FASHIONJAN.17.2019

横浜の服装を徹底解説!月別・天気別のおすすめレディースコーデ

横浜へのご旅行やお出かけを前に、服装にお悩みではありませんか?横浜の気候を知った上で、季節に適した着こなしがどのようなものなのか知りたいところ。そこで今回は、横浜でおすすめの服装を月別や天気別に一挙ご紹介します!
横浜へのご旅行やお出かけを前に、服装にお悩みではありませんか?横浜の気候を知った上で、季節に適した着こなしがどのようなものなのか知りたいところ。そこで今回は、横浜でおすすめの服装を月別や天気別に一挙ご紹介します!

横浜の服装を月別・天気別にご紹介!旅行もデートもこれで解決

 
世界的に有名な観光スポットといえば、中華街やみなとみらいなどを誇る「横浜」。豊かな自然景観や伝統的な建造物なども魅力の一つで、ぶらぶらと街歩きをするだけでも楽しめる、日本屈指の観光地だと言えます。そんな観光にうってつけの街「横浜」ですが、ご旅行やお出かけを前に服装にお悩みの方も多いはず。ここで、横浜の気候に適していながらもおしゃれまで楽しめる着こなしを、チェックしてみませんか?

そこで今回は、横浜でおすすめのコーディネートを9パターンピックアップしてご紹介します!月別や季節別、そして天気別に適した服装を徹底解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

横浜の服装【1】1〜2月は最も寒い!コートやダウンで防寒対策を

ダウンジャケットを使った横浜の服装
1月〜2月は、1年で最も気温が低い季節。ダウンジャケットやコートを着用し、防寒対策を行いましょう。とは言え横浜は、それほど寒さが厳しいわけではなく、この季節の平均気温は6度前後。さらに晴れの日が多いため、風さえなければ暖かく、過ごしやすいところが魅力的です。

寒さが気になる方は、ダウンジャケットを羽織って防寒対策を。インナーは着込まずにトップス1枚だけで過ごしても、横浜ではちょうど良いでしょう。ダウンジャケットを女性らしく着こなしたい方は、ボトムスはスカートをチョイスして。レオパード柄スカートなら、秋冬のトレンド感のある着こなしが叶います。

横浜の服装【2】3〜4月はまだ寒さが残る!厚着が必要

パーカーを使った横浜の服装
3月はまだまだ寒さが残りますが、4月にもなると春の陽気を感じることも。3月の平均気温は10度前後、4月には15度前後まで上がります。3月はまだまだコートが手放せませんが、4月には厚手のコートからジャケットにシフトしてOK。日によっては、ニット1枚で過ごすこともできるでしょう。

そこでおすすめは、コートを脱いで厚手のトレーナーを1枚で着用した、春らしい軽やかなコーディネート。白のトレーナーにネイビーのマキシ丈フレアスカートを合わせ、清潔感漂うコーデに仕上げてみてはいかがでしょうか。

横浜の服装【3】5〜6月は羽織りものを用意して体温調節を

カーディガンを使った横浜の服装
5月の平均気温は19度程度、6月の平均気温は20度を超え、グッと暖かくなります。5月には長袖シャツや薄手のカーディガンなどの羽織りものが必要ですが、6月になると長袖トップス1枚だけでも快適に過ごすことができるでしょう。ただし朝晩は冷え込みが強い日がありますので、羽織りものを持っておくと安心です。

そこでこの季節におすすめなのが、カーディガンを羽織ったコーディネート。ギンガムチェックのブラウスにデニムを合わせた大人カジュアルなスタイルに、くすみパープルのカーディガンを羽織って、華やかなコーデに仕上げて!春夏トレンドのかごバッグを合わせると、一気に旬の着こなしが叶います。

横浜の服装【4】7〜8月は半袖で十分!涼しげな格好を

コクーンワンピースを使った横浜の服装
7月〜8月には本格的な夏を迎えるため、半袖で十分です。平均気温は30度前後ですが、猛暑が続く年もしばしばありますので、風通しの良い涼しげな服装を心掛けるのがマスト。さらに横浜の夏は、湿度が高く蒸し暑く感じる日も多いです。そのため、こまめに水分補給をして熱中症対策を行なってください。

おすすめは、ノースリーブワンピースを着用したコーディネート。膝上丈のワンピースには、風通しの良いレギンスを履いてあげると、品のある大人っぽいコーデに仕上がるでしょう。清楚な白のワンピースには、デニムのレギンスを合わせてあえてカジュアルに。さらにVANS(ヴァンズ)のスニーカーでとことんカジュアルにまとめ、こなれ感のあるコーデに仕上げてみて!

横浜の服装【5】9〜10月は軽めの羽織りものを用意しよう

ニットを使った横浜の服装
9月は平均気温23度程度と、まだまだ暖かい日が続きます。ただし半袖ではひんやりと感じる日もあるため、軽い羽織りものを持っておくと安心です。10月になると、平均気温は20度を切り一気に秋らしい気候に。朝晩はグッと冷え込むため、軽めのジャケットやカーディガンなどを準備しておいてください。

この季節におすすめなのが、ニットカーディガンをさらっと羽織ったコーディネート。9月ならば、半袖の無地の白Tに黒スキニーパンツのベーシックなスタイルに、ベージュのオーバーサイズニットカーディガンを羽織り、抜け感のあるコーデに仕上げると良いでしょう。このように無駄のないシンプルなスタイルこそ、オトナ女子にぴったりです。

横浜の服装【6】11〜12月は一気に気温が下がる!コートが必須に

チェスターコートを使った横浜の服装
11月には一気に気温が下がり、12月にもなると本格的な冬を迎えます。11月の平均気温は13度程度なので、ニットスタイルが必須に。コートが必要になる日もしばしばあります。さらに12月の平均気温は8度程度となるので、厚手のコートを着用しましょう。

そこでこの季節には、チェスターコートを羽織って冬の装いに!ニットにプリーツスカートを合わせた女性らしいスタイルに、ハンサムなロングチェスターコートを羽織り、大人っぽいシックな着こなしに仕上げてみてはいかがでしょうか。

横浜の服装【7】みなとみらいデートなら男ウケを狙って

ミディ丈スカートを使った横浜の服装
横浜の超人気デートスポットと言えば、「みなとみらい」! ランドマークタワーや横浜赤レンガ倉庫、臨海パーク、横浜ワールドポーターズなどの数多くのデートスポットを誇る、カップルにぴったりのスポットです。

そこでみなとみらいデートにおすすめの、オトナ女子にぴったりのコーディネートをご紹介します。例えば、ボーダートップスにベージュのミディ丈スカートを合わせた、きれいめな雰囲気のコーディネート。キャスケットやかごバッグ、黒パンプスを合わせると、一気にフレンチシックなおしゃれコーデに仕上がるので、ぜひ試してみてください!

横浜の服装【8】春や秋が観光のベストシーズン!晴れでも羽織りものが必要

ジャケットを使った横浜の服装
春や秋は、横浜観光のベストシーズン!ただし1日の気温差が大きい日もありますので、軽いアウターを用意しておくのが無難です。日中は過ごしやすい気温でも、朝晩は冷え込むのでお出かけの際には注意しましょう!

そこでおすすめは、ジャケットを羽織ったスタイルです。シックなモノトーンのロゴTに、華やかな花柄があしらわれたロングフレアスカートを合わせた、レディなコーディネート。あえてグレーのハンサムなジャケットをチョイスし、肩からかけてこなれ感を意識すると、おしゃれに見せることができます。

横浜の服装【9】夏は気温が高く夜まで蒸し暑い日も!湿気に注意しよう

リネンワンピースを使った横浜の服装
先ほどもご紹介したように、横浜の夏の気候には注意が必要。というのも、太平洋から湿った空気が入ってくるため、特に海に面した地域では湿度が高くなるのです。 さらに人口が密集している横浜では、ヒートアイランド現象によって夜になっても気温が下がらないこともありますので、暑さには要注意です。

そこで夏場には、お洋服の素材にまでこだわるべし!例えば「リネン素材」は、吸水性が良いため肌に張り付かず、かつ通気性が良いため、蒸し暑い日にも快適に過ごすことができるのでおすすめです。横浜の蒸し暑さは、例えばリネンワンピースのような涼しげな素材の洋服で乗り切りましょう!
いかがでしたか?今回は、横浜でおすすめのコーディネートを月や天気別に徹底解説しました。横浜の冬は比較的過ごしやすい気候なのですが、夏は湿度が高く蒸し暑く感じることもあるので要注意です。そのため夏場には、通気性の良い涼しげな服装を心掛けると良いでしょう。ぜひ参考にして、快適な服装で横浜へのお出かけを楽しんでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAPR.12.2019

佐野ひなこが着る♡
初夏を先取る「プロポ」の
フェミニンコーデ6style