FASHION
2022.01.10

整体やマッサージに行くときの服装は?避けるべき服装やコーデのポイントを解説

整体やマッサージに行くときの服装は?避けるべき服装やコーデのポイントを解説 整体やマッサージに行くときの服装は?避けるべき服装やコーデのポイントを解説

初めての整体やマッサージは、どのような服装で行ったらいいのか悩む人も多いでしょう。普段着でも良いのか、それともジャージのような動きやすい服装でなければならないのか気になるところです。

そこで今回は、整体やマッサージに行くときのおすすめのコーディネートをご紹介します。また、整体にはふさわしくない服装や着替えの問題、施術中に邪魔になりにくいおすすめのヘアスタイルまで一挙ご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

整体やマッサージに行くときの服装は?

整体やマッサージでは、施術をする前に用意された施術着に着替えることも多いですが、着用したままの洋服で施術をうけるケースもあります。

服装に悩んだときには、お店についてから着替えるのかどうかを確認しておくと安心です。施術着に着替えることがわかっている場合は、着替えやすい服装で行けばOK。着替えがない場合は、施術を受けやすい服装で行くようにしてください。

特に整体では、手や足を動かしてほぐしていきます。そのため、動きやすい服装を選ぶのがおすすめ。ジャージやスウェット、ワイドパンツやTシャツなど、体の動きを制限しない服装で行くようにしましょう。

整体やマッサージに行くときに避けるべき服装とは?

整体やマッサージへ行く際には、極端に短いパンツは避けておくのがおすすめです。体を動かしやすいことは確かですが、下着が見えてしまう可能性もあり男性の整体師さんの場合は、施術を断られる可能性もあります。短パンを履く時には、膝丈くらいに留めておきましょう。ランニングパンツのような丈のものしかないようであれば、スポーツ用のレギンスと合わせると安心です。

また、デニムなどの動きにくいアイテムも避けた方がベターです。

ラフな服装のひとつであるパーカーですが、フード付きのものは施術の邪魔になってしまう可能性があるので避けましょう。クルーネックやVネックのような首元がもたつかないトップスを選ぶことをおすすめします。

整体やマッサージに行くときの服装

続いて、整体やマッサージへ行くときのおすすめの服装をご紹介します。

整体やマッサージの服装【1】ジャージにTシャツが無難!ラフな着こなしに

ジャージを使った整体の服装

整体の服装の必須条件は、何と言っても「動きやすさ」。施術の際に体を動かすため、体の動きが制限されないようなラフな服装を心掛けましょう。極端にタイトな服や丈の短い服では施術が十分に行えないため、必ず避けてください。

そこで整体の定番スタイルといえば、Tシャツ×ジャージのラフなスタイル。リラックスできる上に体の動きが制限されることなく、さらに洋服にシワができても気にならないところがおすすめポイントです。長袖・半袖、長ズボン・短パンに関してはどちらでも問題ありませんので、季節に合わせてチョイスすると良いでしょう。

整体やマッサージの服装【2】ワイドパンツはOK!柔らかい素材のものを選ぼう

ワイドパンツを使った整体の服装

整体では、「ワイドパンツ」を着用してもOKです。ゆったりとしたサイズ感で十分にリラックスできますし、体を大きく捻ったりとどんな動きもスムーズに行えるところがおすすめポイントです。ただしデニム生地のように硬い素材のものは適していないため、ゆるっと履きこなせるものを選んでください。

例えば、Tシャツにダボっと感のあるワイドパンツを合わせたコーディネート。整体に向かう際にはカジュアルなジャケットを羽織ると、ラフ過ぎず部屋着感のない着こなしが叶います。

整体やマッサージの服装【3】ガウチョパンツもカジュアルなスタイルにまとめて

ガウチョパンツを使った整体の服装

ワイドパンツと同様に、「ガウチョパンツ」も整体におすすめのボトムスの一つです。そもそもガウチョパンツとは、裾に向かって広がるようなシルエットが特徴的で、膝下丈~七分丈のパンツのこと。基本的にはテロンとした生地感のものが多く、動きやすさと履き心地の良さが抜群で、整体にぴったりのボトムスだと言えます。

整体に向かうまでには、ガウチョパンツにナチュラルな風合いのカットソーを合わせて、お出かけスタイルに仕上げて。さらに足元は女性らしいバレエシューズを合わせると、ラフ過ぎないおしゃれなコーデにまとまるのでおすすめです。

