LIFESTYLEFEB.06.2019

高学歴男子は恋愛下手?高学歴男子の特徴や理想の女性のタイプとは

頭が良く、近寄りがたい印象もある高学歴男子ですが、恋愛経験が少なく、女性に優しい結婚向きの男性が多いものです。そこで今回は、高学歴男子の特徴や、理想の女性のタイプをご紹介します。
頭が良く、近寄りがたい印象もある高学歴男子ですが、恋愛経験が少なく、女性に優しい結婚向きの男性が多いものです。そこで今回は、高学歴男子の特徴や、理想の女性のタイプをご紹介します。

高学歴男子の特徴【1】プライドが高い

高学歴男子
高学歴男子の中でも、昔から要領がよく、何事もそつなくこなしてきたタイプの男性は、受験も志望校に比較的すんなり入れたタイプの男性です。挫折を知らないので「自分は他の人とは違って優秀」と思っていることがあります。

また、人から否定されることにも慣れていないので、自分の言動を相手から否定されると傷つく、プライドが高い男性が多いですね。

一方で、昔から苦労を重ねてきた努力家タイプの高学歴男子は、受験も志望校に入るまでに様々な挫折を味わっているので「頑張ってきた自分」にプライドを持っています。

したがって、頑張っている人には優しい態度を見せてくれます。一方では、努力するのが苦手な人や不真面目な人とは合わないことが多いですね。

高学歴男子の特徴【2】学歴を重視する

学生
自分の学歴に誇りを持っている高学歴男子の場合は、他人への評価も学歴で判断する男性が多いですね。会社名や仕事の実績、性格や外見などではなく、学歴である程度他人の評価を決めてしまいます。

したがって、自分よりも低学歴な人に対しては「自分の方が優れている」と思っているような言動をしてしまうことがあります。中には、低学歴の人をバカにしたような態度を取る高学歴男子もいます。

自分よりも学歴が高い人に対しては下手に出ることもありますね。

高学歴男子の特徴【3】人に教えたり、会話するのが好き

高学歴男子と彼女
高学歴男子は、勉強するのが好きで、色々な事を知りたいという博識な男性も多いですね。したがって、その知識を人に披露したり、議論したりするのが好きで、会話しているのが楽しいのが高学歴男子の魅力です。

人に教えてあげるのが好きな、面倒見が良い優しい男性も少なくありません。人から「すごいね」「頭いいね」と褒められることで喜びを感じる可愛らしい一面もあります。

しかし、興味のある事はとことん追求する学者タイプの男性の場合は、変人と思われてしまうこともあります。

高学歴男子の特徴【4】集中力がある

仕事中の高学歴男子
高学歴男子は、合格まで受験勉強を頑張る根気強さがある人です。

学生時代は、勉強だけでなく、部活も一生懸命行っていた文武両道の人も少なくありません。そのような男性は、社会人になっても、忙しい仕事の合間を縫って、スポーツや趣味もアクティブに活動しています。

高学歴男子は、オンオフの切り替えが上手な人が多いですね。目の前の事に集中力を持続することができます。一方では、リラックスする時間は気持ちを緩ませてしっかり疲れを取れることができるのが色々な事に活動的になれる秘訣です。

高学歴男子の特徴【5】融通が利かない一面がある

高学歴男子と彼女
高学歴男子は、マイペースな人が多く、融通が利かない一面があります。

また、自分に自信があるので、他の人と意見が違う場合や、間違いを指摘された場合に、なかなか意見を曲げない頑固な部分もあります。

頭の良い高学歴男子ですので、いかに効率的に物事を進めればいいのか、客観的に見て判断することができます。

しかし、カップルや家族、同僚などとの付き合いでは、理屈だけではなく、感情面も大切です。中には「理屈や効率ばかり優先して、冷たい人だ」と思われてしまうこともあります。

高学歴男子の特徴【6】恋愛経験が少ない人が多い

高学歴男子と彼女
高学歴男子は、学生時代に、人よりも勉強に時間を費やしてきたので、恋愛経験が少ない傾向があります。特に、理系男子の場合は、周囲にいる女性の数が少ないことも原因になっています。女性に対してどう接していいのかわからない恋愛下手な男性が多いですね。

したがって、恋愛経験が少ない高学歴男子の場合、大学デビューや社会人になって出会った女性に一目惚れしてしまうというケースも多いようですね。

恋愛以外に興味がある事も多く、気の合う友達と狭く深い関係を築ければ満足している男性もいます。「服装や髪型などに気を遣ってモテたい」という気持ちが薄いことも、恋愛経験が少ない理由になっています。

高学歴男子との付き合い方

高学歴男子
高学歴男子は、お互いに刺激し合えるような女性がタイプの人が多いですね。

例えば、高学歴男子と同じような高学歴女子の場合、育ってきた環境や、受験での苦労、社会に出てからの立場なども似ていることが多いので、対等な立場でお互いを理解し合って付き合うことができます。

しかし、低学歴女子は恋愛対象外かというと、そうではありません。自分には持っていないコミュニケーション能力や、クリエイティブな才能など、刺激を受けられる女性には魅力を感じます。また、社会人としての経験値が高いと、尊敬される場合もありますね。

「女性には家庭を守ってもらい、自分が外でバリバリ働きたい」という亭主関白な考えを持っている場合は、家庭的で優しい、自分の話を聞いてくれる癒し系の女性が好きな男性が多いですよ。

高学歴男子は、自分にはない、頭の良さや、知識、経験、スキル、行動力など、何か尊敬できる部分がある女性に惹かれる傾向があります。


■NG行動

高学歴男子は、彼氏になったからといって、べったりと依存されてしまうと負担に感じてしまいます。趣味や仕事などに一生懸命になっていたり、友達や家族との時間を大切にするなどして、彼氏優先の生活になってしまうのはやめましょう。

また、理論が通じなかったり、話し合いができないような感情的な女性は苦手な高学歴男子が多いですね。
高学歴男子は、お互いに不足している部分を補い合ったり、刺激し合えるような関係を築ける女性が理想です。高学歴男子にアプローチを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRFEB.08.2019

系統問わず愛される!
Free’s Martの新作で作る、スポーツミックスな春

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。