FASHIONAPR.02.2019

山形の服装はこれで決まり!寒さに負けないレディースコーデ9選

山形へのご旅行を前に、服装にお悩みではありませんか?ただ寒さが厳しい地域だと認識しているだけでは、服装選びは難しいことでしょう。そこで今回は、山形へのご旅行におすすめの服装を9パターン厳選してご紹介します!
山形へのご旅行を前に、服装にお悩みではありませんか?ただ寒さが厳しい地域だと認識しているだけでは、服装選びは難しいことでしょう。そこで今回は、山形へのご旅行におすすめの服装を9パターン厳選してご紹介します!

山形の服装をマスター!オトナ女子におすすめのコーディネート9選

 
本州に位置し、山や温泉、寺院で知られる「山形県」。国指定重要文化財を誇る「山寺」や、スキーもできる総合リゾートとして四季を問わず人気を誇る「蔵王温泉」、NHK連続テレビ小説『おしん』の舞台とされて話題となった『銀山温泉』など、数々の魅力的な観光スポットを誇る地域です。そんな観光客にも人気の山形県ですが、ご旅行を前に服装にお悩みの方も多いはず。季節ごとの気候を踏まえて、ふさわしい着こなしで足を運びたいところです。

そこで今回は、山形でおすすめのコーディネートを9パターン厳選してご紹介します!月別や天気別に気候に合った服装をご紹介しつつ、おしゃれまで叶う着こなしのポイントを解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

山形の服装【1】1月~2月は非常に寒い!ダウンや厚手の冬コートで防寒対策を

ダウンジャケットを使った山形の服装
山形の1月〜2月は、雪国らしく厳しい寒さを迎えます。平均気温は氷点下を記録し、日中でも最高気温は5度にも達しません。したがって、ご旅行の際にはしっかりと防寒対策を行いましょう。厚手の冬コートやダウンジャケットを羽織った上で、マフラーや手袋も身に着けてください。

この季節におすすめなのは、「ダウンジャケット」を羽織ったコーディネート。ダウンは数ある冬コートの中でも、保温性の高さが群を抜いているため、雪国では特におすすめできます。そんなダウンジャケットを女性らしく着こなしたい方は、長めの丈感かつコンパクトなサイズ感の、きちんとしたものを選ぶと良いでしょう。

山形の服装【2】3月~4月は寒い!コートはまだ手放せない

トレンチコートを使った山形の服装
3月は、まだまだ冬らしい寒さが尾を引きます。平均気温は5度以下で、寒い日は氷点下を記録するケースもあるため、まだまだ冬コートが手放せません。さらに4月になると、平均気温はグッと上がり10度程度に。冬コートが必要な日もありますが、基本的にはジャケットやニットスタイルで問題ないでしょう。

例えば、季節の変わり目に欠かせない「トレンチコート」を羽織ったコーディネート。さらっと羽織るだけできちんと見えしますし、何よりどんなジャンルのファッションにも合わせやすいところが魅力的です。スカートスタイルにトレンチコートを羽織ると、大人のレディライクなスタイルが完成します。

山形の服装【3】5月~6月はまだまだ肌寒い!朝晩の冷え込みに注意

パーカーを使った山形の服装
5月〜6月はまだまだ肌寒く、平均気温は20度以下。とは言え時にはポカポカ陽気の日もありますので、天気予報で気温をチェックして着こなしを考えると良いでしょう。基本的には5月は厚手のトップスやセーター、6月には長袖シャツが適切ですが、暖かい日にはもう少し軽めの服装でも問題ありません。

例えば5月には、厚手のパーカーで大人カジュアルなスタイルに!ダボっと感が今っぽいオーバーサイズのパーカーには、あえて女性らしいレースフレアスカートを合わせて、抜け感のあるコーディネートにまとめましょう。フレアスカートが着こなしを軽やかな雰囲気に導き、春らしい装いが完成します。

山形の服装【4】7月~8月は半袖でOK!基本的な夏の装いで問題なし

白Tを使った山形の服装
7月~8月は、半袖でOKです。山口の冬は厳しい寒さですが、夏は気温も湿度も高いという盆地特有の気候。平均気温は25度程度であるものの、湿度が高いことから蒸し暑く感じる日も多いため、涼しげな服装を心がけると良いでしょう。また、朝晩は一気に気温が下がりますので、露出は少なめのファッションがおすすめ。

例えば、白の半袖Tシャツにカーキのベイカーパンツを合わせた、大人のこなれスタイル。シンプルかつベーシックなコーディネートですが、キメている感がなく、ナチュラルなおしゃれコーデにまとまります。さらに、かごバッグやストローハットをプラスして、季節感を演出して!

山形の服装【5】9月~10月は一気に気温が下がる!アウターのご用意を

デニムジャケットを使った山形の服装
9月には夏の暑さが落ち着き肌寒いくらいの気候になりますが、10月にもなると一気に気温が下がります。9月はまだまだ半袖で過ごせる日もありますが、10月には長袖シャツやセーター、ジャケットが必要な日もありますので、その日の気温に合わせてコーデを組んでください。

10月には、軽めのアウターを用意して朝晩の冷え込みに備えて。例えば白の長袖シャツにブラウンのタック入りパンツを合わせたきれいめなスタイルに、デニムジャケットを羽織って、抜け感たっぷりのおしゃれなコーデにまとめてみてはいかがでしょうか。さらにカジュアルなスニーカー、かっちり感のあるバッグと、バランスよくアイテムを組み合わせるのが、こなれコーデのポイントです。

山形の服装【6】11月~12月は本格的な冬の寒さに!しっかりと防寒対策を

チェスターコートを使った山形の服装
11月~12月には、本格的な冬の寒さが訪れます。12月にもなると平気気温は5度以下で、朝晩には氷点下を記録する日もありますので、厳しい寒さを見据えてきちんと防寒対策を行ってください。冬コートやダウンジャケットが必須で、マフラーや手袋が必要になる日もあります。

黒のハイネックニットに、デニムワイドパンツを合わせた大人カジュアルなコーディネート。ダークグレーのロングチェスターコートを羽織ると、冬らしく落ち着きのある大人コーデが叶います。また、ダークカラーのみでコーデでまとめると地味な印象を与えてしまうため、例えばカバンで差し色を加えて、華やかに見せると良いでしょう。

山形の服装【7】季節の変わり目は晴れでも寒い!着こなしに要注意

カーディガンを使った山形の服装
山形の季節の変わり目は、晴れの日でも風がひんやりと冷たく感じることがあります。さらに朝晩にはグッと冷え込み、日中と比べると一気に気温が下がるケースもありますので、軽めの羽織りものを持っておくと安心です。もしくは、ヒートテックのような暖かいインナーを用意し、寒い時には見えない部分で防寒対策をするのもアリです。

この季節に重宝できる羽織りものと言えば、「カーディガン」。さっと羽織ることができますし、どんなコーデにも合わせやすく着回し力が高いところも、ご旅行におすすめできる所以です。例えば白ブラウス×デニムパンツのカジュアルでも甘さを秘めたコーデには、ブラウンのカーディガンを肩から落とすように羽織り、抜け感を演出してみてはいかがでしょうか。

山形の服装【8】梅雨明けはやや早い!雨の日にはこのコーデ

 
山形の梅雨入り、梅雨明けは他の地域と変わらないくらいですが、年によっては梅雨明けが早いケースも。なんと2018年には、平年よりも11日早く梅雨が明けたと発表されました。基本的には梅雨入りは6月の上旬、梅雨明けは7月の下旬を目安に考えておくと良いでしょう。

雨の日は、やや気温が下がり肌寒く感じることもあります。したがって6月には、長袖のパーカーにスカートを合わせ、カジュアルでも女性らしい大人の着こなしにまとめてみてはいかがでしょうか。雨具は、折り畳み傘を用意しておくと便利ですが、もしも1日中雨が降り続き傘の出番が多いようであれば、通常の傘を持ち歩いても良いかもしれません。

山形の服装【9】蔵王ロープウェイは標高が高いと寒いのでしっかり着込んで

ベイカーパンツを使った山形の服装
山形観光に欠かせないのが、「蔵王ロープウェイ」!山麓から山頂を結ぶロープウェイで、360度のダイナミックな景観を楽しむことができるところが、魅力的なポイントです。ただ、山頂駅の標高はなんと1661mにもなり、山麓と比べると気温がグッと下がるので、着こなしには注意が必要です。

ニットスタイルで十分な季節の変わり目でも、蔵王ロープウェイに足を運ぶ際には、アウターもしくはマフラーなどの防寒具を用意しておくと良いでしょう。寒さを我慢したままでは、せっかくの観光を存分に楽しむことはできないため、ぜひ万全の体制で足を運んでください!
いかがでしたか?今回は、山形でおすすめのレディースコーディネートを9つピックアップしてご紹介しました。山形の冬は厳しい寒さですし、雪も降るのでしっかりと防寒対策を。夏でも朝晩はひんやりと感じる日もありますので、軽めの羽織りものを持っておくと安心です。ぜひ参考にして、おしゃれも寒さ対策も叶う服装で、山形旅行を最大限に楽しんでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.10.2019

クールなゆるカジが定番。
マギーのおすすめ私服コーデ