BEAUTYOCT.31.2018

前髪編み込みのやり方9選。簡単アレンジでおしゃれ度をUPしよう!

ヘアスタイルを一瞬で華やかに見せてくれる前髪編み込みは、幅広いシーンで活躍してくれる万能なアレンジの一つです。今回は、おすすめの前髪編み込みアレンジをやり方と一緒にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
ヘアスタイルを一瞬で華やかに見せてくれる前髪編み込みは、幅広いシーンで活躍してくれる万能なアレンジの一つです。今回は、おすすめの前髪編み込みアレンジをやり方と一緒にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

前髪編み込みをマスターしておしゃれ度アップ!

編み込みのアップスタイル
伸ばしかけの前髪を何とかしたいときや、いつものヘアアレンジに物足りなさを感じたときに活躍してくれる、前髪×編み込みスタイル。

大きくヘアスタイルやヘアカラーを変えなくても、イメチェンすることができます。
また、編み込みによって顔周りをすっきりさせながらも、華やかさをプラスしてくれるので、爽やかさや上品な印象を与えることができるのも魅力です。

リラックスしたいときはもちろん、結婚式やデートなどできちっと決めたいときにも取り入れることができるので、シーンに合わせた前髪編み込みの簡単アレンジをマスターしてみませんか?ぜひトライしてみてくださいね。

前髪編み込みの簡単アレンジ【1】定番で可愛い表編み込み

表編み込みをしたショートヘア
前髪編み込みで定番なのが表編み込みです。難しいように思えますが、コツを掴めばすらすらできるようになりますよ。

■表編み込みのやり方
①前髪を斜めに分けて3等分にしたら、一度普通の三つ編みをします。
②2回目からは下の髪を一緒にすくいながら編み込んでいくので、まずは眉毛側の毛束と下から少量の毛束を合わせたら、真ん中の毛束とクロスさせます。
このとき眉毛側の毛束が上を通るようにしましょう。
③今度はトップ側の毛束と下の髪を合わせて、真ん中の毛束とクロスさせます。
④すくえる髪がなくなったらピンで留めるか、三つ編みに切り替えれば完成です。

凝ったアレンジに見せることができますし、顔周りがパッと華やかになるので、お呼ばれスタイルもこれでバッチリですよ!

前髪編み込みの簡単アレンジ【2】ざっくり三つ編みで抜け感をプラス

前髪三つ編みのアップスタイル
表編み込みが難しいときは、三つ編みからトライすることもおすすめです。

■三つ編みのやり方
①前髪とサイドの毛束をとったら、3等分にします。
②眉毛側と真ん中の毛束をクロスさせたら、今度はトップ側の毛束と真ん中の毛束をクロスします。
③同じように毛先まで繰り返せば完成です。

髪の毛全体を8:2くらいに分け、8の方で三つ編みを作っていくといいですよ。
きっちりめに作れば上品に、ざっくり作ればラフに仕上がるので、シーンやコーデに合わせて変えてみてください。

前髪編み込みの簡単アレンジ【3】不器用さんもOKなロープ編み

ロープ編み込みをした前髪
「前髪だと編み込みが上手くできない」という方は、もっと簡単なロープ編みでもOK!

■ロープ編みのやり方
①前髪を2つの毛束に分けます。
②そのままそれぞれの毛束をねじったら、クロスします。
③あとは自分の好きなところまで繰り返せば完成です。

できたロープ編み部分を少しほぐしてあげると、こなれ感を出すことができますよ。三つ編みや表編み込みよりも簡単で、カジュアルな雰囲気になります。

前髪編み込みの簡単アレンジ【4】立体感のあるヘアスタイルになる裏編み込み

裏編み込みをした前髪
立体感のある前髪編み込みにしたいときは、裏編み込みがおすすめです。

■裏編み込みのやり方
①前髪を斜めに分けとって3等分にします。
②1回目は普通の三つ編みをするのですが、2回目からは下の髪を一緒にすくいながら編み込んでいきます。
③眉毛側の毛束と下からすくった少量の毛束を合わせたら、真ん中の毛束とクロスさせるのですが、このとき眉毛側の毛束は下を通します。
④普通の編み込みであればもう片方のサイドも下からすくうのですが、斜め前髪の場合は眉毛側の毛束だけを下からすくいとり、他の毛束は三つ編みのようにクロスさせていきましょう。

裏編み込みにすることで編み目が浮き出ているように見えるので、立体感のあるヘアスタイルにすることができます。

前髪編み込みの簡単アレンジ【5】あえて残してシースルーバングにする

シースルーバング×アップスタイル
前髪をすべて編み込むのではなく、半分残して上部分だけの前髪を編み込んでいくアレンジもおすすめです。

上の前髪はサイドに向けて三つ編みやロープ編みをしてピンで留めたら、残した前髪はヘアアイロンで軽く内巻きにします。すると抜け感のあるシースルーバングになるので、今っぽいヘアスタイルが楽しめますよ。

前髪が多い方や、おでこを出すことに抵抗がある方にぴったりです。

前髪編み込みの簡単アレンジ【6】ふんわり感UPのほぐし編み込み

ロングヘア×前髪編み込み
三つ編みや表編み込みなど、作りやすい編み込みを前髪からサイドに向けて作ったら、編み込み部分を思い切ってルーズにほぐしてみて。

引き出すときに気持ち多めにすることで、ふんわりとした前髪編み込みにすることができます。

フェミニンさとリラックス感漂うヘアスタイルを楽しみたい女性におすすめです。

前髪編み込みの簡単アレンジ【7】編み込みからのポニーテール

編み込み×ポニーテール
編み込みの応用編でおしゃれヘアを楽しむなら、前髪からトップを通ってバックへ編み込みをしてみましょう。

ほぐすのではなく、きっちりめの三つ編みをしていくことがポイントです。後ろまでできたら、そのままポニーテールと合わせてこなれ感を演出。

活発的な編み込みポニーになるので、アクティブな休日を楽しむときにおすすめですよ。

前髪編み込みの簡単アレンジ【8】バックへ流したハーフアップスタイル

ロングヘア×ハーフアップ
清楚に決めたいときは、前髪をサイドからバックへ流してハーフアップスタイルにすることがおすすめです。

センターで分けた前髪を、片方ずつ後ろに向かって三つ編みやロープ編みをしていくだけ!編み込んだ部分をバックで一つに結べば、花冠をつけているようなフェミニン感を演出することができますよ。

前髪に長さがあれば、ボブやミディアムヘアでもできるアレンジです。

前髪編み込みの簡単アレンジ【9】編み込みからのくるりんぱアレンジ

ロングヘア×前髪編み込み
長い前髪やロングヘアを活かすなら、編み込みだけでなく他の簡単アレンジと組み合わせることがおすすめです。

前髪をサイドに流し、トップから三つ編みや表編み込みを耳あたりまで繰り返したら、今度はくるりんぱを毛先まで繰り返してみましょう。くるりんぱはゴムで結んだすぐ上の部分を二つに割け、毛束を通すだけなのでとっても簡単ですよね。

前髪からサイドにかけての編み込み×くるりんぱが可愛らしく、こなれ感も演出してくれるので女子会などで差をつけたいときにおすすめです。
簡単な前髪編み込みのやり方をご紹介しましたが、いかがでしたか?シーンに合わせて編み込みのやり方を変えるだけで、セルフでもおしゃれなヘアスタイルにすることができます。おしゃれの幅も広がるので、まずは気になった前髪編み込みからトライしてみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。