BEAUTYOCT.14.2018

定番のポニーテールは前髪でイメチェン!簡単アレンジ9選

簡単なアレンジとして定番のポニーテールは、おしゃれ女子の強い味方ですが、マンネリ化してしまうことも。 そんなときは、手っ取り早く前髪にアレンジを加えるのがおすすめ!前髪次第でポニーテールの雰囲気も変わるのでぜひ参考にしてみてください。
簡単なアレンジとして定番のポニーテールは、おしゃれ女子の強い味方ですが、マンネリ化してしまうことも。 そんなときは、手っ取り早く前髪にアレンジを加えるのがおすすめ!前髪次第でポニーテールの雰囲気も変わるのでぜひ参考にしてみてください。

マンネリ化しがちなポニーテールは前髪で差をつけよう

ロングヘアのポニーテール
男ウケ抜群で、簡単なまとめ髪を作るときに便利なポニーテールですが、いつも同じでは「ものたりない」「つまらない」と感じませんか?

そんなマンネリ化した気持ちのときにおすすめなのが、簡単な前髪アレンジです。
前髪あり、なし、流し方など、前髪のセット方法を変えるだけで、いつもとは違うポニーテールを楽しむことができます。

普段はノーマークな前髪にこだわって、周りに差がつくポニーテールをゲットしましょう。

ポニーテールに合わせたい前髪アレンジ【1】内巻きにした大人可愛い前髪

内巻き前髪×ポニーテール
トライしやすい前髪アレンジでおすすめなのが、ヘアアイロンなどで内巻きに巻いたスタイルです。

クルンッと毛先を内側にしてあげることで、ニュアンスのある大人可愛い髪型を楽しめます。
ふんわり感を出すために、前髪を表面と内側で2つにブロッキングし、それぞれで内巻きにすることがポイントです。

あえてラフやカジュアルコーデに合わせて、可愛く決めすぎないのが大人女子のこなれた楽しみ方!

ポニーテールに合わせたい前髪アレンジ【2】定番の大人可愛い斜め長し

斜め流し×ポニーテール
定番だけど大人可愛く決められる前髪アレンジが、シンプルに流しただけの斜め前髪です。

ヘアアイロンやカーラーで軽く内巻きにしたら、手でサッとサイドに流して形を整えてあげるだけ。清楚さが魅力的なポニーテールになるので、第一印象も良くなりますよ。

ポニーテールに合わせたい前髪アレンジ【3】前髪なしにするならオールバック

オールバック×ポニーテール
前髪なしのポニーテールなら、前髪ありのポニーテールとはガラリと変わった雰囲気を楽しめます。

思い切って手ぐしでざっくりかき上げ、オールバックのようにしてからポニーテールを作ってみましょう。

しっかりめにまとめれば、仕事時にもぴったりなハンサムポニーになり、引き出してほぐせば外国人風のラフポニーになるので、シーンによって使い分けて!

ポニーテールに合わせたい前髪アレンジ【4】かき上げ風バングでクールに決める

かき上げバング×ポニーテール
クールなポニーテールを楽しみたいときは、前髪が7:3くらいになるように根本を立ち上げながらサイドに流してみましょう。

ふんわり立ち上げたいときは、最終的に流したい方とは逆方向に軽く引っ張りながらドライヤーの熱を当て、サイドに流すことがポイントです。

オフィススタイルはもちろん、辛めコーデとも相性抜群ですよ。

ポニーテールに合わせたい前髪アレンジ【5】あざと可愛いシースルーバングを合わせる

シースルーバング×ポニーテール
ポニーテールに合わせる前髪アレンジとして人気なのが、シースルーバングです。

前髪の上半分をトップで留め、ワックスを揉み込みながら束感を作り、隙間を作ると完成します。髪型だけでなく、コーデ全体にも抜け感がプラスされ、守りたくなるような愛されヘアが楽しめますよ。

幼くなりすぎないように、ポニーテールは低めの位置で作りましょう。

ポニーテールに合わせたい前髪アレンジ【6】センターパートで爽やか美人にチェンジ

センターパート×ポニーテール
低めの位置で作ったポニーテールにセンターパートを合わせると、美人な印象がアップ!

爽やかで清潔感のある大人なポニーテールに決まるので、オフィスでもOKなモテポニーが楽しめますよ。顔周りはゆるいウェーブで動きをプラスしてみてくださいね。

ポニーテールに合わせたい前髪アレンジ【7】重めバングでミステリアスに

重めバング×ポニーテール
シースルーバングやセンターパートのような爽やかな前髪も素敵ですが、あえて厚みや重さを活かした重めバングもおしゃれ。

目にかからないくらいの長さで隙間を作らずにセットしてみましょう。目力がアップして、相手を惹きつけるようなオーラを漂わせることができます。

その分、ポニーテールでウェーブをかけて、軽やかさを出すことがポイント。

ポニーテールに合わせたい前髪アレンジ【8】カール強めの外ハネ前髪

外ハネ前髪×ポニーテール
クセ強めのポニーテール×前髪を楽しむなら、ポニーテールは高めの位置で作り、前髪はカール強めの外ハネを合わせてみて!活発で可愛らしく決まり、存在感のある髪型に仕上がります。

バーベキューやキャップなど、アウトドアを思いっきり楽しみたい女性にぴったりなアレンジです。

ポニーテールに合わせたい前髪アレンジ【9】うざバングでアンニュイな雰囲気へ

うざバング×ポニーテール
伸ばしかけや長めの前髪であれば、あえて目にかけておくこともおすすめです。

指先につけたワックスで軽く揉み込みながら、束感を作ることがポイント。うざバングの隙間から送られる視線が色っぽく、アンニュイな雰囲気を与えてくれますよ。

ポニーテールは低めの位置で、落ち着いた印象をキープして。
定番のポニーテールに差がつく前髪アレンジをご紹介しました。シンプルな前髪アレンジから、気合いを入れた前髪アレンジまであるので、TPOに合わせて雰囲気が変わるポニーテールが楽しめそうですね。ぜひ気になった前髪を参考にしてみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。