FASHIONMAY.16.2019

スキニー×ジャケットの着こなしテクニック!周りと差がつくコーデに

メンズライクな見た目になりがちなジャケット×スキニーの着こなし。デイリーコーデに役立つ、女性らしさとおしゃれ感を兼ねたコーデをマスターしましょう。
メンズライクな見た目になりがちなジャケット×スキニーの着こなし。デイリーコーデに役立つ、女性らしさとおしゃれ感を兼ねたコーデをマスターしましょう。

スキニー×ジャケットのコーデポイント

 
■カラーリングで差をつける!

スキニーとジャケットのカラーリングによっておしゃれ度が決まります。色の相性が良いのはもちろん、全体的に統一感があることがポイント。

黒スキニー×黒ジャケットでオールブラックコーデやモノトーンに仕上げたり、アースカラーでまとめるのもバランスが整います。

■ジャケットで季節感を表現する

レディースジャケットには様々な種類がありますが、デザインや素材、柄で季節感を表現するのが、上級者テクニック。

春夏はリネンのテーラードジャケットやデニムジャケット、秋冬はウールジャケットやダウンジャケットが役立ちますよ。

■小物でレディーライクに

基本的にメンズライクな組み合わせなので、女性らしさを表現する必要あり。靴やバッグ、アクセサリーできれいめアイテムを投入しましょう。

スキニー×ジャケットのおすすめコーデ【1】春っぽいリネンのテーラードジャケットは黒スキニーでシンプルに

 
リネンの風合いが、春らしさと大人っぽさを両立してくれるテーラードジャケット。カラーはどんなスタイルにも役立つベージュがおすすめ。

黒いスキニーで引き締めれば、細見え効果も。春は何かと行事が多い季節ですが、ボトムをエレガントなスカートに変えれば対応できますよ。

スキニー×ジャケットのおすすめコーデ【2】ネイビージャケットはダメージスキニーで涼しげな夏コーデに

ネイビージャケット×スキニーデニム
大人カジュアルに役立つのが、シンプルなネイビージャケット×ダメージスキニー。まさに「こなれた雰囲気」というワードがぴったりハマるスタイルです。

夏はインナーにVネックのTシャツを着てデコルテを見せることで、女性らしさと涼しさのどちらも叶えてくれます。

スキニー×ジャケットのおすすめコーデ【3】黒スキニー×チェックジャケットで秋を満喫するコーデに

 
秋の定番柄であるブラウン系のチェックをジャケットで取り入れることで、一瞬にして表情が秋らしくなります。

ボトムはシンプルな黒スキニーでスッキリと。パーカーアウトやキャスケットで遊び心をプラスしておしゃれを楽しむのも、秋らしいスタイルですね。

スキニー×ジャケットのおすすめコーデ【4】スキニーでダウンジャケットのボリュームを抑えて

 
真冬の防寒ジャケットといえばダウン。ボリューミーなシルエットを引き締めて細見えを狙うには、ボトムにスリムなスキニーを投入するのがマストです。

カーキのダウンジャケットなら、デニムを始め、黒、白など様々なカラーのスキニーと合うので、1枚あると重宝します。

スキニー×ジャケットのおすすめコーデ【5】可愛げのある白ジャケットと黒スキニーで冬のモノトーンコーデに

 
冬は顔周りに白があることで、女性を可愛く見せてくれる効果がアップ!白いウールジャケット×白ニットなら、最強のモテスタイルに。

可愛いだけでは物足りない時は、黒スキニーで辛さを取り入れます。モノトーンコーデにすればクールさもプラスされて、カッコ可愛いコーデに仕上がりますよ。

スキニー×ジャケットのおすすめコーデ【6】ミリタリージャケット×ラインスキニーで20代の若々しさを表現

ミリタリージャケット×ラインスキニー
旬のスポーツミックスコーデに便利なのが、ラインスキニー。トレンドに敏感な20代におすすめなのは、ボリューミーなアウターとの逆三角形シルエットです。

ボア付きのミリタリージャケットをサラッと羽織れば、防寒効果もバッチリ。メンズライクな見た目なので、足首を見せたりヘアスタイルで女性らしさを表現しましょう。

スキニー×ジャケットのおすすめコーデ【7】30代はダブルのジャケットで大人っぽいスキニーコーデに

 
若見えも老け見えも避けたい30代は、あえてダブルのジャケットでコーデを新鮮な見た目に。ボタンを留めて着ることで、ジャケットが主役となる大人っぽいスタイルが完成。

ジャケットから伸びる濃いめカラーのスキニーデニムで、足が細く長く見える効果も期待できます。

スキニー×ジャケットのおすすめコーデ【8】ペールカラーでまとめてアラフォーの大人カジュアルに

 
テーラードジャケット×スキニーデニムで周りと差をつけたい時は、カラーリングで個性を出すのがアラフォー世代のテクニック。

ベージュのジャケット、ホワイトデニム、インナーの薄いピンクなど、全て優しげなカラーでまとめるニュアンスコーデ。若い世代にはなかなか真似できないスタイルです。

スキニー×ジャケットのおすすめコーデ【9】40代はノーカラージャケットで洗練された雰囲気に

 
ジーンズに合うジャケットは沢山ありますが、中でも一番大人っぽいのがノーカラージャケットです。インナーをとろみ素材のブラウスにすることでさらにエレガントな仕上がりに。

足元はジャケットと同じカラーのヒールでリンクさせて。40代女性には、スキニー以外はすべてカッチリアイテムで揃える着こなしがおすすめです。
ジャケットもスキニーも、種類が豊富で様々な組み合わせが可能。オールシーズンで楽しめるコーデなので、自分好みのスタイルを見つけて着こなしの幅を広げましょう!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック