SEP.12.2019

ウイスキーでダイエットができるって本当?効果ややり方、注意点

ウイスキーでダイエットができるって本当?効果ややり方、注意点 ウイスキーでダイエットができるって本当?効果ややり方、注意点

お酒=太るというイメージが強い中、ウイスキーならダイエット中に飲んでも大丈夫だと言われています。むしろウイスキーにはダイエット効果もあるのだとか!そこで今回は、ウイスキーダイエットの効果ややり方をご紹介します。

ウイスキーダイエットとは?

ウイスキーのボトル

ウイスキーダイエットとは、その名の通りウイスキーを飲みながら行うダイエット方法のことです。
ひと昔前までは、お酒を飲むと太るというイメージでしたが、お酒の種類によってはダイエット中でも飲めることが分かってきました。

ウイスキーを飲んでもダイエットすることができるなら、お酒好きの方にとっては嬉しい情報ですよね。
無理してお酒をやめなくていいので、ストレスフリーでダイエットを継続することができるのではないでしょうか。

とはいっても、ウイスキーダイエットにもちゃんとしたやり方があります。
やり方を間違えれば、ダイエットに逆効果になってしまうこともありますから、やり方や注意点をしっかりチェックしていきましょう。

なぜウイスキーでダイエットができるの?

ウイスキーとグラス

同じお酒でもなぜウイスキーならダイエットにいいのか気になりますよね。
それは、お酒の種類が関係しているようです。

お酒と呼ばれるものは、一般的に醸造酒と蒸留酒に分けることができます。
醸造酒は主にビール、日本酒、ワインなどが挙げられ、蒸留酒は主にウイスキーをはじめ、焼酎、テキーラなどが当てはまります。

醸造酒と蒸留酒の大きな違いは、糖質の値です!
醸造酒はアルコール度数が低いものの、原料に糖分が含まれているので、ダイエットには不向きだとされています。

ここ最近、糖質制限ダイエットなどが有名ですよね。
糖質は血糖値の上昇を急激に上げるのですが、この血糖値を元に戻すために分泌されるものが脂肪などを蓄えやすくしてしまうそうです。

できるだけ血糖値の上昇を緩やかにすることが、ダイエットへの近道であることから糖質制限をする方が増えているみたい。
蒸留酒であるウイスキーには、糖質が少なく、カロリーも低いので、結果的にダイエットに効果的だと言われています。

ウイスキーダイエットで期待できる効果

シャツを着た女性

糖質とカロリーの低さからダイエット中でも飲めるウイスキーですが、ウイスキーダイエットで期待できる効果はそれだけではありません!

■血行が促進される
ウイスキーのカロリーはアルコール分によるものです。
アルコールは熱として使われやすいと言われており、体内に蓄積されにくいそう。
お酒を飲むと身体が熱くなるように感じるかと思いますが、これこそがアルコールによる温め効果ですね。
血行が促進されれば、冷えやむくみの予防に繋げることが期待できます。

■脂肪代謝を促進するホルモンが増える
ウイスキーを何年も熟成させることで、オーク樽から溶け出す「樽ポリフェノール」が含まれると、細胞を元気にする効果があるといわれています。
最近では、そのウイスキーを飲むと、脂肪代謝を促進するホルモンが増えることが分かってきているそうです。

■美白効果がある
ウイスキーに含まれるリオニレシノールやエラグ酸には、メラニンの生成を抑える働きがあるそう。
その結果、シミやシワの防止に役立ち、美白効果を期待することもできます。

ウイスキーダイエットのやり方

ハイボールとレモン

ダイエットにも美容にも嬉しいウイスキーですが、実際にどのようにおこなえばいいのでしょうか。
ウイスキーの飲み方は大きく分けて、ストレート、ロック、水割り、ソーダ割、ジュース割りなど、さまざまな方法があります。

ダイエットをするなら、ストレート、ロック、または水割り、ソーダ割にしましょう。
飲みやすくするためにジュースで割ってしまうと、糖質が少ないというウイスキーの強みを生かせません。

■ウイスキーは一日2杯までにしよう
1杯目はソーダ割などで爽快感を楽しみ、2杯目はストレートかロックで、ゆっくりと時間をかけて楽しんでみてください。
空腹時に飲むと悪酔いや二日酔いの原因になりますから、ヘルシーなおつまみと一緒にゆっくり飲むといいですよ。

ウイスキーダイエットを行うときの注意点

ウイスキーとグラス

ウイスキーダイエットを行うときは、食べるおつまみに注意してください。
お酒が太るのは、一緒に食べているおつまみの糖質が多かったりカロリーが高かったりする場合がほとんどです。

おつまみは、体重増加を促進する一番の原因になりますから、枝豆や冷奴、キムチなど、カロリーの低いおつまみを食べるように意識してくださいね。

また、お酒を毎日飲むのは肝臓への負担も大きくなりますから、必ず休肝日を作ることも大切です。
週に1~2日は休肝日を作って、お酒を飲まずに運動をしたりまったり過ごしたりするといいでしょう。

ウイスキーダイエットについてご紹介しました。お酒の中でも低カロリーなウイスキーは、飲み方や一緒に食べるおつまみに気を付ければ、ダイエット中でも楽しく飲むことができます。美容にも嬉しい効果があるので、お酒好きの方はぜひチャレンジしてみてくださいね。