FASHIONNOV.07.2018

クルージングの服装を徹底解説!季節別おすすめコーデをご紹介

クルージングの服装に、お悩みではありませんか?ドレスコードはカジュアル、インフォーマル、フォーマルなど様々ですが、それぞれどのような着こなしが適しているのでしょうか。そこで今回は、クルージングにおすすめのコーディネートを季節別にご紹介します!
クルージングの服装に、お悩みではありませんか?ドレスコードはカジュアル、インフォーマル、フォーマルなど様々ですが、それぞれどのような着こなしが適しているのでしょうか。そこで今回は、クルージングにおすすめのコーディネートを季節別にご紹介します!

クルージングの服装を徹底解説!失敗しない着こなし術を学ぼう

 
クルージングの服装に、お悩みの方も多いはず。フォーマルな服装をイメージしている方がほとんどではないかと思いますが、実際にはそれほど堅苦しく考えなくても問題ありません。

クルーズ船のクラスにもよりますが、一般的に日中なら「スマートカジュアル」でOK!かしこまり過ぎず、ちょっと良いお食事に出かけるような、きれいめなファッションで良いのです。

そこで今回は、クルージングにおすすめの服装を9パターンご紹介します!今回は、気取り過ぎず、とは言え普段着よりもきちんと感のある「スマートカジュアル」なコーデをメインに解説し、最後にはフォーマルなスタイルまでご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

クルージングの服装【1】まだ寒さが残る春はニットやタイツで防寒対策を

ニットやタイツを使ったクルージングの服装
まだまだ寒さが気になる春には、薄手のニットやタイツで防寒対策を。例えば薄手のニットに、タイトスカートを合わせ、ニットをきれいめに着こなしてみてはいかがでしょうか。カバンは小さめのショルダーバッグ、足元は薄手のタイツにヒールのあるパンプスで、きちんと感をプラスしましょう。

また、デッキに出ると風が冷たく感じるので、アウターも1着持っておくと安心です。もしくは、「大判ストール」は首や肩に巻くだけではなく、ひざ掛けの役割も果たすので、防寒対策に便利でおすすめです。

クルージングの服装【2】華やかなトップスを主役に春の着こなしに

ピンクトップスを使ったクルージングの服装
コートを脱いで身軽になる春には、華やかなムードを取り入れたファッションを楽しんでみて。春のクルージングにおすすめのコーデは、華やかなきれい色アイテムを取り入れたスタイルです。例えば、存在感のあるビビッドピンクのトップスを主役としたコーディネート。普段よりもおしゃれをしたいけど決めすぎたくはない、そんな方にぴったりだと言えます。

ボトムスは、きちんと感があり、かつ派手色トップスとの相性も良いベージュパンツがおすすめ。裾にかけてシェイプされた形のテーパードパンツなら、カジュアルなカットソーと合わせてもラフに見えず、きれいめな雰囲気を作り上げるのでクルージングにもおすすめです。

クルージングの服装【3】夏はワンピースを1枚でさらりと着こなして

カシュクールワンピースを使ったクルージングの服装
夏には、ワンピースを1枚でさらりと着こなしてみてはいかがでしょうか。ドレスコードが指定されていない気軽なクルージングランチなら、ドレスだと浮いてしまうかも。そこで活躍するのが、きれいめな印象のワンピースです。例えばしなやかな落ち感があるようなワンピースなら、カジュアルにもフォーマルにも使えますので、ドレスコードの指定がないクルージングにもぴったりだと言えます。

カバンは、華奢なゴールドチェーンの、小さめショルダーバッグ。荷物はコンパクトにまとめた方が、スマートでおしゃれです。足元はパンプスで、きれいめな印象をさらに引き立てましょう。

クルージングの服装【4】夏にはレーストップスとチノパンでスマートカジュアルに

レーストップスを使ったクルージングの服装
夏のクルージングでは、レーストップス×チノパンでスマートカジュアルにまとめるコーデもおすすめ!チノパンはカジュアルな雰囲気が強いものの、アイテムの組み合わせによってはきれいめに見せることができるアイテム。そこでチノパンに合わせるのにおすすめのトップスが、「レーストップス」です。

透け感のある総レーストップスは、ラグジュアリーな雰囲気で、女性らしい魅力を引き立てる優秀アイテム。チノパンと合わせると、程よく抜け感が加わってエフォートレスなスタイルに仕上がります。夏なら、カバンはトレンドのかごバッグをチョイスしても良いでしょう。

