BEAUTYMAR.08.2019

一重の美人メイクのやり方とは?メイクのコツや注意点をご紹介

一重でもできる美人メイクのやり方って、気になりませんか?一重だから美人メイクはできない……と思っている人もいるかもしれませんが、一重だからこそできるメイクもたくさんあります。一重の美人メイクのコツややり方についてご紹介します。
一重でもできる美人メイクのやり方って、気になりませんか?一重だから美人メイクはできない……と思っている人もいるかもしれませんが、一重だからこそできるメイクもたくさんあります。一重の美人メイクのコツややり方についてご紹介します。

一重の美人メイクのコツや注意点

まつげに使うメイク道具
一重の美人メイクは、どういったところに気をつければいいのでしょうか?一重の美人メイクのポイントについてご紹介します。

■上まぶたはすっきりと
一重を美人に見せるためには、上まぶたにしっかり色を乗せていくものだと思っている人も多いですが、それは間違いです。一重の場合は、色をたくさん乗せたとしても、まぶたに埋まってしまったり、腫れぼったくみせてしまったりします。

一重の場合は、あえて上まぶたをすっきり見せることで、クールビューティーな美人メイクに仕上がりますよ。

■下まぶたをばっちりメイクに
一重の場合上まぶたはすっきり仕上げるのがおすすめですが、下まぶたにもしっかりメイクをした方が、目を大きく見せることができます。上まぶたをすっきりさせた分、下まぶたに重心を持ってくることでアイメイク全体の雰囲気を変えることができます。

下まぶたを意識しながらメイクをすることで、かわいらしい雰囲気の美人メイクにも挑戦することができますよ。

■ばっちりアイラインは引かない
一重まぶたの場合、アイラインが見えないからと太くしっかり引いてしまうという人が多いです。アイラインを太く引いても、アイメイクの雰囲気に影響しないことが多いので、アイラインは太く引かないようにしましょう。

一重まぶたの場合は、見える位置だけにアイラインを引く方法がおすすめです。目尻など目を開けた状態で見える位置に、ポイントでアイラインを入れるようにしましょう。

一重の美人メイクのやり方【1】アイシャドウ

アイシャドウやチークなどのコスメ
一重の美人メイクのアイシャドウについてご紹介します。

■上まぶた
一重の美人メイクでは、上まぶたはすっきりとした印象に見せたいので、単色で仕上げていく方法をおすすめします。まぶたをすっきり見せる色としておすすめなのは、ブルーやグリーン、オレンジやベージュなどのナチュラルに色が出るような明るいカラーです。

ラメやパール感が強すぎるものは、目元が負けてしまう可能性が高いので、マットタイプやセミマットタイプのものを使うようにしましょう。

アイシャドウ単色を、アイホール全体に乗せるようにすることで、すっきりとした目元を演出することができます。

■下まぶた
一重の美人メイクでは、下まぶたの方が重要になります。下まぶたには、色々なカラーを乗せて目力を作っていきましょう。下まぶた全体に上まぶたに乗せたカラーを乗せていきます。

位置は涙袋がある位置よりも少し広めにすると、目が大きく見えます。派手な色味でなければ、広めに乗せても違和感なく仕上げることができますよ。

目尻側に影となるカラーを乗せていきます。この時ピンク系の色味を使うと、かわいらしい雰囲気に仕上がります。クールな印象に仕上げたいときは、ダークブラウンやグレーがおすすめです。

目頭側にはパール感が程よくあるような、明るめのカラーを乗せて涙袋を強調していきましょう。この作業があることで、より目元が縦長な印象に見えて目力アップが期待できますよ。

一重の美人メイクのやり方【2】アイライン

色々なアイライナー
一重の美人メイクのアイラインについてご紹介します。

■インライン
一重の目元はインラインベースで行います。まつげとまつげの間を埋めるように、インラインを引いていきましょう。目を下から覗き込むような形で引くと、簡単に引くことができます。

柔らかなアイライナーの方が描きやすいので、ペンシルタイプやジェルタイプがおすすめです。

■アウトライン
アウトラインは、目を開けた状態で見える位置に引いていきましょう。目全体にインラインを引いているので、アウトラインを全体に引く必要はありません。目を開けた状態で見える、目尻の部分にアイラインを引いていきます。目の形に沿って少し伸ばすようにすると、かわいらしい雰囲気の目元に仕上がりますよ。

一重の美人メイクのやり方【3】マスカラ

マスカラを塗っている人
一重の美人メイクのマスカラについてご紹介します。

■ビューラー
一重の場合、マスカラはとても大切なアイテムですが、無理に縦に長さを出す必要はありません。それよりも、目尻側にポイントを持っていく方が、横幅を強調させることができます。

ビューラーを使って、目尻側にしっかりポイントが出るようにカールをつけていきましょう。目頭から黒目の上までのカールは、そこまで念入りに行わなくても大丈夫です。

■マスカラ
マスカラを実際に塗っていきます。マスカラは、根元からしっかり液をつけて塗っていきます。この時も目尻側にポイントを置きたいので、目尻多めに液をつけるようにしましょう。

また、目尻の部分のみ上からマスカラを通すことで、より目尻を強調することができます。そうすることでより横幅を強調することができるのでおすすめです。

一重の美人メイクについてご紹介しました。一重のメイク方法で悩んでいるという人も多いですが、少し工夫をするだけで、美人に見せるアイメイクを行うことができますよ。ぜひ一重に似合う美人メイクにチャレンジしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAR.07.2019

フェミニン×ラフな
“大人カジュアル”がテーマ♡
プロポの春新作LOOK6選

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。