FASHIONDEC.21.2018

ファーを自宅で洗濯する方法!リアルとフェイクのお手入れ方法

トレンドのファー素材のジャケットやコートは、自宅で洗濯するのは難しそうなイメージがありますよね。リアルファーとフェイクファー、どちらも自宅で洗濯できるものなのでしょうか?そこで今回は、ファーの洗濯方法についてご紹介します。
トレンドのファー素材のジャケットやコートは、自宅で洗濯するのは難しそうなイメージがありますよね。リアルファーとフェイクファー、どちらも自宅で洗濯できるものなのでしょうか?そこで今回は、ファーの洗濯方法についてご紹介します。

リアルファーとフェイクファー、どちらも自宅で洗濯できる?

ファー素材のクッションカバー
ふわふわして気持ち良いファー素材。冬には欠かせない素材ですよね。トレンドのファージャケットやコートを購入して、そのお手入れに困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ファーにはリアルファーとフェイクファーの2種類があります。リアルファーは自宅では洗濯できません。ドライクリーニングに出す必要があります。フェイクファーは自宅で洗濯できるものもあります。

ファーアイテムが自宅で洗濯できるかどうかは、アイテムについている洗濯表示で判断します。洗濯表示が「洗濯機洗いできるマーク」か「手洗いできるマーク」なら自宅で水洗いできます。洗濯表示の見方は以下を参考にしてください。

■洗濯表示の見方

・洗濯機洗いできるマーク
たらいの中に水が入っているマーク。たらいの中の数字は、洗濯する際の水温の上限を指示しています。

・手洗いできるマーク
水が入ったたらいの中に手があるマーク。洗濯機ではなく手洗いが必要なことを意味しています。

・水洗い不可のマーク
水が入ったたらいの上から×があるマークは、自宅で洗濯できません。必ずドライクリーニングに出してください。

ファーの洗濯方法【1】洗濯機洗い:エマールなどのおしゃれ着用洗剤を使って

洗濯機を操作する女性
ファーは繊細な素材なので、自宅で洗濯する場合はできる限り手洗いすることをおすすめします。ただ、洗濯表示で「洗濯機洗いできるマーク」なら洗濯機で洗うことは可能です。

■用意するもの

・おしゃれ着用洗剤(エマールなどの中性洗剤)
・洗濯ネット

■洗濯手順

①ファーを畳んで洗濯ネットに入れます。

②水温は30度位のぬるま湯で、洗濯コースは弱水流の手洗いやドライで設定します。

③脱水は10秒ほど短めにかけます。

④干し方は物干しスタンドに渡して干したり、ハンガーにタオルを巻いてかけて干します。必ず風通しのいい場所で陰干ししましょう。

ファーの洗濯方法【2】手洗い:失敗を防ぐには手洗いがベスト!洗剤はシャンプーも使える

シャンプー剤
ファーは毛なのでシャンプーで洗うこともできます。コートやジャケットはおしゃれ着用洗剤を使うのがベストですが、今回はシャンプーで手洗いする方法をご紹介します。

■用意するもの

・シャンプー
・コンディショナー(リンス)
・洗い桶(洗面器や洗面台でもOK)
・洗濯ネット

■洗濯手順

①洗い桶に30度位のぬるま湯を入れてファーを浸します。

②一旦ファーを取り出して、1プッシュほどのシャンプーをファーの毛に揉みこんで優しく洗います。

③洗い桶のぬるま湯で泡が無くなるまですすぎます。

④コンディショナーを少量取って毛に馴染ませます。

⑤洗い桶のぬるま湯を替えてファーを中で泳がせます。

⑥軽く水を切って、洗濯ネットに入れて洗濯機で10秒ほど脱水にかけます。

⑦干し方は洗濯機洗いの洗濯手順の④の方法で。

ファーの洗濯方法【3】洗濯の仕上げ:ドライヤー&ブラッシングでふわふわが復活!

ピンクのファー
ファーが乾いたらドライヤーを低温であてて、ふわふわになるように毛並みを整えます。最後に洋服ブラシなどで毛並みに添ってブラッシングして、ふわふわした状態に復活させましょう。

このドライヤーとブラッシングをかけてふわふわを復活させる方法は、ファーが雨や雪で濡れた場合にも使えます。濡れたら陰干しで乾かして、この方法で仕上げてみてください。

ファーの洗濯方法【4】襟や袖についたファーのお手入れ方法

襟にファー使いしてあるジャケット
ジャケットやコートで、ファーが襟や袖などに部分使いしてあるものがあります。そういったものは、取り外しができれば今回ご紹介した洗濯方法で優しく洗ってください。(洗濯表示は必ず確認!)

もし取り外しができない場合は部分洗いします。タオルで水分を取ってドライヤーをあてればふわふわが復活します。

ファーアイテムの日頃のお手入れ方法

ファーのブラッシング
リアルファーは基本的にドライクリーニングしかできませんが、日頃のお手入れをまめにすることで、クリーニングに出す回数を減らすことができます。

ファーアイテムを着用したら、洋服ブラシを使って毛並みに添ってブラッシングします。軽い汚れやほこりは、このブラッシングで取り除くことができます。日頃からこのブラッシングを行っておくと、クリーニングや洗濯する頻度を減らすことができるのでおすすめです。
トレンドのファーアイテムは洗濯方法が難しそうで、お手入れがついついおろそかになってしまいます。ただ、放置しているとふわふわ感がなくなったり、劣化して艶がなくなったりして残念な状態になってしまいます。シーズンに一度ほど衣替えのタイミングで大丈夫なので、清潔な状態にして来年またふわふわのファーを楽しめるようにお手入れしておきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!