FASHIONMAR.14.2019

山口の服装を徹底解説!季節や天気別のおすすめレディースコーデ9選

山口へのご旅行を前にして、コーディネートにお悩みではありませんか?季節ごとの気候をしっかりと理解した上で、旅行前にふさわしい服装をチェックしておきたいところ。そこで今回は、山口でおすすめの服装を季節別や天気別にご紹介します!
山口へのご旅行を前にして、コーディネートにお悩みではありませんか?季節ごとの気候をしっかりと理解した上で、旅行前にふさわしい服装をチェックしておきたいところ。そこで今回は、山口でおすすめの服装を季節別や天気別にご紹介します!

山口の服装をマスター!気候から観光におすすめの着こなしをご紹介

 
数多くの観光スポットや観光イベント、そして美味しいご当地グルメを誇る、山口県。様々な楽しみ方があり、観光や旅行に人気の山口県ですが、お出かけを前にして服装にお悩みの女性も多いのではないでしょうか。遠く離れた地から足を運ぶとなると、気候の違いが気になりますし、どんな着こなしが好ましいのは頭を抱えるのは当然のこと。ここで、山口県の季節ごとの気候をチェックしつつ、オトナ女子にふさわしいおしゃれな服装を探ってみませんか?

そこで今回は、山口でおすすめの服装を9パターンピックアップしてご紹介します!季節別や天気別、地域別におすすめのコーディネートをご紹介しつつ、それぞれの着こなしのポイントまで解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

山口の服装【1】1月~2月は防寒対策が必須!冬コートを用意しよう

ダウンジャケットを使った山口の服装
他の地域と同様に、1月〜2月は最も寒い時期です。とは言え平均気温は5度程度で、耐えられない程の厳しい寒さが続くわけではないので、身構える必要はありません。一般的な「冬服」をイメージして、普段通りにコーディネートを組むと良いでしょう。

例えば、ニットにロング丈のフレアスカートを合わせた、レディライクなコーディネート。1年の中でも特に寒いこの季節には、冬コートの定番であるダウンジャケットを羽織って、しっかりと寒さを防いでください。ボトムスがロング丈の場合には、アウターはコンパクトな丈感のもの、もしくは思い切ってロング丈のものをチョイスすると、コーデがバランスよくまとまるのでおすすめ。

山口の服装【2】3月~4月はまだ肌寒い!軽めの冬服を

トレンチコートを使った山口の服装
3月にもなると、冬らしい寒さは次第に和らいで春らしい陽気が訪れます。とは言え日中は暖かくても、まだまだ朝晩はグッと冷え込むため、軽めの冬服をイメージしてコーデを組むと良いでしょう。ニットなどの厚手のトップスは必須で、冬コートが必要となる日もあります。

冬の厚手のコートを卒業して、春らしい軽やかな着こなしに仕上げたい方にはこちらがおすすめ!厚手のパーカーにデニムパンツを合わせたカジュアルなスタイルに、春アウターの定番であるトレンチコートを羽織って、抜け感のある大人カジュアルなコーディネートにまとめてみてはいかがでしょうか。

山口の服装【3】5月~6月は薄手の羽織りものがあると安心

カーディガンを使った山口の服装
5月〜6月にもなると、平均気温は20度程度まで上がって、暖かいと感じる日が多くなります。長袖1枚で過ごせる日もありますが、天気によっては肌寒く感じる場合もあるので、軽めの羽織りものを用意しておくと良いでしょう。例えばさっと羽織れる薄手のカーディガンは、気温の変化が激しいこの季節に重宝できるのでおすすめ。

Tシャツにチノペンシルスカートを合わせた、カジュアルでも女性らしさが漂うコーディネートに、コンパクトな丈感のカーディガンを。コーデ全体を、清楚なホワイトとヌーディーなベージュでまとめると、抜け感がありながらも色っぽさを秘めた女っぽコーデが完成します。

山口の服装【4】7月~8月は暑いが比較的過ごしやすい!涼しげな着こなしに

ワンピースを使った山口の服装
7月〜8月には、平均気温は25度を超えて夏らしい暑さが訪れます。とは言え山口の夏はジメジメとした蒸し暑さではなく、カラッとしている上に風は案外爽やかで、過ごしやすいところが特徴的。この季節には、例えば白い砂浜とエメラルドグリーンの海が魅力の「角島」で、海水浴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

リゾートっぽくもやりすぎ感のない、夏らしい着こなしにまとめるなら、こちらのコーディネートがおすすめ!白のタンクトップに、ストライプ柄があしらわれた透け感のあるキャミワンピをレイヤードし、爽やかな旬の装いに仕上げてみてください。また、紫外線対策のためにも帽子やサングラスのご用意を。

山口の服装【5】9月~10月は朝晩の冷え込みに注意!羽織りもので秋の装いに

カーディガンを使った山口の服装
9月にもなると、次第に気温が下がり始めて秋らしい気候に。10月には平均気温が20度を切り、肌寒い日々が続くので、軽めの羽織りものやジャケットを用意しておくと安心です。ここで、今っぽい抜け感のある、秋におすすめのコーディネートを一挙ご紹介します。

白のTシャツに、黒のスキニーパンツを合わせたスタイリッシュなコーディネート。そこにトレンドのオーバーサイズのニットカーディガンをゆるっと羽織ると、こなれ感たっぷりの今トレンドの着こなしが叶います。足元は大人カジュアルの定番のコンバーススニーカーで、とことんカジュアルダウンしてあげるのがポイントです。

山口の服装【6】11月~12月は一気に冷え込む!冬コートが必須に

ロングコートを使った山口の服装
山口の11月の平均気温はギリギリ10度台をキープしていますが、12月にもなると5度近くに。一気に冬らしい寒さが訪れますので、しっかりと防寒対策をして足を運んでください!12月には、ニットに冬コートを羽織った本格的な冬のスタイルが無難です。

白のタートルネックニットに、黒のスキニーパンツを合わせた大人カジュアルなスタイルには、ブラウンのチェスターコートを羽織って大人っぽい雰囲気をプラス。ロング丈のチェスターコートは存在感がありますが、さらっと羽織るだけでコーデがおしゃれに決まる優秀アウターですので、この機会にぜひチェックしてみてください!

山口の服装【7】角島は風が強いと寒い!晴れている日も要注意

カーディガンを使った山口の服装
角島観光におすすめの季節は、何と言っても梅雨が明けた夏。天気が良い日の海は、思わず息をのんでしまうほどの綺麗なブルーに染まり見ごたえ抜群なので、ぜひ足を運んでみてください!とは言え角島は風が強い日が多く、暖かい季節でも体感気温が低く感じやすいため、軽めの羽織りものを用意しておくと安心。

季節の変わり目には薄手のカーディガンを羽織っておくと、冷たい風から体温を奪われる心配も、日焼けする心配もないので一石二鳥。ボトムスはスカートでも悪くはありませんが、風が強い予報であればパンツスタイルが無難です。

山口の服装【8】西部の下関はそれほど気温差はなし!気にせず観光を楽しんで

シフォンスカートを使った山口の服装
山口県の西部に位置する、下関市。角島や関門橋、水族館などの数多くの観光スポットを誇る上に、新鮮で美味しい海鮮料理まで堪能できるため、観光を予定している方も多いかと思います。そんな下関市ですが、山口市との気温はほぼ同じですので、特段に服装に気をつかう必要はありません。

季節の変わり目なら、ニットにフレアスカートを合わせただけの、アウターなしのスタイルでも十分に過ごすことができます。無地のニットスタイルをおしゃれに見せるなら、スカートに柄物を持ってくるとOK。さらに暑苦しく見せないよう、厚手のニットには透け感のあるシフォンスカートを合わせるなど、組み合わせるアイテムの素材感を工夫すると良いでしょう。

山口の服装【9】萩は風が強い日が多い傾向!アウターを用意しよう

ミリタリーパーカーを使った山口の服装
萩は、山口県の北に位置する日本海に面した市です。2015年には大河ドラマ『花燃ゆ』のロケ地として話題を呼んだ萩市には、歴史好きにはたまらないスポットが数多く存在します。

そんな萩市ですが、風が強い日が多い傾向が見られます。晴れの日でも寒く感じる場合があるため、季節の変わり目には必ず軽めのアウターを用意しておきましょう。例えば、メンズライクなようで抜け感たっぷりで、女性らしい着こなしにもぴったりのミリタリーパーカーは、さっと羽織れる上にコーデをワンランク上に導くため、ぜひともおすすめしたいアウターです。
いかがでしたか?今回は、山口県でおすすめの服装を9パターン厳選してご紹介しました。山口県は基本的には過ごしやすい気候ですので、お出かけの際にはそれほど服装に神経質になる必要はありません。夏は暑いもののジメジメとした蒸し暑さを感じにくいですし、冬も雪が降り積もるような厳しい寒さではないので、季節感がありつつも思い思いのおしゃれが詰まった服装にまとめてみてはいかがでしょうか。ぜひ参考にして、おしゃれなコーディネートで山口へのご旅行を存分に楽しんでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAR.07.2019

フェミニン×ラフな
“大人カジュアル”がテーマ♡
プロポの春新作LOOK6選

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。