整体やマッサージの服装【4】動きにくいスキニーパンツは避けるのが無難

デニムスキニーを使った整体の服装

整体で避けるべきボトムスの一つは、ズバリ「スキニーパンツ」。タイトなスキニーパンツは体を動かしにくいため、施術にはふさわしくありません。特にデニムスキニーパンツは、普段着として日常的に着用されている女性も多いかと思いますが、硬い上に体を動かしにくいので絶対にNGです。

整体では、上下動きやすく柔らかい素材のお洋服であることが絶対条件。さらに、厚手の素材のものは骨の歪みを触診する際の妨げになりますので、こちらも控えてください。整体の効果を最大限に発揮するためにも、着用するお洋服は正しいものを選びましょう!

整体やマッサージの服装【5】タイツはNG!簡単に脱げる靴下を履こう

靴下

冬になると、「タイツ」を着用する機会が増えるでしょう。そこで整体でも、タイツを着用して施術を受けようとされる女性がいらっしゃるのですが、全身のコースの場合には足のマッサージの妨げになるため、脱がなければなりません。施術に支障をきたすのはもちろん、締め付けによって本人がリラックスできないところも、タイツが整体にふさわしくない所以です。

もちろん、「ストッキング」も避けるべき。もしも脱いだ後の足の蒸れや匂いが気になるのであれば、お店の方に「お絞りはありませんか?」と声を掛けると、ケア用品を用意していただける場合もあります。もしくは、ご自身でウェットティッシュなどを用意しておき、施術前にさっと拭くと良いでしょう。

整体やマッサージの服装【6】足を動かしやすいレギンスもGOOD

レギンス

整体やマッサージ店によって異なりますが、基本的には足や手を動かしやすい服装を選ぶのが適切。レギンスは足の可動域を狭めないうえ、どんなトップスとも合わせやすいので1枚持っておくといいでしょう。整体やマッサージには、ゆるっとしたシルエットのトップスと合わせてコーディネートするのがおすすめです。

整体やマッサージの服装【7】トップスもスウェットでゆるっとコーデ

スウェット

動きやすい服装のひとつとして、スウェットをチョイスするのもおすすめ。パキッとしたカラーのゆったりめパンツを合わせれば、トップスがスウェットでもおしゃれに仕上がります。裏起毛のものを選ぶことで、寒い季節に整体やマッサージへ着ていくコーディネートが完成します。

【番外編】仕事帰りの整体の服装はどうする?スーツから着替えたらOK

仕事帰りに整体を受ける場合には、服装はどうすれば良いのでしょうか。スーツ姿でも、ジャケットを脱いでそのままマッサージを受けることは可能ですが、シャツの場合は可動域が狭くて十分な施術がしにくくなります。仕事帰りの整体ならば、できる限り着替えを持ち寄りましょう。

基本的には更衣室を用意しているお店が多いですが、念のため予約の際にチェックしておいてください。また、お店によっては着替えを貸し出ししているケースもありますので、こちらも併せて確認しておくと良いでしょう。

【番外編】髪型はどうする?おすすめのヘアスタイルを解説

さらに気になるのが、整体で施術を受ける際の髪型です。こちらも服装と同様に、施術の邪魔にならないようにまとめておきましょう。長い髪を下ろしていると施術の妨げになるため、くくっておくのがマストです。

また、髪を縛るヘアゴムはご自分で用意しておきましょう。ここで、整体でおすすめの髪型とふさわしくない髪型を一挙ご紹介します。あなたの髪の長さを考慮して、正しいヘアスタイルで施術を受けてください。

■整体におすすめの髪型
・ポニーテール(つむじ付近の高い位置で)
・お団子ヘア(高い位置で髪が落ちないようしっかりと結ぶ)
・片側にまとめたサイドテール

■整体に不向きの髪型(施術の妨げになりやすいヘア)
・首元の低い位置で一つ結び
・アレンジなしのダウンヘア
・アレンジに凝ったヘアスタイル(崩れないよう気を遣うため)

今回は、整体で好ましい服装からNGの服装、さらにはおすすめの髪型まで一挙ご紹介しました。整体では基本的に普段着で構いませんが、体の動きを制限するもの、丈が短かったりタイトなものは避けるようにしましょう。

おしゃれをする必要はありませんし、Tシャツ+ジャージのようなラフでリラックスなコーディネートがベストです。本記事を参考にして、整体やマッサージに行くときの服装を検討してみてはいかがでしょうか。

related articles