FASHIONJAN.25.2019

佐賀旅行におすすめの服装!月別・天気別のおしゃれコーデをご紹介

アジア最大級のバルーン大会が行われたり、豊かな自然を生かしたイベントやお祭りが催される佐賀。食べ物が美味しいのも大人女子にとっては魅力ですよね。そこで今回は、そんな佐賀に旅行に行かれる方に、佐賀の気候やおすすめの服装をご紹介します。
アジア最大級のバルーン大会が行われたり、豊かな自然を生かしたイベントやお祭りが催される佐賀。食べ物が美味しいのも大人女子にとっては魅力ですよね。そこで今回は、そんな佐賀に旅行に行かれる方に、佐賀の気候やおすすめの服装をご紹介します。

佐賀の季節ごとの気候と服装選びのポイント

 
九州の北西部に位置する佐賀県は、有田焼や伊万里焼といった陶磁器の産地としても知られています。豊かな自然が広がる佐賀では、アジア最大級のバルーン大会が催されたり、魅力的なお祭りが多く訪れる観光客を楽しませてくれます。

そんな佐賀を初めて旅行するという方が気になるのが、旅行する時期の気候や最適な服装ですよね。そこで今回は、佐賀旅行におすすめの服装を月別・天気別にご紹介します。まずは、佐賀の季節ごとの気候と服装選びのポイントからご紹介します。

【佐賀の季節ごとの気候と服装選びのポイント】

■春(3・4・5月)
佐賀の3月は春と言っても平均気温は約12度で最低気温も2度を下回るので、まだ肌寒い時期です。この時期はコートなどのアウターやニットも必要です。4月からは徐々に気温が上がり、5月は平均気温が20度前後。最低気温も10度前後で推移します。この時期も長袖や半袖のアイテムにプラスして、羽織りものを用意しておきましょう。

■夏(6・7・8月)
佐賀の6月は梅雨で雨が多く、気温が上がって蒸し暑い日もあるので、雨対策のアイテムと天気の変化に備えた服装選びがポイントです。7月以降は平均気温が30度前後と暑く、紫外線対策や熱中症対策がポイントになります。日焼け止めや水分補給をこまめに行いましょう。

■秋(9・10・11月)
佐賀の9月は残暑でまだ暑い日が多いですが、雨の日が多く台風もあるので、雨対策をしっかり準備しておきましょう。10月は暑い日もあれば天気が悪く肌寒い日もあるので、半袖と長袖、羽織りものなどを一通り準備しておくのがおすすめ。11月はぐっと気温が下がって、最低気温が氷点下に近い日も。アウターやニットなどの防寒対策が必要になる時期です。

■冬(12・1・2月)
佐賀の12月は徐々に気温が下がり、最低気温が氷点下の日もあります。1月以降は本格的な真冬。防寒対策はしっかりと準備しましょう。コートなどのアウターの他にもマフラーや帽子などの防寒小物も必要になります。

佐賀旅行におすすめの服装【1】春(3月):トレンチコートなどのアウターがマスト

 
佐賀の3月はまだ寒くコートなどのアウターも必要です。厚手のトレンチコートなど春らしさもありながらしっかり防寒してくれるアウターを選びましょう。ストールなどの寒暖差に対応してくれるアイテムもおすすめです。

春らしいカーキのコートの足元にブーツを合わせたコーデは、この時期の佐賀に最適。春らしさと防寒を同時に叶えるコーデが、この時期の服装選びのポイントです。

佐賀旅行におすすめの服装【2】春(4・5月):春の寒暖差には重ね着で対応を

 
佐賀の4月や5月は気温も上がって暖かくなりますが、半袖や長袖のアイテム一枚でいるより、薄手のインナーに羽織りものをプラスしたりする重ね着の方が、気温の微妙な変化や一日の中の寒暖差に対応できます。

インナーに薄手の羽織りものをプラスしたコーデは、この時期の佐賀旅行におすすめ。トップスを白でまとめて、メンズライクなグレーパンツを合わせたモノトーンコーデは、おしゃれな雰囲気の観光地にもマッチして◎。