クルージングの服装【5】秋はカーディガンを羽織って夜の寒さに備えて

カーディガンを羽織ったクルージングの服装
朝晩で気温差が大きい秋には、カーディガンを羽織って寒さに備えましょう。昼間は日差しが強く暖かく感じるので、さっと脱ぎ着できるものが便利です。そこでおすすめのコーデが、イマドキのゆったりシルエットのカーディガンを羽織ったスタイル。ボトムスは品のあるプリーツスカートで、女子らしさときちんと感を演出しましょう。

黒のカーディガンにグレーのスカート、そして足元は黒のブーツ。ダークカラーでまとめることにより、クラシカルで大人っぽい雰囲気のコーデに仕上がります。シンプルなコーデを格上げするために、「アクセサリー」を取り入れるのもおしゃれに見せる秘訣です。

クルージングの服装【6】秋はダークカラーで落ち着いた色合いに

クルージングの服装
秋は、落ち着いた色味のファッションが定番となります。そこでクルージングにもおすすめなのが、ダークカラーでまとめたコーディネート。例えば、とろみのある素材のネイビーのトップスに、センタープレスのグレーテーパードパンツを合わせると、ハンサムですがきれいめな印象のコーデに仕上がります。

スカートスタイルが苦手な方は、きれいめなパンツをチョイスしたらOK。スマートカジュアルというとスカートを履かれる女性が多いのですが、もちろんパンツスタイルでも問題ありません。ただし、デニムパンツのようなカジュアルなものはランチクルーズでも避けた方が無難です。

クルージングの服装【7】冬の彼とのデートなら大人ガーリーにまとめて

大人ガーリーにまとめたクルージングの服装
クリスマスの時期になると、彼とクルージングデートに出掛ける方もいらっしゃるでしょう。そんなあなたにおすすめなのが、「大人ガーリー」にまとめたコーディネート。ふんわりとした質感で女性らしく、かつ絶妙な透け感で色っぽさも兼ね備えた「チュールスカート」を主役にコーデを組んでみてはいかがでしょうか。

落ち着きのある色味のグレーのチュールスカートなら、可愛らし過ぎないのでオトナ女子にもぴったり。トップスはデコルテを綺麗に見せるVネックニットで、フェミニンな雰囲気を後押しすると良いでしょう。ブーツやミニショルダーバッグは黒でまとめて、きちんと感をプラスして。

クルージングの服装【8】冬はきれいめコートでハンサムな着こなしに

チェスターコートを使ったクルージングの服装
冬のクルージングでの、おすすめのパンツスタイルをご紹介!白トップスにベージュのアンクル丈パンツを合わせ、ブラックのチェスターコートを羽織ったきれいめカジュアルなコーディネートです。シンプルな着こなしですが、それがおしゃれに見える秘訣。無駄のない洗練されたスタイルが、真のおしゃれなファッションだと言っても過言ではありません。

クルージングでのボトムスは、スラッとした美しいシルエットを作り出すパンツがおすすめ。スタイリッシュなタイプだと、きちんと感を演出することが可能です。また、足元はアンクルストラップのパンプスで足首にアクセントを。カバンは、大きめでもハンドルがゴールドのハンドバッグなら、きれいめなスタイルとの相性抜群です。

【番外編】ドレスコードがフォーマルなら!ドレスを着用しよう

ビスチェドレスを使ったクルージングの服装
クルージングでは、基本的に夕方以降の時間帯では「ドレスコード」と呼ばれる服装の指定があります。日によって「カジュアル」「インフォーマル」「フォーマル」に分けられており、さらに船の格式によってもそれぞれ向いている服装があるのですが、ここでは料金も格調も高い「ラグジュアリー船」のフォーマルな格好についてご紹介します。

おすすめなのはイブニングドレスやカクテルドレス、ドレッシーなスーツなど。男性もタキシードを着用される方が多いくらい、ラグジュアリー船のクルージングはフォーマルな服装が求められるのです。ドレッシーなドレスに身を包み、ゴージャルなクルージングをお楽しみください!
いかがでしたか?今回は、クルージングにおすすめの服装を9パターン厳選してご紹介しました。クルージングでは、普段着ほどラフではないけど、決めすぎないスマートカジュアルな服装なら失敗する心配はありません。ただしドレスコードが指定されている場合には、そちらに従ってふさわしい服装を選んでください!あなたの服装選びの参考になれば幸いです。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。