BEAUTYSEP.05.2018

アイシャドウの選び方は?一重や奥二重など自分に似合う色の見つけ方

自分に合ったアイシャドウの選び方を知っていますか?何となくみんなが使っているからと、無難なものを選んではいませんか?自分に合ったアイシャドウを使うことで、簡単に目元の印象を変えることができます。目の形や色別のアイシャドウの選び方のポイントをご紹介します。
自分に合ったアイシャドウの選び方を知っていますか?何となくみんなが使っているからと、無難なものを選んではいませんか?自分に合ったアイシャドウを使うことで、簡単に目元の印象を変えることができます。目の形や色別のアイシャドウの選び方のポイントをご紹介します。

アイシャドウの基本の選び方は?

カラフルなアイシャドウ
アイシャドウの選び方には、色々なパターンがあります。まずは自分に合ったアイシャドウを選ぶためのポイントをご紹介します。

■自分の目の色に合わせる
アイシャドウを選ぶ時に、見落としてしまいがちなのがパーソナルカラーです。自分に合ったカラーを知っていますか?人にはそれぞれ生まれ持ったカラーがあります。そのカラーによって、自分に合うアイシャドウのカラーと合わないカラーを見極めることができます。

パーソナルカラーに合っていないアイシャドウを使用すると、目元がくすんで見えたり、浮いて見えたりします。自分の目の色に合わせたパーソナルカラーを意識して選びましょう。

■目の形に合わせる
アイシャドウを選ぶ時には、自分の目の形に合わせて選ぶ方法があります。幅の広い二重の人と、一重の人では似合うカラーも違ってきます。一重の人に似合うカラーを幅広二重の人が使ってしまうと、アイメイクが濃く見えてしまいますし、反対は印象がぼやけてしまいます。

自分の目の形に合わせたアイシャドウを選ぶという方法も1つの手です。

■なりたい雰囲気に合わせる
アイシャドウを選ぶ時には、自分のなりたい雰囲気に合わせて選ぶ方法があります。自分の印象を変えたいのであれば、無難なブラウンカラーだけでなく、他のカラーを使って雰囲気を変えることができます。

アイシャドウのカラーを最大限に活かして、全体のバランスを見ながらアイシャドウを選ぶこともおすすめですよ。

アイシャドウの選び方【1】目の色に合わせる

伏し目にしている女性
アイシャドウの選び方の1つ目は、パーソナルカラー別に選ぶ方法です。自分の目の色を基準として、アイシャドウの選び方をご紹介します。パーソナルカラーは自分で判断していても、もしかしたら違っている可能性もあります。できればプロの方に診断してもらうようにして、参考程度に比べてみてください。

■明るい茶色
目の色が明るい茶色の人は、スプリングタイプの人が多いです。4つのパーソナルカラーの中で、最も明るいライトブラウンのカラーをしている人は、このタイプです。肌の色は明るく、イエローベースの場合は、スプリングの可能性が高くなります。

似合うカラーは、コーラル系のピンクやオレンジ、イエロー系のアイシャドウが似合います。パールはゴールド系が得意です。

■ダークブラウン
黄味の強いブラウンの目の色で、暗めのカラーをしている場合はオータムタイプが多いです。肌の色も黄味がかっていて、肌の色は普通肌から暗めの人が多いです。ダークブラウンのメイクをしても、違和感がない人がこのタイプです。

似合うカラーは、ベージュやブラウンです。パールはゴールドのものが似合います。

■赤みブラウンまたはソフトブラック
赤みのあるブラウンや柔らかなコントラストのブラックの場合は、サマータイプが多いです。白目との色の変化が穏やかで、赤みがある濃いブラウンの場合はこのタイプの可能性があります。肌の色は色白で、ブルーベースの人はこのタイプです。

似合うカラーは、ピンク系やモーブ系、ブルー系が似合います。シルバーのパールやラメが得意です。

■ブラック
白目とのコントラストがはっきりしたブラックの場合は、ウィンタータイプが多いです。肌はピンク系で、鮮やかなカラーが似合う人が多いです。

似合うカラーは、ブラックやメタリックな原色カラーが似合います。パールはシルバー系のものが得意です。

アイシャドウの選び方【2】目の形に合わせる

スモーキーな目元の女性
目の形別のアイシャドウの選び方をご紹介します。

■一重
一重の人は、ダークなカラーが似合います。陰影をアイシャドウで付けることで、立体的な目元を作り出すことができます。マットな質感のアイシャドウを選ぶことで、自然な陰影を作ることができます。ブラウンやグレー系がおすすめです。

■奥二重
奥二重の場合は、肌なじみのいいベージュ系が似合います。二重の幅を狭く見せてしまうので、暗めのカラーを二重幅にのせるのはNGです。二重幅には明るいカラーやインパクトのあるカラーアイシャドウをのせても、かわいく仕上がりますよ。

■平行二重
二重の場合はパール感のあるブラウン系のカラーがおすすめです。キワに締め色をのせることで、目元を締めることができます。目のキワから二重幅、アイホールにかけてブラウン系のグラデーションを作りましょう。パール感やラメ感があるものを使うことで、華やかさを演出します。

アイシャドウの選び方【3】なりたい雰囲気に合わせる

アイシャドウパレット
アイシャドウは自分のなりたい雰囲気で選ぶこともできます。それぞれの雰囲気に合ったアイシャドウのカラーをご紹介します。

■ブラウンは大人っぽく仕上がる
ブラウンで仕上げると、大人っぽい印象に仕上がります。目元に陰影を出すことで、立体感を出すことができるので、平面な顔に悩んでいるという人におすすめです。最も無難なカラーで場所を選ぶことなく使うことができます。

■ピンクは大人かわいく
ピンクは大人でも使えるかわいいカラーです。目元を優しく見せて、色気を作ることができる色でもあります。カラーメイク初心者でも簡単に使えるので、おすすめです。

■ブルーはクールに
すっきりした印象のクールメイクには、ブルーがおすすめです。ブルーのカラーをのせることで、目元に透明感を出すことができます。すっきりとした印象を作りながらクールに仕上げることができますよ。
アイシャドウの選び方についてご紹介しました。自分に合ったアイシャドウを使うことで、好印象な目元を作り出すことができます。ぜひ自分に合うアイシャドウを見つけて、魅力的な目元を作ってくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。