LIFESTYLEJUL.10.2019

うどんをお弁当に持って行きたい!持って行き方やレシピをご紹介

お弁当の主食の定番といえばご飯ですが、うどんを主食にしたお弁当もおすすめです。そこで今回は、うどんをお弁当に入れる際の注意点や、くっつかない持って行き方、お弁当におすすめのレシピをご紹介します。
お弁当の主食の定番といえばご飯ですが、うどんを主食にしたお弁当もおすすめです。そこで今回は、うどんをお弁当に入れる際の注意点や、くっつかない持って行き方、お弁当におすすめのレシピをご紹介します。

うどんをお弁当に持って行く際の注意点

焼きうどん
お弁当といえば、主食はご飯が定番ですが、パンや麺類など、ご飯以外を主食にしたお弁当も人気がありますよね。

特に、うどんは、消化が良いので、子どものお弁当にもおすすめの主食です。メニューのバリエーションも豊富で、コンビニでも手軽に購入できるので、お米を炊く時間がない日のお弁当にも重宝しますよ。


■うどんの持って行き方

ところが、うどんをお弁当に持って行くと、作り方によっては、麺同士がくっついてしまい、とても食べにくい状態になってしまうことがあります。

うどんの麺同士がくっついてしまうのを予防するためには、麺のゆで方が重要です。

うどんはたっぷりのお湯で茹でます。麺が茹で上がったらザルに入れ、水洗いをしてぬめりを取り、しっかりと水気を切ってから調理を始めます。

さらに、サラダ油やオリーブオイル、ごま油など、冷えても固まりにくいオイルで麺をコーディングすることで、麺同士がくっついてしまうのを防ぐことができます。


■麺がのびないためには

「サラダうどん」や「たぬきうどん」などの汁物の冷やしうどんはもちろん、「カレーうどん」や「肉うどん」などの温かい汁物のうどんをお弁当として持って行く際には、麺とつゆ、そして具材を分けて入れるのが、麺がのびるのを予防するポイントです。

つゆを魔法瓶やスープジャーなどに入れれば、冷たいつゆも冷えた状態で食べることもできますし、温かいつゆを保温しておけば、電子レンジで温める必要もありませんね。

ただし、氷を入れてつゆを冷やして持ち歩く場合は、つゆ自体を凍らせるか、つゆを濃く作り、氷が融けても味が薄くならないように工夫する必要があります。

市販の1人前のスープのパックを持っていき、食べる直前にうどんにかける方法もありますよ。

汁物のうどんをお弁当箱に入れる場合は、あらかじめ少量のオイルでコーティングし、うどんを卵位のサイズに丸めてお弁当箱に敷き詰めます。うどんに食品用のラップをかぶせ、その上に具材を盛りつけます。

また、汁物以外のうどんのメニューも、なるべく水分がつかないようにお弁当箱に入れることで麺がのびるのを防ぐことができますよ。


■冷凍うどんの解凍の仕方

ストックしていた冷凍うどんは、電子レンジで加熱すれば、簡単に解凍できます。

お弁当におすすめのうどんレシピ【1】焼きうどん

焼きうどん弁当のレシピ
醤油と鰹節の風味が香ばしい焼きうどんは、簡単に作れるお弁当におすすめのメニューです。

茹でうどんはもちろん、冷凍うどんを解凍して使用することもできます。

お弁当におすすめのうどんレシピ【2】ピリ辛うどん

肉味噌マーラー麺のレシピ
ピリ辛の肉味噌が食欲をそそる肉味噌うどんも、お弁当におすすめのメニューです。

うどん以外にも、中華麺を入れるのもおすすめですよ。

お弁当として持って行く場合には、付け合わせの野菜は、油で炒めたものや、ボイルや蒸したものなど、一度加熱した野菜を入れると、傷みにくいですね。

お弁当におすすめのうどんレシピ【3】天ぷらうどん

年明けうどん弁当~エビと枝豆のかき揚げ~のレシピ
特別感のある天ぷらうどんも、麺と天ぷら、そしてつゆを別々のお弁当箱やスープボトルに入れれば、贅沢なランチタイムが楽しめるのでおすすめです。

かき揚げの海老や枝豆が彩りをアップしてくれるので、見た目も華やかな印象になりますね。

お弁当におすすめのうどんレシピ【4】肉うどん

肉うどんのレシピ
シンプルな肉うどんは、食べるとホッとする温うどん弁当です。

お弁当として持って行く場合は、スープジャーに熱々のスープを入れ、食べる直前にうどんをスープジャーの中に入れて、つけ麺のようにして食べるのがおすすめですよ。

お弁当におすすめのうどんレシピ【5】サラダうどん

超簡単♥5分で出来ます♥美味しいサラダうどんのレシピ
5分でできる簡単なサラダうどんは、忙しい朝でもササっと作れるメニューです。食欲がない時でもさっぱり食べれるレシピですよ。

お弁当として持って行く場合には、つゆとマヨネーズは別の容器に入れて持っていきましょう。

お弁当におすすめのうどんレシピ【6】カレーうどん

うどん屋さんのカレーうどんのレシピ
鰹節と醤油がほんのり和テイストなカレーうどんは、お弁当としても持ち歩きやすい、とろっとしたつゆです。

カレーのスパイスが食欲をアップして、体もポカポカさせてくれるので、午後からの活力をくれるレシピです。

お弁当におすすめのうどんレシピ【7】ドライカレーうどん

麺つゆが香る♪野菜たっぷりドライカレーうどんのレシピ
冷凍うどんで作れるドライカレーうどんは、スープジャーがなくてもカレー味のうどんが食べれる絶品レシピです。

お弁当箱に入れる際は、加熱できる耐熱容器を使用するのがおすすめです。うどんにオリーブオイルを少量絡ませておき、ドライカレーや茹で卵、ネギなどは食べる直前にかけるようにしましょう。
うどんをお弁当に入れる際には、あらかじめデンプン質を洗い流し、麺をオイルでコーティングすることで、麺同士がくっつきにくくなります。また、うどんとつゆを別の容器に入れて持ち歩くことで、麺がのびにくくなりますよ。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6