LIFESTYLE
NOV.26.2019

空気椅子ダイエットのやり方は?スクワットとの違いやコツをご紹介

空気椅子ダイエットのやり方は?スクワットとの違いやコツをご紹介 空気椅子ダイエットのやり方は?スクワットとの違いやコツをご紹介

椅子に座っているような姿勢をキープする空気椅子は、ダイエット中にぜひ取り入れたい手軽にできるエクササイズです。そこで今回は、空気椅子ダイエットの効果ややり方、スクワットとの違いをご紹介します。

空気椅子ダイエットの効果

ダイエット中の女性

■空気椅子ダイエットとは

「空気椅子ダイエット」とは、まるで椅子があるかのように腰を落とす「空気椅子」を行うダイエット方法です。

空気椅子は、短時間でできて簡単ですので、隙間時間を活用できるので、忙しい大人女子でも取り入れやすいエクササイズです。


■空気椅子ダイエットのメリット

空気椅子は、エアーチェアとも呼ばれ、海外でも取り入れられているエクササイズです。

筋トレは、筋肉を伸ばしたり縮めたりすることで鍛える運動が多いですが、空気椅子は、筋肉を動かさず、緊張状態になっているままキープすることで筋肉を鍛えるエクササイズです。無酸素運動の筋トレは、成長ホルモンの分泌をサポートしてくれますので、ダイエットだけでなく、美肌や美髪にも効果的といわれています。

太ももやふくらはぎなどの脚や、お尻の筋肉を鍛えることができるのが空気椅子です。太ももやお尻には、大きな筋肉がありますので、大きな筋肉を一度に鍛えることができれば、基礎代謝アップしやすくなります。

下半身を鍛えるエクササイズとして効果的なスクワットは、正しい姿勢で行うのが難しいですよね。空気椅子は、スクワットと比べると、筋肉を収縮させることが少ないため、筋力アップの効率は良くありませんが、スクワットと同じように、腹筋や背筋、体幹などを鍛えることができるエクササイズでもあります。ウエストのシェイプアップや姿勢改善効果も期待できますね。
空気椅子は、壁を筋トレの補助として使用することができますので、運動不足の方や筋肉が落ちてしまっている方でもスクワットの姿勢をキープしやすいのがメリットです。

下半身太りのお悩みの方も、空気椅子をすることで、血行やリンパの流れが改善されやすくなったり、むくみやセルライトの解消にも役立ってくれますよ。

空気椅子ダイエットのやり方

空気椅子ダイエット

空気椅子ダイエットのやり方は簡単です。


■基本の空気椅子のやり方

①足を肩幅よりも広く開けて、壁に背中を向けて、立ちましょう。この時、壁から50cm程度離れて立ちましょう。
②次に、両腕を胸の前で組むか前に伸ばし、背筋を伸ばしましょう。
③そのままゆっくり腰を落として膝を曲げていきましょう。太ももが床と平行になる程度まで腰を落としたらそのまま1分キープしましょう。

空気椅子を1日数回行いましょう。

空気椅子をしている間は、壁に背中をつけることで姿勢が保ちやすくなりますが、壁がない場所で空気椅子を行ってもOKですよ。

授業中やデスクワーク中などに、椅子から腰を浮かせて空気椅子をするという方法もあります。

料理をしている間や歯磨きやドライヤーをしている間、スマホやテレビを見ながらなど、ちょっとした隙間時間にできるのが空気椅子ダイエットのメリットです。

空気椅子は、スクワットで腰を落としているような状態をキープするエクササイズですので、慣れるまでは辛いと感じる方も多いと思いますし、1分できない方もいると思います。まずは、15秒から始めてみて、1分、1分半、2分と、できる範囲で空気椅子をする時間を延ばしていきましょう。隙間時間を見つけて、空気椅子をする回数を増やしていくのもおすすめですよ。

空気椅子ダイエットの効果をアップさせる方法

空気椅子ダイエット

隙間時間を利用してできる空気椅子ダイエットですが、空気椅子に慣れてきたら、さらに負荷をかけていくのもおすすめです。

例えば、空気椅子は、足の幅を狭くすると、より負荷がかかりやすくなります。

さらに、脚の太ももの間に本を挟んだまま空気椅子をすることで、内ももの筋肉を鍛えることができますよ。

その他にも、ダンベルを持ったり、太ももの上に荷物を置いて空気椅子をすることで、負荷をかけることもできますね。

また、片脚を曲げて持ち上げたら、太ももの上に乗せ、そのまま空気椅子をするというエクササイズもあります。

空気椅子ダイエットの注意点

空気椅子ダイエット

■無理のない範囲で正しいフォームを意識

空気椅子ダイエットは、正しい姿勢で空気椅子を行うことで効果を実感しやすくなります。間違ったフォームで空気椅子をしてしまうと、かえって脚が太くなる可能性もあります。

例えば、腰を落とし、太ももと床が平行になるように、膝を直角に曲げることは大切です。

ただし、空気椅子は、足首や膝、腰などに負荷がかかる運動ですので、ケガをしないよう、無理のない範囲で行うことも重要です。


■壁に頼りすぎない

また、壁に重心を預けすぎてしまうと、空気椅子の負荷は軽くなってしまいます。壁はあくまでも背筋をのばし、空気椅子の正しい姿勢をキープするための補助として使用するようにしたいですね。

空気椅子は、壁に頼りすぎないようにして姿勢をキープするのがポイントです。空気椅子は、隙間時間にできる簡単なエクササイズですので、ぜひダイエット方法として活用してみてくださいね。