佐賀旅行におすすめの服装【3】夏(6月):梅雨時期でも晴れの日は暑い!昼間は半袖アイテムでOK

 
佐賀の6月は梅雨時期で雨の日が多いので、雨具や雨の日用の濡れてもOKな服装を準備しておきましょう。晴れの日は初夏で気温も高いので、昼間は半袖のTシャツなどでも大丈夫です。紫外線も強いので、帽子などの日よけや紫外線対策をしっかりと。雨で肌寒い日用に、軽い羽織りものも旅行バッグに入れておくと安心です。

佐賀旅行におすすめの服装【4】夏(7・8月):半袖ワンピースなど暑さをしのげる服装選びを

 
佐賀の7月や8月は真夏の気候。平均気温が30度前後とかなり暑いので、半袖のワンピースやTシャツ、サンダルといった暑さをしのげる服装選びがポイントです。同時に紫外線対策や熱中症対策もしっかりと。水分をこまめに取って、できるだけ日かげで過ごすようにしましょう。

佐賀旅行におすすめの服装【5】秋(9月):雨の日が多い!雨具や雨の日用の服装がマスト

 
佐賀の9月は雨の日が多く、台風シーズンでもあるので雨具や雨の日用の服装を準備しておきましょう。上旬は残暑で暑い日も多いので、まだ半袖アイテムで過ごせる日も多くあります。

雨の日は気温も下がるので長袖のワンピースでも過ごせます。天気が安定しないこの時期は、気温の変化に対応できる半袖のアイテムに羽織りものを組み合わせるコーデもおすすめです。

佐賀旅行におすすめの服装【6】秋(10月):ニットカーディガンなどの軽めの羽織りものが便利

 
佐賀の10月は台風などの影響で天気が荒れたり、最高気温が30度になる日もあるので、半袖アイテムや長袖アイテム、羽織りものなどを一通りスーツケースに入れておくと安心です。

アウターとしても使えるようなニットカーディガンなどの軽めの羽織りものがあると、気温の変化に対応しやすいので便利でおすすめです。

佐賀旅行におすすめの服装【7】秋(11月):バルーン大会などイベント盛りだくさんの秋。防寒をして観覧を!

 
10月から11月にかけて、佐賀ではバルーン大会や秋祭りといったイベントが盛りだくさん。実りの秋でグルメも美味しい時期なので、この時期に佐賀を訪れる方も多いのではないでしょうか。

バルーン大会などの屋外でのイベントを観覧される方は、しっかり防寒をして出掛けましょう。20度前後の気温の昼間でも、冷たい秋風が吹くと体感が下がるので、ニットカーディガンなら厚手のものや防寒力のあるアウターを羽織ることをおすすめします。防寒を補ってくれるストールなどの小物をバッグに入れておくと安心です。

佐賀旅行におすすめの服装【8】冬(12月):屋外での観光にはダウンコートなどの防寒力のあるアウターを

 
佐賀の12月もイベントが数多く開催され、屋外での観光が多いと思います。上旬は20度前後まで気温が上がる日もありますが朝晩は冷え込みます。下旬になるにつれて昼間の気温も下がるので、厚手のアウターを準備しましょう。

ダウンコートなどの防寒力のあるアウターなら、屋外に長くいる場合も安心です。マフラーなどの防寒小物もマストです。

佐賀旅行におすすめの服装【9】冬(1・2月):ダウンコートや防寒小物などの真冬の装備で

 
佐賀の1月や2月は真冬の気温で最低気温は氷点下になる日も多いので、厚手のコートや防寒小物でしっかり防寒対策をしてください。ダウンコートはこの時期の佐賀旅行に最適。マフラーや手袋といった防寒小物も忘れずに。
佐賀は豊かな自然を利用したイベントが一年を通して開催され、グルメも美味しい観光地。旅行に行かれる方はその時期に最適な服装を選んで、佐賀を思い切り楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック