LIFESTYLESEP.18.2019

美肌にはビタミンBが必須!種類別の効果もご紹介

美肌だけでなく、健康を維持するためにも欠かせない栄養素がビタミン類です。中でも、ビタミンB群は、種類も多く、さまざまな効果があります。今回は、美肌に効果的といわれているビタミンB群の種類別の効果をご紹介します。
美肌だけでなく、健康を維持するためにも欠かせない栄養素がビタミン類です。中でも、ビタミンB群は、種類も多く、さまざまな効果があります。今回は、美肌に効果的といわれているビタミンB群の種類別の効果をご紹介します。

美肌に効果的といわれているビタミンB

美肌の女性
美肌はもちろん、体の調子をととのえるために必要不可欠な栄養素といわれているビタミン類は、実は種類によってさまざまな効果があります。

中でも、ビタミンB群は、酵素の働きをサポートする、代謝に関わる栄養素です。ビタミンB群は、お肌を内側からケアするためには欠かせない栄養素といわれており、実は色々な種類があります。


■ビタミンB群の種類

ビタミンB群には、8種類あります。

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB3(ナイアシン)
・ビタミンB5(パントテン酸)
・ビタミンB6
・ビタミンB7(ビオチン)
・ビタミンB9(葉酸)
・ビタミンB12

などがあります。「コリン」や「イノシトール」は厳密にはビタミンではありませんが、ビタミンのような働きをする栄養素で、ビタミンB群に分類されています。

中でも、美肌に効果的といわれているのが「ビタミンB6」「ビタミンB7(ビオチン)」「ビタミンB9(葉酸)」です。お肌の性質ごとに見てみると、乾燥肌の方はビタミンAやビタミンEを摂るのがおすすめで、脂性肌の方はビタミンB2やビタミンB6を積極的に摂りたいですね。

ビタミンB群は、水に溶けやすい水溶性ビタミンなので、一部のビタミンを除いて1日の摂取量を多少オーバーしても副作用が出にくい栄養素です。水で洗ったり、調理する際にビタミン類が溶けだしてしまいやすい栄養素です。

しかし、ビタミンB群は、体の中に溜めておくことができないビタミンです。したがって、毎日摂ることが大切になります。ビタミンB群は、野菜や果物の他、肉や魚などにも含まれていますので、食品から摂取することで他の必要な栄養素も摂ることができます。

ビタミンB群は、種類によっては普段の食事では不足しやすいので、サプリメントで補助するのもおすすめですよ。

美肌におすすめのビタミンB【1】ビタミンB2

ビタミンB2を多く含む食品
ビタミンB2は、皮膚や粘膜のターンオーバーに関わり、正常な状態に保つ美容に効果的といわれているビタミンです。免疫力やエネルギー代謝をサポートする役割がある栄養素で、美しく活動的に過ごしたい方や美容や美肌におすすめのビタミンです。

レバーやウナギ、卵、アーモンド、納豆などに多く含まれています。

美肌におすすめのビタミンB【2】ビタミンB6

ビタミンB6を多く含む食品
ビタミンB2と並んで美容や美肌、健康に欠かせない栄養素とされているのがビタミンB6です。

肌の調子をととのえるのはもちろん、免疫力アップや貧血の改善、神経伝達物質の合成にも役立つといわれている、心身の健康に役立つ栄養素です。

ビタミンB6は、肉や魚介類、野菜、柑橘類以外の果物などで摂取することができますが、特に、マグロやカツオ、サンマなどの赤身の魚に多く含まれています。
過剰摂取すると健康被害があることも報告されています。

美肌におすすめのビタミンB【3】ビタミンB7(ビオチン)

ビオチン ビタミンB7を多く含む食品
ビオチンは、ビタミンB7とも呼ばれており、皮膚炎の治療の目的で発見された栄養素ですので、美肌におすすめのビタミンです。

細胞の生成や、ハリや弾力の材料となるコラーゲンの生成、爪や髪の毛の生成などに関わっているビタミンでもあります。

ビオチンは、腸内の細菌によって作られるビタミンですので、腸内環境を整えることは、実は美肌にも効果的です。アルコールをよく飲む方や喫煙する習慣がある方、甘いものが好きでよく食べる方は、ビオチンが不足しやすいといわれています。

レバーやアサリ、卵黄やししゃも、キノコ類やナッツ類に多く含まれている栄養素です。

美肌におすすめのビタミンB【4】ビタミンB9(葉酸)

葉酸 ビタミンB9を多く含む食品
妊活中や妊娠中に摂取する栄養素というイメージがある方も多い葉酸は、ビタミンB9とも呼ばれています。細胞やDNA、赤血球の生成をサポートするビタミンBで、健やかな体を保つためには必要不可欠な栄養素です。

葉酸は、肌のターンオーバーに関わる栄養素ですので、美容目的で摂取したい栄養素です。生活習慣病予防にも役立つといわれているビタミンですよ。

肉類やレバー、卵黄、豆類、緑黄色野菜や牛乳、海苔などに多く含まれています。

美肌におすすめのビタミンB【5】その他のビタミンBの効果や役割

ビタミンB
■ビタミンB1

ビタミンB1は、体内の糖をエネルギーに変える際に必要な栄養素ですので、美肌や美容目的というよりは、疲労回復やダイエット目的で摂りたい栄養素です。

ビタミンB1は、肉や魚、豆類、穀類に多く含まれています。

バランスの良い食事を摂っていれば不足しにくい栄養素で、ニンニクやニラ、タマネギに多く含まれているアリシンと一緒に摂ると吸収率アップが期待できます。


■ビタミンB3(ナイアシン)

ナイアシンはビタミンB3とも呼ばれており、エネルギーの代謝に関わったり、DNAの合成や修復に役立つ栄養素です。神経伝達物質の材料となるビタミンで、過剰摂取すると、消化器や肝臓に悪影響を及ぼす栄養素です。

肉や魚、貝類や緑黄色野菜に多く含まれています。


■ビタミンB5

パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれており、エネルギー代謝はもちろん、酵素の働く際に必要な栄養素で、ホルモンの合成や育毛にも役立つビタミンです。免疫力にも関わる栄養素で、ビタミンCと一緒に使用することでニキビケアに効果的といわれています。

レバーや魚類、卵や納豆、穀類、牛乳などに多く含まれており、通常の食事では不足しにくい栄養素です。


■ビタミンB12

ビタミンB12は、葉酸と協力して貧血の改善や睡眠の質を上げる役割があるといわれている栄養素です。化粧水にも配合されているビタミンで、カキやレバー、魚卵や貝類に多く含まれているビタミンです。
ビタミンB群には、色々な効果を持つビタミンがありますが、美肌目的で摂取する場合は、ビタミンB6、ビタミンB7(ビオチン)、ビタミンB9(葉酸)などがおすすめです。食事で十分に摂取できない場合は、サプリメントで補いたいですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック