SEP.19.2019

告白のリベンジが上手くいく方法は?失恋後のアプローチの仕方

告白のリベンジが上手くいく方法は?失恋後のアプローチの仕方 告白のリベンジが上手くいく方法は?失恋後のアプローチの仕方

好きな人に告白して振られてしまっても、簡単には諦められないものです。そこで今回は、失恋後のアプローチの仕方や、告白のリベンジを成功させる方法をご紹介します。

告白のリベンジを成功させる方法【1】振られた原因を改善してから再チャレンジしよう

告白のリベンジ

好きな人に勇気を出して告白しても、告白を受け入れてもらえず、失恋してしまうことはありますよね。

しかし、一度振られたくらいでは簡単には諦めきれないものです。「いつか告白に再チャレンジして、好きな人の彼女になりたい!」と考えるのは自然なことです。

しかし、一度振られてしまっているので、二人の関係に何も変化がないまま、告白のリベンジをしても、結局また辛い失恋を経験してしまうことになりかねません。

もし、失恋した相手のことを諦めきれず、再びアプローチをしていこうと考えている場合は、まずは振られた原因を自分なりに考え、原因を改善してアプローチをしてから再告白をした方が、告白の成功率は上がりますね。

告白のリベンジを成功させる方法【2】振られた理由別にアプローチをしよう

告白のリベンジ

告白をリベンジする前のアプローチは、振られた理由ごとに、告白後のアプローチ方法も異なります。苦い経験ではありますが、振られた時の相手の言葉を思い出して、告白後のアプローチの参考にしましょう。


■「まだお互いをよく知らない」と言われた場合

例えば、告白した際に「まだお互いの事をよく知らないから」というようなことを言われた場合は、お互いの距離を縮めたり、自分の良さを好きな人に知ってもらうことで、告白の成功率はアップします。

お互いの距離が縮まり、気が合うことがわかれば、好きな人も付き合うことを前向きに考えてくれる可能性は十分にありますよ。


■「友達でいたい」と言われた場合

好きな人に告白した際に「まだ友達のままでいたい」のようなセリフを言われた場合も、恋愛対象として見られるきっかけがあれば、付き合える可能性はあります。

好きな人から恋愛対象として見られていなかった場合は、突然の告白に驚いて、思わず断ってしまったというケースもあります。告白されたことがきっかけで、好きな人が女性として意識してくれるようになり、付き合うことができたという成功例も多いので、「友達でいたい」と言われたなら、友達として距離を縮めて、恋愛対象として見てもらえるようにしたいですね。

しかし、一方では、好きな人にとって魅力的な女性だと思われていなかった場合もあります。

再告白する前に、彼の好みをリサーチして、外見をイメチェンすることも重要です。


■「他に好きな人がいる」と言われた場合

「他に好きな人がいる」「彼女がいる」と言われてしまった場合は、無理にアプローチをするのはNGです。好きな人の近くで見守り、良き理解者として、心の距離を縮めて、再告白するチャンスをうかがいましょう。


■「今は恋愛する時間や余裕がない」と言われた場合

「今は恋愛する時間や余裕がない」と言われた場合も、仕事やプライベートなどの相手の状況を無視してアプローチすると、距離を置かれてしまいます。したがって、恋愛感情を見せるようなアプローチは避け、気の合う同僚や友達としてコミュニケーションを取っていきたいですね。

告白のリベンジを成功させる方法【3】アプローチする際の注意点

男女のグループ

告白して振られた後にアプローチする際には、いくつか注意したいこともあります。


■告白直後は普通に接する

例えば、告白して振られた後は、好きな人と顔を合わせるのは気まずいですが、相手を避けたり、不自然に明るく振る舞うのはやめましょう。告白してから相手の男性が意識し始めるケースもありますので、気まずいと思ってもコミュニケーションは取っていきたいですね。

周囲の人に気づかれてしまう可能性もありますが、相手の男性も振ったことに対して後ろめたく思っているかもしれません。

したがって、告白した後は、できるだけ告白前と同じような対応をできるように意識したいですね。普通に接している内に、告白前の関係に戻ることができます。


■焦らない

そして、告白をリベンジする際には、さらに相手と心の距離を縮められるようにコミュニケーションを取っていくことは大切です。

しかし、好きな人に振り向いてもらいたいからといって、連絡の頻度を上げたり、どんどんデートに誘うと、相手から避けられてしまう可能性はあります。

たとえ「お互いにまだよく知らないから」という理由で振られた場合でも、焦らずに相手の反応を見ながらコミュニケーションを取って、自分の良さを知ってもらいたいですね。

「好き」というアピールばかりせず、女友達として信頼されるように距離を近づけていきましょう。


■恋愛だけにならない

そして、告白のリベンジを考えている場合でも、好きな人の事や、恋愛ばかりに集中してしまうのは避けましょう。

したがって、気分転換をすることも大切です。趣味や仕事に打ち込んだり、友達と会ってリフレッシュをしてみましょう。

思い切って合コンや街コンに参加して、新しい出会いを探してみるのも一つの方法です。


■自分磨きはマスト

好きな人から「気が合う女性」だと思われても、女性として魅力的だと思ってもらえない内は告白の成功率は上がりにくいですね。

したがって、ヘアスタイルやメイク、ファッションなどを変えてイメチェンをしたり、ダイエットをしたりと、自分磨きにも力を入れたいですね。

また、仕事をさらに頑張ったり、趣味に打ち込んだりと、内面から輝けるように努力することも、好きな人から好感を持ってもらえるコツですね。

告白のリベンジを成功させる方法【4】再告白のタイミングの見分け方

告白のリベンジ

告白のリベンジをする場合は、ある程度冷却期間を作ることは大切です。振られた後に、相手の男性が女性として意識してくれるようになり、振ったことを後悔して、逆にアプローチされるというケースも珍しくありません。

相手から脈ありのサインが出された時が再度告白するタイミングですので、焦らずにタイミングを見極めたいですね。

例えば

・前よりも話しかけてくれたり連絡をくれるようになった
・デートに誘われるようになった
・好きな人や彼女がいた相手の男性が「フリーになった」と伝えてきた

などは、相手が女性として意識し始めている脈ありのサインかもしれません。

好きな男性には、すでに気持ちは伝えてありますし、再度告白するのは「また振られるのではないか」と不安にもなるものです。したがって、気持ちは変わっていないことを示しながら、相手に気持ちの準備ができて「付き合おう」と言ってくれるまで待つのも一つの方法ですね。

好きな人に告白して振られた後のアプローチは、相手の反応を見ながら心の距離を縮めていくのがポイントです。告白のリベンジを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。