BEAUTYOCT.01.2018

編み下ろしで後ろ姿を華やかに。おすすめのヘアアレンジ9選

ミディアム~ロングヘアの女性は、さまざまなヘアアレンジを楽しめる髪の長さが魅力的。アップスタイル、ハーフアップ、ポニーテールとたくさんありますが、その中でも圧倒的な人気を誇るのが“編み下ろし”です。そこで今回は、編み下ろしを活かしたおすすめのアレンジヘアをご紹介します。
ミディアム~ロングヘアの女性は、さまざまなヘアアレンジを楽しめる髪の長さが魅力的。アップスタイル、ハーフアップ、ポニーテールとたくさんありますが、その中でも圧倒的な人気を誇るのが“編み下ろし”です。そこで今回は、編み下ろしを活かしたおすすめのアレンジヘアをご紹介します。

大人の女性におすすめの編み下ろしとは?

ミディアムヘアの編み下ろしスタイル
ミディアム~ロングヘアの女性の間で、一つ結びは定番のアレンジ方法でしたが、最近大人の女性から人気なのが“編み下ろし”にしたヘアアレンジです。

編み下ろしとは、編み込みを毛先まで繰り返し、そのままゴムで結んだだけのダウンスタイルになります。

簡単にまとめた髪も素敵ですが、編み込みを加えるだけで華やかさが増し、後ろ姿をおしゃれに飾ってくれるのです。大人の女性らしい上品な印象にも仕上がるので、オンオフ問わないことはもちろん、パーティーや二次会などの特別な場所でもマッチしてくれます。

やり方をマスターできれば、おしゃれで可愛い髪型を楽しめるので、ぜひチェックしてみてください。

後ろ姿が華やぐ編み下ろしアレンジ【1】誰でもできる三つ編みでおしゃれな編み下ろしへ

 
不器用な女性や編み下ろしアレンジ初挑戦の女性におすすめなのが、毛先まで三つ編みをしただけの簡単アレンジ。

おしゃれに見せるポイントは、三つ編みをした後に編み目を引き出しながらほぐしていくことと、後れ毛をしっかり出すことです。ふわっとラフに仕上がることで、大人しいイメージが強い三つ編みも大人っぽくおしゃれに決められます。

仕上げにお気に入りのヘアアクセをプラスして、シンプルにまとめてみてください。

後ろ姿が華やぐ編み下ろしアレンジ【2】3本の三つ編みをまとめたこなれアレンジ

 
三つ編みの進化系で編み下ろしアレンジを楽しむなら、3本作った三つ編みを一つに合わせてみてください。

真ん中の三つ編みを太めに、サイドの三つ編みを細めに作ることがポイントです。たったこれだけですが、こなれ感が出せるのでワンランクアップさせたいときにおすすめ!

コームなどを添えれば、お呼ばれシーンにもぴったりな編み下ろしスタイルの完成です。

後ろ姿が華やぐ編み下ろしアレンジ【3】編み下ろし定番のルーズな表編み込み

表編み込みの編み下ろしスタイル
三つ編みと同じように、編み下ろしアレンジを楽しむ上で欠かせないのが表編み込みです。
サイドの髪を巻き込みながらトップから編み込んでいく方法で、華やかさはピカイチな編み込みですよ。

■表編み込みのやり方
①トップの髪を3つに分けたら、三つ編みをするように左側の毛束を真ん中の毛束に交差させ、耳側の毛束も真ん中に来た左側の毛束と交差させます。
②左側に移動させた毛束に新しく毛束を追加し、真ん中の毛束と交差させます。
③右側も同じように新しく毛束を追加し、真ん中の毛束と交差させましょう。

拾える毛束がなくなるまで繰り返せば完成です。
ざっくり編むほど華やかさも増すので、TPOに合わせて編み込みの大きさを変えてみてください。

後ろ姿が華やぐ編み下ろしアレンジ【4】三つ編みよりも簡単なロープ編み

ロープ編みで作った編み下ろし
三つ編みで作った編み下ろしアレンジよりも、もっと簡単にできてしまうのが、ロープ編みです。

二つに分けた毛束を持ったら、クロスさせながら毛先まで交互にしていくだけで完成です。おしゃれに見せるポイントは、両サイドにもロープ編みを加えること!

