FASHIONJUN.03.2019

秋の乳児ママコーデ9選!おしゃれな着こなしを丸ごとチェック

まだまだ小さな乳児のお世話は、新米ママにとっては非常に大変。中でも気を遣うのが、乳児のお子さんを連れている際の「服装」ではないかと思います。そこで今回は、乳児を持つ新米ママに向けて秋のおすすめコーデを9つピックアップしてご紹介します!
まだまだ小さな乳児のお世話は、新米ママにとっては非常に大変。中でも気を遣うのが、乳児のお子さんを連れている際の「服装」ではないかと思います。そこで今回は、乳児を持つ新米ママに向けて秋のおすすめコーデを9つピックアップしてご紹介します!

乳児ママコーデはこれでOK!秋にぴったりのコーディネート9選

ワンピースを使った乳児ママコーデ
子育て中のファッションに、お悩みの新米ママは非常に多いかと思います。お子さんが乳児なら特にお世話が大変で、動きやすさや授乳のしやすさなどが求められますし、服装選びではおしゃれよりも機能性や実用性を優先しなければならないのは言うまでもありません。とは言え、このように育児ファッションでは二の次になりがちなおしゃれにも気を遣いつつ、「きれいなママ」を演出したいところです。

そこで今回は、乳児を持つママにおすすめの秋のコーディネートを9つ厳選してご紹介します!育児をこなしながらおしゃれも楽しみたい、そんなあなたの願いを叶えるために着こなしのポイントを徹底解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

乳児ママコーデ秋【1】ガウチョパンツで動きやすさバッチリのコーデに

ガウチョパンツを使った乳児ママコーデ
乳児を持つママのファッションで欠かせないのは、何と言っても「動きやすさ」。そこでおすすめするのが、ガウチョパンツをさらっと履きこなした、動きやすさバッチリのコーディネートです。ガウチョパンツは、履き心地の良さが抜群な上におしゃれに見えるので、ぜひともおすすめしたいボトムスです。

ロング丈のネイビーのガウチョパンツには、白の刺繍ブラウスを合わせて大人カジュアルなコーディネートに。さらに足元はスニーカーをチョイスして、抜け感たっぷりの今っぽい着こなしにまとめてみてはいかがでしょうか。

乳児ママコーデ秋【2】ウエストゴムのスカートでおしゃれも楽な着心地も叶う

フレアスカートを使った乳児ママコーデ
ウエストがゴム仕様になったスカートなら、おしゃれも楽な着心地も叶う!産後のぽっこりお腹をカバーできる上に、リラックス感があっても女性らしく見せることが可能です。そこで、ウエストゴムのフレアスカートを主役に、秋らしいコーデを完成させましょう。

白トップスに、ブラウンのフレアチノスカートを合わせた大人カジュアルなコーディネート。肌寒い秋のお出かけには、さっと脱ぎ着できるカーディガンを用意しておくと安心です。さらに足元は、ヒールのないフラットパンプスで歩きやすさを重視して。

乳児ママコーデ秋【3】リラックスできるリブパンツが重宝される

リブパンツを使った乳児ママコーデ
さらにおすすめできるボトムスが、「リブパンツ」!このリブ素材とは、横方向の伸縮性のある編地が特徴的で、楽な履き心地を実現したもの。さらにリブ素材は、ナチュラルな風合いがおしゃれだと話題を呼び、抜け感コーデの新定番としてファッショニスタの間で人気を誇っています。

そんなリブパンツは、おしゃれなファッションを楽しみたいママにぴったり。例えばリブ素材のワイドパンツに、似たような素材感のワッフルプルオーバーを合わせ、リラックス感たっぷりの着こなしにまとめましょう。プルオーバーはウエストにベルトをオンしてマークすると、よりおしゃれ度の高いコーデに。

乳児ママコーデ秋【4】マキシ丈ワンピをゆったりと着こなそう

マキシ丈ワンピを使った乳児ママコーデ
さらにとことん楽な着心地を求めるなら、マキシ丈ワンピースをゆったりと着こなすのもおすすめです。マキシ丈は授乳には向いていないものの、近所へのちょっとしたお買い物にはぴったり。1枚でもコーデが決まるマキシ丈ワンピを主役に、ラフでこなれ感たっぷりのコーデを完成させましょう。

柔らかいリブ素材で着心地の良さ抜群の、アイボリーのワンピースには、ライトベージュのレギンスを合わせてワントーン風の着こなしに。さらにカーキのショルダーバッグで差し色を加え、メリハリのあるおしゃれなコーデに仕上げましょう。足元はラフにサンダルをチョイスすると、とことん抜け感のあるスタイルが叶います。

乳児ママコーデ秋【5】ワッフルワンピでスタイリッシュにリラックス感を演出

ワッフルワンピを使った乳児ママコーデ
秋に人気があるのが、「ワッフル生地」のお洋服。このワッフル生地とは、規則的な凹凸により表面が立体的に見えるところが特徴的で、素肌に直接当たっても着心地が良い優れもの。さらに重ね着をすると保温性が保たれ、通気性を保つと涼しく着こなせるという、非常に優秀な生地です。その上毛羽立ちが少なく、長く愛用できるところも嬉しいポイント。

そこでこの季節には、ワッフル素材のワンピースを主役にコーデを組んでみてはいかがでしょうか。例えばコンパクトなサイズ感のワッフルワンピースには、カーキのベイカーパンツを合わせてこなれた雰囲気に。さらにこちらの着こなしは、ぽっこりお腹もしっかりとカバーできるため、産後間もないママにもおすすめできます。

乳児ママコーデ秋【6】ハイウエストパンツでスタイル良く見せて

ハイウエストパンツを使った乳児ママコーデ
スタイルアップを狙うなら、「ハイウエストパンツ」をチョイスしてみて。ぽっこりお腹が気になる方は、パンツにセンタープレスが入ったものを選ぶと、縦のラインが強調されてほっそりと見えるのでおすすめです。さらにスタイルをよく見せるために、トップスはインしてウエスト位置を高く見せるのがポイント。

ベーシックな白シャツに、グリーンのハイウエストパンツを合わせたコーディネート。下半身をカバーするなら、太めのシルエットのものを選ぶと良いでしょう。ワイドパンツでもこのようにウエスト位置が高ければ、きちんと見えもスタイルアップも叶うのです。

乳児ママコーデ秋【7】スウェット×ワイドパンツでとことんラフに

ワイドパンツを使った乳児ママコーデ
とことんラフな着こなしにまとめたい日には、スウェットとワイドパンツでとことんカジュアルなコーデもアリ。ちょっとそこまでのコーデ、公園へお出かけするくらいのコーデには、これくらいリラックス感のあるスタイルでも問題ないでしょう。

例えば、オーバーサイズのベージュのスウェットトップスに、クリーム色のワイドパンツを合わせて、今っぽいゆるコーデにまとめてみて。何かと荷物が増えがちな乳児のママは、マザーズバッグとして「リュックサック」をチョイスするのもおすすめです。

乳児ママコーデ秋【8】サロペットも!おしゃれを楽しみたい時にぴったり

サロペットを使った乳児ママコーデ
おしゃれを楽しみたい方は、「サロペット」をチョイスするのもOK!例えば肩紐が細いタイプで、かつバスト部分にゆとりのあるサロペットなら、急な授乳にもサッと対応できるのでおすすめです。

ボーダートップスに、締め付けのないたっぷりとしたワイドシルエットのサロペットを合わせて、大人カジュアルな着こなしに。サロペットにゆとりがある分、トップスもドルマンスリーブのような、ゆったりとしたサイズ感のものを選んでも良いでしょう。楽でもおしゃれ見えする、乳児を持つママにぴったりの秋コーデが完成します。

乳児ママコーデ秋【9】パーカーで大人カジュアルに!スカートで女性らしく

パーカーを使った乳児ママコーデ
大人カジュアルで、抜け感たっぷりの着こなしがお好みならば、こちらのコーデがおすすめ。女性らしさと品の良さを兼ね備えたプリーツスカートに、あえてカジュアルなパーカーを合わせて、こなれた雰囲気にまとめたスタイルです。

白のパーカーにベージュのプリーツスカートで、大人カジュアルなコーディネートに。さらに、スニーカーやリュックサックでとことんカジュアルダウンしてあげると、プリーツスカートの女性らしさがうまく抑えられ、こなれ感のある着こなしが叶います。
いかがでしたか?今回は、乳児を持つママにおすすめの秋のコーディネートを一挙ご紹介しました。育児ファッションで重要なのは、シンプルで動きやすく、汗をかいても不快ではない着心地の良さを備え、そして何より赤ちゃんの肌に優しいこと。きれいなママとしておしゃれを楽しむのも良いのですが、何よりも赤ちゃんを優先した着こなしにまとめるのが絶対条件です。ぜひ参考にして、育児中でも実用性とおしゃれを兼ね備えたファッションを楽しんでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック