注意したいことがあります。

万が一、同棲がバレた場合、挨拶がなく、非常識だと思われることがあります。また、同棲を隠していたことに対する不信感も生まれます。もし親に同棲がバレた場合、どのように真剣に付き合っているかを伝えるか、結婚についてどう考えているのかなどを彼氏と話し合っておきましょう。

同棲は、好きな人と毎日会えるので、幸せなことです。生活費も分担できますし、デート代も節約できるのでメリットも多いですよね。

しかし、籍を入れずに一緒に生活できる同棲は、結婚話がなかなか進まないことも多いので、同棲期間も二人で話し合っておき、親にバレた際にも説明できるようにしておきましょう。
同棲を始めることを親に言うメリットは、親に嘘をつかなくていいので信頼関係を保つことができますし、結婚話を進めやすいことです。同棲する際に親に挨拶に行くかどうかは、彼氏とよく話し合い、良い関係を築いていける方法を選びたいですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAPR.12.2019

佐野ひなこが着る♡
初夏を先取る「プロポ」の
フェミニンコーデ6style