ボリューム感のあるざっくりしたロープ編みがアクセントになり、存在感や立体感を与えてくれます。きっちり決めるオンコーデより、ラフに決めるオフコーデとの相性がいいですよ。

後ろ姿が華やぐ編み下ろしアレンジ【5】サイドで作るフェミニンな編み下ろしスタイル

 
サイドで編み込みをする編み下ろしスタイルは、女性らしいフェミニンな雰囲気をいつも以上に増してくれます。

三つ編みをベースに、サイドに残しておいた毛束をねじり、作った三つ編みの編み目に通すだけで華やかさもこなれ感もアップさせることができますよ。三つ編みだとは思わせない編み下ろしアレンジです。

ヘッドアクセを飾れば、花嫁ヘアとしても活躍してくれそうなプリンセス感が素敵ですね。

後ろ姿が華やぐ編み下ろしアレンジ【6】スカーフと編み込む技ありテク

スカーフと編み込んだアレンジ
スカーフと一緒に編み込んでいく方法なら、簡単にワンランク上の編み下ろしスタイルが楽しめます。

■スカーフ編み込みのやり方
①トップの真ん中の毛束を上に持ち上げ、スカーフの中央部分を真ん中に置きます。
②そのままの状態で上げた毛束を下におろし、サイドの毛束とスカーフを一緒に持った状態で毛先まで編み込めば完成です。

最初にしっかり編み込んでおくと崩れにくくなりますよ。スカーフによって編み下ろしの印象を変えてくれるので、服装に合わせてスカーフをチョイスしてみてください。

後ろ姿が華やぐ編み下ろしアレンジ【7】脱力感重視のラフな今どきスタイル

ラフな編み下ろしスタイル
今っぽさが溢れるこなれ編み下ろしスタイルにするなら、とことんラフに編み込んで決めるのが正解。

波ウェーブをベースにしたら、耳くらいの高さから毛先に向かって、ざっくりふんわり作りやすい編み込みを繰り返すだけです。

決め込みすぎない脱力感が、逆におしゃれな雰囲気をかきたててくれます。結婚式などのお呼ばれシーンより、女子会のような気を遣わずに楽しめるシーンにおすすめです。

後ろ姿が華やぐ編み下ろしアレンジ【8】外国人風の編み下ろしならフィッシュボーン

サイドで作ったフィッシュボーン
外国人風の編み下ろしアレンジにするなら、フィッシュボーンがおすすめです。

■フィッシュボーンのやり方
①編みたい毛束を半分に分けます。
②2本持ったら、まずは片方の毛束の外側から少量の髪を取り、もう一方の毛束に合わせます。
③今後は先ほど合わせた毛束の外側から少量の髪を取り、もう片方の毛束に合わせてあげましょう。

交互に毛先まで繰り返せば、フィッシュボーンの完成です。抜け感のあるアンニュイな雰囲気に合わせて、コーデしたくなりますね。

後ろ姿が華やぐ編み下ろしアレンジ【9】表編み込み×三つ編みの上級者テク

表編み込みからの三つ編み
最後におすすめする編み下ろしアレンジは、2つの編み込みを組み合わせた上級者スタイルです。

トップに近い位置から表編み込みをしていき、すくえる髪がなくなったところで三つ編みに切り替えます。異なる2つの編み込みが存在感を高め、こなれた雰囲気を漂わせてくれます。

もちろん、裏編み込みからのフィッシュボーンというような組み合わせでもOKなので、やりやすい編み込みを2つ取り入れてみましょう。
後ろ姿が華やかになる、編み下ろしアレンジをご紹介しました。編み込みの種類によってこなれ感を残しつつも、さまざまな表情を見せてくれるので毎日のヘアアレンジが楽しくなること間違いなし!慣れてきたら自分流の編み下ろしスタイルも見つけることもできるので、ぜひマスターして楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。