FASHIONMAY.31.2019

黒×ピンクで配色美人に!バリエーション豊富なコーデを楽しむコツ

コントラストが強くメリハリがあるスタイルが完成する黒とピンクのコーデ。季節を問わず様々なバリエーションを楽しめるので、早速コーデポイントをチェックしてみましょう!
コントラストが強くメリハリがあるスタイルが完成する黒とピンクのコーデ。季節を問わず様々なバリエーションを楽しめるので、早速コーデポイントをチェックしてみましょう!

黒×ピンクコーデのポイント!あと1色プラスするなら何色?

 
クールな黒と甘めのピンクは、大人っぽいミックステイストを叶えてくれる配色。他カラーでは真似できない雰囲気をかもし出してくれます。

ピンクは種類が豊富なカラーで、それぞれ印象が変わります。例えば黒とショッキングピンクのコーデは、夜のお出かけにぴったりな情熱的な配色。逆に薄いピンクだと、フェミニンテイストが強くなります。

大人女子にぴったりなくすみピンクやコーラルピンクは、落ち着きのある雰囲気に。オフィススタイルにもぴったりですね。

■プラス1色におすすめのカラー

黒×ピンクコーデにプラスするなら、白やグレーがおすすめ。モノトーンコーデにピンクが効果的なアクセントになります。

どちらのカラーとも相性が良いベージュやデニムも、2色のキツめのイメージを緩和して優しげな雰囲気に仕上げてくれるでしょう。

意外に違和感なく馴染むカラーが赤!パーティーやイベントなど、パッと目を引くコーデに仕上げたい時に便利ですよ。

黒×ピンクのおすすめコーデ【1】ピンクワンピースとライダースで甘辛スタイルに

 
かなりガーリーなラインのピンクワンピースは、1枚だと甘過ぎて幼く見えてしまうのが心配。そこで役立つのがライダースジャケットです。

一瞬にしてふんわりワンピースの甘さが女性らしい雰囲気に変身。極端な甘辛テイストのコーデですが、帽子や靴で遊び心をプラスすれば親しみやすくなります。

黒×ピンクのおすすめコーデ【2】春を感じるふんわりピンクスカートは黒トップスでシンプルに

黒トップス×薄ピンクスカート
桜を連想させる薄いピンクのスカートは、シンプルなアイテムと合わせて大人見せするのがおすすめ。Tシャツとバッグを黒にすれば、絶妙なバランスが好印象のコーデに。

足元は違和感なく馴染む白いスニーカーで、春らしい軽快さを出しましょう。

黒×ピンクのおすすめコーデ【3】インパクトがある大人ピンクのボトムでかっちりスタイルに

 
紫がかった濃いめのピンクは、コーデの難易度が高いカラーです。コントラスト強めの黒や白で、ピンクをリフレッシュさせるのがポイント。

黒トップスはエレガントなシルエットをキープできるように、とろみ素材がおすすめ。抜け感が似合わない配色なので、ウエストはきっちりインが正解です。

黒×ピンクのおすすめコーデ【4】涼しげな薄いピンクのタイトスカートを黒で引き締める夏コーデに

 
リネンの持つ独特の風合いが大人きれいを叶える、ピンクのロングタイトスカート。サイドのボタンをいくつかはずせば、さらに涼しげな見た目になりますね。

暑い季節の肌見せも上品にまとまるタンクトップは、黒をチョイスして大人顔に。ショルダーバッグの斜め掛けや、足元のローテクスニーカーで可愛げをプラスしましょう。

黒×ピンクのおすすめコーデ【5】ショッキングピンクのワンピースは黒レギンスでトーンダウンして

 
目の覚めるような鮮やかなピンクのワンピース。暑い夏に着心地が良いTシャツワンピなら、ラフな素材感で悪目立ちする心配もありません。

サイドのスリットからは、素肌よりも黒いレギンスを覗かせた方が大人っぽい仕上がりに。小物もすべてピンクと黒で統一して、カラーリングで甘辛のバランスを整えましょう。

黒×ピンクのおすすめコーデ【6】ピンクニット×黒いレーススカートは遊び心がポイント

 
ガーリーなピンクのロゴニットは、男性ウケもバッチリなモテアイテム。同じく好感度が高いレーススカートは黒を選んで、お互いの良さを引き出す着こなしに。

単なるガーリーコーデに終わらないポイントは、キュートなロゴニットや、よく見ると星柄のレーススカートがかもし出す遊び心の効果です。

黒×ピンクのおすすめコーデ【7】プラスワンカラーのベージュでバランスの良い配色に

 
透け感があるコーラルピンクのプリーツスカートは、トップスとのバランスが重要ポイント。甘辛の基本であるライダースジャケットなら、文句なしに大人見えします。

問題はインナーのカラーですが、無難な白より黒のハードさを和らげてくれるベージュがおすすめ。黒×ピンクと相性が良いですし、スカートから覗く素肌の色ともリンクします。

黒×ピンクのおすすめコーデ【8】デニムを挟んで大人のきれいめカジュアルコーデに

黒ニット×ピンクヒール
黒ニットにダメージデニムのこなれカジュアル。足首を出すのは大人見えの鉄則ですが、足元をピンクのヒールにするのが垢抜けテクニック。

デニムは、黒×ピンクの配色にフィットします。アウターが必要な時は、同じく相性が良いライトグレーのロングコートで、黒の面積を減らしてバランスを整えましょう。

黒×ピンクのおすすめコーデ【9】くすみピンクのコートにギンガムチェックで可愛げプラス

 
くすみピンクのダッフルコートは、インナーコーデが少々子供見えしても帳消しにしてくれる大人っぽいアウター。

黒×白のギンガムチェックのタイトスカートなら、コートの丈感とのバランスも吉。モノトーンコーデにピンクをプラスする着こなしは、配色的にも好バランスです。
相性抜群の黒×ピンク。微妙なカラーリングの違いで雰囲気を変えることができるので、ぜひ自分好みのコーデを完成させるために役立ててください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6