NOV.05.2019

模試に適した服装とは?中学生・高校生向けのおしゃれコーデ9選

模試に適した服装とは?中学生・高校生向けのおしゃれコーデ9選 模試に適した服装とは?中学生・高校生向けのおしゃれコーデ9選

模試を受ける時は、服装に悩む人が多いです。ここでは、高校入試や大学入試の準備のために模試を受ける人に向けて服装選びのポイントやおしゃれなコーデをご紹介します。

模試の服装選びのポイントは?

 

模試を受ける時は、「何を着ればいいの?」と服装に悩む人が多いです。まずは、模試の時の服装選びのポイントについてチェックしてみましょう。

■制服でも私服でもOK
模試の案内に服装に関する指定が書かれていない場合は、制服でも私服でも問題ありません。模試の案内をしてくれる職員は学校関係者ではなく、模試を主催する会社の関係者なので、私服を着ても入試で不利になることはないです。

制服と私服の割合は会場や模試の種類によって違うので、浮きたくない人は友達や先輩に確認してみると良いでしょう。

■本番を想定した服装がおすすめ
模試を受けるのは今の成績を知るだけでなく、試験の雰囲気に慣れるためでもあります。そのため、模試は本番を想定した服装で受けるのもおすすめです。制服で入試を受けるなら模試も制服、私服で入試を受けるなら模試も私服にすると、入試当日に緊張しにくいでしょう。

■着脱できる上着が便利
模試の会場や席によっては、エアコンで冷えたり、暑すぎたりすることがあります。試験に集中したい人はさっと着脱できるカーディガンやパーカーなどがあると役立つでしょう。

模試の服装選びの注意点

 

模試の服装は基本的には自由ですが、2つのポイントには注意しましょう。

■英字や漢字、地図がプリントされた服は避ける
英語や漢字、地図などがプリントされている服には問題の答えが書かれている可能性があります。模試によってはこれらの服が禁止されていることもあるため、なるべく無地の服を選ぶのが無難です。

■タイトな服装は集中できない
体を締め付けるタイトな服装ではリラックスして模試を受けられません。日頃の勉強の成果を出したいなら、ゆったりとした服装を選ぶのがおすすめです。ただし、ジャージなどのカジュアルすぎる服装は緊張感がなくなって集中できないので、注意してください。

模試におすすめの服装【1】校内模試は制服が基本

 

大学入試を受ける高校生を対象にした進研模試などは学校内で受験することが多いです。校内で実施される模試は授業の一環として行われるため、服装は普段、学校に行く時と同じように制服を選びましょう。制服がない学校で模試を受ける場合は、私服で問題ありません。

模試におすすめの服装【2】学校以外で実施される模試は私服でも大丈夫

 

駿台模試や東進模試、河合模試、河合塾のオープン模試、代々木ゼミナールの模試など予備校や大学で実施される模試を受ける時の服装は制服でも私服でもOK。高校で実施される中学生向けの模試も服装に決まりはありません。

私服でおしゃれを楽しんでも入試本番を想定して制服を着ても良いでしょう。ただし、靴は履き慣れたものを選ぶのがポイント。新しい靴を履くと、靴擦れなどで模試に集中できない可能性があるので、注意してください。

模試におすすめの服装【3】中学生は白ニット×チェック柄スカートで可愛く

 

中学生が高校入試の準備のために模試を受けるなら、白ニットとチェック柄スカートを合わせた可愛い服装がおすすめ。ベレー帽などの小物を上手に使えば、周りの人と差を付けられます。帽子などの小物は試験会場に着いたら取ってください。

模試におすすめの服装【4】高校生は白シャツ×ニットでおしゃれに

 

私服で模試を受ける高校生にぴったりの服装は白シャツ×ニット。シャツとニットの重ね着はきちんと感があり、緊張感のある模試に適しています。ゆったりとしたトップスとすっきりとしたパンツをコーディネートすれば、垢抜けたおしゃれなコーデになるでしょう。

模試におすすめの服装【5】浪人生はカーディガン×デニムでシンプルに

 

浪人生(既卒生)には制服がないので、模試を受ける時の服装は私服です。カーディガン×デニムのシンプルコーデは模試の会場で浮きにくく、試験に集中できるでしょう。カーディガンはエアコンの冷え対策にも便利です。

模試におすすめの服装【6】春は花柄ワンピース×デニムジャケットで明るく

 

春は花柄ワンピースとデニムジャケットのコーデで明るい雰囲気に。ゆったりとしたシルエットのワンピースはリラックスして模試に臨みたい人にも良いでしょう。黒のバッグを持つと、コーデを引き締められます。

模試におすすめの服装【7】夏はポロシャツ×プリーツスカートで涼しげに

 

夏の模試はポロシャツとプリーツスカートで涼しげなイメージに仕上げましょう。ポロシャツ×プリーツスカートの服装はカジュアルすぎないので、制服の人がいる会場にも馴染めます。エアコンの冷えが心配な人は薄手のカーディガンなどを持って行きましょう。

模試におすすめの服装【8】秋はチェック柄シャツ×Tシャツでカジュアルに

 

秋はチェック柄シャツ×Tシャツでカジュアルコーデを作りましょう。シャツはさっと着脱できるので、模試中に暑くなったり、寒くなったりしても安心です。ボトムスはワイドなデニムを穿くと、体が締め付けられず、試験に集中できます。

模試におすすめの服装【9】冬はダウンジャケット×タートルネックニットで防寒

 

冬の模試では冷え対策できる服装を選ぶのがポイント。会場に行くまでに体が冷えると、手がかじかんで動かなくなるので、ダウンジャケットやタートルネックニットでしっかりと体を温めましょう。

寒い日はマフラーや手袋、タイツ、カイロなどの小物も取り入れてください。また、風邪が流行っている場合は、マスクをするのも大切です。

模試の服装は基本的に自由なので、制服でも私服でも問題ありません。本番を想定した服装やリラックスできる服装で入試に備えたり、日頃の勉強の成果を出したりしましょう。