BEAUTYSEP.23.2018

整形メイクの方法は?ナチュラルにかわいく見せるやり方をご紹介

最近の整形メイクでは、濃い化粧でイメージを変えるのではなくナチュラルにかわいく見せるメイクが人気です。見た目はそれほど濃く見えなくても、ナチュラルに顔を一気に変えることができます。整形メイクの方法やナチュラルにかわいく見せるコツについてご紹介します。
最近の整形メイクでは、濃い化粧でイメージを変えるのではなくナチュラルにかわいく見せるメイクが人気です。見た目はそれほど濃く見えなくても、ナチュラルに顔を一気に変えることができます。整形メイクの方法やナチュラルにかわいく見せるコツについてご紹介します。

整形メイクのポイント

色々なベースメイク道具
整形メイクのポイントについてご紹介します。

■基本的にはナチュラルに!
整形メイクというと、何となく化粧が濃くなってしまったり、ギャルっぽくなってしまったりと、いいイメージを持っていない人もいます。しかし、実際には化粧を濃く見せずに全く別人に変身させることができます。ナチュラルに仕上げながら、変身していくというイメージを忘れないようにしましょう。

■自分の強みを見つける
整形メイクでは、自分の強みを見つけることが重要になります。整形メイクといっても、それぞれの顔立ちによってプラスすることもあればマイナスすることもあります。そのため、自分の顔の中で、プラスになる部分はどこか、しっかりと把握しておきましょう。

そこを活かすメイクをすることで、薄くてもかわいく見える化粧をすることができます。

■顔立ちを変えるにはカラコンとアイプチ
顔立ちをガラッと変えたいという場合は、カラコンとアイプチが重要になります。しかし、この2つを使う場合でも、ナチュラルなものを選ぶようにしましょう。さりげなく盛るというようなイメージでメイクをしていきましょう。

整形メイクのやり方【1】ベースメイク

色々なメイクツール
整形メイクのベースメイクのやり方をご紹介します。

■化粧下地
整形メイクでは、ナチュラルに肌をきれいに見せる必要があります。そのため、ナチュラルなファンデーションで仕上げるので、化粧下地の段階である程度肌をきれいに見せていきます。肌をきれいに見せるために、コントロールカラーを使用しましょう。肌のくすみが気になる人は黄色やピンク、赤みが気になる人はブルーやグリーンなど、自分の肌の色を補正してカバーしていきましょう。

■ファンデーション
ファンデーションはツヤ感のある肌を作っていきます。なるべくナチュラルな仕上がりになるものを選びましょう。1番おすすめなのは、ファンデーションを使わずにツヤ系の化粧下地だけで仕上げる方法です。

ベースは薄ければ薄いほど他の部分を引き立てるので、肌が綺麗な人ほどファンデーションは薄めにしましょう。

■コンシーラー
肌トラブルや気になる色ムラについては、コンシーラーを使ってカバーしていきます。ファンデーションを使わない時は、コンシーラーの力を最大限に発揮しましょう。コンシーラーを使うことで、ファンデーションが厚塗りにならずに済みます。

シミやそばかす、ニキビやニキビ跡など自分の気になる部分にだけ塗っていきましょう。カバーしない部分を作ることで素肌感が生まれます。

■フェイスパウダー
フェイスパウダーは、気になる部分に少しだけ塗るようにしましょう。フェイスパウダーをたくさん乗せると厚塗り感が出てきます。そのためツヤ感を消さないように鼻周りやフェイスラインなど、気になる部分にしっかりと乗せていくようにしましょう。

整形メイクのやり方【2】アイメイク

色々なカラーのアイメイク道具
整形メイクのアイメイクについてご紹介します。

■アイシャドウ
アイシャドウは、グラデーションを使って目元を大きく見せたいと思う部分ですが、わざわざグラデーションを作る必要はありません。自分の目の色に合ったカラーを使って、目元を華やかに見せていきましょう。

自分の肌のパーソナルカラーがわかる人は、自分に似合う色のアイシャドウを使いましょう。肌の色だけを知っているという人は、イエロー系の肌の人はブラウン系やオレンジ系、ブルー系の肌の人はピンク系やブルー系のアイシャドウを使ってみましょう。

そうすることで、単色カラーでも目元がいつもと違って華やかで透明感のある仕上がりになりますよ。

■涙袋
涙袋は、整形メイクでとても重要になります。まずは影となる部分に暗いカラーのアイシャドウを黒の目の下の部分にだけ乗せていきます。次に明るくパール感のあるアイシャドウを、影を付けた上の部分乗せていきます。

■アイライン
アイラインでは、必ずインラインを引くようにしましょう。まつげとまつげの間を埋めることで、目を大きく見せることができます。アイラインは太くするとより目のフレームを強調させることになるので、アイラインは細めに引くということを意識しましょう。

■マスカラ
マスカラは、しっかりとカールを付けた状態で乗せていきます。ビューラーでしっかりと根元を挟み、3段階にしてカールを付けていきます。カールをキープするために、必ずマスカラ下地を付けていきましょう。

マスカラ下地を付けたら、マスカラを乗せます。1本1本ダマにならないように、丁寧に乗せていきます。さらにカールをキープするために、最後にホットビューラーを当てて完成です。

整形メイクのやり方【3】リップ&チーク

色々なメイクブラシ
整形メイクのリップとチークのやり方についてご紹介します。

■リップ
リップはチークよりも先に乗せていきます。そうすることで顔の血色感のバランスを付けることができます。リップのカラーは、肌なじみのいいカラーよりも、濃いカラーの方が印象を大きく変えることができます。最初のうちは唇に少量だけ乗せて、ポンポンと指でなじませて行くことで、色を調整していきましょう。

■チーク
チークについては、全体のバランスを見ながら入れていきましょう。全体的にまだ印象が足りないと思ったら、チークの色を濃いめにしてみましょう。そうすることで、血色感が強調されて、かわいらしい整形メイクになります。

反対に全体的な血色感が強い場合は、チークは控えめなカラーにすることで透明感を強調することができます。
整形メイクについてご紹介しました。整形メイクでは、自分が良く見せたい部分やポイントにしたい部分に力を入れて、他の部分を引き算メイクすることが大切になります。ナチュラルにかわいく見せるためにも、ぜひ自分だけの整形メイクのやり方を見つけてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。