JAN.15.2019

転職が成功する人の特徴って?満足できる転職のコツとは

転職が成功する人の特徴って?満足できる転職のコツとは 転職が成功する人の特徴って?満足できる転職のコツとは

今働いている仕事を辞めて転職するのは、勇気がいることですし、転職してから後悔するようなことは避けたいものです。今回は、転職が成功する人の特徴や共通点をご紹介します。

転職が成功する人の特徴【1】転職の目的が「前向き」

転職が成功した女性

■転職の成功は「満足できる転職」かどうか

転職したいと思う理由は、人によってさまざまですが、転職が成功するということは、自分が満足できるかどうかが重要ですよね。したがって、転職後に「あの時、転職してよかった」と思える、自分が納得できる職場に転職するということが、「転職が成功した」ということになります。


■満足できる転職をするためには

したがって、満足できる転職をする為には、自分の転職の希望をしっかりと把握していることが重要です。

転職が成功する人に共通している特徴は、転職の目的がはっきりしていて、その目的が達成できる職場に転職を果たしている点です。

転職の目的は、人によって異なります。転職先に求める条件も書き出してみましょう。

・希望の業界や会社で働きたい
・年収をアップさせたい
・福利厚生がしっかりしている職場で働きたい
・残業が少なくプライベートを充実させることができる職場が良い

などが一般的です。全ての条件を満たす職場に出会えるとは限りませんので、条件に優先順位をつけて求人を探してみましょう。

また、「残業は少ない方が良いけれど、月に30時間までならOK」というように、許容できる範囲を設定してみると良いですね。


■今の職場のメリットやデメリットも書き出してみよう

転職しようと思うきっかけは、今の職場に対する不満が原因の場合もあります。したがって、今の職場のデメリットや不満と、メリットを書き出してみましょう。

例えば、今の職場の人間関係で悩んでいる場合、転職したからといって良好な人間関係に恵まれる確証はありません。メリットを書き出すことで、今まで見えていなかった職場の良い面を再発見できる場合もあります。

今の職場で働いた場合の10年後の姿を想像してみるのも一つの方法ですね。

転職が成功する人の特徴【2】転職は時間がかかるものだとわかっている

転職が成功した女性

■転職は焦らない

転職に求める条件が多くなれば多くなるほど、希望に合う求人に巡り合えたり、内定をもらえるチャンスは少なくなります。転職が成功する人に共通しているのは「転職は長期戦」という認識で転職活動をしているということです。

したがって、今の職場で働きながら、転職活動をしている人の方が、金銭面で焦ることがないので、転職が成功する方が多いですね。働きながら転職活動をすることで、何となく妥協して転職をして、結局転職先に満足できずに、転職が失敗してしまうことを避けることができます。


■時間をかけすぎないことも大切

しかし、条件にこだわりすぎてしまったり、希望の企業のみに絞った転職は、なかなか求人が見つからず、時間だけが過ぎていってしまう場合もあります。また、ようやく見つけた求人で面接を受けることができても、内定がもらえない場合もあります。

転職は、必ずしも全てが希望通りになるわけではありません。したがって、条件にこだわりすぎずに、応募企業を複数に増やして、視野を広げてみることも、転職が成功するポイントですね。面接の練習にもなりますよ。

転職が成功する人の特徴【3】事前のリサーチや準備をしっかりしている

転職活動

転職が成功する人に共通しているのは、事前のリサーチや準備をしっかりしている点です。


■情報収集手段は複数持つ

例えば、求人情報を探す場合、1つの方法だけでは、見つけることができる転職先も限られてきます。ハローワークだけでなく、「マイナビ転職」や「リクナビNEXT」「転職エージェント」「Indeed(インディード)」のような複数のサイトを利用するのがおすすめです。


■自分と転職先との相性を見る

また、転職先に関して、自分に希望があるように、採用する企業側にも、求めている人材があります。企業が求めているものと、自分の求めている人材にあまりに違いがありすぎると、なかなか転職先が見つかりません。

したがって、転職先が求めている条件を、自分が満たしているかどうかを冷静に分析して、場合によっては、自分の転職先に求める仕事内容や年収、エリアなどの条件を変更する必要があります。

また、入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、実際に働いている人の口コミを参考にすることも重要ですね。


■面接がカギ

採用担当者は、採用後に活躍できる人物かどうかを面接で判断しますよね。したがって、履歴書や職務経歴書などの応募書類の内容だけでなく、面接時の話す内容や振る舞いは重要です。マナーや言葉遣い、表情、仕草など、仕事のスキル以外の部分も見られています。より自分を魅力的に見せるためにも、面接の練習をしておくことも転職が成功するカギになりますね。

年代別の転職のお悩みや成功するコツ【1】20代の場合

転職活動をしている女性

20代の転職は、社会人として年齢が若いこともあり、未経験の業界や職種に対しても、成長する可能性があると思われれば比較的採用されやすいのがメリットです。特に、新卒から3年以内の場合は「第二新卒」として転職活動を行った方の成功例が多いですね。

したがって、前職のスキルをアピールすることも大切ですが、

・コミュニケーション能力やモチベーションの高さ
・仕事や企業に対する熱意
・将来に関するビジョン

などを応募書類や面接で伝えるようにしたいですね。

また、過度に自分を良く見せるのではなく、今の自分に足りないことをしっかりと自覚していることも大切です。

そして、採用者側は「年齢が若いので、育成しようとしてもすぐに辞めてしまったら困る」と思っています。したがって、20代の転職の成功例の多くが、転職の目的は「スキルアップ」や「夢を実現させるため」などのような前向きな理由であることをしっかりと説明しています。採用者の不安を取り除くことが転職成功のカギですね。

年代別の転職のお悩みや成功するコツ【2】30代の場合

転職が成功した女性

30代の転職は「即戦力」として活躍できるかどうかを求められています。したがって、20代から積み重ねてきた実績をアピールして採用される方が多いですね。

職場のチームのリーダーとして活躍する年代ですので、個人のスキルだけでなく、グループをどうまとめて引っ張っていくことができるかどうかも重要なポイントです。

女性の場合、30代はプライベートでも様々な変化がある年代ですので、結婚の予定や、妊娠出産の予定があるかどうかも、採用に影響する可能性があります。

したがって、30代で転職を成功させた方の中には、職種にこだわらずに、結婚や出産後も働きやすい社風や環境、福利厚生があるかどうかという「将来性」を見て転職先を決めている方もいますね。

年代別の転職のお悩みや成功するコツ【3】40代以降の場合

転職が成功した女性

40代以降の転職は、20代や30代に比べると、年収が大きく上がることは少なくなってきます。

40代での転職の成功例は、実績や経験にとらわれすぎないことです。今までの経験をフルに生かしたいと思っても、年収が今よりも低くなってしまったり、求人が少ないこともあります。しかし、一方では、違う業界や職種、雇用形態などで、今までのチームマネジメント力や営業力を生かして活躍してほしいと採用される場合もあります。

そして、「20代や30代以上に、今以上の努力をして、新しい事にも挑戦する」という姿勢を見せている方の成功例が多いのが40代の転職ですね。

転職を成功させるためには、自分の希望をしっかりと持っていることと、転職前の下調べを行い、根気よく続けることが重要です。転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。