FASHIONJUN.26.2018

人気スタイリスト、マツヤエリコさん的定番アイテム

ファッションのプロであるスタイリストさんにオススメアイテムを紹介してもらう連載企画。6月後編は前回に引き続き、スタイリストのマツヤエリコさん的、定番アイテムをほぼ私物でご紹介します。
ファッションのプロであるスタイリストさんにオススメアイテムを紹介してもらう連載企画。6月後編は前回に引き続き、スタイリストのマツヤエリコさん的、定番アイテムをほぼ私物でご紹介します。

styling keyword “着ると落ち着く!辛口ヴィンテージアイテム”

誰にでもある、着ると落ち着くアイテム&テイスト。今回はトレンドとは関係ないものもありますが、長く身につけていきたいと思って買った、私の定番アイテムを紹介します。

“ガーリーブラウス”

(右)ブラックブラウス/ELIN (中央)ホワイトブラウス/エディット フォー ルル (左)ドット柄ブラウス/HONEY MI HONEY( すべてスタイリスト私物)

ヴィンテージコーデの定番ガーリーブラウス。年齢に合わせて、素材がエレガントで形が女性らしいアイテムを選んでいます。定番の白黒に加えて、今春はトレンドのドット柄を買い足しました。

“リーバイス517”

デニムパンツ/すべてリーバイス(スタイリスト私物)

ひざ下から少しフレアになるブーツカットのリーバイスの“517”がデニムパンツでは好きです。古着屋で買ったものをクロップド丈に自分でカットオフして、ショートブーツと合わせて履いています。

“オーバーオール”

デニムオーバーオール¥5,292/Lee(原宿シカゴ 神宮前店)

ガーリーブラウスや、女性らしいタイトなトップスと合わせて、カジュアルになり過ぎないように着ています。オーバーサイズで着心地がいいので、お休みの日や旅行時に着ることが多いです。

“バンダナチョーカー巻き”

(右)ライトブルーバンダナ/FOREVER21 (中央)ネイビーバンダナ/manipuri
(左)ブラックバンダナ/ノーブランド 

いくつかあるバンダナの巻き方ですが、私は細めに折りたたみ、首後ろで結んでチョーカー風に巻いています。ネイビーのmanipuriはヴィンテージスカーフ愛好家の方が作ったブランドで、シルク素材で出来ているちょっと大人なバンダナです。

“ウェスタンブーツ”

ウェスタンブーツ/ノーブランド
おそらく10年ほど前に渋谷にあったウェスタンブーツ屋で、ゆっくり使い込んでいきたいと思い新品で購入。ここ数年眠らせていましたが、最近じわじわとウェスタンムードを感じているので、新しい着こなしでまた履きたいなと思っています。

“ベルト”

ベルト/TOGA PULLA

ハトメがベルト全体についているので長さ調節が自在と思い、即購入。今春夏はジャケットやワンピースのウェストにオンしてよく使っています。ウェストにつけると垂れ下がる、少し長めのデザインもお気に入りです。

“シルバーアクセ”

ブラックひもチョーカー、細リング/エディット フォー ルル シルバーチョーカー/JUSTINE CLENQUET ブラックリング/DEPT ホワイトリング、小粒リング/shushu(右から時計周り/すべてスタイリスト私物)

ブラックストーンのリングを始めとして、それに合うものを見つけたら少しずつ買い足して集めています。セットアップなどかっちりしたコーデに、アクセだけ少しヴィンテージテイストをミックスするのが、最近の気分です。

〔Stylist Profile〕マツヤエリコ

2008年独立。着る人や伝えたいイメージに合わせたスタイリングで、ファッション誌、ファッションサイト、広告、アーティストを中心に活動中。
Photographer:Ikkei Teranaka
Stylist:Eriko Matsuya
Writer:Naoko Hirose
SHARE:
TAGS:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。