SEP.16.2019

シルバーの黒ずみの掃除方法は?失敗しないクリーニング方法をご紹介

シルバーの黒ずみの掃除方法は?失敗しないクリーニング方法をご紹介 シルバーの黒ずみの掃除方法は?失敗しないクリーニング方法をご紹介

リーズナブルでさまざまなデザインがあるシルバーアクセサリーですが、使用している内に黒ずんでしまうことがありますよね。そこで今回は、シルバーアクセサリーの黒ずみの原因や、失敗しにくいクリーニング方法をご紹介します。

シルバーアクセサリーの黒ずみの原因

シルバーアクセサリーの黒ずみ

比較的リーズナブルでデザインも豊富なシルバーアクセサリーは、使っている内に黒ずんでしまうことがありますよね。


■シルバーアクセサリーの黒ずみの原因

シルバーアクセサリーの特有の黒ずみの原因は「硫化」です。皮脂や汗、空気中にある硫黄や硫化水素が黒い膜となってリングやネックレス、ブレスレッドなどの輝きを失わせてしまいます。硫黄が豊富に含まれる温泉に入るとシルバーアクセサリーが黒ずんでしまうのも硫化が原因です。

したがって、シルバーアクセサリーは、使用したらその日のうちに乾拭きで掃除をすることで、黒ずんでしまうのを予防できます。また、使用した後は、アクセサリーケースに個別に入れたり、ビニール袋に入れて小分けにして保管するなどして、黒ずんでしまうのを防ぎたいですね。


■シルバーアクセサリーを掃除する際の注意点

購入した時にはキラキラと輝いていたシルバーアクセサリーは、クリーニングをすれば、元の美しい状態に戻すことができますよ。

ただし、元々黒ずんでいるいぶし加工が施されているアクセサリーは、黒ずみを落とそうとするのはやめましょう。

また、シルバーアクセサリーの頑固な黒ずみ汚れは、歯磨き粉をつけて磨くという方法もありますが、歯磨き粉には研磨作用があるため、アクセサリーに傷をつけてしまう危険があります。アクセサリーに傷をつけたくない場合は歯磨き粉を使用するのは避けた方がいいですね。

そして、使用している素材によっては水に触れさせない方がいいものもありますので注意したいですね。真珠や琥珀、べっ甲、孔雀石、珊瑚の他、ターコイズやラピスラズリ、エメラルドやオパールなどは、一般的には水洗いはできない素材です。

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除方法【1】シルバー磨きのクロスを使用する

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除

シルバーアクセサリーの黒ずみ汚れの掃除方法で一般的なのが、シルバーアクセサリー専用のクロスで乾拭きをして磨く方法です。種類も多く、100均で購入できるものもあります。

シルバークロスには研磨剤が配合されていますので、シルバーアクセサリーの黒ずんでいる部分を磨くことで、黒ずみを落とすこともできますし、輝きをアップさせることもできます。

ただし、シルバー以外の部分やメッキ部分に使用すると、傷ついてしまったり、宝石がくすんでしまいますので、シルバーの部分だけを磨くようにしましょう。

また、磨きすぎてしまうと、細かい装飾部分が削れてしまいますので注意したいですね。

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除方法【2】専用のクリーナーを使う

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除

シルバーアクセサリーの黒ずみ汚れの掃除に効果的なのが、専用のクリーナーを使ったクリーニングです。黒ずみ汚れを素早く落とせる成分が配合されているのが魅力です。

液体タイプの場合は、シルバーアクセサリーをシルバー洗浄液の中に5秒程度入れます。あとは洗浄液から取り出して行い、乾いた布で水気を拭き取って乾燥させます。

ローションやスプレー、クリームタイプのクリーナーをつけて、クロスや柔らかい布で擦って黒ずみを落とす方法もありますよ。

細かい装飾部分の汚れが落ちない場合は、柔らかい毛のブラシを使用して、傷つけないようにしましょう。

ただし、使用した後は水洗いをしっかり行い、乾燥させるようにしましょう。

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除方法【3】中性洗剤を使う

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除

専用のクロスやクリーナーがない場合に便利なのが、おうちにある中性洗剤を使った掃除方法です。

シルバーアクセサリーの皮脂汚れや軽い黒ずみ汚れでしたらきれいにすることができます。

やり方は簡単で、シルバーアクセサリーを中性洗剤をつけてスポンジやブラシで擦るだけです。専用のクロスやクリーナーを使用した後の仕上げのお掃除方法としてもおすすめです。

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除方法【4】塩×アルミホイルを使う

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除

シルバーアクセサリーの頑固な黒ずみ汚れには、塩とアルミホイルを使ったお掃除方法も有効です。

①アルミホイルを耐熱容器に敷き、大さじ1杯の塩を入れます。
②さらに①にシルバーアクセサリーが浸かる程度の熱湯を入れます。
③お湯が跳ねて火傷をしないように注意しながら、シルバーアクセサリーを入れ、5分程度放置したら水洗いを行います。
④乾いた布で水気を拭き取り、乾燥させましょう。

などの手順で行うのがおすすめです。

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除方法【5】炭酸水や重曹を使う

炭酸水や重曹

■重曹を使ったシルバーアクセサリーの掃除方法

シルバーアクセサリーの頑固な黒ずみ汚れには、重曹とアルミホイルを使うお掃除もおすすめです。

①アルミホイルを耐熱容器に敷き、大さじ1杯の重曹を入れます。
②さらに①にシルバーアクセサリーが浸かる程度(200mL)の熱湯を入れます。
③お湯が跳ねて火傷をしないように注意しながら、シルバーアクセサリーを入れ、5分程度放置したら水洗いを行います。
④乾いた布で水気を拭き取り、乾燥させましょう。

などのような手順で行います。

黒ずみ汚れが落ちない場合は、重曹に少量の水を加えたペーストをつけて5分放置した後にすすぎを行って乾燥させましょう。ただし、重曹には研磨作用がありますので、汚れが落ちないからといって何度もブラシで擦ると、アクセサリーに傷がついてお掃除が失敗してしまいますのでやめましょう。


■炭酸水を使ったシルバーアクセサリーの掃除方法

炭酸水を使用する場合は、シルバーアクセサリーを炭酸水に一晩つけ置きしておき、次の日に水洗いを行い、乾いた布で水気を拭き取り、乾燥させましょう。

シルバーアクセサリーの黒ずみの掃除方法【6】酢やクエン酸を使う

お酢での掃除

シルバーアクセサリーの黒ずみ汚れの掃除には、お酢やクエン酸などの酸性の液体を使用する方法もあります。実際、シルバーアクセサリー専用のクリーナーは、酸性のものもあります。

ただし、使用するお酢は、調味料や糖などの入っていない穀物酢や米酢を使いましょう。


①耐熱容器にシルバーアクセサリーを入れます。
②お酢かクエン酸を小さじ1杯入れましょう。
③さらに②にシルバーアクセサリーが浸かる程度(200mL)の熱湯を入れます。
④そのまま1時間程度放置してつけ置きしましょう。
⑤シルバーアクセサリーを柔らかいブラシで軽く磨いたら、取り出して、水洗いを行います。
⑥乾いた布で水気を拭き取り、乾燥させましょう。

などのような手順で行いましょう。

クリーナーやお酢、クエン酸などの酸性の液体は、シルバーアクセサリーの表面が荒れてしまいますので、仕上げにシルバークロスで磨くと輝きを取り戻すことができますよ。

シルバーアクセサリーの黒ずみは、硫化が原因となっていることが多いですね。専用のクロスやクリーナーがない場合は、家庭にある中性洗剤や重曹などで掃除することもできますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。