FASHIONJUN.15.2018

可愛いだけは卒業。乃木坂46松村沙友理が着るハンサムレディスタイル

可愛いものは好きだけど、年齢的にちょっと厳しいかも…。そこで可愛いをベースに、大人っぽくて新鮮なスタイルを紹介します。いつもよりもハンサムな着こなしの松村沙友理さんにも注目です。
可愛いものは好きだけど、年齢的にちょっと厳しいかも…。そこで可愛いをベースに、大人っぽくて新鮮なスタイルを紹介します。いつもよりもハンサムな着こなしの松村沙友理さんにも注目です。

花柄も黒ベースなら大人レディにキマる

花柄パンツコーデ
大花柄のワイドパンツが主役のワントーンコーデ。ヴィンテージ感のあるハットとバッグの合わせで、大人でレトロな雰囲気のスタイルに。

ネイキッドバックショートベスト¥38,000/KETA GUTMANE(MIDWEST) 花柄ワイドパンツ¥14,000/nano・universe(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) バッグ¥20,000/ADINA MUSE(ADINA MUSE SHIBUYA) ハット¥14,200/CA4LA(CA4LA ショールーム) サンダル¥15,000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

シャツドレスをハンサムレディに着こなす

シャツドレスコーデ
一枚でもお洒落に決まる、ダブルボタンが今年らしいシャツドレス。ハンサムに着るならワイドパンツとキャスケットをプラスして、格好良く女らしさを引き立たせる。

コットンシャツドレス¥42,000/STAIR(MIDWEST) デニムワイドパンツ(ビスチェset)¥11,000/31 Sons de mode(ヒロタ) バッグ¥5,900/STELLAR HOLLYWOOD キャスケット¥8,400/CA4LA(CA4LA ショールーム) イヤリング¥10,000/THE Dallas(シック) デニムパンプス¥18,500/ダイアナ ロマーシュ(ダイアナ 原宿店)

流行りのチェック柄は旬なスポーツMIXで新鮮さを

チェックワンピースコーデ
ガーリーになりがちなチェック柄のジャンスカはベルトデザインでカジュアルなものをセレクト。キャップでスポーティー要素を足して、ボーイッシュになり過ぎないように足元はパンプスを選んで。

ノースリーブニット¥4,990/REDYAZEL(REDYAZEL ルミネエスト新宿店) チェックジャンパースカート¥28,000/AULA キャップ¥4,600/KANGOL(クリハラ コーポレーション カスタマーセンター) バッグ¥5,900、厚底パンプス¥6,500/ともにCHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN)

モノトーン×レイヤードでこなれモードスタイル

レディなモノトーンコーデ
格好良くなりがちなモノトーンスタイルはレースキャミのレイヤードとスカートの裾レースでレディな装いに。モノトーンに映える、差し色の赤いサンダルがポイント。

メッシュレイヤードTシャツ¥12,000、レースキャミソール¥9,000/ともにAULA レイヤードスカート¥37,000/PONTI(MIDWEST) バッグ¥37,000/ADINA MUSE(ADINA MUSE SHIBUYA) サンダル¥6,900/CHARLES & KEITH(CHARLES & KEITH JAPAN)

マルチカラートップス+カラーパンツで夏のモードスタイル

イエローパンツコーデ
マルチカラートップスにビタミンカラーのイエローパンツ。一見難しそうなイエローパンツもトップスに同色のイエローが入っているので、バランス良くコーデに馴染みます。クリア小物で夏らしさと抜け感も。

ノースリーブトップス¥18,000/Sov.(フィルム) パンツ(ベルト付)¥16,000/DRWCYS バッグ¥28,000/ADINA MUSE(ADINA MUSE SHIBUYA) クリアサングラス¥3,200/キャセリーニ イヤリング¥8,000/ザ キャットウィスカーズ(フィルム) クリアサンダル¥22,000/TSURU by Mariko Oikawa

存在感のあるシャツワンピが主役のメンズライクコーデ

ロングシャツコーデ
夏の定番白ワンピを今年は白シャツワンピとパンツのメンズライクな合わせに挑戦。ワンピースの前が短く、後ろが長いシルエットだからメンズっぽくなり過ぎません。ストライプ柄のパンツでシャープな印象を後押し。

バックテールシャツワンピース¥22,000/OSKER(JACK of ALL TRADES press room) ストライプパンツ¥25,000/AULA バッグ¥11,800/ル・ベルニ(キャセリーニ) イヤリング¥10,000/THE Dallas(シック) ウェッジサンダル¥29,000/FABIO RUSCONI(MIDWEST)



Photographer:Ikkei Teranaka(ADDICT_CASE)
Styling:Saki Yamaguchi
Writer:Naoko Hirose

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。