LIFESTYLEMAY.19.2019

婚期を逃す女性の特徴5選!婚期が遠のく原因や対処法もご紹介

大人女子の日常生活は仕事や恋愛、女子会や家事など、毎日が忙しいですよね。結婚相手や時期について悩んでいる方も多いと思います。そこで今回は、婚期を逃す女性の特徴や婚期が遠のく原因、対処法などをご紹介します。
大人女子の日常生活は仕事や恋愛、女子会や家事など、毎日が忙しいですよね。結婚相手や時期について悩んでいる方も多いと思います。そこで今回は、婚期を逃す女性の特徴や婚期が遠のく原因、対処法などをご紹介します。

婚期を逃す女性の特徴【1】理想が高く妥協しない

理想が高い女性
結婚相手に求める条件は、誰にでもあるものです。しかし、結婚相手に求める条件が多かったり、あまりにも高スペックな結婚相手を求めているような理想が高い女性は、婚期を逃しやすい特徴の一つです。

せっかく気の合う男性と出会っても、「もっと自分に合う結婚相手がいるのではないか」と高望みしてしまい、婚期を逃すこともあります。

自分の結婚相手に求める条件と少しでも合わないと相手を遠ざけてしまう女性も、結婚相手が見つかりにくいですね。条件にこだわりすぎてしまい、妥協できないと、いつまでも条件にぴったり合う男性に出会えません。

また、憧れている有名人に似た男性を探し求めて結婚のチャンスを逃してしまうケースもあります。


■対処法

学歴や年収、職業、外見や家柄、性格や価値観、生活スタイルなど、結婚相手に望む条件はさまざまです。結婚相手を見つけたいと思っている方は、まずは結婚相手に求める条件をリストアップして、条件が多すぎないかチェックしてみましょう。条件が数個以上ある場合は、条件に優先順位をつけ「これだけは譲れない」というボーダーラインを設定することも必要かもしれませんね。

せっかく気の合う男性に出会えたのに、結婚に対して慎重になってしまうことも、チャンスを逃してしまいます。相手も人間なので、長所もあれば短所もあります。後になって「やっぱりあの時付き合っていた彼氏と結婚しておけばよかったな」と後悔してしまうことがないようにしたいですね。

また、イケメン、高年収や高学歴、有名企業に勤めている男性は、自分に自信がある人が多いので、結婚相手に求める条件も高くなることがあります。

自分が求めている結婚相手がいるとして、相手が求めるような女性に、自分が当てはまるかどうかをチェックしてみることも大切です。もし、相手にばかり高い条件を求めている場合は、自分が高望みしすぎている可能性があります。男性から見た自分を客観的に分析して、理想の男性に合っているか見直してみることも、理想が高くなりすぎないための対処法ですね。

婚期を逃す女性の特徴【2】仕事が楽しい

仕事が充実している女性
仕事にやりがいを感じて夢中になれることは、人生が楽しくなる生き方ですよね。

しかし、仕事で活躍して経験を積んだり、転職をしてキャリアアップをしたり、海外勤務にチャレンジしたりするような仕事が充実している女性は、婚期を逃しやすい傾向があります。

仕事が充実していると、経済的にも精神的にも自立して満たされてしまい、結婚に対する熱意が薄れることもあります。また、仕事ができる女性に対してコンプレックスを感じる男性も少なくないので、ハイスペックな彼女になかなかプロポーズできずに彼氏が悩んでしまい、結果的に婚期を逃すこともあります。コンサルティングや医師や弁護士などの高スペックな職業は、男性が引け目を感じてしまうこともあり、婚期を逃す職業と言われていますね。

また転勤が多い仕事は、婚期を逃しやすい職業ですね。
転勤は出会いと別れを繰り返すので、人と深く関わろうとすることに対して憶病になってしまい、恋愛に対しても腰が重くなってしまうケースもあります。


■対処法

ハイスペックな女性は、プライドが高い男性にとっては高嶺の花です。完璧な女性は、男性からは敬遠されやすいですね。したがって、時には男性に頼ったり、隙を見せることも大切です。

また、仕事が充実しているからといって、仕事ばかり優先してしまうのもやめましょう。特に、彼氏と一緒にいる時も仕事をしたり、休日も仕事に関する作業をしたりすると、彼氏に「自分は必要とされてない」と誤解される可能性があります。

仕事も結婚もどちらも大切ですが、もし結婚したいと思っているなら、時には仕事をセーブして、彼氏との時間を作ったり、婚活を始めてみることが必要です。

婚期を逃す女性の特徴【3】いつもドキドキしていたい恋愛体質

恋愛体質の女性
いつもドキドキしていたい恋愛体質の女性も、婚期を逃す傾向がある性格です。

付き合いたての頃はどのカップルもときめきを感じるものですが、付き合いが長くなると、相手への気持ちも落ち着いてくるのが自然です。

しかし、恋愛体質の女性は、穏やかな恋愛に物足りなさを感じてしまうと、一人の男性と長く関係を築けなくなってしまいます。


■対処法

結婚は、長く一緒に過ごすパートナーを決めるものです。結婚相手には、信頼できて安らげるような相手を求めている男性が多いので、「いつもドキドキしていたい」と彼氏に言ってしまうと、相手からは結婚相手と見られなくなってしまいます。

いつまでも相手に恋しているような夫婦は、仲良く過ごせるコツではありますし、夫に女性として見られるよう、自分を磨く努力をし続けることは大切です。

しかし、「ずっとときめきたい」という希望は、自分の心の中にしまっておき、相手に求めるのは避けた方が良いですね。

もし、穏やかな生活や、安定した家庭を築くことに魅力を感じない場合は、自分が本当に結婚したいのかどうか、一度考え直してみる必要があるかもしれません。

婚期を逃す女性の特徴【4】結婚にとらわれすぎている

結婚に焦っている女性
アラサー世代になると、急に周囲の友達が結婚し始め、焦ることがありますよね。しかし、婚期を気にしすぎてしまい、出会う男性に「結婚したい」「〇歳までに結婚して子供を産みたい」と言ってしまっては、相手はプレッシャーに感じてしまい、恋愛関係にも発展しにくくなってしまいます。


■対処法

結婚が遅いことは悪い事ではありません。早く結婚したからといって、必ずしも幸せになれるわけではないことは誰でもわかっていることです。周囲の人が結婚したり、周りの人に結婚を焦らされても、タイミングは人それぞれだと思うようにしたいですね。

婚期を意識して「結婚」と言いすぎてしまうと、男性からは「結婚できれば誰でもいいのかな?」と思われてしまう可能性があります。男性は、しつこく結婚を迫られると、逃げたくなってしまう傾向もあるので、結婚だけでなく恋愛するチャンスも逃す可能性はあります。男性には「結婚したい」というよりは「一緒にいたい」という気持ちを伝えた方が良いですね。

婚期を逃す女性の特徴【5】恋愛よりも楽しいことがある

女子旅
自分磨きや趣味、女子会など、恋愛以外に夢中になっている女性も、婚期を逃す傾向がある特徴の一つです。

彼氏よりも他の事を優先してしまうと、男性からは「自分がいなくても楽しく生きていけそう」「自分は必要とされていないのかも」と思われてしまいます。


■対処法

恋愛以外に夢中になっている女性は、同じように自分磨きや趣味、サークル活動に夢中になっている男性とは相性が良いですね。お互いに刺激し合える関係です。

しかし、カップルで過ごす時間を第一優先にしたいような男性が彼氏の場合は、彼氏との結婚を取るか、恋愛以外に夢中になっていることを取るのか、自分の中で優先順位をつける必要があります。

もし、彼氏に「もっと自分と過ごす時間を増やしてほしい」と言われているのに、他の事を優先してしまうと、彼氏からは見限られる可能性はあります。
結婚相手は、人生を共に過ごすパートナーなので、慎重になって理想が高くなりすぎてしまうと、婚期を逃す可能性もあります。結婚相手を選ぶ際は、相手の条件だけではなく、自分と合う男性なのかも重要視したいですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック